モナコ、トロワからU-21フランス代表FWを獲得!2018.06.10 04:56 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコは9日、リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格したトロワからU-21フランス代表FWサミュエル・グランディシル(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽トロワの下部組織出身のグランディシルは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、今季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。

▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、今回の移籍金は300万ユーロ(約4億円)となったようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

大規模デモ影響でモナコvsニースも中止に! PSGvsモンペリエ含む3試合で中止決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は6日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、7日に開催予定だったリーグ・アン第17節のモナコvsニースの中止を決定した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、現在もSNS上で4回目となる8日のデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、4日にはパリ・サンジェルマンvsモンペリエ、トゥールーズvsリヨンの中止を決定していた。 ▽なお、代替日程などに関しては今後の協議によって後日発表される予定だ。 ◆リーグ・アン第17節 ▽12/8(土) 《28:00》 アンジェ vs ボルドー ギャンガン vs アミアン ニーム vs ナント レンヌ vs ディジョン ▽12/9(日) 《23:00》 ストラスブール vs カーン 《25:00》 リール vs スタッド・ランス 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ ▽中止 モナコ vs ニース パリ・サンジェルマン vs モンペリエ トゥールーズ vs リヨン 2018.12.06 20:32 Thu
twitterfacebook
thumb

絶不調のモナコ、主力MFロニー・ロペスと2022年まで契約延長!

▽モナコは2日、ポルトガル代表MFロニー・ロペス(22)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ブラジル出身のポルトガル代表プレーヤーのロニー・ロペスはベンフィカの下部組織を経て2011年にマンチェスター・シティに加入。同クラブでは2013年1月のFAカップでクラブ歴代最年少となる17歳と9日でのトップチーム初ゴールを記録も、トップチーム定着とはならず。2015年にモナコへの完全移籍を決断した。 ▽そのモナコでも出場機会に恵まれず、同じリーグ・アンのリールへのレンタル移籍を経験すると、同胞MFベルナルド・シウバやフランス代表FWキリアン・ムバッペら主力の後釜として昨シーズンに完全にブレイク。元々、定評があった圧倒的な左足のスキルとスピード、攻撃センスを生かしたチャンスメークに加え、ゴールスコアラーとしてもその才能を開花。昨季リーグ・アン全試合に出場すると、リーグ戦8試合連続ゴールを含め15ゴール7アシストという見事な数字を残した。 ▽今夏の移籍市場では国外のビッグクラブからの関心を集めてきたが、今季降格圏の19位に低迷するモナコとの現行契約を新たに2年間の延長することになった。 2018.12.03 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアのアル・ナスルが前モナコ指揮官ジャルディム氏招へいへ!

▽サウジアラビアのアル・ナスルが今季途中にモナコを解任されたレオナルド・ジャルディム氏(44)を招へいする見込みだ。フランス『レキップ』が現地メディアのレポートを引用して伝えている。 ▽ジャルディム氏はモナコ退任後、サウサンプトンやレスター・シティ、カタール代表などの新指揮官就任が噂されてきた。しかし、『レキップ』が伝えるところによれば、サウジアラビアの強豪アル・ナスルが同氏を1年半契約で招へいする意向を固めたようだ。 ▽ブラガ、オリンピアコス、スポルティング・リスボンでの指揮を経て2014年からモナコを率いたジャルディム氏。2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たした。 ▽さらに、卓越した育成能力を持つポルトガル人指揮官はMFベルナルド・シウバやFWキリアン・ムバッペ、MFトマ・レマル、MFファビーニョら若手逸材を一人前に育て上げ、その高額な売却益をクラブにもたらした。 ▽しかし、今季は度重なる主力流出が響き開幕から公式戦11試合でわずかに1勝と、就任以来最も厳しいスタートを強いられると、10月半ばに成績不振を理由に解任されていた。 ▽なお、ジャルディム氏招へいが噂されるアル・ナスルはオーストラリア代表GKブラッド・ジョーンズやナイジェリア代表FWアーメド・ムサ、モロッコ代表FWノルディン・アムラバト、元ブラジル代表MFジュリアーノらが在籍している。 2018.12.02 11:42 Sun
twitterfacebook
thumb

完敗のモナコ、アンリ監督が敵将シメオネを絶賛「すべての監督がお手本にすべきだ」

モナコは28日、チャンピオンズリーグのグループA第5節でアトレティコ・マドリーと対戦した。モナコのティエリ・アンリ監督は試合後の記者会見で敵将のディエゴ・シメオネを絶賛した。<br><br>モナコは第4節終了時点でグループリーグ敗退が決定。ヨーロッパリーグに回る3位の座を目指していた。一方、アトレティコは勝ち抜けが決まった状態でこの試合に臨んだ。<br><br>試合は2分に、アトレティコが最初の攻撃で先制点を決めた。24分には左サイドからのクロスをアントワーヌ・グリーズマンがきっちりと合わせて追加点を記録。モナコは終始ボールをキープされる苦しい展開となり、0-2で敗戦した。<br><br>10月からモナコの指揮官に就任し、監督として新しいキャリアを歩み始めたアンリ。就任後公式戦で6試合未勝利と苦しい状況も経験した。そんなアンリは2011年からアトレティコを率い、13-14シーズンにはレアル・マドリーやバルセロナを押しのけてラ・リーガで優勝を果たしたシメオネを尊敬しているという。<br><br>「シメオネから多くのことを学んだ。彼がどうやって振る舞っているかいつも見ていたよ。この試合も2-0で勝利に導き、決して選手を孤立させなかった。終始、選手たちに叫び続け、試合に集中させていたね」<br><br>「彼はフットボールに対して情熱を持っている。まだ選手であるかのようだよ。すべての監督がシメオネを参考にするべきだ」<br><br>シメオネから教訓を得たアンリ監督は、リーグアンで下位に沈むモナコを立て直すことができるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.01 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

コケ&グリーズマン弾でアトレティコが決勝T進出! モナコは最下位での敗退が決定…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第5節、アトレティコ・マドリーvsモナコが28日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-0で勝利した。 ▽今節の勝利で自力での決勝トーナメント進出を決められる2位のアトレティコ(勝ち点9)が、ホームに今大会初勝利を目指す最下位のモナコ(勝ち点1)を迎えた一戦。 ▽直近のリーグ戦でバルセロナ相手に土壇場の失点で勝利を逃したホームチームだが公式戦6戦無敗を継続。そのバルセロナ戦からは先発2人を変更。負傷のジエゴ・コスタに代えてコレア、サウールに代えてトーマスを起用した。 ▽一方、すでにグループ敗退が決定しているモナコだが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント出場圏内3位クラブ・ブルージュ(勝ち点4)を逆転する可能性は十分にある。しかし、直近のカーン戦でアンリ新体制初白星を挙げたチームは古巣対戦のファルカオをベンチに置き、これがトップチームデビューのビアンコーネを含め10代の若手4人を先発で起用した。 ▽試合は開始早々に動く。2分、ボックス手前左でグリーズマンからパスを受けたコケが右足のシュートを放つと、やや当たり損ねとなったボールがDFバディアシルに当たって大きくコースが変わり、これがGKベナーリオの逆を突く形でゴール左に吸い込まれた。 ▽幸運な形から先手を奪ったアトレティコは無理にペースを上げず、相手にボールを持たせながら要所でカウンターに転じる。8分にはボックス手前で得たFKを古巣対戦のレマルが左足で直接狙うが、これは左ポストの外側を掠めた。 ▽以降も主導権を握るアトレティコは24分、バイタルエリア左で縦パスを受けたグリーズマンが鋭いターンからボックス左に走り込むコレアにスルーパス。コレアが巧みな切り返しでDFを外してマイナスに折り返すと、これをグリーズマンが巧みな左足アウトサイドのシュートでゴール右隅に流し込んだ。その後も危なげなく試合をコントロールしたアトレティコが相手にシュートチャンスも与えない余裕の試合運びで前半を終えた。 ▽迎えた後半、ハーフタイムにコケを下げてビトロを投入したアトレティコは後半もきっちり試合をコントロール。一方、流れを変えたいモナコは54分、シラを下げてファルカオをピッチに送り出す。 ▽その後は拮抗した展開が続く中、アトレティコはレマル、コレアに代えてカリニッチ、サウールを投入。対して旗色が悪いモナコはシャドリ、ゴロビンを下げてディオプ、テュラム=ウリアンと若手をピッチに送り出す。 ▽すると、82分にはモナコにようやくゴールチャンスが訪れる。ボックス内でDFサビッチが手を使ってシュートブロックすると、このプレーでモナコにPKが与えられる。さらにこのファウルでサビッチに2枚目の警告が掲示され退場処分に。だが、このPKをキッカーのファルカオが枠の右に大きく外してしまい、一矢報いるゴールとはならず。 ▽結局、試合はこのまま2-0でタイムアップ。攻守両面でそつのなさを見せたアトレティコが最終節を前に決勝トーナメント進出を決定。一方、敗れたモナコはグループ最下位が確定した。 2018.11.29 04:56 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース