超ワールドサッカー

リバプール、躍進バーンリーからイングランド代表GK獲得か2018.06.10 11:54 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールがバーンリーに所属するイングランド代表GKニック・ポープ(26)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『サン』が伝えている。

▽リバプールは現在GKシモン・ミニョレとGKロリス・カリウスの不安定なパフォーマンスによって、新たな守護神探しが急務となっている。そんな中、今シーズンバーンリーのプレミアリーグ7位という躍進を支えたポープ獲得に向けて移籍金1500万ポンド(約22億円)のオファーを提示する可能性があるようだ。

▽ポープは2016年7月にリーグ1(イングランド3部相当)のチャールトン・アスレティックからバーンリー入り。加入初年度はリーグ戦での出場はなかったが、今シーズンはプレミアリーグ第4節のクリスタル・パレス戦でイングランド代表GKトム・ヒートンの負傷によって途中から出場し、プレミアリーグデビューを飾った。

▽以降、バーンリーのゴールを守り続け、12度のクリーンシートを達成。この活躍が認められ、2018年3月にイングランド代表に初選出され、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むイングランド代表メンバーにも名を連ねた。6月7日に行われた国際親善試合のコスタリカ代表戦で途中出場して代表デビューを飾っている。

コメント

関連ニュース

thumb

サラー?マネ?それとも…『BBC』がアフリカ年間最優秀選手最終候補5名を発表

イギリス『BBC』は、2018年アフリカ年間最優秀選手賞の最終候補5名を発表した。<br><br>英国放送協会が実施するアフリカ年間最優秀選手賞。一般投票により決定するこの賞は、欧州時間17日の19時から投票がスタートし、12月2日に受付が終了する。<br><br>今年の最終候補5名は、メフディ・ベナティア(ユベントス/モロッコ代表)、カリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル代表)、トーマス・パルティ(ガーナ代表/アトレティコ・マドリー)、サディオ・マネ(セネガル代表/リバプール)、モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)となった。<br><br>大本命とみられるのは、リバプールの2選手。サラーについては、「昨季プレミアリーグで32ゴールを挙げ、得点王に輝いた。チャンピオンズリーグ(CL)では10ゴールを記録し、チームは決勝へ進出している」と紹介している。<br><br>マネについては、「セネガル代表としてワールドカップで2試合主将を務め、日本戦ではゴールを記録。CLでは10ゴールを挙げ、得点ランキングでは2位に。1-3とレアル・マドリーに敗れた決勝でも得点を挙げた」としている。<br><br>『BBC』の2018年アフリカ年間最優秀選手賞は、12月14日の番組内で発表される。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.18 18:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ダリッチ監督、過激発言のロブレンをたしなめる

▽クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、リバプールに所属する同国代表DFデヤン・ロブレンの発言に反応している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽クロアチア代表は15日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4第5節でスペイン代表に3-2で勝利。第2節での0-6の大敗のリベンジを果たしたが、試合後にロブレンが「ヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった」と発言してしまい、悪い意味での注目を浴びている。 ▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスは、昨年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦でFWモハメド・サラーと交錯し、負傷交代に追い込んでしまい、その時からロブレンに敵視されているとみられている。 ▽リバプールでは、以前にユルゲン・クロップ監督もセルヒオ・ラモスを「レスラー」と揶揄。ロッカールーム内で同選手に対する悪感情が蔓延していることは想像に難くないが、ロブレンはやや素直に感情を表し過ぎたようだ。ダリッチ監督が以下のようにたしなめている。 「彼と話すつもりだよ。でも、私たちやチームの間に問題は残らないだろうね」 「それに関して公の場で語りたくはない」 2018.11.18 18:45 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、プリシッチ獲得に向けファビーニョ売却を準備

▽リバプールが、ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)獲得に向け、今冬のブラジル代表MFファビーニョ(25)売却を準備しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を基に、イギリス『メトロ』が報じた。 ▽次代のスター候補として、各有力クラブに動向を見守られているプリシッチ。先日には、「プレミアリーグでプレーしない理由なんてないよ」と、イングランド行き希望を公言していた。 ▽そんなプリシッチの獲得に向け、ユルゲン・クロップ監督が移籍金7000万ポンド(約101億円)を用意しようとしていると、『ミラー』が報道。その計画の一環として、来年1月のファビーニョ放出が準備されているという。 ▽ファビーニョは、今夏に移籍金4370万ポンド(現在のレートで約63億円)でモナコからリバプールに加入。しかし、イングランドでのプレーに順応し切れてはおらず、ここまでの出場はプレミアリーグで4試合に留まっている。 ▽プリシッチとドルトムントの契約は2020年6月末まで。契約更新に関する交渉も、合意が得られないまま終結したと報じられている。チェルシーからの関心も伝えられているが、リバプールはファビーニョの放出で資金を捻出し、獲得競争に勝利することができるのだろうか。 ▽なお、ファビーニョの移籍先としては、ミランとユベントスが候補に挙げられている。 2018.11.18 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがスペイン代表DFに関心! クロアチアvsスペインにスカウト派遣

▽リバプールがレアル・ソシエダに所属するスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(25)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『カデナ・セル』が伝えている。 ▽『カデナ・セル』が伝えるところによれば、リバプールはジョレンテ獲得に向けて先日のレバンテ戦に加え、クロアチア代表vsスペイン代表の一戦にスカウトを派遣していたようだ。 ▽マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2012年にトップチームデビュー。しかし、世界屈指のスカッドを誇るトップチームで十分な出場機会を得ることはできず、ラージョ、マラガへのレンタル移籍を経て2017年にソシエダに完全移籍。昨季は公式戦34試合に出場し7ゴールを記録していた。 ▽本職のセンターバックに加え、右サイドバック、守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つジョレンテは、ビルドアップでも貢献可能な現代型のDF。また、186cmの長身を生かした空中戦の強さは攻守両面で大きな武器となっている。 ▽なお、2022年までソシエダとの契約を残すジョレンテだが、契約解除金は3000万ユーロ(約38億6000万円)と言われており、リバプールにとって問題なく支払える金額だ。 ▽現在、リバプールはオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、元カメルーン代表DFジョエル・マティプとトップチームのセンターバックは3枚だけとなっており、優先度は高くないものの補強が必要なポジションだ。 2018.11.18 14:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイク「S・ラモスは世界最高のCBじゃない。彼のようなやり方は避けていきたい」

リバプールDFフィルジル・ファン・ダイクは、レアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスが「世界最高のセンターバックではない」との見解を示した。<br><br>母国オランダの『テレグラーフ』とのインタビューに応じたファン・ダイクは、S・ラモスが自身にとっては理想的なセンターバックではないとの考えを述べている。<br><br>「ラモスは世界最高のセンターバックじゃないよ。偉大な選手だし、これまで勝ち取ってきたことには敬意を示す。でも僕のタイプじゃないんだよ。自分のお気に入りはラファエル・ヴァランだ。極上のDFで、若くして多くを勝ち取っている」<br><br>ファン・ダイクはまた、自身がS・ラモスのようにアグレッシブな守備を見せるCBではないことを強調した。<br><br>「僕はS・ラモスのような守備のやり方はしない。それだけではなく、彼が関わるような状況は避けていきたいと思っている」<br><br>S・ラモスは昨季チャンピオンズリーグ決勝で、FWモハメド・サラーの肩を脱臼させたとして大きな批判を浴びせられた。ファン・ダイクはその件について、こう振り返っている。<br><br>「彼に(サラーを負傷させる)意図があったのかはわからない。でもレアル・マドリーのメンタルが、あのことを境に変化したのは間違いない。マルセロ、ベンゼマ、ロナウドが、いきなり僕たちの若いサイドバック、アレクサンダー=アーノルドの側を攻め立てるようになった。サラーがいれば、ああしたことはしなかっただろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.18 02:23 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース