超ワールドサッカー

守護神ペリンのユーベ行き決定的なジェノアが後釜にラツィオ退団マルケッティを確保! 2年契約にサイン2018.06.06 13:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアがユベントス移籍が決定的なイタリア代表GKマッティア・ペリン(25)の後釜として、今季限りでラツィオを退団する元イタリア代表GKフェデリコ・マルケッティ(35)の獲得に成功した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は5日、メディカルチェックをパスした同選手が2020年6月30日までの2年契約にサインしたと報じた。

▽近年、ジェノアではペリンが長らく守護神を務めてきたが、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの退団によってGKの補強が急務となったユベントス行きが決定的となっている。

▽そのため、新たな守護神の獲得に動いていたジェノアは、カリアリやラツィオで正GKを務めイタリア代表歴もあるベテランGKの確保に成功した。

▽なお、2011年のラツィオ加入以降、5シーズンに渡って守護神を務めてきたマルケッティだが、昨シーズン途中にアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャにポジションを奪われ、以降は控えに甘んじていた。

コメント

関連ニュース

thumb

試合巧者ナポリ、洪水ピッチを味方につけジェノアに逆転勝利!《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第12節でジェノアと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽現在8勝1分け2敗で3位に付けているナポリ。チャンピオンズリーグのユベントス戦の敗戦を最後に公式戦7戦無敗を続けている。直近ではパリ・サンジェルマンと対戦し1-1のドロー。今節はその試合からスタメンを3人変更。マクシモボッチ、ファビアン・ルイス、メルテンスに代えて、ヒサイ、ジエリンスキ、ミリクが先発となった。 ▽まずゴールに迫ったのはジェノア。成長株のピョンテクがボックスの外から思い切りよく狙っていったが枠の右へ。対するナポリは、12分にインシーニェがボックス手前から放ったスートが左ポストに嫌われてしまう。 ▽19分にもインシーニェからマリオ・ルイと繋いでジエリンスキのシュートまで運んだナポリだったが、20分に先制を許してしまう。ジェノアは右サイドに流れたロムロがクロスを供給。これをクアメが頭で合わせネットを揺らした。 ▽ゴールを取り返そうとナポリが猛攻を仕掛ける。35分にボックス左のジエリンスキの折り返しをアランがダイレクトで狙うが、相手のブロックに遭う。さらのその1分後に、今度はカジェホンの右サイドからのクロスをゴール前でミリクが合わせるが、GKI・ラドゥのビッグセーブに遭う。 ▽1点ビハインドのナポリは後半からミリクとジエリンスキを下げてメルテンスとファビアン・ルイスを投入した。56分にその二人がチャンスを演出。ボックス左でボールを持ったファビアン・ルイスからフリーランで侵入してきたメルテンスにパスが送られると、ボックス右からファーを狙ったがカーブをかけきれず、シュートは枠の外へ。 ▽その後、大雨の影響で一時中断された試合は、中断明けも所々水溜まりが出来ているピッチが両チームを苦しめる。全くボールが走らず、ナポリは得意の流動的なサッカーが展開できない。60分にはカウンターに転じるも、ピッチ中央のコンディションが酷く、まともにドリブルが出来ないまま相手に奪われてしまった。 ▽それでもナポリは62分、ボックス手前右のアランからペナルティアーク付近のメルテンスに縦パスが入ると、メルテンスがワンタッチではたいたボールをファビアン・ルイスがゴール正面から流し込んで同点に追いついた。 ▽その後も劣悪ピッチに苦しめられる両者だが、ナポリはこのピッチを味方につける。86分、相手のハンドで敵陣左サイドでFKを獲得。これをインシーニェがグラウンダーでゴール前に入れると、バウンドしたボールが予想より速いスピードで跳ねたためシジェノアのビラスキが対応し切れずオウンゴールを献上してしまう。 ▽後半アディショナルタイムにはジェノアに迫られる場面もあったものの、洪水ピッチを攻略したナポリが逆転勝利。これで公式戦8戦負けなし、リーグ戦2連勝とした。 2018.11.11 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ガリアルディーニのドッピエッタなど5発のインテルが主力温存で7連勝《セリエA》

▽インテルは3日、セリエA第11節でジェノアをホームに迎え、5-0で圧勝した。 ▽イカルディのドッピエッタなどで前節ラツィオ戦を3-0と完勝し、リーグ戦6連勝として2位に浮上したインテル(勝ち点22)は、3日後にチャンピオンズリーグでバルセロナとのリターンマッチを控える中、イカルディやナインゴラン、ヴェシーノら主力をベンチスタートとした。 ▽ここ4試合勝利のない10位ジェノア(勝ち点14)に対し、[4-3-3]を採用したインテルは、3トップに右からポリターノ、L・マルティネス、ペリシッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにジョアン・マリオとガリアルディーニを配した。 ▽そのインテルが開始1分過ぎにL・マルティネスのボレーシュートでゴールに迫ると、13分にはポリターノがカットインシュートでGKを脅かした。そして14分に押し切る。敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じると、ルーズボールをボックス左のガリアルディーニが左足で流し込んだ。 ▽さらに16分、ジョアン・マリオのスルーパスをラゾビッチの前でカットしたポリターノがボックス中央に侵入してゴール右へシュートを流し込み、追加点を奪いきった。 ▽その後も35分にポリターノがGKを強襲するシュートを浴びせたインテルは、直後のCKからデ・フライが決定的なヘディングシュートを浴びせるなど、ジェノアに主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽後半もインテルが押し込むと、開始4分に3点目を奪う。スローインの流れからルーズボールをペリシッチがプッシュ。これはGKの好守に阻まれるも、ルーズボールをゴールエリア右に詰めていたガリアルディーニが押し込んだ。 ▽3失点目を受けてピョンテクを投入したジェノアに対し、52分にそのピョンテクにCKからヘディングシュートを許すも、GKハンダノビッチの正面で助かった。 ▽バルセロナ戦を見据え、ポリターノを下げてケイタを投入したインテルが主導権を握り続けると、76分にはペリシッチに代えてボルハ・バレロを投入した。そのインテルは追加タイムにジョアン・マリオとナインゴランが加点して5-0で圧勝。リーグ戦7連勝としてバルセロナ戦に臨むこととなった。 2018.11.04 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ロマニョーリの劇的弾で連勝のミランが4位に浮上!《セリエA》

▽ミランは10月31日、セリエA第1節延期分でジェノアとのホーム戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽8月16日にジェノアで発生した橋の崩落事故を受けて延期となっていた一戦。直近に行われた第10節のサンプドリア戦で公式戦2試合ぶりの勝利を飾ったミランは、その一戦から先発を2人変更。ビリアとカラブリアに代えてチャルハノールとバカヨコを先発で起用した。 ▽一方、3試合勝利のないジェノアは、直近のウディネーゼ戦から先発を3人変更。現在セリエAの得点ランキングでトップに立つピョンテクやロムロらが先発に名を連ねている。 ▽3バックにロマニョーリ、ムサッキオ、R・ロドリゲスを起用し、イグアインとクトローネを最前線に並べた[3-5-2]の布陣で臨んだミランは、幸先よく先手を奪う。4分、バイタルエリア手前でボールを受けたスソがドリブルでペナルティアーク手前まで切り込むと、左足から放たれたシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽先制したミランは、18分にもスソのパスでボックス右深くまでオーバーラップしたケシエが角度のない位置から狙うも、このシュートはサイドネットに外れた。 ▽一方、先制を許したジェノアの反撃は23分、ズカノビッチの左クロスをファーサイドのクアメが頭で落としたボールをピョンテクがハーフボレーで合わせたが、これはゴール右に外れる。さらに40分には、右クロスのこぼれ球を逆サイドで拾ったズカノビッチのクロスからロムロがゴールに迫るも、シュートは枠の上に外れた。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードするミラン。47分、ボックス手前でボールを受けたイグアインが素早くミドルシュートを狙うと、相手DFにディフレクトしてドライブ回転のかかったボールが枠を捉えるも、これはGKラドゥが好セーブで弾き出す。さらにこのプレーで獲得した左CKからロマニョーリが頭で合わせたが、再び好反応を見せたGKラドゥのセーブに防がれた。 ▽ピンチを凌いだジェノアは56分、ボックス右でボールを受けたクアメのパスはバカヨコにカットされるも、素早くプレスをかけたピョンテクがバカヨコのパスミスを誘発。これに反応したクアメがボックス右深くからシュートを放つと、ロマニョーリにディフレクトしたボールが絶妙なループシュートとなりゴールネットに吸い込まれた。 ▽追いつかれたミランは、63分にラクサールを下げてアバーテを投入し、布陣を[4-4-2]に変更した。すると、ミランは64分に中盤でボール奪取に成功したバカヨコのパスを受けたイグアインがペナルティアーク手前からミドルシュート。さらに65分には、ボックス内の混戦からケシエがゴールに迫ったが、共にGKラドゥの好守に阻まれた。 ▽1-1のまま試合は終盤に突入。このまま試合終了かと思われたが、91分に均衡が破れる。ミランは左CKのクリアボールをセンターサークル付近で拾ったアバーテが相手陣内へロングパスを供給。これは飛び出したGKラドゥにパンチングされたが、クリアボールをボックス手前のロマニョーリが左足に当てると、絶妙なループシュートがゴールに吸い込まれた。 ▽結局、試合は2-1で終了。ロマニョーリの劇的弾でジェノアを撃破したミランが、リーグ戦連勝で4位に浮上した。 2018.11.01 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェノア新星FW、夢はバルセロナ移籍か…周囲の人間は「もう少し小さいクラブで」

ジェノアのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクは、バルセロナ移籍を夢見ているようだ。『Goal』の取材でわかった。<br><br>セリエA9試合を消化した時点で、9ゴールを挙げて得点ランキング首位に立っているピョンテク。ジェノアの今季のリーグ戦の得点はここまで13ゴールだが、ポーランド人FWはその大半を1人で稼ぎ出し、輝きを放っている。ピョンテクにはユベントスやチェルシーといったビッグクラブが興味を示すと伝えられる一方で、本人はバルセロナ移籍を希望しているという。一方で、周囲の人間からは、バルセロナほどのメガクラブではないチームでまずは経験を積むべき、との助言を受けているとも伝えられている。<br><br>また、バルセロナも冬の移籍市場、もしくは近い将来獲得に乗り出すと報じられている。ドルトムントにレンタル中のパコ・アルカセルを完全移籍させて得る資金で、ピョンテクを手に入れる可能性もあるようだ。<br><br>なお、ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で「すでに彼については多くの問い合わせが来ている。我々から離れるときは、間違いなくより大きなクラブに行くときだ。金額は我々が決めることになるが、イタリアの多くのクラブ、欧州トップクラブが興味を示している」とコメントしている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.24 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、来年1月のストライカー獲得を画策! サッリ体制後押しへ

▽チェルシーが、来年1月にストライカーの補強に動くようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ▽プレミアリーグ第9節終了時点で6勝3分け素晴らしいスタートを切ったチェルシー。新指揮官のマウリツィオ・サッリ監督は、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いる首位マンチェスター・シティ、ユルゲン・クロップ監督率いる2位リバプールとともに無敗を維持し、自身の能力の高さを示している。 ▽チェルシーは、更にサッリ監督をサポートするため、来年1月のタイミングでセンターフォワードの補強を画策。そして、リストのトップに置かれているのは、インテルに所属しているアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)だ。 ▽欧州トップクラスのストライカーと評価されるイカルディは、昨シーズンの公式戦36試合で29ゴールを記録。今シーズンもここまでの公式戦9試合で6ゴールを沈めており、疑いようのない実力を持つ選手だろう。 ▽しかし、実績が十分なだけにイカルディの移籍金は莫大。契約解除条金が9750万ポンド(約143億円)と報じられている上に、インテル側も放出には乗り気でなく、チェルシーの獲得は難しいと見られている。 ▽そこで、代案として挙げられているのがジェノアで大ブレイク中のポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)だ。ピョンテクは今シーズン、ここまでの公式戦9試合で13ゴールを記録。凄まじい得点率を維持している。 ▽記事によると、チェルシーはピョンテク獲得に3000万ポンド(約43億9000万円)を準備。ジェノアのスポーツ・ディレクターを務めているジョルジョ・ペリネッティ氏は冬に同選手を手放す気は無いと語っていた。しかし、得点を決め続けるのであれば豊富な資金を持つチェルシーを抑止することはできないだろう、と『デイリー・メール』は伝えている。 2018.10.23 10:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース