ルカ・トーニがスペインに!? 2006年W杯優勝メンバー2018.06.10 02:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッカー界に新たなルカ・トーニが誕生した。イタリア『スカイ』が伝えている。▽ルカ・トーニといえば、現役時代にバイエルンやフィオレンティーナで活躍した元イタリア代表アタッカー。セリエA得点王を2度経験し、イタリア代表では2006年にワールドカップ(W杯)を制覇した名ストライカーだ。

▽2006年7月9日にフランスを下して世界一になったルカ・トーニ擁するイタリア。その1ヶ月後の8月8日、スペインのバレンシアに、ルカ・トーニが誕生した。それから12年、少年ルカ・トーニは、バレンシアの下部組織に入っている。

▽名前の重さを理解する年齢になっており、12歳のルカ・トーニは『マルカ』に対して「名前は本名なの、とよく聞かれます」と語り、名前の由来を明かした。

「父はトーニで、同じように呼ばせたいと思っていたそうです。でも、母は同じうちにトーニが2人になることに反対しました。そこでおじさんが、だったらルカ・トーニにしちゃえばと提案したそうです。1ヶ月前にW杯で優勝したFWと一緒だということもあって」

▽ただ、プレーの面で先輩ルカ・トーニの影響はほとんどないそうだ。

「僕はDFなので、あまりゴールは決めないんです…」。

コメント

関連ニュース

thumb

ラツィオ、クロアチア代表MFバデリがトレーニングに負傷…週末のパルマ戦は欠場か

▽ラツィオに所属するクロアチア代表MFミラン・バデリが、21日に行われるセリエA第9節のパルマ戦を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『Tuttomercatoweb』を引用して伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』によると、クロアチア代表から帰還したバデリは、17日のトレーニング中にMFルーカス・レイバのタックルを受けて負傷したとのこと。 ▽トレーニングから離脱したバデリは18日の午後にローマのパイデイア・クリニックで検査を実施する予定となっているが、今週末に行われるパルマ戦の欠場はほぼ確実と同紙は伝えている。 2018.10.19 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ピルロ氏、ミラノ・ダービーについて見解…両エース比較も

▽元イタリア代表アンドレア・ピルロ氏が、21日に行われるセリエA第9節インテルvsミランのミラノ・ダービーについて見解を示した。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽セリエA第9節が20日から22日にかけて行われる。その中で最も注目なのが、3位・インテル(勝ち点16)と、10位・ミラン(勝ち点12)が激突するミラノ・ダービーだ。 ▽そんな中、現役時代にインテルとミランの両クラブに在籍していたピルロ氏が伝統の一戦について見解を述べている。 「どちらが勝つかだって? それは分からない。ただ、言えることがあるとすれば、美しい試合になるということだね。とても均衡した試合になるはずだよ」 「(ミランのFWゴンサロ・イグアインとインテルのFWマウロ・イカルディのエース対決について)2人は全く違うタイプのフォワードだよ。イカルディはボックス内においてのプレーは世界でもトップクラスの1人だ。一方でイグアインは万能で、チームを活性化させる方法を知っている。2人とも偉大な選手だよ」 「(ルチアーノ・スパレッティ監督とジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、どっちを好む?)ミランの監督の方かな」 「(自身が好きなダービーは?)ミラノ・ダービーはたくさん経験したね。勝った試合もあれば、負けた試合もあるね。その中でも1つ選ばなくてはいけないとすれば、2002-03シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝セカンドレグで引き分けた試合(1-1のドロー)かな」 2018.10.18 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ペロッティとカルスドルプが負傷でCSKA戦とナポリ戦欠場へ

▽ローマのアルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティと、オランダ代表DFリック・カルスドルプが負傷したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 ▽ふくらはぎを痛めているペロッティは3週間の離脱、太ももを痛めているカルスドルプは10日ほどの離脱とのことだ。 ▽公式戦4連勝中のローマは代表ウィーク明け後、20日にセリエA第9節SPAL戦を、23日にチャンピオンズリーグのCSKAモスクワ戦を、28日にセリエA第10節ナポリ戦を戦う。 2018.10.17 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジル戦で負傷のディバラ、CLユナイテッド戦出場暗雲か

▽ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラがヒザを負傷したようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽ディバラは16日に行われたブラジル代表との国際親善試合で先発し、57分にヒザを痛めてピッチを後にしていたとのことだ。負傷は軽いとの報道だが、トリノで検査を受けて今後の起用法が決められる模様だ。 ▽ディバラは今季、FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に伴い、本来のパフォーマンスを発揮できずにいたが、2トップの後方でプレーし始めたここ数試合は本領を発揮し始めている。 ▽ユベントスは20日にセリエA第9節ジェノア戦を戦った後、23日にチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦に臨む。 2018.10.17 23:29 Wed
twitterfacebook
thumb

現役引退の悪童カッサーノ、名言集に長友佑都とのエピソードも「彼はどうせ怒らない」

先日、元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが現役引退を発表したが、サッカー情報サイト『Onefootball』で紹介されているカッサーノの名言を基に、『90MIN』イタリア版が15日、ランク付けを行った。日本代表DF長友佑都とのエピソードが9位にランクインしている。<br><br>20年にわたった現役生活の中で、&ldquo;問題児&rdquo;カッサーノは行き先々において歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせてきた。記事では、「アントニオ・カッサーノの最も有名な言葉」と題し、ファンタントニオの&ldquo;迷言&rdquo;の数々を振り返り、9位に「カッサーノとナガトモ」が紹介されている。<br><br>カッサーノは2012年夏、ジャンパオロ・パッツィーニとのトレードでミランからインテルに加入。2011年冬からインテルでプレーしていた長友とは、1シーズンを共に過ごした。カッサーノはかつて日本代表DFについてこのように話している。<br><br>「俺は彼の言っていることが分からない。彼も俺の言っていることは分からない。彼が話をしても誰も理解できない。それで君は笑う。彼にはどんなことでも言ってくれていいぞ。どうせ分からなくて怒ることはないからね」<br><br>なお1位には、「カッサーノと運命の重要さ」が選出されている。カッサーノはサッカーでキャリアを築くことができなければ、犯罪者になっていたはずだと告白している。<br><br>「もしあのバーリ対インテル戦がなければ、俺は強盗やスリなど犯罪者になっていただろう。俺の知り合いの多くは、マフィアに入ってしまった。あの試合があったおかげで、才能もあった俺はクソみたいな人生に別れを告げることができた。俺は貧乏だったが、何もできないので働いたことすら一度もなかったんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 21:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース