【ロシア注目選手①】究極のポリバレントプレーヤー。3バックでも4バックでも力強く西野ジャパンを支える/原口元気2018.06.08 23:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽5月31日に2018年ロシアワールドカップ最終登録メンバー23人が決まり、2日から直前合宿地であるオーストリア・ゼーフェルトで調整している日本代表。ドイツ国境に近い現地は標高1200mの高地で、ノルディック複合の渡部暁斗(北野建設)が平昌五輪銀メダル獲得前にワールドカップ3連覇を果たした縁起のいい場所でもある。

▽ただ、代表が現地入りしてからは天気の変化が目まぐるしい。晴れ間がのぞく日中は25度前後の暑さになるが、連日のように雷雨に見舞われ、夕方以降は気温が15度以下に急降下する。寒暖差が大きいだけに、調整に失敗するとロシア本番に支障が出かねない。香川真司(ドルトムント)は「海より山の方がいいですね。静かで集中できるし」と話していたが、この環境をプラスに活用していくことが突貫工事を迫られている今の日本代表にとっては重要だろう。

▽西野朗監督は5月30日のガーナ戦(日産)でトライした[3-4-3]の新布陣と、これまでの4バックをベースとしたフォーメーションを併用すべく練習に励んでいる。「監督が言っていたのは、4枚は積み上げてきた部分があるし、すぐに立ち返れるから、3枚をできるようにするということ」と原口元気(デュッセルドルフ)が話すように、戦い方の幅を広げるべく鋭意奮闘中だ。2週間足らずの準備期間でこうしたアプローチはリスキーだが、それをやり切るには選手たちの高度な柔軟性と適応力が強く求められてくる。1人何役もこなせる原口のような存在がキーマンになるのは間違いないだろう。

▽実際、原口のカメレオンぶりは凄まじいものがある。[3-4-3]システムで右ウイングバックと右シャドウをこなしたと思いきや、4日の紅白戦では[4-2-3-1]の右MFでプレー。3本目の途中にはダイナミックなドリブル突破から豪快な一撃を決めている。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代には左MFやボランチ、右サイドバックでも使われ、ヘルタでも1トップに入ったことがあるほど。そのマルチぶりは危機に瀕するチームにとって本当に頼もしい。

▽「自分はどこでもできるとは思ってる。4枚の前(2列目)は一番得意だし、やりたいと思ってるけど、自分のよさは『やれ』と言えわれたことをやり切れたり、求められてることを深く表現してできること。そこは僕の強みだし、しっかり表現できたらいい」と本人も自信をのぞかせる。

▽4月の監督交代によって、本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川の「ビッグ3」らザックジャパン時代の中心選手が形になった今回のチームだが、ワールドカップ初参戦のフレッシュなメンバーが奮起しなければ、ミラクルは起こせない。2016年9月のタイ戦(バンコク)を手始めに、10月のUAE(埼玉)・オーストラリア(メルボルン)、11月のサウジアラビア(埼玉)と最終予選4戦連続ゴールの日本新記録を樹立した原口はその筆頭だろう。

▽この大活躍の後、彼は所属していたヘルタ・ベルリンで移籍騒動に巻き込まれ、ドイツでの出場機会が激減。「試合に出ていない選手は呼ばない」というハリル前監督の方針もあり、代表でも厳しい立場に追い込まれた。ロシア切符を手にした昨年8月のオーストラリア戦(埼玉)でも乾貴士(エイバル)にスタメンの座を奪われる事態に直面。本人も焦りをにじませた。

▽しかしながら、今年1月のドイツ・ブンデス2部・デュッセルドルフ移籍によって再び出番を勝ち取り、復調のきっかけをつかんだ。2月2日のザントハウゼン戦での脳震盪という予期せぬアクシデントにも見舞われ、一時は起き上がることも、携帯を見ることも禁止される状態に陥ったが、ともと誰よりもタフで負けん気の強い男は奇跡的な回復を遂げ1カ月でピッチに戻ってきた。この苦しみもロシアへの思いを深める大きな原動力になったはずだ。

▽代表でのゴールはすでに1年半も遠ざかっているが、ゼーフェルト合宿での一挙手一投足を見ると、鋭い得点感覚が戻りつつある印象だ。直近には8日のスイス戦(ルガーノ)、12日のパラグアイ戦(インスブルック)という2つのテストマッチも控えている。指揮官はそこでも3バックと4バックを目まぐるしく変え、原口のポジションも頻繁に入れ替えると見られる。そこで自身の役割を深く考えすぎず、自然体を貫き、伸び伸びとプレーできれば、ゴールという結果はきっとついてくるだろう。

▽今年に入ってからの日本代表は、3試合の総得点がわずか2。今回落選した中島翔哉(ポルティモネンセ)が3月のマリ戦(リエージュ)で奪った1点と、ウクライナ戦(同)で槙野智章(浦和)がリスタートから決めたゴールしかない。だからこそ、前線のアタッカー陣は目に見える数字が強く求められる。最終予選序盤戦をけん引した男に託される期待は非常に大きい。原口が停滞感を打ち破ってくれれば、西野ジャパンにも光が差し込む。どうしても守備やハードワークに時間を割かれがちではあるが、一発のチャンスに集中して枠を捉えること。そこに集中して、日本の救世主になってほしいものだ。
【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑯】「長友佑都の後継者」として期待が高まる大型レフティ。東京経由カタール行きを!/杉岡大暉(湘南ベルマーレ/DF)

カタールに敗れて準優勝に終わった2019年アジアカップ(UAE)で、堂安律(フローニンへン)や冨安健洋(シント=トロイデン)ら若い世代を力強くけん引したのが長友佑都(ガラタサライ)だった。2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアとワールドカップ3大会出場を誇るベテランの存在がなければ、大苦戦を強いられたこの大会で新生ジャパンがファイナルまで勝ち進むことはできなかっただろう。 とはいえ、いつまでも長友1人に頼っていられないのも事実。アジアカップではバックアップの佐々木翔(アル・アイン)がウズベキスタン戦(アル・アイン)1試合に出場したものの、「国際経験の不足を感じた」と本人も言うように、長友と互角に勝負するのは難しい状況だ。年齢的にも29歳と決して若くないため、世代交代要員というべき存在でもない。昨年の森保ジャパンのテストマッチに招集された山中亮輔(浦和レッズ)は移籍早々にスタメンを確保し、初陣となった23日のベガルタ仙台戦でまずまずの印象を残したが、守備面では課題も多い。長友という突出した選手が長年君臨してきた分、日本代表の左サイドバックは手薄感が色濃くなっているのだ。 そこでクローズアップされるべきなのが、20歳の杉岡大暉(湘南ベルマーレ)だろう。昨年10月のJリーグルヴァンカップ決勝で見せた左足強烈ボレー弾が強烈な印象を残したが、レフティかつ182㎝という高さを誇る左サイドバックは日本にはそうそういない。そこは本人も自覚していて「その強みを存分に発揮したい」と意気込んでいた。そのポテンシャルの高さは近未来の日本代表候補というに相応しいものがある。 高校サッカーの名門・市立船橋高校出身の杉岡は2017年に湘南ベルマーレ入りし、いきなり開幕戦の水戸ホーリーホック戦でスタメン出場。鮮烈なデビューを飾った。曺貴裁監督からも絶大な信頼を寄せられ、2017年は37試合に出場。2018年は8月にアジア大会(インドネシア)に参戦した分、リーグ戦出場が30試合に減ったものの、チームの中で重要な役割を担ったのは間違いない。「杉岡君はパワー、スピード、身体能力を兼ね備えた選手。プロ1年目からレギュラーを張れているのは尊敬に値する」と同い年の安部裕葵(鹿島アントラーズ)に言わしめるほどの活躍ぶりなのだ。 もちろん年代別代表でも重要な役割を担ってきた。2017年U-20ワールドカップ(韓国)こそ控えに甘んじたものの、森保一監督率いるU-22日本代表では左サイドでコンスタントに出場。アジア大会準優勝の原動力にもなった。2020年東京五輪はオーバーエージ3人を差し引くと15人の狭き門だが、「堂安と冨安に続く当確組」とさえ目されている。そんな人材だけに「ポスト長友」の呼び声は日に日に高まってきているのだ。 本人は「まずはチームでの結果や成績だと思います。佐々木選手や山中選手だったり、いい選手は沢山いるんで、自分はしっかりやるべきことをやって、それで選んでいただけるように頑張りたい」と慎重な姿勢を崩していない。ただ、「(森保一)監督がA代表と五輪代表で一緒というのはチャンスだと思います」という野心は抱いている。2019年は6月の南米選手権(ブラジル)など東京五輪世代が試される舞台も用意されているだけに、確かにA代表入りのチャンスは広がりそうだ。そこをつかむか否か。それは杉岡自身にかかっている。 「杉岡がA代表になるためには、まだまだ足りない部分がある。その1つが予測力と状況判断力。そこは彼だけじゃなくて、ベルマーレ自体に足りない。ただ、杉岡にはチャレンジする意識がある。そこは前向きに感じています」とチョウ監督も課題を指摘していたが、その予測力を上げられれば、本当に長友とポジションを争う領域まで到達できるかもしれない。2019年J1で彼がどこまでパフォーマンスを上げられるかが大いに楽しみだ。 実際、長友のように小柄でダイナミックさがウリの選手と、杉岡のようにセンターバックもこなせる守備的なタイプが日本代表にいれば、チームとしての戦術や戦い方のバリエーションも広がってくる。例えば、アジアカップのサウジアラビア戦(シャルジャ)のような超守備的な試合になれば、強固な高さと強さを備えた杉岡を入れた方がいいだろうし、逆に攻撃的に行けるベトナム戦(ドバイ)のような展開であれば、長友がどんどん高い位置を取ればいい。対戦相手や状況によって戦い方を柔軟に変化させられるチームを目指している森保監督にとって、異なるタイプの左サイドバックを用意しておくことは非常に心強いはずだ。 今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦でも、積極的にシュートを打ちに行き、武富孝介の2点目も自らの左足でお膳立てするなど杉岡は光るプレーを要所要所で見せていた。「僕も3年目なんでチームを引っ張る意識を持ちたいし、そうなれるように意識してやっていきたい」と語っていた意気込みがピッチ上で見られたのは嬉しい限りだ。同じ東京五輪世代の初瀬亮(ヴィッセル神戸)や東俊希(サンフレッチェ広島)も追い上げている今、杉岡はもっともっと成長曲線を引き上げていく必要がある。伸び盛りの今を大事にして、一目散に長友に追いついてほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.03.03 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑮】新天地・トルコで復活へ。「カタールまでは十分時間がある」と3年後に照準を合わせるエースナンバー10/香川真司(ベシクタシュ/MF)

「今季は言うたら『構想外』。競争したくてもできない状況が約1年続いた。体は万全なのにそこに加わらせてもらえない、考えられてないっていうのは非常に屈辱的で、悔しい気持ちをつねに抱えながら暮らしてきました。でもこの経験値が必ず数年後には自分の糧になって成長できると思っている。今は純粋にサッカーがしたいと心から感じているので、トライしたいですね」 2018年末に一時帰国した際、香川真司(ベシクタシュ)はメディアの前で苦しい胸の内をしみじみと吐露した。今季ドルトムントでの公式戦出場はわずか4試合。2018年ロシア・ワールドカップで得た自信と手ごたえも薄れかけていた。本人はスペイン行きを熱望していたが、とにかく試合に出られる環境をいち早く見出さなければ、選手としてのキャリアも下降線を辿りかねない。そんな危機感を大いに強めていたに違いない。 それから1カ月。悩みに悩んだ香川が赴いたのはトルコだった。憧れのスペインからのオファーは届かず、モナコ移籍話もギリギリで立ち消えになった。そこで浮上したのがベシクタシュ。欧州5大リーグで足掛け10年過ごした男にしてみれば「都落ち感」は否めなかっただろうが、1年前に同国に新天地を見出した長友佑都(ガラタサライ)がイキイキと躍動している姿に背中を押された部分はあったはず。トルコサッカーの異様な熱狂にも突き動かされたことだろう。現地入りした時の笑顔には迷いを吹っ切った男のスッキリ感が伺えた。 彼の選択は今のところ間違っていなかったようだ。デビュー戦となった2月2日(日本時間3日)のアンタルヤスポル戦での3分間2ゴールで強烈なインパクトを残した香川は、続く9日(同10日)のブルサスポル戦では後半22分から出場。着実にプレー時間を伸ばしている。後者ではトップ下の定位置を担っているセルビア人MFアデム・リャイッチが左サイドに移動。背番号23をつける日本人ファンタジスタがトップ下に入る形を取った。トルコを2002年日韓ワールドカップ3位へと導いた名将、シェノール・ギュネシュ監督は17歳のサイドアタッカー、ギュヴェン・ヤルチンらを含めて2列目の組み合わせを流動的に入れ替えながら戦う意向のようで、今後は香川がトップ下以外でプレーする可能性も考えられる。ベシクタシュがリーグ3位というポジションから順位を上げていくためにも、攻撃陣が多彩なバリエーションからゴールをこじ開けていくことが重要になってくるのだ。 ただ、基本的に香川はセンターのポジションで輝きを放つ選手。それはドルトムントやマンチェスター・ユナイテッド、日本代表でも証明されている。過去2度参戦したワールドカップを見ても、2014年ブラジル大会は左サイドが主戦場。4年間指揮を執ったアルベルト・ザッケローニ監督から「(アレッサンドロ・)デルピエロになれる」と期待を寄せられながら、全くと言っていいほど精彩を欠いた。しかし2018年ロシア・ワールドカップは本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)との競争に勝って本職のトップ下に君臨し、コロンビア戦(サランスク)のPKなど記憶に残る仕事をした。左サイドに陣取った乾貴士(アラベス)との連携も効果的で、「キャプテン翼の翼君と岬君」とさえ評されたほど。2019年アジアカップ(UAE)の際も「香川は間のギャップに入り込むのに非常に長けたアタッカー。それがいなかった分、日本は苦戦した」と分析した解説者もいて、やはり香川が真ん中で卓越した仕事のできる選手であることを再認識するいい機会となった。 その本職でベシクタシュでも輝こうと思うのなら、ロシアで本田から定位置を奪ったように、リャイッチからポジションを奪取するしかない。ただ、今季頭からチームの攻撃の軸をになってきた彼をギュネシュ監督も簡単には外しづらい。ヤルチンやイェレマイン・レンスといった周囲のアタッカー陣も彼に合わせて動くような組織が築き上げられている。それだけにシーズン途中加入の香川がいかにしてその中に入り込むのかが難しいテーマになってくる。ギュネシュ監督も近い将来、背番号23をトップ下に据えてスタートから起用する機会を作るだろう。そこが彼にとっての大きなチャンス。それをつかむかどうかで今後の動向は大きく変わってきそうだ。 日本代表で10番に返り咲けるかどうかもベシクタシュでの働き次第ではないか。森保一監督率いる新生ジャパンは発足当初から中島翔哉(アル・ドゥハイル)がエースナンバー10をつけていて、アジアカップに追加招集された乾でさえも「自分は翔哉の代わりで10番をつけているだけ」と語っていた。中島は新天地・カタールで試合に出られないということはないだろうから、当面は代表から外れることはないだろうし、10番も背負い続ける見通しだ。となれば、香川が復帰した時、どうなるかという疑問が浮上する。本人が「代表でも23番をつけたい」などと、かつて18から4番に自ら変更を申し出た本田のような姿勢を示せば問題はないだろうが、香川自身も10番には特別な思い入れを持っているはず。ただ、「自分自身がクラブで異彩を放っていなければ10番は相応しくない」と考えるタイプでもあるだけに、やはりベシクタシュのトップ下に君臨し、代表でも華々しい復活を果たすというが理想的なシナリオではある。 「次のワールドカップまでは十分時間があると思っている」と長期的なビジョンに立って代表を捉えている香川。肝心な3度目の大舞台で大輪の花を咲かせるためにも、まずは今の1日1日を大切にすること。そこに集中してほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.02.14 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑭】イランのメッシを完封。短期間で飛躍的成長を遂げる近未来の日本最終ラインの大黒柱/冨安健洋(シント=トロイデン/DF)

最新のFIFAランク29位で、2019年アジアカップ(UAE)に入ってからも5戦全勝・12得点無失点という破竹の勢いで準決勝まで勝ち上がってきたイラン。「アジア最強」と評された相手に、森保一監督率いる新生ジャパンがどう戦うのか。そこは28日の準決勝(アル・アイン)最大の注目点だった。 勝利の重要なカギと言われたのが、イランの24歳のエースFWサルダール・アズムーン(ルビン・カザン)を封じること。長友佑都(ガラタサライ)が「彼は全盛期のカカほどではないけど、カカみたいなプレーヤーだなと。足も速くてゴールも狙えてパスも出せる。怖い危険なプレーヤーだと思います」と警戒心を露わにしたほどだった。 絶対的1トップのマークは吉田麻也(サウサンプトン)と冨安健洋(シント=トロイデン)の両センターバックに託されたが、弱冠20歳のDFが担った役割は特に大きかった。イランの攻撃はGKビランヴァンド(ペルセポリス)の70mスローイン、あるいは球際を強さを生かして奪ったボールをタテに展開するカウンターが中心。アズムーンが一発でゴール前に飛び出す形から数々の決定機を作ってきた。冨安はその鋭い動き出しに反応してフリーにさせない。背後に抜け出されそうになっても間一髪で体を張り、ピンチを阻止し続ける。「イランのメッシ」と呼ばれる男はこの粘り強い守りに苛立ち、終盤には柴崎岳(ヘタフェ)の顔を手でつかむという悪態をつくほどまで混乱した。そこまで追い込んだ冨安の駆け引きは高く評価された 「相手はイライラしてたんですかね。長友さんとかが前半やりあっていたみたいに言ってましたけど、僕は気づいてなかった(笑)。そんな余裕もないですし。自分のプレーに集中することだけを意識していました」と語った背番号16からは、若者らしい必死さと何事にも動じない大物感の両方が感じられた。そこが冨安健洋という新世代の大型センターバックの大きな魅力なのかもしれない。 13歳で年代別代表の活動をスタートさせ、17歳でアビスパ福岡のトップチームに昇格。18歳でレギュラーをつかむなど、彼は10代から順調なキャリアを歩んできた。2017年U-20ワールドカップ(韓国)に参戦時には「世界的に有名な選手になりたいですし、もちろんA代表に行って中心としてやりたい気持ちはあります」と野心をのぞかせていたが、あれから1年半でA代表の定位置を確保するとは本人も予想だにしていなかっただろう。 「環境が変わったのが大きいと思います。ベルギーに行って試合に出させてもらったのが成長の大きな要因の1つかなと。もし海外で試合に出てなかったら、ここ(代表)にも来れてないと思う。DFはやられることが多いし、僕もU-20ワールドカップ・ベネズエラ戦でのミスとかいろんな失敗を繰り返してきた。もともとポジティブなタイプじゃないし、ネガティブになる時もありますけど、前を向いてやり続けるしかない。何度も立ち上がってきたから、成長できていると思いたいです」と冨安はトライ&エラーを繰り返してここまでたどり着いたことを明かした。 A代表入りしてからの成長曲線も凄まじい。今回のアジアカップを見ても、9日の初戦・トルクメニスタン戦(アブダビ)ではボランチで起用され、危なっかしい場面を幾度となく見せていたのに、本職のセンターバックに入った13日のオマーン戦(アブダビ)以降は落ち着きを増していった。当初はともに最終ラインを形成する吉田や長友、酒井宏樹(マルセイユ)ら年長者の合わせがちだったが、徐々に自らイニシアチブを取りながら周りを動かす場面も多くなった。「周りに動かされている状況だとワンテンポ遅れるし、自分からアクションを起こした方がやっぱり早くなる。そこは意識してますね」と冨安自身も前向きに言う。 こうした進化を顕著に感じさせたのが、21日のラウンド16・サウジアラビア戦(シャルジャ)だ。ボール支配率23.7%という近年の日本代表にはあり得なかった苦境の中、冨安は決して集中を切らすことなく相手FW陣をストップし、値千金の決勝弾も叩き込んだ。このMVP級の働きが20歳のDFの自信を大いに深めたのは間違いない。 「サウジアラビア戦でゴールも取れて、気持ち的に楽になったし、よりポジティブに向かえるようになったのはありますね。今も不安がないわけではないけど、いかに自分に自信を持たせることができるかがすごく大事ですから」と彼はメンタル的にいい状態を維持しつつ、高い領域まで上り詰めてきたのだ。 イランという高い壁を乗り越えた冨安がもう1つクリアしなければならないのが、2月1日のファイナルで対戦するカタールだ。2022年ワールドカップ開催国には今大会得点ランキングトップの8ゴールを奪っているエースFWアルモエズ・アリ(アル・ドゥハイル)を筆頭に個人能力の優れたアタッカーが複数いる。アズムーンは高さで勝負するタイプだったが、カタールの前線はスピード系中心。となれば、冨安は苦手な部分にトライしなければいけなくなる。そこで本当に敵を零封し、アジアの頂点に輝くことができれば、代表レギュラー定着はもちろんのこと、欧州ビッグクラブへのステップアップの道も開けてくる。 「冨安はホントにすごい。規格外だね。20代でこの舞台、この緊張感の中、あの落ち着きでプレーできる。どんどん飛躍してビッグクラブで戦える選手になってほしい」とかつてインテルで戦った長友にも太鼓判を押された男には、日本人DFが到達できなかった領域にたどり着いてほしい。そのためにもカタールとのファイナルは絶対に負けられない。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.01.31 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑬】ウズベキスタン戦スーパーゴールで一気に代表定着へ。中東のスペシャリストが牙をむく/塩谷司(アル・アイン/MF)

2019年アジアカップ(UAE)1位通過のためには勝つしかなかった17日のウズベキスタン戦(アル・アイン)。前半40分に先制を許した3分後、日本は室屋成(FC東京)の絶妙クロスを武藤嘉紀(ニューカッスル)が頭で合わせて同点に追いつき、後半に突入した。90分間一緒にプレーした経験のない選手の多い「急造チーム」の硬さが出た前半とは打って変わり、チーム全体が連動し、推進力溢れるサッカーが実践できるようになった。 そんな後半13分、追加招集の男・塩谷司(アル・アイン)が大仕事をやってのける。室屋の浮き球のクロスを三浦弦太(ガンバ大阪)が競り、DFがクリアしたボールに彼は猛然と詰めてペナルティエリア外側から左足を一閃。豪快にネットを揺らし、日本に勝ち越し点をもたらしたのだ。 「頭が真っ白になりましたね。今日ボランチだったので、チャンスがあればどうにかゴール前まで上がってミドルシュートを打ちたいなと思っていたので、セットプレーの崩れからでしたけど、自分のよさを1つ出せたんじゃないかと思います」 興奮冷めやらぬ様子で塩谷がそう語るのも当然のこと。試合の行われたカリファ・ビン・ザイード・スタジアムは所属のアル・アインの本拠地の1つ。公式戦は主にカップ戦が行われ、普段は練習にも使われている。慣れ親しんだ地元凱旋試合には家族や友人も数多く詰めかけた。その中でこれだけのスーパーゴールを決めてしまうのだから、この男は持っている。こういう伏兵がスターになるのがアジアカップという大会なのだ。 2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪にオーバーエージで出場したA代表経験者が2017年夏、中東移籍を決断したことは驚きを持って受け止められた。「本田(圭佑=メルボルン)さんに海外に出るチャンスがあるなら出た方がいいと言われた」と先輩の勧めを実行に移した形だったが、異国の環境は過酷を極めた。夏場の気温は50度を超え、42度の環境下での練習や試合も行われる。家のタンクが壊れて熱湯のシャワーが出たこともあった。こうした1年半の経験値を凝縮させたからこそ、この重圧のかかる一戦で大きな結果を出せた。恩師である森保一監督の抜擢に十分すぎるほど応えた男は、日本代表定着へ大きなアピールを果たしたのである。 「広島時代に塩谷のことはずっと見てきている。彼は12月28日までクラブでプレーしていて、コンディション的にも実力的にも問題ないということで招集させてもらった。塩谷はアル・アインでボランチをやったりしてますし、ひょっとしたら攻撃的なことも含めて、守備の部分であればどのポジションでもできるかなということで選びました」と指揮官は彼の招集に踏み切った理由を説明していた。守田英正(川崎フロンターレ)の代役ということで、主にボランチ要員と位置付けられているのは明らかだったが、いかんせん広島時代は経験がない。アル・アインに赴いてからも「ボランチをやったのは全部で6~7試合くらい。試合の途中から最後の10分とかを入れたらもう少し多いですけど」と本人が説明するほど、経験不足は否めなかった。 それでも森保監督には「塩谷なら十分やれる」という絶対的信頼があったはず。コンビを組むのが青山であればより一層、安心感は増す。広島時代は青山と森崎和幸のダブルボランチをサポートする側だった塩谷も「彼らのようなプレーが自分にできるかって言ったらそれは非常に難しいこと。自分にできる最大限の力をピッチで表現できたらいい」と前向きにコメントしていたが、ウズベキスタン戦の一挙手一投足は尊敬する森崎和幸を彷彿させるものがあった。 森保ジャパンのボランチは、2018年ロシアワールドカップ組の柴崎岳(ヘタフェ)と遠藤航(シント=トロイデン)のコンビがベースだが、それ以外は熾烈な競争が続いている。指揮官が新体制初陣となった2018年9月のコスタリカ戦(大阪・吹田)でキャプテンに指名した青山でさえ安全圏とは言えず、これまで呼ばれた三竿健斗(鹿島アントラーズ)、守田らもまだまだ確実な存在ではない。センターバック兼任の冨安健洋(シントトロイデン)もいるし、今後は欧州移籍した板倉滉(フローニンヘン)や中山雄太(ズヴォレ)らも予備軍として控えている。安泰な選手は1人もいないのだ。 そういう中、塩谷が戦国時代のボランチ競争に名乗りを挙げたことは注目すべき点だ。年齢こそ30歳で決して若いとは言えないが、中東の過酷な環境を熟知するアドバンテージは大きい。2022年ワールドカップの開催地がカタールであるということを考えると、「中東スペシャリスト」の力は欠かせないものになるかもしれない。 「代表への思いはつねに持っていますし、どこへ行こうが自分を高めるだけだと思うので、代表への道というのは。その思いをつねに持って1年半こっちに来てやってきました。代表のサッカーはレベルが高くてすごく楽しいし、こういうところでサッカーし続けたいって思いはみんな持ってると思う。自分も代表でまだまだサッカーをしたいという欲が出てきました」 こう語る塩谷は2022年には33歳になる。2014年ブラジル・ワールドカップに出た時の遠藤保仁(ガンバ大阪)が33歳、2018年ロシア・ワールドカップ参戦時の長谷部誠(フランクフルト)の年齢が34歳ということを踏まえれば、決してやれないことはない。これまでの代表選手は欧州でのステップアップをスタンダードと捉えてきたが、塩谷のように異色の経歴を持つ男が生き残れば、日本サッカー界にも新たな選択肢が広がる。そういう意味でもこの先の決勝トーナメントでの彼の活躍を願わずにはいられない。勝手知ったるUAEでの大暴れを大いに期待したい。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.01.23 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手⑫】森保ジャパン初の大舞台・アジアカップで酒井宏樹の牙城を崩すインパクトを残せるか?/室屋成(FC東京/DF)

9月のコスタリカ戦(大阪・吹田)で本格始動し、2018年5戦を4勝1分の無敗で乗り切った森保一監督率いる新生日本代表。彼らにとって最初の試金石になるのが、1月9日のトルクメニスタン戦(アブダビ)から開幕する2019年アジアカップ(UAE)だ。守備陣は2018年ロシア・ワールドカップ16強戦士の長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)らが残っているものの、若い力の台頭は必要不可欠。酒井宏樹と右サイドバックを争う室屋成(FC東京)は奮起が求められる選手の1人と言っていい。 室屋はご存知の通り、南野拓実(ザルツブルク)と同じ大阪府熊取町の出身で、幼稚園の頃からともにボールを蹴ってきた。ゼッセル熊取でプレーした小学校時代は室屋がボランチで、南野がFW。2人のホットラインからゴールを量産していたようだ。中学生になって彼らの進む道は分かれたが、室屋は悔しさを胸に秘めつつ努力を重ねた。その姿が青森山田高校の黒田剛監督の目に留まり、高校から地元を離れて遠い青森へ。そこでは当初サイドハーフとしてプレーしたが、2つ上の柴崎岳(ヘタフェ)や櫛引政敏(モンテディオ山形)らカリスマ性のある先輩に叱咤激励され、それが励みになったという。 その青森山田時代にU-16日本代表入りしたことで、彼のサッカー人生が大きく開ける。「サイドプレーヤーなら面白い選手がいますよ」と黒田監督から情報を入手した代表スタッフが爆発的走力を備えた室屋に目を付け、サイドバックにコンバートしたのだ。この位置になって持ち前のタテへのスピードや献身的なアップダウンが生きるようになり、彼は2011年U-17ワールドカップ(メキシコ)8強メンバーに名を連ねる。そこからはコンスタントに階段を駆け上がり、2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪、2017年東アジアカップ(東京)などで日の丸をつけてきた。 森保ジャパンが発足してからはA代表に定着。右サイドバックの2番手として酒井宏樹の背中を追う立場になった。 「選ぶのは監督なので、自分は自分のスタイルでやりたい。このスタイルが嫌いな監督だったら選ばれないと思うし。Jリーグにも僕とは違うタイプでいい選手が沢山いるので、その中で監督が選んでくれているんだったら、僕はこのスタイルでプレーしてアピールし続けるだけかなって思います」と室屋はあくまで自分らしさを追求していくつもりだが、代表に入った以上は試合に出なければ意味がない。となれば、酒井宏樹の牙城を崩すしかないのだ。 その酒井宏樹も2012年5月のアゼルバイジャン戦(エコパ)で国際Aマッチデビューを飾ってから内田篤人(鹿島アントラーズ)という高い壁に阻まれ続けてきた。2014年ブラジルワールドカップは出番なしに終わり、その後は酒井高徳(ハンブルガーSV)にポジションを奪われる時期もあった。一定の地位を確立したのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後。16-17シーズンにドイツのハノーファーからフランスの名門・マルセイユに赴いてからは不動の存在となった。その時、宏樹は26~27歳になっていた。つまり、24歳の室屋はまだまだ伸び代があるはずなのだ。 「守備はすごく大事ですけど、攻撃の部分でチーム(FC東京)の時は1対1でタテに仕掛ける回数が今シーズンは多くあるんですけど、代表でもそういうシーンをもっと出さないと。(得点やアシストの)数字を残せる選手にならないといけないと思うので、そこは少なからず意識したい」と本人も自らのやるべきことを明確に見据えていた。もともとサイドハーフやボランチという攻撃に絡むポジションをやっていた選手だけに、決定機を演出するような仕事を多くできれば、酒井宏樹との差別化も図れるかもしれない。 欲を言えば、室屋にも国際舞台に出て行ってほしいところ。代表でアジアカップやワールドカップ予選を戦うことも大切だが、幼馴染の南野のように思い切って海外へチャレンジすることもそろそろ考えるべき時期に来ている。サイドバックの先輩である酒井宏樹と高徳、長友と内田はいずれも欧州の扉を叩いてステップアップした。そんな先駆者たちに肩を並べようと思うなら、Jリーグに甘んじていてはいけない。 そのためにも、今回のアジアカップを有効活用してほしいところ。日本が4度目のアジア王者に輝いた8年前の2011年カタール大会後には岡崎慎司(レスター・シティ)がドイツ・シュツットガルト移籍を果たし、当時イタリアのチェゼーナにいた長友もインテルに引っ張られた。それも日本の優勝という結果とは無関係ではないだろう。チームが輝き、自分自身も輝けば、海外クラブからのオファーも届く可能性はゼロではない。そこを室屋にはしっかりと意識して、UAEに赴いてもらいたい。 つねに感情を表に出さず、マイペースでサッカーに取り組むタイプの男だが、今回は「自分が右サイドバックのファーストチョイスになる」という意気込みと気概を持って戦うべきだ。25歳になる2019年は酒井宏樹の牙城を崩そうとする新たな室屋成の姿をぜひとも見せてほしいものだ。<hr>【元川悦子】長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。 2019.01.09 18:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース