エバートン指揮官らがルーニーのMLS行きを示唆?「いつでも戻ってきてほしい」2018.06.05 23:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
エバートンのマルコ・シウバ新監督は、退団のうわさが流れる元イングランド代表FWウェイン・ルーニーの将来について言及した。

昨夏、マンチェスター・ユナイテッドから古巣エバートンに復帰したルーニーだが、わずか1年でクラブから離れ、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)に所属するDCユナイテッドに加入する可能性が浮上。さらに、交渉は上手くいっており、間もなく移籍が完了するのではないかと報じられている。

さまざまな憶測が飛び交う中、エバートンの指揮官として最初の会見に臨んだシウバ監督は、最終決定の権利はルーニーにあるとするも、同選手の移籍が決まるまでに会談の場を設けると語った。

「彼はすでに交渉を始めた。しかし、ルーニーはクラブのレジェンドで、いつでも彼を迎え入れる。私は彼とこれから話すつもりで、彼がどのような決断を下そうと起きたことを受け入れるつもりでいる」

また、エバートンのフットボールディレクター、マルセル・ブランズ氏も「彼が出ていく可能性はある。彼がワシントンのクラブと交渉していることはもう隠し事ではない。仮に彼がこの移籍を望み、次のステップを歩もうとしているのなら、そこでのキャリアが終わった後、彼が再び戻ってくることを願っている。彼は今でもクラブのレジェンドだ」とコメントした。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース