前田大然が決勝点! 京都下した松本が連勝で5戦無敗《J2》2018.06.09 21:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽明治安田生命J2リーグ第18節の2試合が9日に行われた。▽京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた京都サンガF.C.vs松本山雅FCは、アウェイの松本が1-0で勝利した。

▽互いに2連勝が懸かった試合は、立ち上がりから好守の入れ替わりが激しい展開に。しかし、それぞれ局面でタイトな守りを見せ、拮抗した流れとなる。

▽ゴールレスで迎えた後半も流れに変化なく、一進一退の攻防に。その中、77分に工藤の背面浮き球パスから前田大然がゴールを決め、松本が先制する。

▽結局、前田大然のゴールが決勝点となり、松本が2連勝で5戦(4勝1分け)負けなし。敗れた京都はシーズン初の連勝を逃した。

◆明治安田生命J2リーグ第18節
▽6/9(土)
京都サンガF.C. 1-0 松本山雅FC
レノファ山口FC 1-0 ファジアーノ岡山

▽6/10(日)
《14:00》
栃木SC vs 水戸ホーリーホック
アルビレックス新潟 vs 東京ヴェルディ
カマタマーレ讃岐 vs FC岐阜
ロアッソ熊本 vs アビスパ福岡
モンテディオ山形 vs ジェフユナイテッド千葉
《16:00》
大宮アルディージャ vs 横浜FC
徳島ヴォルティス vs FC町田ゼルビア
愛媛FC vs 大分トリニータ

▽7/4(水)
《19:00》
ヴァンフォーレ甲府 vs ツエーゲン金沢
コメント
関連ニュース
thumb

栃木DF田代雅也が来季契約更新「県民の歌を一緒に歌いましょう! 」

▽栃木SCは12日、DF田代雅也(25)について来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽埼玉県出身の田代は、2016年に法政大学よりFC岐阜へ加入したが、昨年3月に酒気帯び運転により街路樹に衝突する事故を起こし、契約解除に。栃木へは今シーズンから加わっており、J2リーグ20試合に出場していた。 ▽田代は、クラブ公式サイトを通じて以下のように感謝を伝えている。 ◆DF田代雅也 「まずはじめに、今シーズン、ファン・サポーターをはじめ、多くの方々にたくさんの声援を送っていただきありがとうございました」 「シーズン開幕直前の加入となった自分を受け入れる決断をしてくださった栃木SCの社長をはじめフロントスタッフの方々、強化部長、横山監督、コーチ、選手の方々には温かく受け入れていただき、ファン・サポーターの方々にはたくさん声をかけていただき、その声が力となり支えとなりました。本当にありがとうございました」 「来シーズン、栃木SCに関わる全ての方々と共に前に進み続け、一つでも多くの勝利に貢献できるよう戦っていきたいと思います。共に喜び、県民の歌を一緒に歌いましょう! 来シーズンも坊主頭の田代雅也を宜しくお願いいたします! 」 2018.12.12 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

東京Vがロティーナ後任にギャリー・ジョン・ホワイト氏招へい! FA指導者養成特別コース出身の英国人

▽東京ヴェルディは12日、2019シーズンからの監督にイングランド人のギャリー・ジョン・ホワイト氏(44)が就任することが決定したと発表した。 ▽クラブの紹介によると、ホワイト氏はイングランドサッカー協会(FA)が立ち上げた特別な指導者養成コースの出身者。“将来のイングランド代表やプレミアリーグの監督を任せられる人材”として、40歳未満の若いイングランド人指導者の中から16人だけが集められてスタートしたコースであり、現イングランド代表監督のガレス・サウスゲート監督も携わったものだ。そのコースからは、プレミアリーグの有力クラブや海外クラブへ指導者を輩出していることが伝えられている。 ▽1994年にオーストラリアのフリーマントル・シティSCアカデミーで指導者キャリアを開始したホワイト氏は、1996年から1998年までMLSでアカデミーディレクターを務め、イギリス領ヴァージン諸島代表、バハマ代表を率い、2008年にはシアトル・サウンダーズFC(MLS)のテクニカルディレクターを務めた。その後、グアム代表、上海申鑫足球倶楽部(中国)、チャイニーズタイペイ代表の指揮官を歴任し、今年12月までは香港代表で指揮を執っている。 ▽ホワイト氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ギャリー・ジョン・ホワイト氏 「まず始めに、私を信頼してこのような立場を用意していただいた東京ヴェルディの社長、スポンサー企業、そしてGM、またすべてのステークホルダーに感謝します。長い歴史と伝統、そして多くの実績がある素晴らしいクラブで監督として仕事ができることを誇りに思うとともに、とてつもないやる気に満ち溢れています。私は、これまでに東京ヴェルディのコーチングスタッフや選手たちが作り上げてきたポジティブな流れを引き継ぎながら、さらに明白な目標として、この象徴的なクラブとファンを元いた場所、つまりJ1リーグの舞台に戻すことを目指します」 ▽今シーズンの東京Vは、明治安田生命J2リーグを6位で終えてJ1参入プレーオフに参戦。すると、横浜FC、大宮アルディージャを撃破してJ1クラブと戦う決定戦まで辿り着いたが、ジュビロ磐田に敗れて昇格を逃していた。その後、2017年から指揮を執ったスペイン人指揮官ミゲル・アンヘル・ロティーナ氏の退任が9日に発表されている。 2018.12.12 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球、大卒3選手の来季新加入を発表!

▽FC琉球は12日、国士舘大学DF花房稔(22)、青山学院大学MF小泉佳穂(22)、中央大学DF内藤健太(22)が2019シーズンから新加入することを発表した。 ▽東京都出身の花房は、國学院久我山高校から国士館大へ進学。同じく東京都出身の小泉は、前橋育英高校から青山学院大に進んだ。また、埼玉県出身の内藤は花房と同様に國学院久我山高を卒業し、中央大でのプレーを選んでいる。 ▽新加入となる3選手は、それぞれクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF花房稔 「FC琉球に来季加入する事になりました国士舘大学の花房稔です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手をFC琉球でスタートさせられることに嬉しく思います。今まで支えてくださった方への感謝を忘れずにチームの勝利に貢献できるよう身を粉にして日々精進していきます」 ◆MF小泉佳穂 「はじめまして。この度FC琉球に加入する事となりました、小泉佳穂です。幼い頃からの憧れであったプロサッカー選手として、素晴らしいクラブで戦えることを大変嬉しく誇りに思います。1日でも早くピッチに立ちチームの勝利に貢献し、支えてくださった全ての方々に恩返しできるよう日々精進していきたいと思っています。応援宜しくお願い致します」 ◆DF内藤健太 「夢であったプロサッカー選手になることができ、本当に嬉しく思います。日々感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くJ2のピッチに立って、FC琉球の勝利に貢献できるように全力で頑張ります。応援よろしくお願い致します」 2018.12.12 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島、MF角野翔汰、MF松下年宏の契約満了を発表

▽鹿児島ユナイテッドFCは12日、MF角野翔汰(26)、MF松下年宏(35)との契約満了に伴い来季の契約を結ばないことを発表した。 ▽岡山県出身の角野は、2015年に鹿児島に入団。昨シーズンからトップチームに昇格し、今シーズンは天皇杯1試合に出場していた。一方の松下は、ガンバ大阪、アルビレックス新潟、FC東京、ベガルタ仙台、横浜FCでプレーし、2017年から鹿児島に加入。今シーズンは、明治安田生命J3リーグ1試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。 ▽両選手は、クラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。 ◆MF角野翔汰 「2年間本当にありがとうございました! このチームでプロ生活を始め沢山のことを経験できて、いろんな人に巡り会えたので鹿児島に来て本当に良かったと思います。また新しいことにチャレンジして頑張っていきます! 」 ◆MF松下年宏 「僕にとって生まれ育った鹿児島で、プロのサッカー選手としてプレーすることは、ずっと夢でもありました。だからこそ、情熱を持って、故郷に帰ってきました」 「僕にできることは何だろう…自問自答の日々でしたが、日々のトレーニング、試合、全てにおいて、僕は全力でやってきました。そして、今まで僕が経験してきたことも、後輩たちに伝えてきたつもりです」 「大好きなサッカーを、大好きな故郷でできる喜びを、一日一日噛みしめてきた日々は、僕の一生の宝物です。サポーターの皆様、スポンサーの皆様、監督、スタッフ、選手のみんな、鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様と一緒にJ2に昇格したあの瞬間も、一生の宝物です」 「J2のステージを、この大切な仲間たちと闘う事ができないのはとても残念ですが、僕は、鹿児島ユナイテッドFCのこれからの未来も、変わらず応援しつづけます。2年間という、わずかな時間でしたが、支えてくださった皆様に、心から感謝致します。本当に、ありがとうございました」 2018.12.12 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

山口、所属6選手との来季契約更新を発表

▽レノファ山口FCは12日、MF池上丈二(24)、DF楠本卓海(23)、GK吉満大介(25)、FW山下敬大(22)、ブラジル人DFへナン(22)、MF高井和馬(24)と2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽背番号10を着用する池上は、大阪体育大学卒業後の2017年から山口に入団。今シーズンは、明治安田生命J2リーグ20試合、天皇杯1試合に出場していた。また、今シーズンから山口でプロ入りを果たした楠本は、J2リーグ3試合1ゴールを記録している。更に、栃木SCから昨シーズンに山口へ加入した吉満は、今シーズンのJ2リーグ17試合に出場した。 ▽福岡大学を卒業して今年から山口でプレーする山下は、J2リーグ35試合5ゴール、天皇杯2試合1ゴールと主力として活躍。また、パルメイラスなど母国ブラジルのクラブを渡り歩き今年から山口に到着したヘナンは、J2リーグ20試合、天皇杯1試合に出場している。今年に東京ヴェルディから山口へ移籍してきた高井は、J2リーグ18試合2ゴールを決めた。 2018.12.12 14:56 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース