ウディネーゼが36歳のスペイン人指揮官を招へい2018.06.08 03:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは7日、スペイン人指揮官のフリオ・ベラスケス監督(36)を招へいしたことを発表した。

▽ウディネーゼでは2017-18シーズン終盤、降格の危機に瀕していた中、イゴール・トゥドール監督が指揮を執り、何とかセリエA残留を果たしていた。しかし、トゥドール監督とは契約を更新しなかった。

▽19歳から監督キャリアをスタートさせたベラスケス監督は、これまでバジャドリーやビジャレアルの下部組織の監督を歴任。ビジャレアルBで実績を残すと、2012年6月にトップチームの監督に就任していた。

▽その後、ムルシアやベティス、ポルトガルのベレネンセスで指揮を執り、2016年10月からアルコンコンで監督を務め、2017-18シーズンはセグンダ(スペイン2部)で13位となっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ポルトがウディネーゼMFデ・パウルの獲得に前進! フィオレンティーナは移籍金が準備できず脱落…

▽ポルトがウディネーゼのアルゼンチン人MFロドリゴ・デ・パウル(24)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じている。 ▽ウディネーゼの絶対的主力として君臨するデ・パウルには、かねてよりポルトとフィオレンティーナが獲得レースを繰り広げていた。しかし、今回の報道によるとフィオレンティーナは、ウディネーゼが希望する800万ユーロ(約10億円)の移籍金を準備できず、獲得レースから脱落。ポルトがデ・パウル獲得のポールポジションに立ったと伝えた。 ▽母国アルゼンチンのラシン・クラブでプロキャリアをスタートさせたデ・パウルは、2014年にバレンシアに移籍。加入初年度はリーガエスパニョーラ25試合出場したが、徐々に出場機会を失うと、古巣ラシン・クラブへのレンタル移籍を経て、2016年の夏にウディネーゼへ移籍。 ▽ウディネーゼでは、クラブの英雄である元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが着用していた背番号10を引き継ぐと、在籍2シーズンで公式戦74試合に出場。今シーズンもセリエAで37試合に出場し4ゴール8アシストを記録していた。 2018.06.18 04:45 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエB降格のヴェローナがウディネーゼのブラジル人FWマトスの買い取りオプションを行使

▽ヴェローナは11日、ウディネーゼからレンタル移籍中のブラジル人FWライデル・マトス(25) の買い取りオプションを行使したことを発表した。 ▽15歳でヴィトーリアからフィオレンティーナに引き抜かれたマトスはウイングやストライカーとしてプレー可能なアタッカー。これまでバイーアやパルメイラスといった母国クラブ、スペインのコルドバへのレンタル移籍を繰り返し、2016年1月にウディネーゼに完全移籍。 ▽今季はウディネーゼでセリエAで4試合の出場に留まると、今年1月にヴェローナへレンタル移籍。ヴェローナでは、セリエAで14試合に出場したが、ノーゴールに終わっていた。 ▽今シーズン、ヴェローナはシーズン序盤から降格圏に沈むと、最終成績に7勝27敗4分けの19位で2シーズンぶりのセリエB(イタリア2部)降格が決定していた。 2018.06.12 02:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、セリエA残留も監督交代か 元イタリア代表指揮官をリストアップ

▽ウディネーゼが新シーズンに向けて監督交代に動いている。イタリア『トゥットスポルト』などが伝えた。 ▽今季のウディネーゼはセリエB降格の危機にあった。極度の不振に陥ってシーズン途中にマッシモ・オッド前監督を解任。経験の浅い元ユベントスのイゴール・トゥドール監督を迎えている。それでもトゥドール監督はセリエA残留という目標を達成し、ウディネーゼを救った。 ▽だが、やはり新シーズンに向けた整備が必要と考えられており、ウディネーゼは監督探しを始めている。現時点では元イタリア代表監督のチェーザレ・プランデッリ氏の名前が挙がっており、経験豊富な指揮官を迎えるつもりのようだ。 ▽40歳のトゥドール監督は、ウディネーゼで4試合を指揮。勝ち点7を獲得し、指導者してイタリアで上々の成果を残している。 2018.05.26 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、MFバリッチの右ヒザのじん帯損傷と手術実施を発表!

▽ウディネーゼは22日、MFアンドリヤ・バリッチが右ヒザのじん帯損傷と診断されたことを発表した。なお、離脱期間に関する詳細は発表していないが、23日に手術を受けることを併せて発表している。 ▽バリッチは先週行われたトレーニング中に右ヒザを負傷。20日に行われたセリエA最終節のボローニャ戦を欠場していた。 ▽クラブによると、バリッチはローマ市内の病院で精密検査を受診。その結果、右ヒザのじん帯損傷と診断され、23日に同箇所の手術を実施するとのこと。 ▽2016年2月にハイドゥク・スプリトからウディネーゼに加入。セントラルMFとしてセリエAで21試合に出場。コッパ・イタリアで3試合に出場していた。 2018.05.23 04:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ指揮官、セリエA初勝利に浮かれず残留に必死「自分のことは大事じゃない」

▽ウディネーゼは13日、セリエA第37節でヴェローナと対戦し、1-0で勝利した。イゴール・トゥドール監督は、記念すべき勝利に浮かれるつもりはない。同指揮官のコメントを『トゥットウディネーゼ』が伝えた。 ▽現役時代にユベントスなどで活躍したトゥドール監督は、先月末にウディネーゼ指揮官に就任。不振のチームを降格の危機から救うためにイタリアに戻ってきた。 ▽しかし、最下位のベネヴェントと引き分けたあと、インテルには0-4と大敗。トンネルの出口は見えていなかった。それでも今節はすでに降格が決まっていたベローナを下して、1月28日ジェノア戦以来の白星を手にしている。 ▽ウディネーゼは降格ラインと勝ち点1差だったが、この勝利で状況は改善した。 ▽トゥドール監督は試合後、「今日の試合はすごく重要だ。自分たちの試合に集中しなければいけない。献身的なプレーで久々の勝利を手にした選手たちを称えたい」とコメント。 ▽監督としてセリエA初勝利を挙げたことについて問われると、「ボローニャ戦のことしか考えていない。自分のことは大事じゃない」と返答している。 ▽セリエA残留争いは、ウディネーゼとキエーボが勝ち点37。カリアリが同36で16位で、SPALとクロトーネが同35という状況。この中で最終節の直接対決はないため、ウディネーゼとキエーボの油断ができない立場だ。 2018.05.14 06:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース