超ワールドサッカー

【倉井史也のJリーグ】カップ戦とリーグ戦の微妙といっていいのかもしれない関係!? の巻2018.06.08 14:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽こりゃね、どう考えてもマズいと思うんですよ。注目度、ホントに高い? もしかしてみんな、目を背けようとしてるんじゃない? とか思わないですか? いえ、日本代表じゃないんです。9日に開催されるルヴァンカップのプレーオフステージ第2戦のこと。

▽このプレーオフに進んでるのが8チームだから、今年の参加チーム——J1全18チームとJ2の新潟、甲府を加えた20チームのうち、12チームがもうこの試合に関係してないわけですよ。しかも今年は新しい試みとして、グループリーグを終えて勝ち進んだ8チームが準々決勝ってワケじゃなく、プレーオフをやって勝ち残った4チームとACLに出てた4チームとで準々決勝だから、ちょっともどかしい感じもあるし。さらには8日の深夜にはワールドカップ前の大事なトレーニングマッチ、スイス戦があるんで記事もそっちばっかりだし。先週末のゲームの結果って憶えてます? 横浜FM 4-2 神戸、甲府 2-0 浦和、G大阪 1-0 磐田、湘南 3-0 仙台なんですよ。

▽ま、ここで注目されるのはJ2の甲府が第1戦を勝ってるってこと。それから天皇杯では関西学院大学に敗れてしまったG大阪が第1戦勝ってるってこと。だってさ、甲府は現在J2で9位とプレーオフ圏外、G大阪はJ1で16位と入れ替え戦の順位。君たちは勝って大丈夫なのか!! って言いたくないですか?

▽つーことで、今回のデータはリーグカップの優勝チームがリーグ戦では何位だったかってこと。

1993年 V川崎(1位)
1994年 V川崎(1位)
1995年 なし
1996年 清水(10位)
1997年 鹿島(2位)
1998年 磐田(2位)
1999年 柏(3位)
2000年 鹿島(1位)
2001年 横浜FM(13位)
2002年 鹿島(4位)
2003年 浦和(6位)
2004年 FC東京(8位)
2005年 千葉(4位)
2006年 千葉(11位)
2007年 G大阪(3位)
2008年 大分(4位)
2009年 FC東京(5位)
2010年 磐田(11位)
2011年 鹿島(6位)
2012年 鹿島(11位)
2013年 柏(10位)
2014年 G大阪(1位)
2015年 鹿島(5位)
2016年 浦和(2位)
2017年 C大阪(3位)

▽はい、これまで24回のリーグ戦平均順位は5.3位。あ、これってなかなかってことじゃないですか。つまり甲府やG大阪がこのまま勝ち進めば、もしかしてリーグ戦もグイグイ上がっていくかも……ね(汗)。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

コメント

関連ニュース

thumb

もし今週末に優勝が決まったらやたら早くない!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽もしかして、もしかしたら今週末でJリーグの優勝が決まっちゃうかも? 現在の川崎と広島の勝点差は7。ということは、 川崎○(勝点66)の場合:広島○(勝点59)△(勝点57)●(勝点56)で決定 川崎△(勝点64)の場合:広島△(勝点57)●(勝点56)で決定 川崎●(勝点63)の場合:広島●(勝点56)で決定 ▽ちなみに川崎はアウェイでC大阪戦、広島はホームで仙台戦なのです。 ▽ 2節を残して優勝決定って結構早くない? ちゅうことで過去のシーズン、いつ優勝が決定したか調べてみました。例によってVゴールがなくなってJ1が18チームになった2003年から。ただし、2003年〜2004年、2015年〜2016年は2ステージ制だったため除いてます。 ・2005年 優勝 G大阪 優勝決定 34節(最終節:逆転) ・2006年 優勝 浦和 優勝決定 34節(最終節) ・2007年 優勝 鹿島 優勝決定 34節(最終節:逆転) ・2008年 優勝 鹿島 優勝決定 34節(最終節) ・2009年 優勝 鹿島 優勝決定 34節(最終節) ・2010年 優勝 名古屋 優勝決定 31節 ・2011年 優勝 柏 優勝決定 34節(最終節) ・2012年 優勝 広島 優勝決定 33節 ・2013年 優勝 広島 優勝決定 34節(最終節:逆転) ・2014年 優勝 G大阪 優勝決定 34節(最終節) ・2017年 優勝 川崎 優勝決定 34節(最終節:逆転) (参考) ・2003年(2ステージ制) 優勝 横浜FM(両ステージ制覇) 優勝決定 2ndステージ最終節 ▽ってことで、なんと! やたら最終節に決まっている!! も、もしかして小林悠が負傷した川崎にここでストップが……でも、広島も調子が……あ、これがもしかして今年の優勝決定を長引かせる要因になるのかも!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.11.08 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

なんでおめでとうってもう言えない雰囲気なワケ!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽おめでとう! ベルマーレ! って、ルヴァンカップ優勝してからたった3日で言えない感じになってしまったカップウィナーなんですけど、確かになんか嫌な感じ。30節を終えて勝点36って、16位の鳥栖と17位の柏が勝点33だから、下手すると1節で入れ代わっちゃうんです。しかも今後の戦いが、11月2日にホームの清水戦、11月10日にアウェイG大阪戦、11月24日にホームの浦和戦、で、12月1日の最終戦がアウェイの名古屋なんですよ。 ▽この残りの相手で、清水はACL出場権崖っぷち、G大阪は残留まであと一息、浦和はギリギリACL出場権狙える位置、名古屋は残留争いまっただ中。ってことで、気が抜けない相手ばかり。このままじゃ、ルヴァンカップの勝者がもしかすると……ってことになりそうかもしれないかもわからない。 ▽ってことで、今週はルヴァンカップの勝者がリーグ戦で何位だったかという過去のデータを調べてみましょう。例によって、Vゴールがなくなって、全18チームになった2003年から。 ・2003年 リーグカップ戦優勝 浦和(6位) ・2004年 リーグカップ戦優勝 FC東京(8位) ・2005年 リーグカップ戦優勝 千葉(4位) ・2006年 リーグカップ戦優勝 千葉(11位) ・2007年 リーグカップ戦優勝 G大阪(3位) ・2008年 リーグカップ戦優勝 大分(4位) ・2009年 リーグカップ戦優勝 FC東京(5位) ・2010年 リーグカップ戦優勝 磐田(11位) ・2011年 リーグカップ戦優勝 鹿島(6位) ・2012年 リーグカップ戦優勝 鹿島(11位) ・2013年 リーグカップ戦優勝 柏(10位) ・2014年 リーグカップ戦優勝 G大阪(1位) ・2015年 リーグカップ戦優勝 鹿島(5位) ・2016年 リーグカップ戦優勝 浦和(2位) ・2017年 リーグカップ戦優勝 C大阪(3位) ▽歴代の優勝チームの平均順位は6位! ってことは、やっぱり優勝チームにはちゃんと力があるってことですよ。リーグカップ戦の勝者に降格なし! ということで、残留のライバルたちに先駆けて行われる金曜日の清水戦がまず一山。ここで勝てば他のチームにプレッシャーを与えることができるけど、そうじゃなければ……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.11.02 13:30 Fri
twitterfacebook
thumb

どんだけ大変なのか今年のJリーグは日程で検証!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽鹿島、すげぇよ、すげぇ。最後にかわすのは鹿島らしいっちゃあ鹿島らしい。2試合で5失点ってのは鹿島らしくないけど。で、今後の鹿島の活躍次第では、天皇杯やJ1参入プレーオフの日程が変わってくるから気を付けましょう。つーか鹿島よ、どんどん変えちゃってくれ!! ▽で、日程も複雑になるかもしれないんだけど、ここに来て混迷を極めているのが残留争いとACL出場権争い。だって、5チームが消化試合数が違うんですよ。ってことで、ここで一度日程を整理しておきましょ。 ◆3位 FC東京 勝点46 11/03 横浜FM(A) 11/10 磐 田(H) 11/24 川 崎(H) 12/01 浦 和(A) ◆4位 鹿 島 勝点46 10/31 C大阪(H) 11/03 ペルセポリス(H) 11/06 柏 (A) 11/10 ペルセポリス(A) 11/21 甲 府(A) 11/24 仙 台(A) 12/01 鳥 栖(H) ◆5位 浦 和 勝点45 11/03 G大阪(H) 11/10 札 幌(A) 11/24 湘 南(A) 12/01 FC東京(H) ◆6位 札 幌 勝点45 10/28 名古屋(A) 11/04 仙 台(H) 11/10 浦 和(H) 11/24 磐 田(A) 12/01 広 島(H) ◆7位 C大阪 勝点44 10/31 鹿 島(A) 11/06 名古屋(H) 11/10 川 崎(H) 11/24 柏 (H) 12/01 横浜FM(A) ~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~ ◆11位 横浜FM 勝点38 10/27 湘 南(C) 11/03 FC東京(H) 11/10 長 崎(A) 11/24 鳥 栖(A) 12/01 C大阪(H) ◆12位 神 戸 勝点37 11/03 名古屋(A) 11/10 鳥 栖(H) 11/24 清 水(A) 12/01 仙 台(H) ◆13位 湘 南 勝点36 10/27 横浜FM(C) 10/30 磐 田(A) 11/02 清 水(H) 11/10 G大阪(A) 11/24 浦 和(H) 12/01 名古屋(A) ◆14位 名古屋 勝点34 10/28 札 幌(H) 11/06 神戸(H) 11/06 C大阪(A) 11/10 清 水(A) 11/24 広 島(A) 12/01 湘 南(H) ◆15位 磐 田 勝点34 10/30 湘 南(H) 11/03 広 島(H) 11/10 FC東京(A) 11/24 札 幌(H) 12/01 川 崎(A) ◆16位 鳥 栖 勝点33 11/04 長 崎(H) 11/10 神 戸(A) 11/24 横浜FM(H) 12/01 鹿 島(A) ◆17位 柏 勝点33 11/03 川 崎(A) 11/06 鹿 島(H) 11/24 C大阪(A) 12/01 G大阪(H) ◆18位 長 崎 勝点29 11/04 鳥 栖(A) 11/10 横浜FM(H) 11/24 G大阪(A) 12/01 清 水(H) ▽こうしてみると、何気に浦和、なかなかいいカード残ってませんか? 磐田、結構大変です。で、何度も言いますけど、鹿島、がんばれ~!! もうこの際、柏戦を延期してあげて~って感じです。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.10.26 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

残り5試合で得点王が入れ代わった例なんてどんだけあるの!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽J1リーグも残り5試合! 優勝争い、残留争い、ACL出場争いとチーム順位の競争も大詰めだけど、同じように個人成績の得点王争いも大詰めって感じですよ。ってことで今週は過去5シーズン、残り5節で順位がどれだけ動いたか調べてみたでござる。 【2013年】 ・29節 1位 大久保嘉人(川崎) 22点 2位 渡辺千真(FC東京) 17点 2位 川又堅碁(新潟) 17点 2位 柿谷曜一朗(C大阪) 17点 2位 佐藤寿人(広島) 17点 2位 豊田陽平(鳥栖) 17点 ・最終順位 1位 大久保嘉人(川崎) 26点 2位 川又堅碁(新潟) 23点 3位 柿谷曜一朗(C大阪) 21点 4位 豊田陽平(鳥栖) 20点 5位 大迫勇也(鹿島)ら2人 19点 【2014年】 ・29節 1位 大久保嘉人(川崎) 15点 2位 ペドロ・ジュニオール(神戸) 13点 2位 マルキーニョス(神戸) 13点 2位 豊田陽平(鳥栖) 13点 5位 興梠慎三(浦和)ら2人 12点 ・最終順位 1位 大久保嘉人(川崎) 18点 2位 豊田陽平(鳥栖) 15点 3位 マルキーニョス(神戸) 14点 4位 武藤嘉紀(FC東京)ら3人 13点 【2015年】 ・29節 1位 大久保嘉人(川崎) 19点 1位 宇佐美貴史(G大阪) 19点 3位 ドウグラス(広島) 16点 4位 豊田陽平(鳥栖) 15点 5位 クリスティアーノ(柏) 12点 ・最終順位 1位 大久保嘉人(川崎) 23点 2位 ドウグラス(広島) 21点 3位 宇佐美貴史(G大阪) 19点 4位 豊田陽平(鳥栖) 16点 5位 クリスティアーノ(柏) 14点 【2016年】 ・29節 1位 ピーター・ウタカ(広島) 18点 2位 レアンドロ(神戸) 16点 3位 大久保嘉人(川崎) 15点 4位 クリスティアーノ(柏) 14点 4位 小林悠(川崎) 14点 ・最終順位 1位 ピーター・ウタカ(広島) 19点 1位 レアンドロ(神戸) 19点 3位 クリスティアーノ(柏) 16点 4位 大久保嘉人(川崎) 15点 4位 小林悠(川崎) 15点 【2017年】 ・29節 1位 興梠慎三(浦和) 19点 2位 小林悠(仙台) 17点 2位 杉本健勇(C大阪) 17点 2位 クリスティアーノ(柏) 12点 5位 金崎夢生(鹿島)ら2人 11点 ・最終順位 1位 小林悠(仙台) 23点 2位 杉本健勇(C大阪) 22点 3位 興梠慎三(浦和) 20点 4位 川又堅碁(磐田) 14点 5位 金崎夢生(鹿島)ら3人 12点 ということで!! 過去5シーズンで残り5試合から得点王が入れ代わったのは去年だけ!! ってことは、現在の ・29節 1位 ジョー(名古屋) 20点 1位 パトリック(広島) 20点 3位 小林悠(川崎) 14点 4位 興梠慎三(浦和)ら3人 13点 ▽で、やっぱりジョーかパトリック?的な?しかも名古屋ってまだ27試合しかしてないし。ってことで今年の得点王はチームを降格から救い自分も得点王に輝くかもしれないってことっスね!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.10.20 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

どんなに渋い試合でもそれが真剣勝負の証ってもんだ!? の巻/倉井史也のJリーグ

▽そりゃ代表戦と比べると違うわけですよ。真剣味って言いますか? 親善試合と来年の契約をかけた試合を一緒にしちゃいかんわけです。J2の上位陣の試合がすっごい面白いかというと、そうじゃない試合もあります。どうしても勝ち点ほしいから。そういう張り詰めた感じの試合は、エンタテインメント性は薄いかもしれないけど、緊張感が楽しめることだけは間違いなし!! じゃあ、今回も22チーム構成になった2012年以降、36節から42節でどれだけ順位が移動したか、温故知新の精神で調べてみようっと!! 【2012年】 ・36節 1位 甲 府 勝点86 2位 湘 南 勝点63 3位 大 分 勝点61 4位 京 都 勝点61 5位 千 葉 勝点59 6位 東京V 勝点59 ・最終順位 1位 甲 府 勝点74 2位 湘 南 勝点75 3位 京 都 勝点74 4位 横浜FC 勝点73 5位 千 葉 勝点72 6位 大 分 勝点71 【2013年】 ・36節 1位 神 戸 勝点72 2位 G大阪 勝点71 3位 京 都 勝点63 4位 徳 島 勝点60 5位 千 葉 勝点58 6位 長 崎 勝点57 ・最終順位 1位 G大阪 勝点87 2位 神 戸 勝点83 3位 京 都 勝点70 4位 徳 島 勝点67 5位 千 葉 勝点66 6位 長 崎 勝点66 【2014年】 ・36節 1位 湘 南 勝点89 2位 松 本 勝点70 3位 磐 田 勝点62 4位 北九州 勝点58 5位 千 葉 勝点55 6位 岡 山 勝点54 ・最終順位 1位 湘 南 勝点101 2位 松 本 勝点83 3位 千 葉 勝点68 4位 磐 田 勝点67 5位 北九州 勝点65 6位 山 形 勝点64 【2015年】 ・36節 1位 大 宮 勝点75 2位 磐 田 勝点66 3位 福 岡 勝点64 4位 C大阪 勝点62 5位 東京V 勝点54 6位 長 崎 勝点53 ・最終順位 1位 大 宮 勝点86 2位 磐 田 勝点82 3位 福 岡 勝点82 4位 C大阪 勝点67 5位 愛 媛 勝点65 6位 長 崎 勝点60 【2016年】 ・36節 1位 札 幌 勝点78 2位 松 本 勝点71 3位 C大阪 勝点67 4位 清 水 勝点66 5位 岡 山 勝点63 6位 京 都 勝点59 ・最終順位 1位 札 幌 勝点85 2位 清 水 勝点84 3位 松 本 勝点84 4位 C大阪 勝点78 5位 京 都 勝点69 6位 岡 山 勝点65 【2017年】 ・36節 1位 湘 南 勝点77 2位 福 岡 勝点67 3位 長 崎 勝点64 4位 名古屋 勝点62 5位 松 本 勝点61 6位 徳 島 勝点57 ・最終順位 1位 湘 南 勝点83 2位 長 崎 勝点80 3位 名古屋 勝点75 4位 福 岡 勝点74 5位 東京V 勝点70 6位 千 葉 勝点68 ▽つまり、36節までに6位に入っていて、最終的にプレーオフ圏内に入れなかったのは、2012年の東京V、2014年の岡山、2015年の東京V、2017年の松本と徳島の5チーム。36チーム中5チームということで、現時点からプレーオフに出られるのは約86パーセント!! ▽これって一息つける? って過去2回、ここから圏外に落ちてしまった東京Vは安心してないだろうなぁ……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2018.10.11 13:00 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース