ルカ・トーニがスペインに!? 2006年W杯優勝メンバー2018.06.10 02:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッカー界に新たなルカ・トーニが誕生した。イタリア『スカイ』が伝えている。

▽ルカ・トーニといえば、現役時代にバイエルンやフィオレンティーナで活躍した元イタリア代表アタッカー。セリエA得点王を2度経験し、イタリア代表では2006年にワールドカップ(W杯)を制覇した名ストライカーだ。

▽2006年7月9日にフランスを下して世界一になったルカ・トーニ擁するイタリア。その1ヶ月後の8月8日、スペインのバレンシアに、ルカ・トーニが誕生した。それから12年、少年ルカ・トーニは、バレンシアの下部組織に入っている。

▽名前の重さを理解する年齢になっており、12歳のルカ・トーニは『マルカ』に対して「名前は本名なの、とよく聞かれます」と語り、名前の由来を明かした。

「父はトーニで、同じように呼ばせたいと思っていたそうです。でも、母は同じうちにトーニが2人になることに反対しました。そこでおじさんが、だったらルカ・トーニにしちゃえばと提案したそうです。1ヶ月前にW杯で優勝したFWと一緒だということもあって」

▽ただ、プレーの面で先輩ルカ・トーニの影響はほとんどないそうだ。

「僕はDFなので、あまりゴールは決めないんです…」。

コメント

関連ニュース

thumb

ザッケローニ、C・ロナウドの苦戦を予想「リーガのようにはいかない」

元日本代表監督で現在、UAE(アラブ首長国連邦)の指揮官を務めるアルベルト・ザッケローニが、イタリア紙『イル・マッティーノ』のインタビューに応じた。ユベントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドについて自身の見解を示している。<br><br>■1年目のC・ロナウドを不安視ブラジル・ワールドカップで日本代表を率いたイタリア人指揮官は、C・ロナウドでもセリエAへの適応に手を焼くだろうと予想した。<br><br>「セリエAのピッチではより多くの問題に直面するだろう。(ミシェル)プラティニだって1年目は苦しんでいた。C・ロナウドがゴールを量産するとは限らない。むしろ私はリーガ(エスパニョーラ)と同じようにゴールを決めることは、イタリアではできないと考えている」<br><br>■ナポリやインテルがユーベの対抗馬?続いてザックは、ナポリについても言及。ナポリは今夏、イタリア人の名将カルロ・アンチェロッティを招へいし、話題となった。アンチェロッティ率いるナポリが8連覇を狙うユベントスの対抗馬になると指摘している。<br><br>「ナポリにもナポリの&ldquo;ロナウド&rdquo;がいる。アンチェロッティは絶対プレミアリーグに行き、イギリスの強豪を率いると思っていた。ところが彼が選んだのは(アウレリオ)デ・ラウレンティスのプロジェクトだった。何か魅力的なものがあったのだろう。昨シーズンは91ポイントを稼いだチームだ。それにチームのメンバーもほぼ変わっていない。当然、スクデット争いの有力なライバルと言える。それでも指揮官や戦術が変わった後は不透明な部分もある。最強監督の1人であるとはいえ、新監督には時間を与えなければならない」<br><br>また元日本代表指揮官は、ルチアーノ・スパレッティのインテルが3番手に来ると予想している。<br><br>「ナポリの次にはインテルが来るだろう。私は中国にいたことがあるので、蘇寧を知っているが、巨大な企業だ。イタリアに来て、ただ姿を見せるだけではないと思っていた。確かにメルカートは10点満点だった。だがルチアーノ・スパレッティは、ネラッズーリの慢性的な病、つまり好不調の波と闘わねばならない。このメンタル面の問題をクリアできれば、最後まで首位争いに残るだろう」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、C・ロナウドのセリエAデビューを明言…18日開幕節でキエーボと対戦

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、キエーボ戦でのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの起用を明言している。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽昨シーズンに7連覇を達成したユベントスは、今夏レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。その他、ボヌッチがミランから復帰するなど選手層の拡充に成功した。 ▽そして18日に迎えるセリエA開幕戦ではキエーボと対戦する。新戦力のデビューにも注目が集まる中、指揮官のアッレグリ監督が、C・ロナウドのデビューを明言。復帰したボヌッチ、バレンシアから加入したポルトガル代表DFジョアン・カンセロらの名前も挙げている。 「ロナウドはデビューすることになるだろう。GKシュチェスニー、キエッリーニ、ボヌッチ、ピャニッチもプレーするだろうね。両サイドバックはカンセロとアレックス・サンドロ。全員が良い状態だ。W杯で決勝まで進んでいるマンジュキッチやマテュイディでさえね」 「どのようにプレーさせるかはいくつか考えがある。ただ、最適なものを見つけ出すにはもう数試合と数回のトレーニングを見る必要がある。シーズンは長い。我々にはそれぞれ異なった特徴を持った選手たちがいる。そして、その特徴によって異なるシステムでプレーすることもできる」 2018.08.17 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

7歳から在籍したユーベを退団…マルキジオ、少年時代の写真と共に「このユニフォームが何よりも大好きだ」

▽ユベントスは17日、イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(32)との契約解除を発表した。 ▽2006-07シーズン途中にトップチームに昇格して以降、エンポリへのレンタル移籍を経験した2007-2008シーズンを除き、現在までビアンコネーロを支え続けてきたマルキジオ。これまで公式戦389試合に出場し、前人未到のセリエA7連覇、3度のイタリア・スーパーカップ、4度のコッパ・イタリア制覇にも大きく貢献してきた。 ▽しかし、近年では出場機会が減少。2017-18シーズンはケガの影響もあり公式戦出場は20試合に留まった。そんな中、出場機会を求めて今夏での契約解除を考慮していることが伝えられ、今回の契約解除に至った。 ▽7歳の頃から25年間袖を通してきた白黒のユニフォームに別れを告げたマルキジオは公式発表後、自身のツイッター(@ClaMarchisio8)を更新。ユベントスのユニフォームを着た少年時代の自身の写真と共に、惜別の言葉を送った。 「この写真を見るのをやめられない。僕はサッカー選手としての人生をこの縦縞のユニフォームに捧げてきた。このユニフォームが何よりも大好きだ。このチームが優勝し続けることを信じている。いつまでも」 ▽出場機会を求めているマルキジオに対して、イタリアメディアは7月に新天地としてMLSや中国、オーストラリアのほかJリーグに可能性があることを報道。長年ユベントスを支えてきたレジェンドの新天地は、どこになるのだろうか。 2018.08.17 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

スナイデル「ユーベのCL優勝はロナウド1人だけじゃ無理」

▽アル・ガラファ(カタール)に所属する元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルがユベントスの欧州制覇に否定的な見解を示した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽ユベントスは今夏、レアル・マドリーで世界が誇るゴールゲッターとして名を馳せるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得。悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に機運を高めている。 ▽だが、かつてインテルの司令塔に君臨したスナイデルは、今シーズンのユベントスに周囲から集まるビッグイヤー獲得の期待に反するコメントを残した。 「ロナウドが加わったユーベならCLを優勝できる? それはないね。1人だけで全てが変わるとは思えない。誰もがロナウドのことを理解していてもだ。ユーベは過去数年のCLでうまくやっている。でも、1人の選手が入ったからといって、勝てるわけじゃない」 「CLという舞台には、ユベントスよりも強いチームがいる。セリエAなら別だけどね。セリエAで勝てなければ驚くだろうけど、CLで負けても驚きはない。僕が思うに、CLで勝ちたいなら、ロナウド以上の存在が必要さ」 「クリスティアーノ・ロナウドならイタリアに問題なく適応するだろう。彼はクオリティがあって、真のプロフェッショナルだ。すぐに順応できるだろうね。絶対に。成功できない理由はないよ」 2018.08.17 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア市内、高速道の橋崩落事故がセリエA開幕戦に影響…C・ロナウドデビュー戦もお預けか

現地時間14日、イタリアのジェノア市内で、高架の橋が崩落し、ここまで少なくとも39人の犠牲者が出たと報じられていたが、この一件がセリエA開幕戦にも大きく影響することとなった。<br><br>セリエA開幕戦のうち、ジェノアを本拠地とするチームのカードはサンプドリアvsフィオレンティーナ、ミランvsジェノアの2試合となる。サンプドリアとジェノアは、ともに開幕戦の延期をセリエAに要求し、認可されている。<br><br>サンプドリアのマッシモ・フェッレーロ会長は「(ユーベ幹部のアンドレア)アニエッリとも話をしたが、土曜の試合はプレーしないだろうと言っていた。もはや、サッカーどころではない」とメディアの前で公言している。<br><br>セリエA公式の声明では、サンプドリアとジェノア以外のカードは予定通り行われることが示唆されており、試合開始前には1分間の黙祷が捧げられるという。だが現地での復旧作業には時間がかかる見通しで、場合によってはセリエA第1節の全試合開催が延期される可能性も十分にあるという。<br><br>もし18日のキエーボvsユベントスも延期された場合、クリスティアーノ・ロナウドのセリエAデビュー戦は25日、ホームのユベントスvsラツィオに持ち越されることとなりそうだ。果たしてセリエAを主催するレガ・カルチョはどのような決断を下すのか、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.17 06:50 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース