ルカ・トーニがスペインに!? 2006年W杯優勝メンバー2018.06.10 02:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッカー界に新たなルカ・トーニが誕生した。イタリア『スカイ』が伝えている。▽ルカ・トーニといえば、現役時代にバイエルンやフィオレンティーナで活躍した元イタリア代表アタッカー。セリエA得点王を2度経験し、イタリア代表では2006年にワールドカップ(W杯)を制覇した名ストライカーだ。

▽2006年7月9日にフランスを下して世界一になったルカ・トーニ擁するイタリア。その1ヶ月後の8月8日、スペインのバレンシアに、ルカ・トーニが誕生した。それから12年、少年ルカ・トーニは、バレンシアの下部組織に入っている。

▽名前の重さを理解する年齢になっており、12歳のルカ・トーニは『マルカ』に対して「名前は本名なの、とよく聞かれます」と語り、名前の由来を明かした。

「父はトーニで、同じように呼ばせたいと思っていたそうです。でも、母は同じうちにトーニが2人になることに反対しました。そこでおじさんが、だったらルカ・トーニにしちゃえばと提案したそうです。1ヶ月前にW杯で優勝したFWと一緒だということもあって」

▽ただ、プレーの面で先輩ルカ・トーニの影響はほとんどないそうだ。

「僕はDFなので、あまりゴールは決めないんです…」。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、元ユベントスCEOマロッタ氏を最高経営責任者に招へい!「インテルを再び偉大なクラブへできる」

▽インテルは13日、ジュゼッペ・マロッタ氏(61)を新たなCEO(最高経営責任者)に迎えたことを発表した。 ▽1970年代後半からサッカークラブの経営に携わってきたマロッタ氏は、2010年にカルチョポリによる2部降格から巻き返しを図るユベントスのGMに就任。幅広い人脈と卓越した交渉力でアントニオ・コンテ前監督、マッシミリアーノ・アッレグリ現監督を招へいするなど、同クラブのセリエA7連覇に貢献した。 ▽新CEOとしてインテルに加入したマロッタ氏は、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私はインテルのような名門クラブでの新たな挑戦できることは嬉しく、また誇らしく思っている」 「スティーブン・チャン会長には野心的なプロジェクトがあり、私はその一部として積極的に参加したいと思っているよ。チャン会長や蘇寧グループが私を信頼してくれていることに感謝を示したい。そして我々ならともにインテルを再び偉大なクラブへできると、私は確信しているよ」 2018.12.13 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

セードルフ「監督は中身が必要。選手として偉大でもアドバンテージは1週間だけ」

カメルーン代表指揮官のクラレンス・セードルフが9日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組『プレッシング』にゲスト出演し、自身のキャリアを振り返った。<br><br>セードルフは現役時代、アヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍。ブラジルのボタフォゴでプレーしていた2014年1月、古巣ミランから監督としてのオファーを受けると電撃引退を決断し、解任されたマッシミリアーノ・アッレグリの後任を務めた。オランダ人指揮官は、ミラン加入直後だったMF本田圭佑を半年間、指導したことでも知られる。<br><br>「自分のキャリアには、非常に満足していた。だからこそ、急なことだったが、すべてを手放してミランの指揮を執りに向かったんだ。24年間のキャリアを経て、新たな挑戦へ準備はできていた」<br><br>元オランダ代表MFは監督としてそれなりの成績を残していたかに見えたが、シーズン終了後には解任処分を受けた。<br><br>「偉大な選手であったことによるアドバンテージは、監督を始めてわずか1週間でなくなってしまう。それからは中身が必要になる。ミランは当時、苦境に陥っていたので、私は助けに行ったつもりだった。あの頃、私は非常に孤独だったが、それでもチームをまとめてまずまずのパフォーマンスを見せ、19試合で35ポイントを獲得した。新シーズンへ向けて準備も万端だったが、クラブは別の決断を下した。(当時の後任で現ボローニャ指揮官のフィリッポ)インザーギのように負けても監督の座に留まれるような幸運に恵まれたかったよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 22:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ピャニッチ、ユーベの新旧リーダーに尊敬の眼差し「偉大なチャンピオンで模範」

ユベントスに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチは、イタリア国営放送『RAI』のインタビューに応じ、パリ・サンジェルマンに移籍したGKジャンルイジ・ブッフォンらについて語った。<br><br>ユベントスで3年目のシーズンを送るピャニッチは、昨シーズン限りで17年間所属したクラブを退団し、新天地パリへと旅立ったブッフォンの存在を振り返った。また現在、2005年からユベントスでプレーする34歳のDFジョルジョ・キエッリーニがブッフォンの後継として役割を務めていることを明かしている。<br><br>「ジジ(ジャンルイジの愛称)はレジェンドだよ。それにおそらく、史上最強のGKだと思う。彼はロッカールームでも重要な人物だった。チームの模範であり、ユベントス愛が伝わって来た。彼が退団した後、&ldquo;キエッロ(キエッリーニの愛称)&rdquo;が僕らのリーダーになった。彼とジジは、『ユーベとは何か』を理解させてくれる。2人とも真面目でプロフェッショナルで偉大なチャンピオンであり、僕らが目指すべきモデルだと思う。敵ではなく、チームメートとして持ちたいものだね」<br><br>またボスニア人MFは、今冬の移籍市場でのユベントス復帰の可能性が報じられているマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバについて言及。「きっとファンは皆、彼の獲得を夢見ているだろう。ここへやって来た選手たちは皆、素晴らしい選手たちだし、これからクラブがどんな補強をするべきか検討してくれるだろう。『ようこそ』ではなくて『お帰り』になるのかな」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 21:36 Tue
twitterfacebook
thumb

「ユベントスは本当に強い。重要な局面で力を出せる」ブラジル代表MFが自負

ユベントスに所属するブラジル代表MFドウグラス・コスタが9日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、自身やチームの現状などについて語った。<br><br>ユベントスでの2シーズン目を送るD・コスタは、8年連続リーグ優勝を目指して無敗の快進撃を続けるチームについて自身の見解を示した。<br><br>「僕がチームに加わってから、チームは成長を続けている。良いプレーを必ずしも見せられないときもあるが、重要な局面では力を出せる。チャンスを多く作れなくても、好機を生かすことができる。このチームは本当に強い」<br><br>続いてブラジル人MFは、ユベントスのライバルチームに目を向けた。またバイエルンで指導を受けた現ナポリ監督のカルロ・アンチェロッティについてもコメントを残している。<br><br>「もちろんナポリがライバルだろう。だがインテルも僕らと互角に戦っていたね。ミランも良いプレーをしているし、ローマについても同じことが言える。アンチェロッティ?透明性があるし、バイエルンでは僕に良くしてくれて、素晴らしい人物だったと思う。あのシーズン、僕はケガの影響でチームメイトよりもスタートが少し出遅れた。ようやく復帰できたとき、チームはすでに完成していた。それでもアンチェロッティは僕に対してもフェアに接してくれた」<br><br>ユベントスは12日、チャンピオンズリーグでグループ首位突破を懸けて、ヤングボーイズ戦へ挑む。D・コスタは、「ホームでマンチェスター・ユナイテッドに負けてしまったのは残念だった。だが首位を確保することは重要だと思う」と述べ、グループリーグ最終節での勝利を願った。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 12:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース