シャフタールがシティからレンタル中のナイジェリア代表FWカヨデを完全移籍で獲得!2018.06.09 06:12 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャフタールがマンチェスター・シティからナイジェリア代表FWオラレンワジュ・カヨデ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。

▽2015年から2年間在籍したオーストリア・ウィーンで頭角を現したカヨデは昨年夏にシティに加入。その後、提携先のジローナにレンタル移籍するも思うような活躍を披露できず、今年3月にはシャフタールにレンタルに出されていた。

▽そのシャフタールでは公式戦8試合の出場で3ゴールの記録を残し、ここでのパフォーマンスが評価される形で完全移籍することになった。

▽なお、個での打開力に優れるストライカーのカヨデは昨年にナイジェリア代表デビューを飾るも、ロシア・ワールドカップの登録メンバーには選出されなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

中島翔哉にCL常連シャフタールが再び関心?

▽ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(24)に、シャフタールが再び獲得に関心を寄せているようだ。ポルトガル『Record』が伝えている。 ▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦6試合に出場。23日に行われたポルトガルリーグ第5節のギマランエス戦では、今シーズン初ゴールを含む2ゴールと1アシストでチームの初白星に貢献した。 ▽今回伝えられるところによると、そんな中島に対して今年1月にも獲得に動いていたチャンピオンズリーグ常連のシャフタールが再び獲得を狙っている模様。ギマランエス戦にもスカウト陣を派遣していたようだ。 ▽1月時には1000万ユーロ(約13億円)だった中島の契約解除金は、現在4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。果たしてウクライナの強豪は、中島を獲得することができるのだろうか。 2018.09.24 19:40 Mon
twitterfacebook
thumb

CL初出場のホッフェンハイム、逃げ切り失敗でシャフタールにドロー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節、シャフタールvsホッフェンハイムが19日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽マンチェスター・シティ、リヨンが同居しているグループF。本命のシティに次ぐ2位の座を目指す両チームの一戦だ。昨季ベスト16のウクライナ王者シャフタールはフレッジやベルナール、ファクンド・フェレイラら主力が抜けたものの、今季のウクライナリーグでは7勝1敗の戦績で首位を快走中。そのシャフタールはタイソンやマルロス、ラキツキら主力がスタメンとなり、新戦力のジュニオール・モラエスが先発となった。 ▽一方、昨季のブンデスリーガでクラブ史上最高位の3位となり、初のCL出場を果たしたホッフェンハイムは、主力の流出がない中、CL史上最年少監督記録となる31歳のナーゲルスマン監督が指揮。ブンデスリーガでは1勝2敗スタートと躓いた中、1-2で敗れた直近のデュッセルドルフ戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合は開始6分、ショートカウンターに転じた流れからビッテンコートのスルーパスをボックス中央で受けたグリリッチュがGKとの一対一をチップキックシュートで制して、ホッフェンハイムが先制した。 ▽しかし、押し込むシャフタールは27分、左サイドを突破したイスマイリがボックス左に侵入して左足アウトでゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽失点したホッフェンハイムは37分、N・シュルツの左クロスにビッテンコートが頭で合わせる決定機を迎えるも、GKピアトフの正面を突いてしまう。 ▽それでも直後の38分、左CKからGKピアトフに競り勝ったノルトヴェイトのヘディングシュートが決まってホッフェンハイムが勝ち越しに成功し、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にクラマリッチがミドルシュートでGKピアトフを強襲したホッフェンハイムが良いリズムで試合を進める中、シャフタールは60分にステパネンコがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれ同点には追いつけない。 ▽その後、負傷明けのデミルバイを投入したホッフェンハイムがシャフタールの攻勢を受け止めて時間を進めていく。 ▽75分にはサライを下げてツバーを投入し、守備を固めにかかったホッフェンハイムだったが、81分にシャフタールが同点に追いつく。横パスを受けたボックス手前中央のマイコンが強烈なシュートをゴール右に叩き込んだ。 ▽終盤、勝ち越しを目指してネルソンを投入したホッフェンハイムだったが、2-2で終了。クラブ史上初のCLは引き分けとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 03:49 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】優勝候補シティが圧倒的も2位争いは混戦必至

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループFでは昨季のリーグ戦を圧倒的な強さで制したプレミア王者マンチェスター・シティが突破の大本命だ。残り3チームに関しては昨季実績でシャフタールが勝るものの、初出場のホッフェンハイムを含めて混戦が予想される。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:シャフタール △連下:リヨン ☆大穴:ホッフェンハイム <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆負傷者懸念も首位通過濃厚か~マンチェスター・シティ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨シーズンは天敵リバプールの前にベスト8で散ったものの今大会の優勝候補の一角に挙がるプレミア王者が首位通過の大本命だ。リーグ連覇と共に悲願のCL制覇を目指すグアルディオラ3年目のシティは今夏、意中のMFマフレズの獲得に成功したが、補強ポイントだった守備的MFの獲得に失敗。それでも、各ポジションに圧倒的なタレントを擁するチームはここまでの国内リーグで誤審が影響して引き分けたウォルバーハンプトンを除く4試合で圧倒的な勝ちっぷりを見せて上々のスタートを切っている。 ▽首位通過が至上命令となる今グループステージに向けては長期離脱中の控えGKブラーボと司令塔MFデ・ブライネの不在となる。加えて、ここに来て主力に軽傷を抱える選手が増えてきており、グアルディオラ監督としてはリーグ戦との二足の草鞋を履く中で積極的なターンオーバーなどコンディション管理を重視していきたいところだ。それでも、昨季からメンバーに大きな入れ替えがなくMFフォーデンなど期待の若手も台頭してきており、やや力が劣る3チーム相手に大崩れする心配はないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆主力流出もスタイル揺るがず~シャフタール~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季と同様にシティと共にグループステージ突破を目指すシャフタールは、今夏に重鎮スルナや司令塔フレッジ、エースMFベルナール、主砲ファクンド・フェレイラと4人の絶対的な主力が旅立ち、大幅な戦力ダウンが見込まれる。それでも、次代の名将の呼び声高いフォンセカ監督や守護神ピアトフ、DFラキツキ、MFステパネンコ、MFタイソン、MFマルロスらその他の主軸は健在。また、南米を中心としたスカウティング力に定評があるクラブは、MFマイコン、FWマルキーニョス・シプリアーノ、FWフェルナンドと20歳前後の新たなブラジル人クラック候補を獲得しており、彼らのブレイク次第では十分にグループステージ突破は可能なはずだ。 ▽なお、今季のリーグ戦では7勝1敗の戦績で首位を快走しており、ディナモ・キエフから新加入のベテランFWジュニオール・モラエスが7ゴールを記録するなど自慢の攻撃陣が爆発している。 <span style="font-weight:700;">◆リーグ苦戦もタレント力は屈指~リヨン~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽シャフタールと僅差ながら3番手としたリヨンだが、シティを除く3チームの中で最も伸びしろを感じさせるチームだ。昨季、リーグ・アン3位のジェネジオ監督率いるチームは今夏に主力FWマリアーノがレアル・マドリーに移籍したが、リバプール行き濃厚と思われたエースFWフェキルを中心にその他の逸材の残留に成功した。 ▽国内リーグでは自慢の攻撃陣不発によって2勝2敗1分けと出遅れた感があるものの、マリアーノの後釜としてセルティックから新加入のFWムサ・デンベレにフェキル、FWデパイ、FWトラオレで構成されるアタッキングカルテットの破壊力は抜群だ。また、快足FWテリエや進境著しい右サイドバックのデュボワの新加入組、昨季ブレイクしたエンドンベレ、トゥザール、アワールの若手中盤トリオも注目のタレントだ。 <span style="font-weight:700;">◆若き智将ELでの教訓生かせるか~ホッフェンハイム~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽若き智将ナーゲルスマン監督の下でクラブ史上初のCLに挑むホッフェンハイム。昨季のブンデスリーガを3位で終えた実力や指揮官の優れた手腕を考えれば、シティの対抗に挙がってもおかしくないかもしれない。ただ、今夏の移籍市場では目立った主力の流出こそなかったものの、新加入選手はMFビッテンコートやMFグリフォ、FWベルフォディルなど国内の中堅クラブからの補強にとどまり、今季リーグ戦でも1勝2敗と出遅れた感は否めない。 ▽さらに昨季初めて参戦したヨーロッパリーグ(EL)ではグループ最下位での敗退を強いられており、よりレベルの高いCLの舞台で選手層に不安を抱えるチームが善戦できるかは微妙なところだ。とりわけ、チームの躍進を支えてきた大きな要因が優れた分析力と戦術の引き出しを持つ若き指揮官の手腕によるところが大きかったため、ほぼ3日おきに試合を戦う中で対戦相手を十分に分析することは困難だ。それでも、この厳しい状況をナーゲルスマン監督がいかなる手段で乗り越えていくかに注目したい。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、今夏フリーの大物ベルナールの獲得を発表! 2022年までの4年契約を締結

▽エバートンは9日、昨季限りでシャフタールを退団した元ブラジル代表MFベルナール(25)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽2013年にアトレチコ・ミネイロから5年契約でシャフタールに加入したベルナールは、在籍5年間で公式戦157試合に出場し28ゴール35アシストを記録。左ウイングやトップ下を主戦場に独特な間合いで繰り出すドリブルや高精度のラストパスでチームの攻撃をけん引してきた。 ▽しかし、シャフタールからのステップアップを目指すベルナールはクラブからの再三に渡る契約延長オファーを固辞し、今季限りでの退団となった。 ▽エバートンへの加入が決まったベルナールは、公式サイトで以下のようにコメントした。 「僕はマルコ・シウバ監督から色々な話を聞いてエバートンへの加入を決めた。監督は僕がここでプレーすることに自信を感じていた。彼は素晴らしい指揮官で、これまで指揮をしたクラブでも多くの実績を残してきた」 「エバートンは素晴らしい構造と伝統を持つ偉大なクラブだ。監督が僕の獲得を望んでくれてこのクラブに来られたことをとても嬉しく思っているよ」 2018.08.10 02:23 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、今夏フリーの大物ベルナールの加入が決定的に

▽エバートンが昨季限りでシャフタールを退団した元ブラジル代表MFベルナール(25)の獲得が決定的な情勢だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、今夏フリーで獲得可能な選手の中で大物といわれているベルナールはエバートン加入に向けて8日にもメディカルチェックを受診するためにマージーサイド入りを果たす模様。そして、労働許可証の取得次第、正式にトフィーズの一員となる。 ▽2013年にアトレチコ・ミネイロから5年契約でシャフタールに加入したベルナールは、在籍5年間で公式戦157試合に出場し28ゴール35アシストを記録。左ウイングやトップ下を主戦場に独特な間合いで繰り出すドリブルや高精度のラストパスでチームの攻撃をけん引してきた。 ▽しかし、シャフタールからのステップアップを目指すベルナールはクラブからの再三に渡る契約延長オファーを固辞し、今季限りでの退団となった。そのベルナールにはリバプールやアーセナル、インテル、ミラン、ウェストハム、レスター・シティといったクラブが獲得に興味を示していた。 2018.08.07 14:23 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース