ブラン「ポグバはヴィエラより上」2018.06.09 09:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス人指導者のローラン・ブラン氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドでプレーする同国代表MFポール・ポグバについて語った。イギリス『メトロ』が報じている。▽ポグバは2016年夏、当時の移籍史上最高額となる移籍金8900万ポンド(現在のレートで約130億7000万円)でユベントスからユナイテッドに復帰。移籍金額が破格だっただけに多くの注目を集めたが、見合った活躍ができていないとして、周囲から懐疑的な意見が寄せられることも少なくない。

▽だが、ブラン氏はポグバの才能を疑ってはいない。現役時代にアーセナル黄金期の一員として名を馳せ、フランス史上最強のボランチと評されるパトリック・ヴィエラ氏を凌ぐポテンシャルの持ち主として、次のようにポグバを称賛した。

「彼は新しい選手だ。忘れちゃいけない。彼はまだ若い。だから、彼はまだ良くなる余地がある」

「私の世代には、フィジカル面で印象的な選手がいた。例えば、パトリック・ヴィエラのようなね」

「技術面においても、パトリックは非凡だった。だが、ポグバほどじゃない。特に、攻撃面でね」

「そんな彼(ポグバ)が肉体面の才能と技術を最適化できるようになれば、ゴールを量産できるかもしれない」

「彼のフィジカルレベルは他の選手と比べても群を抜いている。それが試合の中でいくつかの違いを生み出す」

「今後数年間、ケガに苦しまなければ、クラブだけでなく、フランスにとってもキープレーヤーの1人になるはずだ」

「運が良いことに、彼はそういった要素を持っているんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

フェライニがふくらはぎの負傷により約1ヵ月間の離脱

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニが、ふくらはぎの負傷により最低3、4週間の離脱を強いられるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』によると、フェライニはトレーニングの中で負傷。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からオーレ・グンナー・スールシャール監督が仕事を引き継いで以来、フェライニは出場機会を激減させており、今冬の移籍も囁かれる中での離脱となった。 フェライニの状態について、スールシャール監督は以下のようにコメントしている。 「彼はおそらく最低3、4週間を要する。ふくらはぎの問題だ」 「悲しいことだ。選手それぞれに違った特徴があるし、私たちはみんなフェライニの特徴を分かっているからね」 「彼は一生懸命に頑張ってこれからのビッグゲームのために戻るよ」 2019.01.18 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、輝くラッシュフォードの給与を倍に?

マンチェスター・ユナイテッドがイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の給与アップを考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制発足後の公式戦6試合で4得点のラッシュフォード。キャリア初のリーグ戦3戦連発をマークするなど、今シーズンから新たに背番号「10」を受け継いだ男の存在感がより濃くなりつつある。 そのラッシュフォードを巡っては現在、レアル・マドリーら他クラブの関心が取り沙汰されている。そういった噂を断ち切る意味も込め、ユナイテッドは2020年夏に失効するラッシュフォードに対して、新契約を検討している模様だ。 ラッシュフォードの現週給は7万5000ポンド(約1000万円)。ユナイテッドは長期の引きとめを目指して、倍額の15万ポンド(約2100万円)に引き上げるプランがあるという。 なお、ラッシュフォードは今シーズンの公式戦26試合に出場して8得点を記録。プレミアリーグにおいては19試合7得点6アシストをマークしている。 2019.01.18 13:25 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「監督がしたい。引退には若過ぎる」

ジョゼ・モウリーニョ氏(55)が今後に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏は昨年末、マンチェスターユナイテッド監督就任3年目の今シーズン途中に退任。その後、監督業“出発の地”ベンフィカからオファーを受けたが、第一線での指揮続投を望み、古巣復帰は実現に至らなかった。 モウリーニョ氏はイギリス『beIN SPORTS』のインタビューに対して、注目を集る去就について触れ、トップレベルでの指揮希望を口にしたという。 「監督がしたい」 「長くフットボール界に携わってきた私はあと2週間足らずで56歳の誕生日を迎えるが、若過ぎる。引退にはね」 「私はこれから先もいるつもりだ。フットボール界のトップレベルにね。そこが私の居場所だ」 2019.01.18 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

神デ・ヘアの延長交渉、もはやユナイテッド次第か

イギリス『デイリー・メール』は、スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)の去就において、もはやマンチェスター・ユナイテッド次第だと報じた。 今シーズン終了後に現行契約が失効するデ・ヘアを巡り、長らく延長交渉が取り沙汰され続けるユナイテッド。現在も会談が続いているが、依然として動きがない。そうした状況を受け、ユナイテッドは昨年11月の時点で1年の延長オプションを行使。ひとまず今冬の移籍市場で他クラブの接触を妨げる策を講じたとみられる。 そして、肝心のデ・ヘアとの延長交渉においても、ユナイテッドが選手側の希望条件を応じるだけの様相。デ・ヘア自身は残るキャリアをユナイテッドに捧げる姿勢を示しており、現在の週給20万ポンド(約2700万円)からボーナス込みの30万ポンド(約4100万円)にアップした新契約の提示を待っている状況だという。 そのデ・ヘアは今シーズンも絶対的守護神としてハイパフォーマンスを披露。13日に行われたプレミアリーグ第22節のトッテナム戦(1-0でユナイテッドが勝利)でも完全無比のショットストッパーとしてゴールマウスに鍵をかけ、上位追走となるオーレ・グンナー・スールシャール体制負けなしのリーグ5連勝に貢献した。 2019.01.15 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

新生ユナイテッドで波に乗れないフェライニが退団を考慮か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表MFマルアン・フェライニ(31)がクラブを退団する可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ユナイテッドからは昨年末にジョゼ・モウリーニョ氏が去り、オーレ・グンナー・スールシャール監督が今シーズン終了までの契約で暫定指揮官に就任。すると、直近のプレミアリーグ第22節では3位のトッテナムに1-0で勝利し、公式戦6連勝と好調を保っている。 しかしながら、この状況を良く思っていないようなのがフェライニだ。ベルギー代表MFはモウリーニョ体制では主力を担っていたが、監督が交代すると出場時間は31分に激減。同選手は、自身を重用してくれたモウリーニョ氏の解任にショックを受けているという。 現在では、フェライニが退団する可能性も報じられており、中でもミランが獲得を熱望しているとのこと。また、ポルトからの関心も伝えられており、他には広州恒大もブラジル代表MFパウリーニョとのコンビを組ませたがっているようだ。なお、ミランやポルトが今冬の獲得に動くか否かは定かになっていない。 2019.01.15 16:32 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース