アタランタがアストン・ビラのイタリア人GKゴッリーニの買い取りオプションを行使2018.06.10 01:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アタランタは9日、アストン・ビラのイタリア人GKピエルルイジ・ゴッリーニ(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。移籍金は430万ユーロ(約5億5000万円)に設定されていた。

▽2012年にフィオレンティーナからマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に移籍したゴッリーニは、将来を嘱望されたGKだったがユナイテッドではトップチームに上がれず、2017年冬にアストン・ビラからアタランタへ2年間のレンタル移籍を果たした。2017-18シーズンはアタランタで控えGKとしてセリエAで7試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ジョン・テリーの去就決定…現役最後の地アストン・ビラでアシスタントコーチに

▽昨シーズン限りで現役を引退したジョン・テリー氏(37)の去就が決まった。 ▽アストン・ビラは10日、トップチームの体制変更を明らかに。解任したスティーブ・ブルース氏の後任監督としてブレントフォードの指揮を執るディーン・スミス氏を引き抜き、アシスタントコーチとしてテリー氏の入閣を発表した。 ▽テリー氏は、チェルシーやイングランド代表での輝かしいキャリアを経て、2017年夏からアストン・ビラでプレー。昨シーズン限りで退団後、現役引退を表明すると共に、指導者転身の意向を明かしたことで動向に注目が集まっていた。 ▽なお、アストン・ビラは現在、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)3勝6分け3敗の15位。20日に行われる次節、スウォンジーとホームで対戦する。 2018.10.11 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

元アイルランド代表アイルランドがボルトンに移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のボルトン・ワンダラーズは9日、元アイルランド代表MFスティーブン・アイルランド(32)の加入を発表した。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のアイルランドは2005年のトップチーム昇格以降、在籍5年間で公式戦176試合に出場。2010年にクラブが大型補強を敢行したことでポジションがなくなり、アストン・ビラへと移籍した。 ▽アストン・ビラ移籍後は2011-12シーズンにファンによる年間最優秀選手に選ばれる活躍を残したものの、負傷や問題行動などにより鳴かず飛ばずの成績に。 ▽その後、レンタル移籍を経て2014年冬にストークに完全移籍。4年半過ごしたあと今夏に退団しフリーとなっていた。 ▽また、アイルランド代表としては、公式戦6試合で4ゴールの記録を残していた。 2018.10.10 16:08 Wed
twitterfacebook
thumb

10試合未勝利のモナコ、ジャルディム監督解任でアンリ氏招へいか?

▽モナコがレオナルド・ジャルディム監督(44)の後任としてティエリ・アンリ氏(41)の招へいを考え始めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。 ▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こを勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っている。この成績不振を受けて、クラブ首脳は早くもジャルディム監督の解任に動き始めているようだ。 ▽『レキップ』が伝えるところによれば、ジャルディム監督の解任はほぼ確実で、すでに後任候補のリストアップに動いている模様。その中でアンリ氏が第一候補に挙がっているという。 ▽現在ベルギー代表のアシスタントコーチを務めるアンリ氏には、今夏にボルドーの指揮官就任の噂が流れたが金銭面で合意に至らず破談。しかし、イギリス『デイリー・メール』によれば、同氏は3日にスティーブ・ブルース前監督の解任を発表したアストン・ビラの後任候補にも挙げられており、すでにオーナーのナセフ・サウィリス氏と会談を行ったと伝えられていた。 2018.10.10 05:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパードがジョン・テリーの監督業転身に太鼓判! 「彼はリーダー」

▽現役引退を発表したジョン・テリー氏の監督業転身に、盟友のフランク・ランパード監督が太鼓判を押した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽主にチェルシーで活躍したテリー氏は、21年間に渡って同クラブを支え公式戦通算702試合に出場。その間、5度のプレミアリーグ制覇や1度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を含む「15」のタイトルをもたらした。 ▽7日に現役引退を発表したテリー氏に関して、2001年から2014年までをチェルシーで共にしたランパード監督(現ダービー・カウンティ)がマネジメント業向きだと語った。 「間違いなく、彼は既にそう(マネジメント業に進むと)話していると思う」 「ジョン(・テリー)のキャラクターや人格面は然り、僕ら皆がそれを知っていると思う」 「彼はピッチ内外でリーダーだった。彼はコーチとして、監督としてもリーダーになるだろう。何をすべきか選択し上手くやるべきだと望むならね」 「彼は試合について学ぼうとしているし、既に豊富な経験と知識を獲得している」 「彼がコーチングとマネジメントの道に進むであろうことを確信している。ジョンは私がそう思う人々の1人なんだ。彼はプロフェッショナルなタイプの人物で、それ(監督やコーチング業)を仕事にするだろう」 ▽テリー氏には、現役最後のクラブとなったアストン・ビラでコーチングスタッフを務める可能性が浮上している。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で、かつてのチームメイト同士の激突が見られることになるかもしれない。 2018.10.09 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

監督解任アストン・ビラでアンリ&ジョン・テリーがタッグ結成?!

▽ティエリ・アンリ氏に、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のアストン・ビラ指揮官就任の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽アストン・ビラは、3日にスティーブ・ブルース前監督の解任を発表。同監督は2016-17シーズンから指揮を執っており、2年目の昨シーズンには4位という成績を残したが、プレミアリーグ昇格プレーオフ決勝でフルアムに敗れ昇格を逃していた。今シーズンは開幕からのリーグ11試合で3勝6分け2敗は12位に低迷しており、責を問われる形でクラブを後にしている。 ▽『デイリー・メール』によると、アンリ氏はアストン・ビラのオーナーであるナセフ・サウィリス氏と会談を持ち、指揮官就任への意欲を訴えたという。さらに、就任する場合はアシスタント・マネージャーとして元イングランド代表DFジョン・テリーを引き連れる意向を示しているようだ。 ▽プレミアで圧倒的な実績を誇るロンドン勢コンビ到着の噂に、アストン・ビラのサポーターは大きく期待。そのため、アンリ氏が「可能な限り早い昇格」を求められることになるだろう、とも記事は伝えている。 ▽また、昨シーズン限りでアストン・ビラとの契約を満了しフリーの状態が続いているテリーに関しては、現役を続行するか否か不明の状態が続いているようだ。 2018.10.07 20:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース