セルヒオ・ラモス「ふざけんな、話が誇張され過ぎ」2018.06.06 14:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが反論した。▽セルヒオ・ラモスは、5月26日に行われたリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝(3-1でレアル・マドリーが勝利)でのプレーで相手MFモハメド・サラーが負傷交代。さらに、自身との交錯で相手GKロリス・カリウスも脳しんとうを起こしていたことが後に明らかになっている。より風当たりが強まっている。

▽そのCL決勝以降、エジプト人弁護士による10億ユーロの賠償問題や、番号不明の電話から殺害予告の脅迫を受けるなど、騒がしい日々を強いられるセルヒオ・ラモス。スペイン『アス』によれば、同選手は皮肉りながら次のように語り、反撃に転じたという。

「ふざけてる。サラーの件が取り上げられ過ぎて、もう何も話したくない。話が誇張され過ぎだ。僕のプレーをよく見てくれ。彼が最初に僕の腕を掴み、僕は倒れた。僕が彼に柔道の技をかけたように言われているけどね」

「それと、僕とGKの激突が後になり、話題を呼んでいるね。確かに、彼はクラクラするって言っていたけど。あと話題に挙がっていないのは、フィルミノとのやり取りぐらいかな。彼は僕の汗がかかって風邪を引いたらしい」
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、南米王者リーベルのアルゼンチン代表MF獲得濃厚

▽レアル・マドリーが、リーベル・プレートのアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得に近づいているようだ。スペイン『ABC』が伝えている。 ▽リーベル・プレートの下部組織出身のパラシオスは2015年11月にトップチームデビュー。昨シーズンまでなかなか出番は回ってこなかったものの、今シーズンは公式戦20試合に出場した。先日行われたコパ・リベルタドーレス決勝では、1stレグを90分、2ndレグも延長前半途中まで戦い、クラブの優勝に貢献。今年9月にはアルゼンチン代表に初選出された最も期待されている若手の1人だ。 ▽得意ポジションはセントラルMFで、献身的な守備と豊富な運動量を武器に攻守両面で活躍できるポテンシャルを秘める。また、足元の技術も非凡なものを持っており、アルゼンチンのトニ・クロースとの呼び声も高いようだ。 ▽そんな南米の逸材にマドリーは2000万ユーロ(約25億8000万円)の移籍金をつぎ込んで獲得に成功した模様。すでに開幕しているクラブ・ワールドカップ後にマドリーに移ると報告されている。 2018.12.14 01:14 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・ファールト、古巣レアル・マドリーの状況に持論「ロナウドの代わりなんていない」

先日、引退を発表した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト氏が、『Goal』の独占取材に応じた。<br><br>ファン・デル・ファールト氏は現役時代、トッテナムやレアル・マドリー、ハンブルガーSVでプレー。今回は悩める&ldquo;白い巨人&rdquo;について言及した。レアルは今シーズン途中に成績不振でジュレン・ロペテギ監督が解任。サンティアゴ・ソラーリ監督就任で一時は盛り返したものの、再び不安定な状態に陥り、12日にはホームでCSKAモスクワに0-3と完敗を喫している。<br><br>ファン・デル・ファールト氏は、クリスティアーノ・ロナウドがチームを去ったことがやはり大きいと考えているようだ。<br><br>「シーズンに40~50点取るような選手の代わりなんて見つけられない。もちろんレアルはロナウドを恋しく思っているだろう。彼がレアルでやっていることはクレイジーだった」<br><br>「まだスカッドの質は落ちていないし、ウィンガーを取る必要はない。このクラスで、常にチームを助けられるようなウィンガーを見つけるのは難しいからね。ソラーリはよくやっていると思うが、時間が必要だ」<br><br>レアルはリーガでは勝ち点26で4位。首位のバルセロナとは勝ち点5差となっている。<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリーにダブルも最下位敗退…CSKAモスクワ指揮官、落胆も「良いムードで休日を迎えられる」

▽CSKAモスクワを率いるビクトル・ゴンチャレンコ監督が、最下位での敗退に落胆するもレアル・マドリーへの勝利に満足感を示した。UEFA公式サイトが伝えている。 ▽CSKAモスクワは12日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループG最終節でレアル・マドリーとアウェイで対戦。最下位のCSKAモスクワ(勝ち点4)は、3位通過に向けて3位・ビクトリア・プルゼニ(勝ち点4)を上回る結果を残すしかない状況の中、ホームで勝利を飾ったマドリーをまたも3-0で下した。しかし、同時刻に行われた試合でプルゼニがローマを破り、3位通過は叶わず。グループステージ敗退となった。 ▽最下位での敗退が決定したゴンチャレンコ監督は、悔しさをあらわにするも「良いムードで休日を迎えられる」とポジティブに捉えている。 「レアル・マドリーを倒して7ポイントを獲得したが、最下位での敗退は悲しい。しかし、これは自分たちで招いたことだ。いずれにしても、勝利して良いムードで休日を迎えられることは確かだね」 2018.12.13 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKA相手に3失点黒星…グループ1位通過も指揮官ソラーリ「主力に休養が必要だった」

レアル・マドリーのサンティアゴ・ソラーリ監督が、CSKAモスクワ戦終了後に試合を振り返った。<br><br>レアル・マドリーはチャンピオンズリーグのグループGで1位通過が確定。決勝トーナメント進出を果たしたものの、グループ第6節CSKAモスクワ戦では、ホームながら0-3で敗れる結果となってしまった。<br><br>試合後ソラーリ監督は「この結果が残念であることは確かだ。我々はベストメンバーではなかったが、それは主力を休養させる必要があったからだ。それに負傷している選手もいたので、状況が好転しなかったね」と語った。<br><br>この試合でイスコに対して大ブーイングが起きたことについては「それは気にするようなことではない。このスコアを見て、ファンが批判するのは理解できる」と述べている。<br><br>「この試合で力強さやプレーの精度が欠けていたかもしれない。結果としてうまくいかなかったね。勝利を飾ることができなかったのは残念だが、若手にチャンスを与える必要もあったんだ」<br><br>レアル・マドリーは15日にラージョ・バジェカーノと戦った後、UAEに移動してクラブ・ワールドカップ準決勝に挑む。CSKAモスクワ戦はターンオーバーを用いて敗れる結果となったが、ソラーリ監督にとっては過密日程で悩ましい状況にあったようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.13 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破

▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。 ▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。 ▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。 ▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度しか出場機会はなかった。 ▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 【グループA】 1.ドルトムント(ドイツ) 2.アトレティコ・マドリー(スペイン) ――決勝T進出―― 3.クラブ・ブルージュ(ベルギー) ――EL決勝T進出―― 4.モナコ(フランス) 【グループB】 1.バルセロナ(スペイン) 2.トッテナム(イングランド) ――決勝T進出―― 3.インテル(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.PSV(オランダ) 【グループC】 1.パリ・サンジェルマン(フランス) 2.リバプール(イングランド) ――決勝T進出―― 3.ナポリ(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 【グループD】 1.ポルト(ポルトガル) 2.シャルケ(ドイツ) ――決勝T進出―― 3.ガラタサライ(トルコ) ――EL決勝T進出―― 4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 【グループE】 1.バイエルン(ドイツ) 2.アヤックス(オランダ) ――決勝T進出―― 3.ベンフィカ(ポルトガル) ――EL決勝T進出―― 4.AEKアテネ(ギリシャ) 【グループF】 1.マンチェスター・シティ(イングランド) 2.リヨン(フランス) ――決勝T進出―― 3.シャフタール(ウクライナ) ――EL決勝T進出―― 4.ホッフェンハイム(ドイツ) 【グループG】 1.レアル・マドリー(スペイン) 2.ローマ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ――EL決勝T進出―― 4.CSKAモスクワ(ロシア) 【グループH】 1.ユベントス(イタリア) 2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ――決勝T進出―― 3.バレンシア(スペイン) ――EL決勝T進出―― 4.ヤング・ボーイズ(スイス) 2018.12.13 07:23 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース