千葉の大卒ルーキーDF鳥海晃司がプロA契約2018.06.09 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は9日、DF鳥海晃司(23)とのプロA契約締結を発表した。▽鳥海は、6日に行われた天皇杯2回戦のラインメール青森戦にて、プロA契約に必要な出場時間を満たした。

▽千葉県出身の鳥海は、明治大学から今シーズン入団。ここまで明治安田生命J2リーグ11試合に出場している。

▽その鳥海は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「A契約になることができて大変うれしく思います。ただ、ここからが本当の勝負だと思っているので、ジェフに恩返ししていけるように、これからも日々精進していきます」
コメント
関連ニュース
thumb

讃岐が四国リーグからMF赤星雄祐を獲得!

▽カマタマーレ讃岐は13日、FC徳島に所属するMF赤星雄祐(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽ロアッソ熊本ユース出身の赤星は関西学院大学に進学後、滋賀ユナイテッドFC、FC徳島でプレー。今年は四国サッカーリーグ8試合5得点を記録した。 ▽Jリーグ初挑戦となる赤星はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「カマタマーレ讃岐を支えて下さっているスポンサー様、ファン、サポーターの皆さん、はじめまして。この度、FC徳島から加入させて頂く事になりました、赤星雄祐です。まずは、ここまでサッカーを続けさせてくれた家族、自分の獲得を決断して頂いた上村監督、カマタマーレ讃岐というクラブに感謝しています。Jリーグというこれまでとは大きく異なる環境で、厳しい事も多々あるかもしれませんが、これまで自分のやってきた事を信じ、素晴らしいスタッフ、チームメイトからたくさんの事を学び、このクラブと共に自分が、選手として人として成長する事で、ファン、サポーターの皆様、自分を支えて下さった全ての方にピッチでのプレーをもって恩を返せるように、1年でのJ2復帰に向けて全身全霊を懸けて頑張ります。応援宜しくお願いいたします」 2018.12.13 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

長野、日本代表MF堂安律の実兄ら5選手が契約更新!

▽AC長野パルセイロは13日、DF内野貴志(30)、DF内田恭兵(26)、DF遠藤元一(24)、MF堂安憂(22)、FW竹下玲王(23)ら5選手と来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽内野は、2015年に京都サンガF.C.から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで10試合に留まっていた。また、内田は今シーズンに京都から完全移籍もリーグ戦出場はなかった。昨シーズン、産業能率大学から入団した遠藤はリーグ戦6試合に出場した。 ▽今シーズン、びわこ成蹊スポーツ大学から長野入りの堂安は、25試合5得点を記録。同じく関西大学から加わった竹下は、リーグ戦12試合で3ゴールマークしていた。 来シーズンも長野でプレーすることになった5選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆DF内野貴志 「今シーズンも一年間熱い応援をありがとうございました。そして来シーズンも長野でプレーさせていただくこととなりました。今シーズンはチームもファン・サポーターの皆さんも一番悔しい思いをしたと感じています。来年は喜び合える数が一番となるように頑張るので、引き続きよろしくお願いいたします」 ◆DF内田恭兵 「来シーズンもAC長野パルセイロで皆さまと共に闘わせていただく事になりました。今シーズンは大怪我をしてチームに迷惑をかけてしまい何も出来ず悔しい気持ちと、応援していただいている皆さまに申し訳ない気持ちでいっぱいです。だからこそ来シーズンは、自分の悔しさも、皆様の悔しさも背負って、パルセイロの勝利のために頑張りたいと思いますので、来シーズンも熱い応援をよろしくお願いします。」 ◆DF遠藤元一 「来シーズンもAC長野パルセイロでプレーすることになりました。今シーズンはチームとして納得ができる1年間を送ることが出来ず、とても悔しい思いをしてしまいましたが、来シーズンこそチーム・サポーター・パルセイロを応援して下さっている全ての皆さんと一体になって戦い、J2昇格に貢献したいと思いますのでよろしくお願いします」 ◆MF堂安憂 「変革の時期を迎えている今だからこそ、自分が引っ張っていくんだという強い覚悟と意思を持って、2019シーズンをサポーターの皆様と共に戦っていきたいと思います。応援の程よろしくお願いいたします」 ◆FW竹下玲王 「来シーズンもパルセイロの一員としてプレー出来ることを嬉しく思います。チームに勝利をもたらすことが出来るような選手になれるよう、日々努力していきますのでどうぞよろしくお願いいたします」 2018.12.13 18:18 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜、近畿大からレフティーのFW粟飯原尚平が加入内定!

▽FC岐阜は13日、近畿大学からFW粟飯原尚平(22)の加入内定を発表した。 ▽北海道出身の粟飯原は、コンサドーレ札幌U-18から近畿大学に進学。クラブは「身体能力が高いアタッカー。強烈な左足からのシュートが武器」と紹介している。 ▽岐阜加入内定を受けて、粟飯原はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季からFC岐阜に加入することになりました粟飯原尚平です。プロサッカー選手としてのキャリアをFC岐阜というクラブでスタートできることを大変誇りに思います。これまで支えてくださった家族、チームメイト、指導者の方々など関わったすべての人に感謝しています。FWとして点を取ることが一番の役目だと思っています。たくさんのゴールを決めてファン・サポーターの皆さんと喜びを分かち合えるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.13 17:38 Thu
twitterfacebook
thumb

J2昇格の琉球、若手5選手と契約更新!

▽FC琉球は13日、FW上門知樹(21)、GK積田景介(25)、DF宮内雄希(23)、MF大塚翔(23)、朝鮮人MF金成純(キム・ソンスン/22)ら5選手と来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽沖縄県出身の上門は、2016年に与勝高校から加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグ18試合2得点を記録した。2016年に駒澤大学から入団した積田は、リーグ戦3試合に出場していた。 ▽今シーズンから琉球入りの宮内は、リーグ戦出場なし。また、大塚は関西学院大学から加わり、リーグ戦1試合に出場した。同じく、金は朝鮮大学から加入。リーグ戦14試合に出場していた。 ▽来シーズンも琉球でプレーすることになった5選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FW上門知樹 「来季もFC琉球でプレーすることになりました。J2という初の舞台で苦しい試合も多くなると思いますが、結果を残せるように覚悟をもってプレーします。また沖縄県出身の選手として、子供たちの憧れる存在になれるように頑張ります」 ◆GK積田景介 「来シーズンもFC琉球でプレーすることになりました。来年はチームにとっても自分にとっても挑戦する1年になります。強い覚悟を持って沖縄県の皆さんと一緒に戦います。応援よろしくお願いします」 ◆DF宮内雄希 「来シーズンも琉球でプレーさせていただきます!J2という舞台で少しでも早く自分のプレーを見せられるよう頑張ります!皆さんも一緒になって戦いましょう!」 ◆MF大塚翔 「来季もこのチームでプレーさせてもらうことが決まりました。今シーズンは個人的にチームに貢献することが出来なかったので来季は貢献するために努力し続けます。そして結果も出します。次はJ1昇格目指して共に戦いましょう」 ◆MF金成純 「優勝、昇格はしたものの決して満足出来るようなシーズンではありませんでした。今シーズンの悔しさをバネに、J2の舞台でチームを勝たせる選手になれるよう、FC琉球のために全力でプレーします。より厳しい舞台が待っていますが、どんな時も共に戦い抜きましょう!」 2018.12.13 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

群馬在籍9年のMF小林竜樹が現役引退

▽ザスパクサツ群馬は13日、MF小林竜樹(33)の現役引退を発表した。 ▽前橋育英高校出身の小林は2008年に駒澤大学から湘南ベルマーレに入団後、2009年途中にザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)に期限付き加入。2010年に湘南復帰後、2011年途中から再び群馬に加わった。Jリーグ通算249試合24得点。今シーズンは明治安田生命J3リーグ25試合2得点をマークした。 ▽プロ生活の9年間を過ごした群馬で引退を決断した小林はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズン限りで現役引退します。プロ生活11年と長いようで短い時間でしたが、辛いことも楽しいこともたくさんあってとても濃い時間でした。プロ生活をする上で、良い仲間にずっと恵まれてきました。湘南ベルマーレ、ザスパクサツ群馬共に親身になってくれる監督、スタッフ、メディカルスタッフ、チームメイトのおかげで毎日充実してサッカーに向き合えました。本当に今までお世話になったすべての人に感謝しています」 「プロ生活をスタートした湘南ベルマーレでは、なかなか試合に出ることができず厳しい時間を過ごしましたが、毎日充実してサッカーに向き合うことができました。トータル9年間という長い時間を過ごしたザスパクサツ群馬では、ここでは書ききれないほどに本当に色々な思い出があります」 「最初の頃は、まだ自分も若くてたくさんの先輩方がいました。先輩方にたくさんのことを教わり、その教えのおかげでここまでプロ生活を過ごせたと思います。 いつしか自分もベテランと呼ばれる年齢になり、後輩たちが増えていき新たな刺激を受けるようになりました。11年の中で様々な先輩方や後輩たちと一緒にプレーして、日々過ごせたことは本当に良い思い出です。そして、長い間一緒にプレーしてきた同年代の選手たち、お互いに励まし合い切磋琢磨しあった中で成長できたのは、みんなのおかげです」 「最後になりますが、サッカーを始めるきっかけを与えてくれて、小さい頃からずっと見守っていてくれた両親。栃木から毎試合、群馬まで観に来てくれてありがとうございました。そして、毎日一番近くで見守っていてくれて応援してくれた妻と子供たち。家族みんなの励ましがあって今日までサッカー選手を続けてくれることができました」 「選手としては現役を引退しますが、今後については自分なりにしっかりと考えて次の道を歩んでいきたいと思います。11年間、本当にありがとうございました」 2018.12.13 16:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース