鳥栖DF三丸拡が入籍「チームにより一層力を与えられるよう頑張る」2018.06.07 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は7日、DF三丸拡が入籍したことを発表した。なお、お相手の方については公表されていない。

▽三丸は今回の入籍について、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私事ですが、4月30日に入籍致しました」

「リーグ戦、ルヴァンカップが続いていたため、このタイミングでの発表となりました。これからは家族を守っていくためにも、サッカー選手として、人として成長していきたいと思います。また、チームにより一層力を与えられるよう頑張ります」

「ファン、サポーターの皆様、今後とも応援のほどよろしくお願いします」

▽三丸は2016年に筑波大学から入団。今シーズンはここまでYBCルヴァンカップで6試合1得点を記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

西メディア、途中交代したF・トーレスの“怒り”取り上げる…「苛立っていた」「Jリーグに適応できていない」

サガン鳥栖鳥栖は22日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節で柏レイソルと対戦し、1-1で引き分けた。スペインメディアは、途中交代を命じられたFWフェルナンド・トーレスが憤っていたことを取り上げている。<br><br>F・トーレスは73分にFW豊田陽平との交代でピッチから下がったが、交代に納得がいっていない様子だった。スペインメディアはそのときの様子を、詳細に説明している。<br><br>『マルカ』は「残留の鍵を握る一戦での交代は、彼にとって快いことではなかった。明白な怒りでもってピッチから下がっている」と記述。また『ムンド・デポルティボ』も「スペイン人は交代することを好まず、自チームの監督への怒りを露わにしながらピッチから去った」と記している。<br><br>両メディアはまた、同選手がいまだJリーグで活躍できていないことにも言及。『マルカ』が「ニーニョ(トーレスの愛称、子供の意)の日本での冒険はうまくいっていない。11試合で、ゴールはわずか1点のみ」と記せば、『ムンド・デポルティボ』は「F・トーレスはJリーグへの適応に苦労を強いられている」と述べている。<br><br>鳥栖に鳴り物入りで加入しながらも、依然として相応の活躍を見せられずにいるF・トーレス。ここから、日本とスペインのファンの期待に応えることができるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

GK権田がスーパーセーブ! 柏と鳥栖の残留争い対決、痛いドロー《J1》

▽22日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソル(勝ち点29/17位)vsサガン鳥栖(同29/16位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の柏は、前節のスタメンから5名を変更。大谷を第17節以来となるスタメン起用した。対する鳥栖は、前節の首位広島戦で1-0の金星。その前節の先発メンバーから原川に代えて小野を抜擢した。 ▽試合は、鳥栖が比較的にボールの主導権を握りにかかる入りに。だが、シュートの形まで結びつけられない。一方の柏もボールを奪えば鳥栖のゴールマウスに迫るが、こちらも攻め手を見いだせず、停滞が続く。 ▽その中で、クリスティアーノがミドルレンジから強引にゴールを狙えば、オルンガもヘディングシュート。対する鳥栖もフェルナンド・トーレスがヘディングシュートで襲いかかるが、いずれもゴールに繋がらない。 ▽こう着状態が続く試合は、40分に動く。ボックス右外でオルンガからボールを回収した大谷がスルーパス。これに反応した小池がボックス右に抜けてパスを送ると、ゴール前の瀬川が右足で合わせ、柏が均衡を破る。 ▽4試合ぶりに失点した鳥栖は、後半の頭から伊東に代えて江坂を投入した柏より先に決定機。48分、右サイドの味方が上げたクロスからゴール前のフェルナンド・トーレスが頭でゴールを狙うが、GKの正面を突く。 ▽それでも、鳥栖が追いつく。52分、右CKのチャンスを獲得。キッカーの三丸が左足のカーブがかかったクロスを送る。これにファーサイドで反応したフリーの金崎が頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。 ▽瀬川の2戦連発となるゴールで手にした1点リードを守り切れなかった柏。すぐさま反撃に出たいところだが、60分に小野を下げて安在を投入した鳥栖に攻めの主導権を握られ、守備に時間を取られてしまう。 ▽金崎の鳥栖加入後2得点目となる一発で息を吹き返した鳥栖は69分、フェルナンド・トーレスに決定的な場面。右サイドから上がったクロスにファーサイドで反応するが、ヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽引き離したい柏は71分、途中出場の江坂に絶好機。見事な判断で右サイドにランした大谷がクロスを送り、反応した江坂が跳躍力を生かしてヘディングで合わせる。これがゴール左に飛ぶが、GK権田の好守に遭う。 ▽73分にフェルナンド・トーレスをベンチに下げた鳥栖を押し込む柏は、オルンガがボックス左のゴール至近距離で左足シュート。さらに、江坂も左足のシュートを枠に飛ばすが、GK権田の牙城を打ち破れない。 ▽2枚目の交代枠で山崎を投入した柏は88分、クリスティアーノがパワーシュートを放つと、ゴール前のこぼれ球に山崎が素早く詰める。だが、これはGK権田がスーパーセーブ。鳥栖は守護神の活躍で事なきを得る。 ▽その後も攻勢に転じた柏だが、最後までスコアに動きなく、残留争いの直接的なライバルである鳥栖と痛いドロー。敵地で1ポイントを積み上げた鳥栖も勝利を逃して、いまだ残留へ予断を許さない状況となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】まさに正念場 クリスvs権田に注目!《柏vs鳥栖》

▽22日に行われる柏レイソル(勝ち点29/16位)vsサガン鳥栖(勝ち点26/15位)。この試合は、残留争い真っ只中の両チームにとって正念場の戦いとなる。 ◆課題は守備、攻撃は好調〜柏レイソル〜 ▽柏は前節、DF鈴木大輔が今夏復帰後初先発を果たしたが、清水エスパルスを相手に2-3の黒星。内容的にもスコア以上の完敗だった。ただし、直近3試合8得点の攻撃陣は好調。今節の鍵は、ルヴァンカップを含む直近の公式戦6試合連続で先制点を許す守備を立て直せるかどうか。鳥栖との下位直接対決を落とせば、いよいよ降格も現実味を帯びてくるだけに、3連敗だけは避けたい。 ◆根幹の堅守が安定、台所事情苦しく〜サガン鳥栖〜 ▽対する鳥栖は前節、首位のサンフレッチェ広島を相手に1-0の白星。ここ2試合連続でクリーンシートが続く堅守が広島をも苦しめた。これで、シーズン後半戦9試合で7度目となる無失点。この終盤戦にきて、チームの根幹がついに安定しつつある。今節のポイントは、この調子を続けられるか。やや故障者が多い苦しい台所事情だが、今節も勝ち点を積み上げたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、鈴木大輔、パク・ジョンス、高木利弥 MF:伊東純也、小泉慶、手塚康平、江坂任 FW:瀬川祐輔、クリスティアーノ 監督:加藤望<hr>▽前節を欠場したDF小池龍太が負傷から復帰。DF中山雄太も完全でこそないものの、部分的に合流を果たした。加入後初めて出番がなかったMF江坂任の先発復帰にも注目が集まる。 ◆サガン鳥栖[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:藤田優人、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡 MF:福田晃斗、高橋秀人、高橋義希、原川力 FW:金崎夢生、フェルナンド・トーレス 監督:マッシモ・フィッカデンティ<hr>▽上述のとおり、故障者が多く、台所事情は苦しい。先発メンバーは前節と変わらずか。今節もGK権田修一を中心としたディフェンス陣の堅守体現が期待される。 【注目選手】 FWクリスティアーノ(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は、FWクリスティアーノだ。後半戦に入り、調子が上がらない日々が続いたが、ここ3試合で3得点と復調の兆し。この男がゴールを挙げればチームのムードもガラリと一変するだけに、今節も一発に期待したい。 GK権田修一(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手は、守護神の権田だ。チームはシーズン後半戦の9試合で7度の無失点。最後尾から安定感抜群のパフォーマンスを披露する権田は、代表復帰が物語るとおり、その堅守構築に大きく貢献している。今節もゴールに鍵をかけたい。 ◆喉から手が出るほど欲しい勝点3 ▽柏が勝ち点で並ぶ鳥栖をホームに迎え撃つ一戦。今後の残留争いの行方を占う大一番となる。勝てば残留へ、負ければ降格へ近づく一戦で、喉から手が出るほど欲しい勝点3を掴み取るチームは果たして。明治安田生命J1リーグ第27節の柏vs鳥栖は、三協フロンテア柏スタジアムで15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">負けられない戦い!<br>柏vs鳥栖を観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ミズノが鳥栖FWトーレスとアンバサダー契約! 22日からモレリアを着用!

▽ミズノは21日、サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスとブランドアンバサダー契約を締結したことを発表した。 ▽ミズノは、トーレスからミズノサッカー品に関する改良や開発に対するアドバイスをもらうと共に、サッカー以外のミズノアパレル品の宣伝・広報活動にも協力してもらうとのこと。トーレスは、22日の試合から、ミズノのスパイクを着用する。 ▽トーレスが着用するモデルは、「MORELIA NEO Ⅱ(モレリアネオツー)」を使用。1985 年から販売している「MORELIA」シリーズのコンセプト“軽量・柔軟・素足感覚”はそのままに、よりスピードを求める選手に向けて、約195g(27.0cm)という軽量性とピッチに刺さりやすいスタッド設計が特長のシューズとなっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180921_30_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽ブランドアンバサダー契約を結んだトーレスは、喜びのコメントを残している。 「この度、歴史ある日本のスポーツブランド「ミズノ」と、ブランドアンバサダー契約の締結をさせていただき、とても光栄に思っています。プレーしていても全くストレスを感じない履き心地の良さがとても気に入っています。ミズノのシューズと共に、クラブで良い結果を残せるように努めていきたいと思います」 2018.09.21 19:35 Fri
twitterfacebook
thumb

GK権田が好守連発に高橋祐J1初弾で鳥栖が首位広島下す! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が、15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽直近の公式戦である前節のFC東京戦を0-0で終え、リーグ2試合負け無しとしている16位鳥栖(勝ち点26)。この一戦に向けては、最後尾にGK権田、最終ラインに藤田、高橋祐、ジョアン・オマリ、三丸、中盤に福田、高橋秀、原川、2シャドーに高橋義、金崎、最前線にフェルナンド・トーレスを起用した。 ▽連勝中の首位広島(勝ち点55)にとっても、3-1で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦以来2週間ぶりとなる公式戦。最後尾にGK林、最終ラインに和田、野上、水本、佐々木、中盤に柴崎、青山、稲垣、柏、最前線にパトリック、渡を起用した。 ▽試合は、フェルナンド・トーレスにボールを集める鳥栖が攻勢をかける展開で始まった。9分には左サイドの福田が右足でクロスを供給し、フェルナンド・トーレスがバックヒールでアクロバティックなシュートを放つ。しかし、これはGK林のファインセーブに阻まれた。 ▽さらに、26分にも鳥栖がゴールに迫る。金崎との連携から右サイドでボールを持った原川が、速い弾道のクロスをボックス内に蹴り込む。すると、フェルナンド・トーレスがヘディングシュートを放ったがこれも枠を捉えない。 ▽守る時間が長くなっている広島は、35分に青山がボックス手前中央からのミドルシュートを放ったが、これは枠の上。結局、両クラブともに持ち味である守備の堅さを発揮し、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、パトリックにボールを集める広島がギアを上げていく。それでも、ボックス右でGK権田と一対一を迎えたパトリックが中央への折り返しを選択し、広島が好機を逃すと、52分には鳥栖にチャンス。ボックス手前中央でボールを持った原川が左足を振り抜くと、ゴール右隅を捉える。しかし、ここもGK林のファインセーブに阻まれた。 ▽その後、広島が立て続けにゴールに迫る。59分にボックス右でフリーのパトリックが至近距離からシュートを放てば、62分にもボックス手前の佐々木が放ったミドルシュートが枠を捉える。しかし、どちらの場面でもGK権田が立ちはだかった。 ▽すると76分、鳥栖の攻撃陣が守護神の健闘に報いる。右サイドでFKを獲得すると、キッカーを務めるのは途中出場の安在。インスウィングで高精度のクロスが上がると、ニアに飛び込んだ高橋祐が頭で合わせ、先制点とした。高橋祐にとっては、記念すべきJ1初ゴールとなっている。 ▽その後、広島は反撃を試みるがなかなかシュートを浴びせることができない。結局、追いつくことは叶わずに試合は終了した。 ▽この結果、鳥栖は首位を下し3試合負けなしに。対する広島は、3試合ぶりの黒星を喫した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 19:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース