ローマやリバプール移籍噂のタリスカが広州恒大へ半年間のレンタル移籍2018.06.09 05:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽広州恒大は8日、ベンフィカに所属するブラジル代表MFアンデルソン・タリスカ(24)をレンタルで獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションが付いているかは明かされていない。

▽2016年夏にベンフィカからベシクタシュに2年間のレンタルで移籍した攻撃的MFのタリスカは、ロシア・ワールドカップのブラジル代表こそ落選したものの、今シーズンもベシクタシュで主力を張り、公式戦47試合20得点8アシストを記録した。

▽そのタリスカにはリバプールやローマが移籍先の候補に挙がり、本人は先日、「僕はイタリアでキャリアを続ける。ローマ移籍の条件に目を通した。ここで素晴らしい2年間を過ごしたが、今こそ別れを告げるときだ」と話していたが、一転して中国行きとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

複数クラブ関心のグリマルド争奪戦はシティとアーセナルがリード?

マンチェスター・シティとアーセナルがベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)に関心を寄せているようだ。スペイン方面の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えている。 バルセロナ下部組織出身の攻撃的左サイドバックのグリマルドは、2015年12月末にベンフィカに完全移籍で加入。バルセロナ仕込みのテクニックとスピードを武器に、同クラブ不動の左サイドバックとして活躍し、やや守備面に課題はあるものの、攻撃面では今シーズンも公式戦42試合で7ゴール5アシストの見事な数字を残している。 そのグリマルドを巡っては、複数クラブが関心を抱いているが、中でもシティとアーセナルが争奪戦をリードしているという。シティはフランス代表DFバンジャマン・メンディ(24)が負傷離脱を繰り返しており、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督も左サイドバックの新戦力を探していると明言している。 一方のアーセナルは、スペイン代表ナチョ・モンレアル(33)の長期的な後継者を探しているようだ。また、同クラブはスポーツ・ディレクター(SD)にモンチ氏を招へいすることが有力となっている。そして、同氏は2021年までベンフィカとの契約を残すグリマルドに高い評価を下しているようだ。 2019.03.15 15:46 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンフィカGKがまさかの職務放棄…痛恨失点でポルトと勝ち点で並ばれる

ベンフィカのギリシャ代表GKオディセアス・ヴラチョディモスが11日に行われたベレネンセス戦で職務放棄とも取れる痛恨のミスを犯した。イギリス『Caught offside』伝えている。 前節、敵地で行われたポルトとの“オ・クラシコ”を2-1で制して首位に浮上したベンフィカは11日に行われたプリメイラ・リーガ第25節でベレネンセスと対戦し、2-2のドローに終わった。この結果、首位こそ守ったものの同節勝利した2位のポルトに勝ち点60で並ばれることになった。 同試合ではゴールレスで折り返した後半序盤にFWジョナス、MFアンドレアス・サマリスのゴールでホームのベンフィカが2点を先行。しかし、68分に衝撃的な形から相手に反撃の狼煙を上げるゴールを許すことに。 ベンフィカは自陣右サイドの距離のある位置でFKを与えると、これをキッカーのFWジオゴ・ヴィアナが右足でゴールに向かうボールを入れる。ペナルティアーク付近の両軍の密集を越えたボールには敵も味方も反応し切れず、ボックス中央でバウンドしたボールはGKヴラチョディモスの腕の中に収まるかに思われたが、ゴールの幅を見誤ったヴラチョディモスはそのまま枠外でゴールラインを割ると判断し、上げていた手を引っ込めてボールを見送ると、これがゴールネットに吸い込まれた。 ゴールの幅を見誤ったGKらしからぬ判断ミスに加えて、ボールの勢いを考えれば、十分にキャッチ可能であっただけにヴラチョディモスとしては悔やんでも悔み切れないチョンボに。さらに、守護神のミスが伝染したのか、直後の70分にはDFルベン・ジアスのバックパスミスがFWキカスの同点ゴールに繋がり、ベンフィカは2つの信じ難いミスで勝ち点2を失うことになった。 ◆まさかの職務放棄… https://twitter.com/mygibet/status/1105380143202091009 2019.03.13 04:54 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、マドリー熱視線のヨビッチに関心? すでにクラブと接触か

アーセナルが、ベンフィカからフランクフルトにレンタル移籍しているセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)に関心を寄せているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイギリス『メトロ』が伝えている。 セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降はフランクフルトに武者修行に出ている。昨シーズンはブンデスリーガ22試合で8ゴールという成績だったが、今シーズンはここまでリーグ戦22試合に出場し15ゴール6アシストとブレイク中だ。 今回伝えられるところによれば、アーセナルは獲得に向けヨビッチの移籍金をベンフィカに尋ねたという。しかしながら、チェルシーによる移籍金3900万ポンド(約57億円)のオファーが囁かれているだけでなく、バルセロナやマンチェスター・シティからの関心も取り沙汰されており、中でもレアル・マドリーが有利な立場に居るようだ。 レンタル先のフランクフルトが買い取り権を保有しているヨビッチ。ビッグクラブが争奪戦を繰り広げる中、来シーズンはどのクラブでプレーしているのだろうか。 2019.03.06 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

引く手数多のポルトガルの新星MFジョアン・フェリックスにユーベも興味…代理人と会談

ユベントスが新たな逸材獲得に動き出したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ベンフィカのU-21ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)に興味を示しているという。 『スカイ・スポーツ』によると、ユベントスはフェリックスの代理人であるジョルジ・メンデス氏と会談を行ったとのこと。今夏の獲得について話し合ったという。 しかし、フェリックスに対してはマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、リバプール、レアル・マドリーなどもベンフィカと協議を行っており、今夏の注目株と言える存在となっている。 フェリックスは8歳でポルトのアカデミーに入団。すでに才能は注目を浴びていたが、フィジカル面に課題があり退団。2015年にベンフィカの下部組織に加入すると、16歳でプロ契約を締結。2部リーグを戦うベンフィカBで最年少デビューを果たしていた。 Bチームでも結果を残したフェリックスは、2018年にトップチーム昇格。今シーズンはポルトガル・プリメイラリーガで15試合に出場し8ゴール5アシストを記録している。 また、東京オリンピック世代でもあるU-21ポルトガル代表としてすでに10試合プレー。東京オリンピック出場権を懸けて戦うUEFA U-21欧州選手権での活躍が期待される逸材だ。 なお、ベンフィカとは2023年6月まで契約を結んでおり、違約金は1億2000万ユーロ(約151億3300万円)に設定。リバプールが既にオファーを出したが、金額が届かず拒否されたと報じられており、違約金を払えるかが獲得への道となりそうだ。 2019.02.28 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

長友フル出場のガラタサライ、攻撃陣沈黙でベンフィカの前に敗退《EL》

ガラタサライは21日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでベンフィカとアウェイで対戦し、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア1-2でガラタサライは敗退している。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場した。 先週行われた1stレグでは長友がアシストを記録しながらもホームで1-2と敗戦したガラタサライは、長友が4バックの左サイドバックで先発となった。 逆転突破のためには2点が必要なガラタサライが前がかる入りとなるも、7分にピンチ。ボックス内からセルヴィに決定的なシュートを打たれた。 その後もガラタサライがボールを持つも、ベンフィカの守備を攻略できず全くシュートに持ち込めない状況が続く。42分にはピッツィのミドルシュートでGKを強襲され、両チーム合わせて枠内シュート1本のこう着した前半はゴールレスで終了した。 後半から一転して圧力をかけたベンフィカが攻勢に出る流れとなる中、ガラタサライは守勢に回らされてしまう。 結局、長友も守備に追われた後半も効果的な攻撃を仕掛けられなかったガラタサライはゴールを奪えずに敗退。ベンフィカがベスト16に進出している。 2019.02.22 06:54 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース