ベシクタシュに罰金…理由の1つは「猫」2018.06.07 15:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トルコの名門・ベシクタシュが、思わぬ理由で罰金を科されてしまったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。▽罰金の対象となったのは、3月に行われたチャンピオンズリーグの試合。ラウンド16のバイエルン戦での出来事だった。

▽ベシクタシュのホームで行われた試合では、物がピッチに投げ込まれるなど、様々な問題行為があり、3万ポンド(約443万円)の罰金が科されることとなった。

▽その中の理由の1つが、猫の乱入だ。試合の後半、ピッチ内に一匹の猫が乱入。これにより、試合が一時中断される事態となっていた。

▽ちなみに、3月のチャンピオンズリーグでは、ローマも罰金を科されている。シャフタール・ドネツク戦にて、ローマがリードしている時にボールボーイが時間を浪費し、プレーを侵害した件が問題となった。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司が露W杯以来の代表合流! 「良いスタートを」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 ロシア・ワールドカップ(W杯)ぶりの代表入りであり、森保一体制下で初招集となるベシクタシュのMF香川真司。30歳としても初の代表合流になったなか、トレーニング終了後に記者陣の囲み取材で新たな競争に向けて次のように語った。 ◆香川真司(ベシクタシュ/トルコ) ──森保一体制初招集。会話は? 「特に、個人的な話はしていません。ちょっとグラウンドで会話を交わしましたけど、そんなに深い話はしてないです」 ──自身の合流でもたらし得る変化とは? 「新しい体制で半年間やっていますけど、個人的には初めての合流。『次のカタールに向けて』という目で挑んでいきたいと思っていて、良いスタートを切りたいです。この2試合、アジアカップに出た選手や主力があまりいなくて、新しい選手や若手が多い。そういうメンバーのなかで厳しくタフな2試合で良い結果を残していきたいです。そこも試されていると思うので、チーム一丸となって、頑張って行きたいです」 ──次の目標への切り替えは? 「ロシアのときはロシアのことしか考えていませんでした。今は切り替えて、また新たな戦い、カタールに向けて、自分の持っているものを代表に還元しながら、みんなと戦っていきたいと思っています」 ──アピール、競争に向けて 「所属チームもそうで、競争は確実にある。高いレベルで競争し合うのは良いこと。もちろん、今まで少ながらず繋いできたものもあるので、そこはリスペクトされるべきだと思いますけど、僕は初めての合流ですし、またいちからこのチームでしっかりと結果を残していけるように頑張っていきたいです。この2試合も大事ですけど、いきなりどこまでできるかわからないところもあるので、長いスパンで過程を大事にしながらやっていきたいです」 ──30歳になり、再びW杯を目指す原動力とは 「去年の9月、10月、一貫してドルトムントで試合に出られず、呼ばれなかったこともあり、逆に9月は久しぶりにゆっくりと良いオフを過ごすことができました。でも、10月、11月になると、少しもどかしい気持ちを感じました」 「当時、ドルトムントで試合に出られていなかったので、余計にこういう場で『戦いたいな』『競争したいな』という強い気持ちが芽生えてきました。それもひとつのキッカケですし、試合に出られない時期やケガの時期も出てくると思うので、そういった面も覚悟して、この2試合で良いスタートを切っていきたいと思っています」 2019.03.18 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベシクタシュに残りたい」ドルトムントからレンタルの香川真司がトルコ残留を希望か

香川真司はベシクタシュ残留を望んでいるようだ。『Haberturk』や『Fanatik』をはじめトルコメディアがこぞって報じている。<br><br>今冬の移籍市場でドルトムントから今シーズン終了までの期限付き移籍でトルコ・シュペルリガのベシクタシュに加入した香川。移籍後、ここまでリーグ戦5試合に出場して3ゴール1アシストを記録するなどの活躍を見せる同選手だが、今夏以降の去就は不透明な状況が続いている。<br><br>ベシクタシュに入団時、トルコで香川のエージェントを務めるネクデット・エルゲゼン氏は「買い取りオプションはないが、もし選手が残留を望んだ場合、ドルトムントに問題があるとは思わない」と発言。選手の意思次第でトルコでプレーを続ける可能性があると考えられている中、『Haberturk』らは同選手のコメントを引用し、残留の意思があることを報じた。<br><br>「今までに経験したことのないようなサポーターたちの影響を受けて試合を迎えています。ベシクタシュのサポーターは本当に素晴らしいです。今シーズンが終わったとき、どのようになるか僕にはわかりません。でも、僕はベシクタシュを気に入っていますし、ここに残りたいと考えています」<br><br>以前からスペインへの強い憧れを明かしていた香川だが、このまま来シーズン以降もトルコでプレーすることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.14 06:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ指揮官、交代要求報道のカリウスに違和感「エネルギーやモチベーション、熱意に問題がある」

ベシクタシュ指揮官のシェノール・ギュネシュ監督が、ドイツ人GKロリス・カリウスに違和感を感じているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦でのミスによって大きく評価を落としたカリウスは心機一転を図り、昨夏にリバプールからベシクタシュにレンタル移籍。しかし、新天地でも不安定なパフォーマンスを見せており、熱狂的なベシクタシュサポーターからは批判の目が向けられている。 そのGKカリウスは10日、スュペル・リグ第25節でコンヤスポルとのホーム戦に先発。しかし、先制して迎えた19分、コンヤスポルにカウンターからシャヒネルにボックス右手前からシュートを打たれると、GKカリウスは素早い反応でボールに触れたものの、弾いたボールはそのままゴールに吸い込まれて同点弾を許してしまう。さらに後半、ベシクタシュが勝ち越し点を奪って迎えた76分にもフォファナにチップキックでゴールネットを揺らされた。その後、試合終了間際にMF香川真司が決勝ゴールを決めたことで3-2と勝利したものの、カリウスは不安定さを露呈してしまった。 トルコメディアによると、1失点した後、カリウスはベシクタシュサポーターからブーイングを受けたことも影響し、ハーフタイム時に交代を懇願していたことも伝えられている。 試合後、ギュネシュ監督はカリウスに対して言及。加入当初からどこか問題があると感じているようだ。 「彼には失点への責任がある。カリウスは活気がなかった。彼のエネルギーやモチベーション、ゲームに対する熱意にはどこか問題がある」 「彼は最初から(加入当初)そんな感じだった。チームの一員と感じられていないようだ」 「それは私たちが解決できなかったこと。もちろん、これには責任を感じる部分もある」 2019.03.12 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】乾が恩返し弾! 香川が値千金の決勝弾!

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 アラベスは9日、リーガエスパニョーラ第27節でエイバルと対戦。古巣対戦となった日本代表MF乾貴士はフル出場し、58分に恩返し弾。2試合連続ゴールを決めた。 ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司は10日、スュペル・リグ第25節のコンヤスポル戦に途中出場。後半アディショナルタイムに値千金の勝ち越しゴールを記録して勝利に貢献した。 その他、CSKAモスクワに所属するFW西村拓真が移籍後初ゴールを記録している。 ◆<span style="font-weight:700;">イングランド</span> [レスター・シティ]岡崎慎司 H 3-1 フルアム 〇 72分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350481">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 3-2 エバートン 〇 ベンチ入りせず [サウサンプトン]吉田麻也 H 2-1 トッテナム 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350476">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">スペイン</span> [ヘタフェ]柴崎岳 H 2-1 ウエスカ 〇 ベンチ入りせず [アラベス]乾貴士 H 1-1 エイバル △ フル出場、58分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350460">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">ドイツ</span> [ブレーメン]大迫勇也 H 4-2 シャルケ 〇 ベンチ入りせず [フランクフルト]長谷部誠 A vs デュッセルドルフ ※月曜開催 [ニュルンベルク]久保裕也 A 1-2 ホッフェンハイム ● 76分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350667">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 H 2-4 レヴァークーゼン ● ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350700">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 H 2-4 レヴァークーゼン ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350700">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 H vs フランクフルト ※月曜開催 ◆<span style="font-weight:700;">フランス</span> [マルセイユ]酒井宏樹 H 1-0 ニース 〇 フル出場 [トゥールーズ]昌司源 H 1-0 ギャンガン 〇 フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 H 2-2 リヨン △ ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">オランダ</span> [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 3-2 ADO 〇 74分までプレー [フローニンヘン]堂安律 A 0-0 ユトレヒト △ 出場停止 [フローニンヘン]板倉滉 A 0-0 ユトレヒト △ ベンチ入りせず [ズウォレ]中山雄太 H 0-0 AZ △ ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">ポルトガル</span> [ポルティモネンセ]権田修一 H 5-1 ナシオナル 〇 ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 H 1-0 ギマランエス 〇 ベンチ入りせず [ギマランエス]深堀隼平 A 0-1 ブラガ ● ベンチ入りせず [ベンフィカ]小久保玲央ブライアン ※月曜開催 ◆<span style="font-weight:700;">トルコ</span> [ベシクタシュ]香川真司 H 3-2 コンヤスポル 〇 75分からプレー、93分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350692">詳細ニュース</a> [ガラタサライ]長友佑都 H vs アンタルヤスポル ※月曜開催 ◆<span style="font-weight:700;">オーストリア</span> [ザルツブルク]南野拓実 H 0-0 シュトルム・グラーツ △ フル出場 [インスブルック]財前淳 A 0-2 リンツ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ロシア</span> [CSKAモスクワ]西村拓真 H 3-0 ルビン・カザン 〇 66分までプレー、24分に移籍後初ゴール ◆<span style="font-weight:700;">ベルギー</span> [ヘンク]伊東純也 H 1-0 ロケレン 〇 66分までプレー [シント=トロイデン]遠藤航 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △ ケガのため欠場 [シント=トロイデン]鎌田大地 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △ フル出場、15分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350773">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350773">詳細ニュース</a> フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350773">詳細ニュース</a> ベンチ入りも出場せず [シント=トロイデン]小池裕太 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △ ベンチ入りせず [シント=トロイデン]木下康介 A 1-1 ロイヤル・ムスクロン △⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=350773">詳細ニュース</a> ベンチ入りも出場せず [シャルルロワ]森岡亮太 A 2-1 アントワープ 〇 89分までプレー [オイペン]豊川雄太 H 0-4 クラブ・ブルージュ ● 後半からプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 1-2 スタンダール・リエージュ ● ベンチ入りも出場せず 2019.03.11 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「ホームで得点できてとても良かった」香川真司がデビュー戦以来となる後半ATの決勝点に歓喜

ベシクタシュの香川真司は、デビュー戦以来となる得点によりチームを勝利に導けたことへの喜びを語った。<br><br>10日に行われたトルコ・シュペルリガ第25節でベシクタシュはホームでコンヤスポルと対戦。前節を欠場した香川はこの日、ベンチからキックオフを見守る。2-1で迎えた75分にピッチに立たった同選手だが、直後にベシクタシュは同点弾を許す。しかし後半アディショナルタイム、香川はエリア内左にドリブルで侵入すると、左足で放ったシュートがネットを揺らし、決勝点をマーク。ベシクタシュは3-2と劇的な形で勝利を収めた。<br><br>3試合ぶりの勝ち点3獲得に大きく貢献した香川は試合後、『beINスポーツ』で劇的勝利への満足を語った。「とてもうれしいです。チームにとって最も大切なことは3ポイントを手にできたことです。僕たちはこのプレーを続けていく必要があります」<br><br>また、前節には鼠径部を痛めてメンバー外になったことについて「先週から小さなケガがありました。だから今夜の試合で先発の11人に入ることのできるチャンスがありませんでした」とコンディション面で問題を抱えていたと明かした香川は2月3日のデビュー戦以来となる得点を喜んだ。<br><br>「もちろん、毎試合で得点を狙っています。ここ数試合はこのチャンスを活かすことができませんでした。でも、今夜はボーダフォン・パークで得点を挙げることができて本当に良かったです」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.11 08:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース