ドルトムントがブレーメンのデンマーク代表MFデラネイを獲得、推定移籍金は約26億円2018.06.08 05:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは7日、ブレーメンのデンマーク代表MFトーマス・デラネイ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までで、移籍金はドイツ『キッカー』によれば2000万ユーロ(約25億9000万円)とのことだ。

▽2016年夏にコペンハーゲンからブレーメンに加入したセントラルMFのデラネイは、在籍2シーズンで公式戦49試合に出場して7ゴール7アシストを記録。2017-18シーズンはブンデスリーガ32試合に出場して3ゴール5アシストと主力として活躍していた。

▽そのデラネイはドルトムントへの移籍について次のように語っている。

「ドルトムントからの連絡があったときには、大して悩む必要はなかったよ。ドルトムントはヨーロッパ内でトップ10に入るクラブ。ドイツではトップ2のクラブだと思う。それにここのスタジアムは、ヨーロッパで最高のものがあるしね。熱い気持ちをもってプレーすることを約束する。ワールドカップ前だけれど、ドルトムントでの挑戦が今から楽しみだよ。この黒と黄色のユニフォームで、タイトルを獲得できたらと思っている」

▽なお、デンマーク代表でもレギュラーとしてプレーするデラネイは、ロシア・ワールドカップに臨むデンマーク代表に選出されている。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月13日は、香川真司と共にブンデス制覇を成し遂げた元パラグアイ代表FW

◆ルーカス・バリオス 【Profile】 国籍:パラグアイ 誕生日:1984年11月13日 クラブ:コロコロ ポジション:FW 身長:187cm 体重:83㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』 11月13日は、元パラグアイ代表FWルーカス・バリオスだ。 ▽アルゼンチン出身のバリオスは、2003年にアルヘンティノスでプロデビューを飾り、同国複数クラブやチリの複数クラブなどを経て、2009年夏にドルトムントに加入。1年目から活躍すると、母親がパラグアイ人であることから、2010年4月にパラグアイ国籍を取得し、同年の南アフリカワールドカップに出場。パラグアイ代表初のベスト8進出に貢献した。 ▽W杯を終えて迎えた2010-11シーズンでは同シーズンから加入した日本代表MF香川真司と共に攻撃の中心として活躍し、チームの9シーズンぶりのブンデスリーガ制覇に貢献した。しかし、悲願を成し遂げた翌年はケガの影響からポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(現・バイエルン)にスタメンの座を奪われ、シーズン終了後に広州恒大へ。その後はクラブを転々とし、33歳を迎えた現在はドルトムント加入前に在籍していたチリのコロコロでプレーしている。 ※誕生日が同じ主な著名人 登里享平(サッカー選手/川崎フロンターレ) 橋本小雪(お笑い芸人/日本エレキテル連合) KICK☆(お笑い芸人) 大西ライオン(お笑い芸人) 木村拓哉(アイドル) 戸塚祥太(アイドル/A.B.C-Z) 倖田來未(歌手) 由紀さおり(歌手) 見栄晴(タレント) 2018.11.13 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

リベリがドルト戦後に同胞のTV解説者を暴行! バイエルンが衝突認める

▽バイエルンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリ(35)が10日に行われたブンデスリーガ第11節のドルトムント戦後に知り合いのテレビ解説者を暴行したようだ。バイエルンのハサン・サリハミジッチSD(スポーツ・ディレクター)が、ドイツ『ビルト』の取材で認めた。 ▽『ビルト』が伝えるところによれば、リベリは2-3で敗戦したドルトムント戦後に『beIN Sports』で解説者を務め、ドイツ生まれでサンテチェンヌやフライブルクでプレーした経験を持つフランス人DFのパトリック・ギユー氏(48)と激しい口論となり、顔面を平手打ちし胸を突くなど暴行を働いた疑いがあるという。 ▽以前から両者は知り合いだったものの、リベリはギユー氏が中継中に「リベリはあまりに疲れていて役立たずだ」という発言を妻から伝え聞き、この発言をキッカケに前述の口論、暴力行為に発展したようだ。 ▽そして、今回の一件に関して『ビルト』の取材を受けたサリハミジッチSDは、リベリとギユー氏の間で衝突が起きたことを認めている。 「フランク・リベリはクラブに対して、知り合いのパトリック・ギユー氏と衝突したことを知らせてくれた」 「そして、我々は10日の夜、パトリック・ギユー氏と今回の問題を解決するため、将来的な話し合いを行うことで合意した」 ▽両者が以前からの知り合いで暴行自体も軽いものであったため、今回の騒動に関しては今後の話し合いによって示談で収まる可能性が高いようだ。 2018.11.12 18:32 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンに逆転劇! ファブレ「クレイジーゲーム」

▽ドルトムントを率いるルシアン・ファブレ監督が逆転勝利を誇った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ドルトムントは、10日に行われたブンデスリーガ第11節でバイエルンと激突。首位の座をより確固たるものにすべく勝ち切りたい一戦で見事に2度のビハインドをはね退け、逆転勝ちした。 ▽バイエルンを7ポイント差に突き放したファブレ監督は試合後、次のように語った。 「クレイジーな試合だった。バイエルンは序盤からすごく強く、明らかに我々を支配した。我々は彼らにポゼッションされ、ボールを持つのもままならなかった」 「非常に難しかったよ。だが、バイエルンのあのペースが続かないことは想定内だった。我々はプレッシングや、ボール奪取、あらゆる面でパーフェクトだったね」 「まるでブーメランのような展開だったね。我々はとにかく我慢する必要があった。そうすることで、幸運にも1-0でハーフタイムを迎えられた」 「(マルコ・)ロイスの2得点目後、観客が後押ししてくれた。そのおかげで勝つことができたよ。素晴らしい闘志だった」 2018.11.11 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転負けのニコ・コバチ、強がる…「シャルケ戦以来のベストゲーム」

▽バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が「シャルケ戦以来のベストゲームだった」と強がった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽バイエルンは、10日に行われたブンデスリーガ第11節でドルトムントと対戦。勝ち点4差で上を行く首位ドルトムントを追走するためにも勝ち切りたい試合だったが、2度のリードを守り切れず、逆転負けした。 ▽ニコ・コバチ監督は試合後、次のように敗戦の弁を述べた。 「今日は両軍共にファンタスティックなフットボールをした。前半は我々が主導権を握り、後半はドルトムントだった」 「追いつかれた後、すぐに再びリードしたが、2失点を喫してしまった。やってはいけないことだった」 「前半は中盤の中央を消して相手をサイドに追いやったが、後半はそれができなくなり、チャンスを与えてしまった」 「残念だが、我々は引き分けでもおかしくない試合で負けた。だが、パフォーマンスに関しては満足している」 「シャルケ戦以来のベストゲームだった。特に、前半はね。この試合を糧にして、今後も今日の調子を続けたい」 2018.11.11 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 3-2 バイエルン《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第11節、ドルトムントvsバイエルンが10日に行われ、3-2でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181111_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 35 ヒッツ 5.5 ビュルキの負傷で巡ってきたチャンス。取り立てて好守はなかったが勝ち切った DF 26 ピシュチェク 5.5 リベリとのマッチアップで苦戦もアシストで相殺 16 アカンジ 6.5 身体能力の高さを遺憾なく発揮。対人の強さを示した 2 ザガドゥ 6.0 1失点目の場面ではレヴァンドフスキに背後を取られたが、それ以外の局面ではアカンジと共にソリッドだった 5 アクラフ・ハキミ 5.5 結果的に自身のサイドから2失点。とはいえ、持ち味の攻撃参加も見られた MF 33 ヴァイグル 5.0 球際で負けている場面が多かった。得意の繋ぎも見られず (→ダフード 6.0) 前へ付けるパスでアクセントに 11 ロイス 7.0 さすがの2ゴール。エースの働きを果たした 28 ヴィツェル 6.5 攻守に抜群の存在感。決勝点をアシスト FW 7 サンチョ 6.0 前半はアラバの前に苦戦も後半は盛り返した 10 ゲッツェ 5.5 ロイスとのコンビネーションで打開を狙うも突破はしきれず (→アルカセル 6.5) さすがの決定力。2つあった決定機のうちの一つを決めた 34 ラーセン 5.0 1失点目の場面ではニャブリへの寄せが甘く、2失点目の場面も中途半端だった (→デラネイ -) 監督 ファブレ 6.5 ダフードの投入で後半の流れを変え、アルカセルの投入で勝利を呼び込んだ ▽バイエルン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181111_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ノイアー 5.0 10分のロイスとの一対一を止めるも、PK献上はらしくなかった DF 32 キミッヒ 6.0 2点目をアシストするなど攻撃面でも存在感 17 J・ボアテング 5.5 前半はロングフィードでアクセントを付けるも後半はカウンターの対応に苦難 5 フンメルス 5.0 後半は相手のスピードに対応できなかった。負傷交代 (→ジューレ 5.5) J・ボアテングとのコンビがさほどしっくりいかず 27 アラバ 6.0 進境著しいサンチョを前半はうまく止めた MF 8 ハビ・マルティネス 6.0 前半は要所の守備が効いていた 25 ミュラー 6.0 トップ下の位置で攻守に存在感 (→ワグナー -) 18 ゴレツカ 6.0 ヴァイグルとのマッチアップで上回るも後半は消えた FW 22 ニャブリ 6.0 先制点をアシストし、2点目に絡んだ (→レナト・サンチェス -) 9 レヴァンドフスキ 6.5 身体能力の高いセンターバック相手にポジショニングの良さを生かして古巣から2発 7 リベリ 6.0 仕掛けの起点に。とりわけ前半は攻撃をけん引した 監督 ニコ・コバチ 5.5 敗れたはしたが、前半の内容は良かった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ロイス(ドルトムント) ▽とりわけ2点目はシュートのうまさが光るゴールだった。後半にギアを上げて疲れの見えたバイエルン守備陣を翻弄した。 ドルトムント 3-2 バイエルン 【ドルトムント】 ロイス(後4)【PK】 ロイス(後22) アルカセル(後28) 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前26) レヴァンドフスキ(後7) 2018.11.11 04:44 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース