「40歳になってもプレーしていたい」イニエスタ、すでに神戸との契約延長を希望?2018.06.10 17:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)は、40歳まで日本でプレーすることを望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽イニエスタは今シーズン限りでバルセロナを退団。今シーズンもバルセロナで公式戦44試合に出場し、14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップのスペイン代表メンバーにも名を連ねているマエストロは下部組織時代から22年間過ごしたクラブとの対戦を避けるために、ヨーロッパ以外でのプレーを模索。中国行きの可能性も浮上していたが、5月21日にバルセロナから神戸に加入することが発表された。

▽日本行きを決断したイニエスタだが、40歳までプレーしたい考えがあるようだ。3年半の契約を結んだことを明かし、神戸での契約延長に意欲している。

「僕らは3年半の契約を結んだ。その時に40歳になってもプレーしていたいと伝えたよ」

「それを実現できるかはわからないけどね! そのためにはもう3年契約を延長しなくてはいけない。その後は監督になるか、フットボールに密に関わる何かをしたいね。ピッチの近くにいることを感じたいんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

郷家J初弾など2発で神戸が完勝! 湘南は手痛い3連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節の湘南ベルマーレvsヴィッセル神戸が、19日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽連敗中の12位湘南(勝ち点26)は、1-4で敗北した前節のベガルタ仙台戦から4名変更。高橋、藤田、菊池、梅崎に代えて、アンドレ・バイア、高山、石川、野田を起用した。 ▽2試合負けのない4位神戸(勝ち点33)は、1-1で引き分けた前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを4名変更。ティーラトン、藤田、郷家、ウェリントンに代えて、アフメド・ヤセル、橋本、三田、長沢を起用した。アフメド・ヤセルと長沢は、加入後初のスタメンとなった。 ▽立ち上がりから、イニエスタを中心にボールを繋ぎつつ神戸が優勢に試合を進行。5分、イニエスタのパスを受けた古橋が放ったボックス手前中央からのシュートは相手DFにブロックされたが、湘南ゴールを脅かした。 ▽反撃に出る湘南には、25分にチャンスが訪れる。左サイドでボールを持った高山がクロスを入れると、DF渡部に跳ね返される。こぼれ球に反応した岡本がシュートを放ったが、枠を捉えることはできなかった。 ▽37分、神戸が先制に成功する。相手陣内中央付近でポドルスキからのパスを受けたイニエスタが、ボックス内に柔らかい浮き球のパスを入れる。湘南DF2人を相手に競り勝った長沢が頭で落とし、反応した三田が豪快に蹴り込んだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽神戸が1-0のリードで試合を折り返して迎える後半。両チームともにハーフタイム中の選手交代を敢行する。湘南は野田に代えてアレン・ステバノヴィッチを投入し、神戸は古橋に代えて郷家を送り出した。 ▽後半は、豊富な運動量を誇る湘南が主導権を握るが、神戸DFが決定的なシーンを作らせない。64分には、ボックス手前でボールを持った石川がミドルシュートを狙ったが、枠をわずかに右へ外れる。 ▽耐える時間の長い神戸だが、76分に鋭い一撃を浴びせる。右サイドでボールを受けたポドルスキが、縦にドリブルで侵攻して左足でシュートを放つ。GK秋元が弾いたところを、詰めていた郷家が押し込んだ。郷家にとっては、J初ゴールとなっている。 ▽なんとしても得点が欲しい湘南は、78分にボックス手前でボールを持った山根が豪快に右足を振り抜く。すると、鋭く変化するボールが枠を捉えたが、GKキム・スンギュの好守が阻んだ。 ▽湘南は、試合終了間際の89分にもカウンターから放たれた山崎のシュートが左ポストに嫌われるなど、最後まで得点に恵まれず。結局、神戸がリードを保ったまま試合が終了した。 ▽この結果、神戸は3試合負けなしと好調を維持。湘南は、3連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸MF中坂勇哉が海外挑戦! “ジローナのBチーム”ペララーダに期限付き移籍!

▽ヴィッセル神戸は18日、元U-20日本代表MF中坂勇哉(21)がスペイン3部のCFペララーダに期限付き移籍をすることを発表した。期間は2019年6月30日まで。 ▽神戸下部組織出身の中坂は、2016年にトップチーム昇格。これまで明治安田生命J1リーグに26試合出場して3ゴールを記録。しかし、今シーズンはリーグ戦での出場はなく、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽ペララーダへの期限付き移籍が決定した中坂は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、スペインのCFペララーダに移籍することになりました。海外での挑戦の場を与えてくれたクラブに感謝します。素晴らしいチームメイトやスタッフと一緒にサッカーができなくなるのは残念ですが、スペインでしっかり結果を出せるように全力を尽くします。皆様の前でより成長した姿を見せられるように1日1日を大切に過ごしたいです。引き続き、中坂勇哉を宜しくお願いします」 ▽ペララーダはセグンダB(スペイン3部)に所属するチーム。現在リーガエスパニョーラに所属するジローナのBチーム扱いとなっている。神戸は17日に佐々木大樹がバルメイラスへ期限付き移籍と生え抜き選手2人が海外で武者修行することとなった。 2018.08.18 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸MF佐々木大樹のパルメイラス移籍が決定 期間は2019年7月31日

▽ヴィッセル神戸は17日、MF佐々木大樹(18)がパルメイラス(ブラジル)に期限付き移籍することを発表した。籍間は2019年7月31日までとなる。 ▽神戸U-18出身の佐々木は今シーズンからトップチームに昇格。4月にJ1デビューを飾るなど6試合1得点を記録しているほか、Jリーグカップでも4試合1得点の成績も収めている。 ▽武者修行先としてブラジルの名門行きを決断した佐々木は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、ブラジルのパルメイラスに期限付き移籍をすることになりました。サッカーの本場、ブラジルでチャレンジできることに、とてもワクワクしています。初めての海外生活になりますが、より逞しく、より成長した姿をファン・サポーターの皆さまに見せられるように、全力でチャレンジしてきます。また、ヴィッセル神戸のU-18に加入して約3年半お世話になった全ての人に感謝したいです。引き続き、佐々木大樹を宜しくお願いします」 ▽ルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執るパルメイラスは、国内リーグ優勝9度の優勝を誇るブラジルの名門。日本選手の加入は初となる。 2018.08.17 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

2戦連発の神戸MFイニエスタ、首位広島とのドローを喜ぶ

▽ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、明治安田生命J1リーグ首位に君臨するサンフレッチェ広島戦でのドローを称えている。自身インスタグラム(andresiniesta8)上にメッセージを投稿した。 ▽イニエスタは、J1リーグ第21節ジュビロ磐田戦でルーカス・ポドルスキのパスから見事なターンを披露し、圧巻のJ1初ゴールを記録。2-1での勝利の立役者となっている。さらに、15日の第22節広島戦でもミドルレンジからゴラッソを叩き込み、2試合連続でネットを揺らした。チームも1-1で引き分け、首位からの勝ち点奪取に成功している。 ▽4位につけるチームで別格の存在感を放つイニエスタは、16日にインスタグラムを更新。「僕らは勝利は手にしていないけど、進み続けるよ!!素晴らしい仕事だ!!! 」と、英語とスペイン語でそれぞれ投稿した。チームメイトと喜び合う様子の写真が添付されたそのコメントには、約27万5000件の「いいね! 」が付けられている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.16 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

パトリック16ゴール目も、イニエスタの2試合連続ゴラッソで神戸と広島は痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第22節、ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が15日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節イニエスタのスーパーゴールで勝利した神戸は着々と順位を上げ現在は4位に位置。この勢いのままホームに広島を迎え撃つ今節は、前節同様にイニエスタとポドルスキが同時先発。その他GKキム・スンギュやウェリントンなど同じメンバーで挑む。 ▽対する広島は、前節はV・ファーレン長崎とのピースマッチを制し、リーグ戦3試合で2勝1分けと前半戦の勢いを取り戻してきた。連勝を目指して戦う今節は、長崎戦から3選手を変更。柴崎、千葉、渡に代えて、川辺、野上、工藤が先発起用された。 ▽序盤から互角の戦いを見せる。中盤ではイニエスタに広島の川辺や稲垣が厳しいチェックを与え続ける。そんな中13分には、ニエスタがゴール前に侵攻。つま先でシュートするが、GK林がうまく距離を詰めて事なきを得た。 ▽先制したのは広島。15分にハーフウェイライン付近からの青山のロングボールでパトリックが抜け出すと、マークに来たティーラトンがクリアを試みた際たが、蹴り上げただけで中途半端なボールに。のボールをGKと衝突しながらも抜群のボディバランスで拾ったパトリックがそのまま無人のゴールに流し込んでネットを揺らした。 ▽しかし、広島の喜びもつかの間、前節スーパーゴールのあの男がまたもやってのける。17分、ボックス外手前左でボールを受けたイニエスタは、味方のフリーランとフェイントを巧みに利用しながら少しず中央へ。最後は、野上のマークをキックフェイントで簡単に振り切ると、ボックス手前から強烈なミドルシュートを突き刺し、スコアを振り出しに戻した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">イニエスタのスーパーゴールをチェック!<br/>Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽同点で迎えた後半、55分にウェリントンがファウルの判定に不満を露わにした際に、審判はイエローカードが提示、これにより、次節は累積で出場停止となってしまった。 ▽その後、攻撃が停滞してきた広島は、工藤をさげてティーラシンを投入。するとそのティーラシンが絡んでチャンスを迎える。68分、カウンターで相手ゴールに攻め込む川辺が、一度ボックス右のティーラシンに供給。ティーラシンはすぐにボックス中央でフリーとなっていた川辺に折り返すが、川辺のシュートは枠を捕らえることができなかった。 ▽後半はほぼ一方的に試合を優位に進めていた広島だったが、73分に足を痛めていた水本が千葉と負傷交代。打開を試みる神戸も古橋を下げて三田を投入。すると75分、神戸に後半最大のチャンス。左サイドのクロスをウェリントンが頭で逸らすと、後ろから郷家が頭で押し込みにかかるが枠の外。 ▽85分をまわり、広島にチャンスが続いたがあと一歩のところで決め切れず。対して神戸は終了間際にウェリントンがヘディングシュートで決定機を迎えたが、GK林が好セーブを見せゴールを死守。結局、後半はスコアは動かないまま試合終了。ホームの神戸はイニエスタの2試合連続ゴールも実らず、連勝とはならなかった。広島はこれで4試合無敗。2位との勝ち点差を「9」に広げる結果となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.15 21:06 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース