ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」2018.06.07 15:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。

▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。

▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。

▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ジルーにベシクタシュが興味!

▽ベシクタシュが、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(31)に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ジルーがトルコの強豪・ベシクタシュのメインターゲットになっているようだ。同選手は今年1月にアーセナルから加入。ポストプレーの盟主としてチェルシーの攻撃を支えている。先日のプレミアリーグ第6節のカーディフ戦では、2アシストでMFエデン・アザールのハットトリックをお膳立て。欠かせない選手となっている。 ▽だが、1年半契約で加入したジルーの契約は今季限り。そこに目を付けたベシクタシュは来年1月もしくは来夏でのフリー契約を目論んでいるという。ベシクタシュは今年1月にFWシェンク・トスンがエバートンに、今夏にFWアルバロ・ネグレドがフリーでアル・ナスルに移籍したため、新たなストライカーを探しているという。 ▽今月30日に32歳の誕生日を迎えるジルー。チェルシーとは契約延長の交渉をしていると伝えられているが、果たして。 2018.09.23 17:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ネグレド、アル・ナスルへ完全移籍…元フランス代表MFキャバイエと同僚に

▽UAEのアル・ナスルは18日、ベシクタシュから元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年間。背番号は「11」を着用する。 ▽スペイン代表として21キャップを誇るネグレドは、これまでアルメリア、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ミドルズブラなどでプレー。2017年8月に加入したベシクタシュでは、昨シーズン公式戦43試合15ゴール9アシストという成績を残した。また、今シーズンはここまで公式戦6試合に出場して3ゴール1アシストを記録している。 ▽なお、現在アル・ナスルには元フランス代表MFヨアン・キャバイエも所属している。 2018.09.19 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エジルに来冬トルコ移籍の可能性浮上

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(29)に、フェネルバフチェ移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽エジルは、今年1月にアーセナルと2021年までの3年契約を締結。その際には、週給が推定35万ポンド(約5000万円)に上昇したことが伝えられていた。しかし、今シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ新監督の下では、好パフォーマンスを披露することができず。プレミアリーグ第4節終了時点で出場は3試合、そのうちフル出場は1試合のみだ。ゴールやアシストは記録されていない。 ▽トルコ『Fotomac』によると、こうした苦境にあるエジルをフェネルバフチェが注視。1月の獲得を目指しているようだ。なお、エジル当人がアーセナル退団を望んでいるかは確認できていない。『デイリー・メール』は、獲得の場合には少なくとも移籍金4200万ポンド(約60億円)が必要になるだろう、と報じている。 ▽エジルは、3-1で勝利したプレミアリーグ第3節ウェストハム戦ではベンチにも入れず。エメリ監督は病欠と主張していたが、エジルとの関係悪化も疑われている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.11 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リャイッチ、ベシクタシュへ買い取り義務付きレンタル移籍

▽ベシクタシュは8月31日、トリノのセルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)を買い取り義務付きレンタルで獲得したことを発表した。 ▽パルチザン出身のアタッカーであるリャイッチは、フィオレンティーナ、ローマ、インテルとセリエAの強豪クラブを経て、2016年夏にトリノへ移籍。トリノでは公式戦65試合に出場して18ゴール24アシストを記録し、主力として活躍していた。 ▽しかし、今年1月にワルテル・マッツァーリ監督が就任して以降はベンチを温める機会が増え、今季もここまでの2試合、ベンチスタートとなっていた。 2018.09.01 00:04 Sat
twitterfacebook
thumb

オリジ、新天地はトルコに?

▽ベシクタシュが、リバプールに所属するベルギー代表FWディヴォク・オリジ(23)の獲得可能性を模索しているようだ。イギリス『リバプール・エコー』の情報を基に、イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽リバプールを指揮するクロップ監督はFWロベルト・フィルミノをファーストチョイスにしており、今シーズンのオリジはここまでのプレミアリーグ3試合全てでベンチ外になっている。そのため同選手は今夏のリバプール退団を希望しているようだ。 ▽そんなオリジに対し、これまではドルトムントからの強い関心が報じられていた。しかし、同チームがバルセロナからスペイン代表FWパコ・アルカセル(24)を獲得したこともあり、期待薄となっている。また、リバプールが移籍金2700万ユーロ(約35億円)を要求しているのに対し、ドルトムントがレンタルでの獲得を望んでいたことも交渉難航の一因のようだ。 ▽したがって、リバプールは完全移籍での放出を望んでいるとされており、ベシクタシュはその候補の1つとして報じられている。とはいえ、FWドミニク・ソランケに囁かれているレンジャーズへのレンタル移籍が許されれば、オリジ残留の芽もあるようだ ▽オリジは、2014年夏にリールからリバプールに加入したが、ここまでスタメンの座を奪い切ることはできず。昨季はヴォルフスブルクにレンタル移籍しており、リーグ戦31試合で6ゴールをマークしていた。 2018.08.30 20:44 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース