ウディネーゼが36歳のスペイン人指揮官を招へい2018.06.08 03:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは7日、スペイン人指揮官のフリオ・ベラスケス監督(36)を招へいしたことを発表した。▽ウディネーゼでは2017-18シーズン終盤、降格の危機に瀕していた中、イゴール・トゥドール監督が指揮を執り、何とかセリエA残留を果たしていた。しかし、トゥドール監督とは契約を更新しなかった。

▽19歳から監督キャリアをスタートさせたベラスケス監督は、これまでバジャドリーやビジャレアルの下部組織の監督を歴任。ビジャレアルBで実績を残すと、2012年6月にトップチームの監督に就任していた。

▽その後、ムルシアやベティス、ポルトガルのベレネンセスで指揮を執り、2016年10月からアルコンコンで監督を務め、2017-18シーズンはセグンダ(スペイン2部)で13位となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

イカルディの幸運PK弾でウディネに辛勝のインテルが公式戦5戦ぶりの白星!《セリエA》

▽セリエA第16節、インテルvsウディネーゼが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが1-0で勝利した。 ▽直近の公式戦を2敗2分けで終えたリーグ3位のインテル(勝ち点29)。ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では勝利で決勝トーナメント進出を決めるチャンスがありながらホームでPSVと引き分け無念の3位敗退に。これを受けてスパレッティ監督の解任およびコンテ氏の新監督招へいの可能性が報じられるなど厳しい状況となった。 ▽周囲の雑音を止めるため勝ち点3奪取が求められる17位のウディネーゼ戦(勝ち点13)に向けては先発3人を変更。ダンブロージオ、カンドレーバ、ペリシッチに代えてヴルサリコ、ジョアン・マリオ、ケイタを起用した。 ▽自陣深い位置に守備ブロックを形成してスペースを消すアウェイチームに対してホームのインテルが押し込む時間帯が続く。最前線のイカルディがなかなかボールに触れず、サイドを起点とした攻撃を余儀なくされた中、22分にはポリターノの右CKにニアに入ったイカルディが巧みなヘディングで合わせるが、わずかに枠の左に外れる。 ▽前半半ばから終盤にかけても相手を自陣深くに押し込めるハーフコートゲームを展開するインテル。徐々に相手の出足が鈍った中、ケイタやポリターノが前向きに仕掛ける場面を増やしていく。しかし、サイドから幾度か鋭いクロスを入れたものの、最後の場面で合わない。前半終了間際の43分にはボックス手前のケイタが枠を捉えた強烈なミドルシュートを放つが、これは相手GKの素早い反応にはじき出され、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半も攻勢を仕掛けるインテルだったが、逆に攻守のバランスを崩してしまい立ち上がりにはウディネーゼのカウンターからフィニッシュまで待ち込まれる場面が目立つ。流れを変えたいインテルベンチは55分にボルハ・バレロを下げてラウタロ・マルティネスを投入。66分には左サイドでDFを振り切ったケイタが絶妙なクロスを入れるが、ゴール前でフリーのイカルディはヘディングシュートを枠の左に外してしまう。 ▽後半半ばを過ぎてケイタに代えてペリシッチを投入したインテルだったが、攻めあぐねる状況が続く。それでも、76分に幸運な形から先制点が転がり込む。インテルの左CKの場面でヘディングでのクリアを試みたフォファナが振り上げた手でボールを触ってしまう。一度はプレーが流されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、インテルにPKが与えられる。これをキッカーのイカルディが絶妙なクッキアイオで決め切り、苦しみながらも先制に成功した。 ▽得点力不足の顕著なウディネーゼ相手にリードを奪ったものの石橋を叩いて渡る慎重な采配を見せたスパレッティ監督はポリターノを下げてナインゴランを投入。試合終了間際の89分にはL・マルティネスの右クロスをゴール前のイカルディが頭で押し込むが、ここはオフサイドの判定で2点目は認められず。それでも、集中した守備で相手の攻撃を無失点で封じ切ったインテルが公式戦5試合ぶりの勝利を手にした。 2018.12.16 04:02 Sun
twitterfacebook
thumb

チリの天才司令塔ダビド・ピサーロが39歳で現役引退! ローマやウディネで活躍

▽チリのウニベルシダ・チレに所属する元チリ代表MFダビド・ピサーロ(39)が2日に行われるリーグ最終節のクリコ・ウニド戦を最後に現役を引退する。かつて在籍したローマのクラブ公式サイトが伝えている。 ▽ローマの公式サイトは2006年から2012年まで在籍したピサーロがチリ『La Tercera』のインタビューで語った内容を引用して伝えている。 「(現役引退は)遅かれ早かれ誰にでも訪れるものだ。それは私にとってもね」 「フットボールが私から離れていくわけではない。私が離れるだけだよ。しばらく前にこの決断をしたが、多くの人たちが私に再考を求めたんだ。だから、少し難しかったよ」 ▽また、キャリアを通じた最高の時期に関しての質問に対しては、「2番目の皮膚」と語るローマと共にウディネーゼの名前を挙げている。 「ローマではチャンピオンズリーグ(CL)と共にスクデットを争っていた。それもモウリーニョが率いたインテルのような強いチームとね。ローマと同様にウディネーゼ時代は幸せだった。クラブ創設から90年以上経って初めてチャンピオンズリーグに出場できたからね。ただ、僕の2番目の皮膚はローマのユニフォームだ」 ▽母国のサンティアゴ・ワンダラーズでプロキャリアをスタートしたピサーロは、1999年にウディネーゼに加入。ルチアーノ・スパレッティ監督の下で持ち味の戦術眼と優れたパスセンスを武器にセリエA屈指のレジスタに成長を果たし、クラブ史上初のCL出場権獲得に貢献した。 ▽その後、2005年に加入したインテルではセリエAとコッパ・イタリアの国内2冠を達成も、出場機会を求めて翌年にローマへ加入。そのローマでは恩師スパレッティ監督の下、FWフランチェスコ・トッティ、MFダニエレ・デ・ロッシ、MFシモーネ・ペロッタらと共にゼロトップを採用したチームの心臓として活躍。2度のコッパ・イタリア制覇に貢献した。 ▽以降はマンチェスター・シティへのレンタル移籍を経て3年間在籍したフィオレンティーナでヨーロッパでのキャリアを終え、2015年に古巣サンティアゴ・ワンダラーズに復帰。2016-17シーズンからは現所属先のウニベルシダ・チレでプレーを続けてきた。 ▽また、1999年にデビューを果たしたチリ代表では通算46試合に出場し2ゴールを記録。U-23代表として臨んだ2000年のシドニー五輪では銅メダルを獲得し、2015年のコパ・アメリカでは初優勝を経験している。 2018.12.01 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

主力温存のローマ、監督交代のウディネーゼに敗戦で4試合ぶり黒星《セリエA》

▽ローマは24日、セリエA第13節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽代表ウィーク前の前節サンプドリア戦を4-1と勝利してリーグ戦4試合ぶりの白星を挙げた6位ローマ(勝ち点19)は、3日後にチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦を控える中、ジェコやフロレンツィ、ジェンギズらがベンチスタートとなり、マノラスとGKオルセンが欠場となった。 ▽監督交代のあった17位ウディネーゼ(勝ち点9)に対し、[4-2-1-3]で臨んだローマは3トップに右からクライファート、シック、エル・シャーラウィと並べ、トップ下にペッレグリーニを配し、GKに移籍後初先発となるミランテを起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持したローマは8分にエル・シャーラウィが枠内シュートを浴びせると、19分にはエル・シャーラウィがミドルシュートでウディネーゼを牽制。 ▽その後も敵陣でボールを保持したローマだったが、28分にカウンターに転じた流れからプセットに際どいヘディングシュートを許してしまう。 ▽結局、36分のCKからシックの放ったヘディングシュートはGKの正面を突いてゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にエル・シャーラウィが際どいボレーシュートを浴びせたローマは、続く53分にコラロフがミドルシュートを放ち、前半同様ウディネーゼを牽制していった。 ▽しかし54分、一瞬の隙を突かれて失点する。デ・パウルにドリブルでサントンとファン・ジェズスが交わされ、ボックス左への侵入を許し、GKとの一対一を制された。 ▽直後、CKからエンゾンジのヘディングシュートで同点弾に迫ったローマは、62分に追加点を奪われかけてしまう。左サイド低い位置からのデ・パウルの絶妙なフィードをボックス中央で受けたプセットにGKとの一対一を制されたかに思われたが、VARの末にプセットのハンドが取られ、ノーゴールとなった。 ▽助かったローマはクライファートに代えてジェンギズを投入。さらにジェコを投入すると、77分にはペッレグリーニのミドルシュートがGKを強襲した。 ▽しかし、6分が与えられた追加タイムでもゴールを割れずに敗戦。リーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した 2018.11.25 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

低迷のウディネーゼがベラスケス監督の解任を発表…新指揮官にダヴィデ・二コラ氏を招へい

▽ウディネーゼは13日、フリオ・ベラスケス監督(37)を解任したことを発表した。また、後任監督にはダヴィデ・二コラ氏(45)を招へいすることを合わせて発表している。 ▽昨季終盤に就任したイゴール・トゥドール監督のもと、14位でシーズンを終えたウディネーゼだが、トゥドール監督とは契約を更新せず。今夏にベラスケス監督を新指揮官に招へい。しかし、今季はここまでセリエA第12節終了時点で2勝3分け8敗の17位と低迷していた。 ▽新指揮官に就任した二コラ氏は、現役終盤に在籍したルメッツァーネで兼任監督として指導者の道を始めると、2011年に現役を引退。その後は、ルメッツァーネやリボルノ、バリーなどで指揮官を歴任。 ▽2016年からはセリエAに初昇格したクロトーネの指揮官に就任すると、初年度こそチームを残留に導いたが、翌シーズン途中に成績不振で解任され、その後はフリーの状況が続いていた。 2018.11.14 04:20 Wed
twitterfacebook
thumb

イグアイン負傷交代のミラン、2試合連続のロマニョーリの劇的弾で3連勝《セリエA》

▽ミランは4日、セリエA第11節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽4日前に行われた延期分のジェノア戦をロマニョーリの終了間際弾で劇的勝利を飾って2連勝とし、4位に浮上したミラン(勝ち点18)は、ジェノア戦のスタメンから2選手を変更。チャルハノールとムサッキオに代えてアバーテとサパタを起用し、4バックに戻した。 ▽ここ5試合1分け4敗の16位ウディネーゼ(勝ち点9)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだミランは、2トップにイグアインとクトローネ、右サイドにスソ、左サイドにラクサールを配した。 ▽ウディネーゼが積極的な入りを見せてきたことで互角の攻防で立ち上がった中、ミランは8分にイグアインがフィニッシュに持ち込むと、14分にはスソがボックス右から際どいシュートを浴びせて牽制した。 ▽引き続き押し込みにかかるウディネーゼに17分、ラザーニャの際どいボレーシュートでゴールを脅かされたミランは、その後もウディネーゼの攻勢を許していた中、腰を痛めていたイグアインが35分にプレー続行不可能となり、カスティジェホが投入される。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もウディネーゼの勢いに押されたミランは、なかなか攻撃に移れない状況を強いられる。そんな中57分、カスティジェホがボックス手前左から放った強烈なミドルシュートが枠の右上を捉えたが、GKムッソのファインセーブに阻まれた。 ▽さらに59分、カスティジェホがドリブルでボックス左まで持ち上がって折り返したクロスをフリーのスソがシュート。決定的だったが、枠の上に外してしまった。 ▽立て続けに決定機を迎えたミランだったが、その後はこう着状態が続き、シュートチャンスを生み出せない。そんな中77分に再びカスティジェホに決定機。ショートカウンターに転じてボリーニのパスを受けたカスティジェホがボックス中央から左足を一閃。しかし、シュートはコースが甘くGKにセーブされた。 ▽終盤にかけては互いに決定機なくゴールレスで決着かに思われたが、追加タイム7分にミランに劇的なゴールが生まれる。ロマニョーリが敵陣でボールをカットした流れからショートカウンターに転じると、スソのパスを受けたボックス左のロマニョーリがゴールに突き刺した。ロマニョーリの2試合連続となる劇的弾でミランが連勝を3に伸ばしている。 2018.11.05 06:35 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース