スペイン代表の守備の要・ピケ、W杯前に盗まれる2018.06.07 12:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケが強盗の被害に遭ったようだ。スペイン『アス』が報じた。

▽スペイン代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨むピケ。妻であるシャキーラさんもドイツを訪れており、ピケの自宅は誰も居ない状態だった。

▽報道によると、ピケの自宅からは宝石や時計などが盗まれており、犯人は捕まっていないとのことだ。

▽バルセロナでは、今冬加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョも、入居からわずか1カ月で強盗被害に遭っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、アセンシオ獲得に231億円準備か

▽リバプールが、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)獲得に大金を用意しているようだ。スペイン『マルカ』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の情報を基に伝えた。 ▽アセンシオは2014年にマジョルカから390万ユーロ(現在のレートで約5億円)で加入。その後、エスパニョールへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンにレアル・マドリーに復帰すると、2017-18シーズンは公式戦53試合11ゴール6アシストの結果を残した。とりわけ、クラブが均衡を破れずにいる試合でゴラッソを決めることが多く、今となってはマドリディスタのアイドルだ。 ▽そんなアセンシオには当然、欧州中の熱視線が注がれており、昨年9月末には流出を危惧したマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定したことが、スペイン『アス』により報じられていた。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、以前から関心が囁かれていたリバプールはそれでもなお獲得に興味を示しており、1億8000万ユーロ(約231億円)を支払う意思でいるようだ。なお、『マルカ』はアセンシオを将来のバロンドール候補者だと評価しており、マドリー側は上記のメガオファーでも速やかに却下するだろう、と推測している。 2018.06.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョルディ・アルバ、残留宣言! 「ずっとバルサにいたい」

▽バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)が残留を宣言した。 ▽バルセロナの左サイドバックとして、長らく不動の地位を築くジョルディ・アルバ。2020年まで契約を残しているが、依然として延長に至っていない背景もあり、移籍の噂が賑わいを見せている。 ▽だが、ジョルディ・アルバ自身に移籍という選択肢はない。スペイン『ムンド・デポルティボ』に対して、次のようにコメントしたという。 「僕はバルセロナですごく幸せ。僕次第なら、ここにずっと残りたい」 「でも、それは僕のパフォーマンス次第だろう。昨シーズンはチームにとっても、とても良かった」 「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」 2018.06.23 09:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【超WS美女ワールドカップ】グループB第2節は決勝T進出に向けてスペインがリード

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)と連動して、超ワールドサッカーで企画がスタートした『超WS美女ワールドカップ』。今回はグループB第2節の結果発表です。 ▽今回の超WS美女ワールドカップも第1節を終了し、決勝進出国が見えてくる第2節。第1節では激戦を見せてくれたスペインとポルトガルですが、今回はスペインが67%の票を集めぶっちぎりの1位。続く2位には15%の票を集めたモロッコが、ポルトガルは14%で3位、そしてイランが4%という結果になりました。 ▽この結果、ここまでの合計をみてみるとスペインが680票、ポルトガルが338票、モロッコが116票、イランが115票となり、スペインが突破に向けて大きく前に出ました。モロッコとイランは上位2チームとやや差が開きましたが、まだまだチャンスは残されています。 ◆超WS美女ワールドカップ・グループB第2節結果 1.スペイン 67% 2.モロッコ 15% 3.ポルトガル 14% 4.イラン 4% 投票数:708 ◆美女ワールドカップトップ <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/WC2018_bijo/id/WC2018_bijo_top" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/bijo_wcup1.png" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆ツイッター <div id="cws_ad" style="text-align:left;"><a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">https://twitter.com/ultrasoccer</a></div> 2018.06.23 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イランに苦戦も初白星のスペイン代表イエロ監督「改善することで勝ち続ける」

▽スペイン代表のフェルナンド・イエロ監督が、20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のイラン代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽スペインは、初戦でポルトガル代表と対戦し、終盤の失点で3-3のドローに終わっていた。 ▽今大会初勝利を目指したスペインは、前半こそイランの堅守の前に苦しい展開が続いたが、50分にジエゴ・コスタが2戦連続のゴール。1-0で今大会初勝利を収めた。 ▽イエロ監督は、イラン戦が非常に難しかったとコメント。しかし、最終戦のモロッコ代表戦で勝利できると自身をのぞかせた。 「私が言いたいことは、もう3ポイント獲れるということだ。我々は非常に難しいものになることを知っていた。そして、確かにとても難しい試合になった。非常にタフな時間が前後半とも続いた」 「ハーフタイムに我々はプランがあり、それが実行できたと思う。選手たちは、やらなければいけないことをやった」 「イランは強いチームであり、得点することはとても難しい。我々はそれがどれだけ難しいことかを分かっていた。しかし、我々の選手たちはもう一度すべてを捧げた」 「23人のグループとして、非常にコミットしている。我々は1つのチームであり、ここで全てを果たそうとしている。まだ改善する必要があると思っているが、改善が進むことで勝ち続けることを望んでいる」 2018.06.21 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン相手に健闘のイラン代表指揮官「この試合から多くを学ぶ」

▽イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のスペイン代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽イランは、初戦のモロッコ代表戦を1-0で勝利。1998年のフランスW杯以来となる、20年ぶりのW杯勝利を記録した。 ▽初戦をポルトガル代表と引き分けたスペインとの一戦。前半は固い守備でスペインにゴールを許さず、ゴールレスドローで終えたものの、後半に入りジエゴ・コスタに得点を許し、0-1で敗戦となった。 ▽ケイロス監督は、スペイン戦に向けた準備がしっかりできていたと語り、チームの戦いに手応えを感じている様子。グループステージ突破をかけて戦う最終節のポルトガル戦に向けて意気込みを語った。 「我々は我慢して耐えること、そして競い合うための準備ができていることを示した。私はより良い結果を得られたと感じている。スペインが素晴らしいスタイリッシュなサッカーをしていることは間違いないが、我々がプレーした方法はとても価値のあるものだと思っている」 「フェルナンド・イエロとスペイン代表におめでとうと言いたい。我々はこの試合から多くを学ぶだろう。テニスのように考えるのならば、今日はマッチポイントが1つあった。そして、我々はポルトガルと対戦する。全ての可能性がある。我々はまだ生きており、まだ夢を見ている」 2018.06.21 12:20 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース