PK判定抗議に、暴言吐いたブッフォン、UEFA大会3試合出場停止2018.06.05 23:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFA(欧州サッカー連盟)は5日、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンをUEFA管轄の大会において3試合の出場停止処分を科したことを発表した。イギリス『BBC』が報じている。▽ユベントスは4月11日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でレアル・マドリーとの2ndレグに臨んだ。1stレグでの3点のビハインドを負った状態での2ndレグだっただけにキャプテンのブッフォンも興奮状態。そんな中、勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。さらに、試合後のミックスゾーンでは「スタンドでポテトチップでも食べているべき」、「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと侮辱ともとれる辛辣な批判を行った。

▽UEFAは先月、この言動に対して処分を科すことを決定。そしてこの度、「UEFA管轄の大会において、3試合の出場停止処分」が科されることが発表された。

▽ブッフォンは先日、17年間過ごしたユベントスを今季限りで離れることを発表。注目される新天地だが、今回の決定が影響を及ぼすことはあるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、元ユベントスCEOマロッタ氏を最高経営責任者に招へい!「インテルを再び偉大なクラブへできる」

▽インテルは13日、ジュゼッペ・マロッタ氏(61)を新たなCEO(最高経営責任者)に迎えたことを発表した。 ▽1970年代後半からサッカークラブの経営に携わってきたマロッタ氏は、2010年にカルチョポリによる2部降格から巻き返しを図るユベントスのGMに就任。幅広い人脈と卓越した交渉力でアントニオ・コンテ前監督、マッシミリアーノ・アッレグリ現監督を招へいするなど、同クラブのセリエA7連覇に貢献した。 ▽新CEOとしてインテルに加入したマロッタ氏は、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「私はインテルのような名門クラブでの新たな挑戦できることは嬉しく、また誇らしく思っている」 「スティーブン・チャン会長には野心的なプロジェクトがあり、私はその一部として積極的に参加したいと思っているよ。チャン会長や蘇寧グループが私を信頼してくれていることに感謝を示したい。そして我々ならともにインテルを再び偉大なクラブへできると、私は確信しているよ」 2018.12.13 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ディバラ、敗戦に失望も首位通過に満足「バレンシアが勝ってくれたので…」

ヤングボーイズに敗れたユベントスのFWパウロ・ディバラが悔しさをにじませた。UEFA公式サイトが伝えている。<br><br>ユベントスは12日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でヤングボーイズと対戦。前半に先制点を許すと、後半にも追加点を挙げられ、ディバラが1点を返すも、1-2で敗れた。ディバラはこのように試合を振り返っている。<br><br>「先制される前で多くのチャンスがあったが、生かせなかった。だから、後半はヤングボーイズが守備的にしてきて難しくなった。スペースがほとんどなかったからね。それでも最後のリアクションはよかったし、あと少しで同点だった」<br><br>一方で、2位マンチェスター・ユナイテッドもバレンシアに敗れたため、順位は変わらず。ディバラも「幸運なことにバレンシアが勝ってくれたので、僕らは首位通過を喜べるね」と話した。<br><br>また、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も「結果は残念だが、首位通過という目標は果たすことができた」と最低限の結果を残したことに満足感を示した。<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ポグバック? ユーベが冬に103億準備

▽イタリア『トゥットスポルト』は12日、ユベントスがマンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の復帰を模索していると報じた。 ▽ポグバは2012年夏、ユナイテッドからフリーでユベントスに加入。ダイナモとして大きな飛躍を遂げたが、2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金1億500万ユーロ(約135億5000万円)でユナイテッドに復帰した。 ▽だが、オールド・トラフォードに復帰したポグバは、ユベントス時代のような輝きがないとして、度々批判の矢面に。さらに、最近はジョゼ・モウリーニョ監督の下で先発機会も減らしつつある。 ▽ユベントスは、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)に興味を示す中、来年1月にそのポグバに復帰の道も用意。移籍金8000万ユーロ(約103億2000万円)を準備しているという。 2018.12.13 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、公式戦アウェイ連続無敗記録が途絶える…

▽12日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節のヤング・ボーイズvsユベントスが行われた。 ▽試合はユベントスが勝利すればグループステージ首位通過が決定する中、ヤング・ボーイズがPKで先制に成功する。さらにヤング・ボーイズは68分にロングカウンターから追加点。ユベントスはディバラのシュートで終盤に1点を返したが、反撃はここまで。2-1で勝利したヤング・ボーイズがクラブ創設以来初のCL勝利を飾った。 ▽一方、データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によると、敗れながらも首位通過を決めたユベントスは、2017年11月から続いていたアウェイ連続無敗記録が26試合(23勝3分け)でストップした。 2018.12.13 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ヤング・ボーイズにCL初勝利献上のユベントス、ユナイテッドも敗戦で首位通過《CL》

▽ユベントスは13日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節でヤング・ボーイズとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節バレンシア戦を辛勝して決勝トーナメント進出を決めたユベントス(勝ち点12)は勝利すれば首位でのグループステージ突破となる中、C・ロナウドやマンジュキッチ、ボヌッチらを起用。ディバラやキエッリーニ、アレックス・サンドロらはベンチスタートとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したユベントスは2トップにC・ロナウドとマンジュキッチ、右にドグラス・コスタ、左にベルナルデスキ、センターにピャニッチとベンタンクールを配し、右サイドバックにクアドラードを据えた。 ▽ハイプレスをかけてきたヤング・ボーイズに対し、なかなかボールを前に運べないユベントスは13、15分とC・ロナウドが際どいシュートを浴びせ、けん制していく。 ▽そんな中23分、左ヒザを痛めたクアドラードがプレー続行不可能となってアレックス・サンドロが投入される。なかなかリズムを作れないユベントスは27分にチャンス。右サイドに流れたマンジュキッチのマイナスクロスをドグラス・コスタがダイレクトで合わせるも枠の左に外れた。 ▽すると28分、ドグラス・コスタからの自陣ゴール前を横断する不用意な横パスを受けたアレックス・サンドロがボックス内でボールをロストし、思わずムミを倒してしまった。このプレーで与えたPKをオアロに決められ、ユベントスは先制される。 ▽ハーフタイムにかけても攻めあぐねるユベントスは、36分にピャニッチがミドルシュートを、42分にFKの流れからC・ロナウドが際どいミドルシュートを浴びせるも、同点ゴールを奪うには至らず前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半からギアを上げて入ったユベントスは開始1分、ピャニッチのFKが相手選手に当たってバーに直撃するチャンスを演出。その後も左サイドに回って縦への仕掛けを出せるようになったドグラス・コスタを起点に打開を図ったユベントスだったが、徐々に前半同様、攻めあぐねていく。 ▽63分にはフォルスナハトのヘディングシュートでGKシュチェスニーが脅かされると、68分に追加点を奪われる。ロングカウンターを受けて最後はオアロに決められてしまった。 ▽2点を追うユベントスはデ・シリオに代えてディバラを投入。すると80分、C・ロナウドの落としをペナルティアーク中央のディバラが枠の右へミドルシュートを叩き込んで1点を返した。 ▽87分にはベルナルデスキの左クロスをファーサイドのC・ロナウドがヘディングシュート。しかし、GKにセーブされた。そして90分の右CKからボヌッチの放ったヘディングシュートもGKにセーブされてしまう。 ▽結局、試合終了間際にCKの流れからディバラが強烈なシュートを叩き込んだものの、ボールに反応してしまったC・ロナウドがオフサイドポジションでノーゴール。ヤング・ボーイズにCL初勝利を献上してしまったが、ユナイテッドもバレンシアに敗れたため、首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 2018.12.13 07:10 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース