超ワールドサッカー

メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張2018.06.10 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。

▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。

「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」

「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」

▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。

コメント

関連ニュース

thumb

アメリカ開催求む署名をラ・リーガがねつ造?

▽リーガエスパニョーラのアメリカ開催を巡り、ラ・リーガのねつ造が疑われている。スペイン『アス』が報じた。 ▽アメリカ開催が推し進められている、来年1月26日のリーガ第21節ジローナvsバルセロナ。反対する各方面を説得したいラ・リーガは、開催予定地であるマイアミの地元紙『ヘラルド』に「一緒にやろう。試合のために、ファンのために、マイアミのために」という文言の広告を掲載し、支援を呼び掛けている。 ▽また、この広告ではアメリカ開催を希望する人々に署名を求めており、専用のURLも記載している。そして、ラ・リーガはこの広告の影響で署名が3万件集まったとして、国際サッカー連盟(FIFA)とスペインサッカー協会(RFEF)に開催許可を要求。どちらにも拒否されているが、アメリカ開催が世界的な利益になると主張し続けている。 ▽しかし、ツイッター上での分析に長けたユーザーが、署名を呼び掛けるアカウント(@BringUSTheGame)のフォロワーが急激に増加したことを指摘。79%のユーザーが偽アカウントであると示す分析結果を提示し、3万件集めた署名にも疑惑の目を向けている。 ▽なお、フォロワーの購入や署名ねつ造疑惑について、ラ・リーガは一貫して否定している。 2018.11.17 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナとアルバ、遂に延長交渉がスタートか

▽バルセロナがスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)の契約延長交渉を開始した。スペイン『Diario Sport』が報じた。 ▽現行契約が2020年6月に失効するジョルディ・アルバ。バルセロナに長期契約を求めているとみられるが、依然として動きがなく、ユベントスの関心が取り沙汰されるなど、様々な憶測が飛び交っている状況だ。 ▽だが、バルセロナは経済的な問題で遅れるジョルディ・アルバの契約更新にようやく始動。1億5000万ユーロ(約193億2000万円)の解除条項を含む内容見直しに向け、選手の代理人と交渉に入ったという。 ▽バレンシアで名を轟かせたジョルディ・アルバは2012年夏、下部組織時代を過ごしたバルセロナに加入。攻撃的な左サイドバックとして、4度のリーガエスパニョーラ制覇や、チャンピオンズリーグ優勝に貢献している。 2018.11.17 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

クロアチア、イングランドとの大一番を前にラキティッチが離脱《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は16日、バルセロナのMFイバン・ラキティッチがクロアチア代表を離脱したことを発表した。 ▽ラキティッチは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4のスペイン代表戦に先発し、67分に交代していた。フランス『レキップ』によればでん部を痛めたとのことだが、軽症と報じている。クロアチアは18日にイングランド代表とUNL準決勝進出を懸けた大一番を迎える。 ▽なお、バルセロナは代表ウィーク明け、リーガエスパニョーラでアトレティコ・マドリーとの首位攻防戦を控えるが、ラキティッチは直近のベティス戦で退場しているため、出場停止となる。 2018.11.17 02:31 Sat
twitterfacebook
thumb

プジョルからピケへのアドバイス「フットボールに集中すべき」

▽バルセロナのレジェンドである元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏が、現役時代にコンビを組んでいたDFジェラール・ピケにアドバイスを送った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナの下部組織出身のピケは、キャリアの最初期にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、2004年から2008年までの在籍期間中にレギュラーを掴むことは叶わず。2008年夏にバルセロナに復帰した。すると、バルセロナではすぐにポジションを確保。当時カピタンを務めていたプジョル氏らとともに強固な守備組織を作り上げた。 ▽現在では、クラブの中でもFWリオネル・メッシやMFセルヒオ・ブスケッツに次ぐ重鎮となっているピケ。しかし、今シーズンは度々失点に絡む軽率なミスを犯すなど、期待値を下回るプレーも多い。 ▽「ピケが好調を取り戻すためにはどうするべきか? 」という質問を受けたプジョル氏は、以下のように語っている。 「ジェラール(・ピケ)が、結局フットボールは24時間働く仕事なんだ、ということに気付いたことが素晴らしいことだと思う」 「真剣にそう思う。皆知っている通り、彼はやっているよ。ジェラールがバルサに戻ってきたことは重要だった。私は本当に1日24時間フットボール生活だったからね」 「でも、リラックスしたり、人生を楽しんだり、良い時間を過ごすことも少し必要なんだ。それは彼が私に教えたことだよ」 「それでも、あの超一流のコンペティションに参加していれば、自身をよく見つめフットボールに集中することが求められるのは事実だ」 「フィットし続けてトップでプレーしたいなら、それがすべきことだよ」 2018.11.16 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサGMがO・デンベレの素行に言及

▽バルセロナのゼネラルマネージャー(GM)を務めるペップ・セグラ氏が、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の放出を否定している。イギリス『メトロ』が、スペインのラジオ『SER』での発言を引用して報じた。 ▽遅刻や素行不良が囁かれ、来年1月の移籍が噂されたO・デンベレ。『メトロ』の情報によれば、移籍金8500万ポンド(約123億円)以上でのリバプール、アーセナル行きも取り沙汰されているようだ。 ▽しかし、先日にはO・デンベレの代理人が遅刻や素行不良、移籍を全面否定。さらに、バルセロナ側の大きな決定権を持つセグラGMも「問題ない」と語った。また、セグラGMとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が代理人と話し合いO・デンベレを残留させるよう決定した、とする報道についても触れている。 「(ウスマーヌ・)デンベレに問題はない」 「私たちは話し合ったし、昨日も丁度3人の別の代理人たちと会ってきた。だが、(様々な噂が立つが)それは正常なことであり、私の仕事の一部だ。自然なことなんだよ」 「デンベレは非常に若く、今直面しているバルサに適応するための努力のようなものはしてこなかった。私たちは、それが彼にとってハードなことだと認識しているし、彼本人もそう思っている。出来るだけ早く状況が変わるように努力しているよ」 ▽今シーズンここまで公式戦15試合6ゴール2アシストを記録しているO・デンベレ。現時点でも上々の成績だが、有無を言わさない更なる活躍で周囲の喧騒を振り払いたいところか。 2018.11.16 17:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース