バルセロナ、若手逸材MFアレーニャが手術へ…デンベレと同じケガで3~4カ月の離脱へ2018.06.05 20:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャが長期離脱を強いられる見込みだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽今シーズン、セグンダA(スペイン2部)のバルセロナBを主戦場としていたアレーニャは今季リーグ戦38試合の出場で11ゴール4アシストを記録。また、トップチームではコパ・デル・レイ3試合に出場するなど、バルセロナの下部組織きっての注目プレーヤーだ。

▽しかし、『マルカ』が伝えるところによれば、アレーニャは先日に大腿二頭筋の腱断裂の重傷を負い、今後数日以内にフィンランドのヘルシンキに向かい手術を受けるようだ。

▽なお、今回のケガは昨年9月にフランス代表FWウスマーヌ・デンベレが負ったものと同じであり、復帰には3~4カ月を要する見込みだ。そのため、来シーズンのトップチーム定着に向けて重要なアピールの場となるプレシーズンを全休する可能性が高いようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

最高の選手は? K・ボアテング「C・ロナウドこそ最高のお手本。メッシは…」

▽サッスオーロに所属する元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテングが、サッカー界最高のプレーヤーについて語った。ドイツ『SPOX』のインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。過去10年間でバロンドールを5度ずつ獲得している両選手の“どちらが最高の選手か”という議論は、現代のフットボール界でお馴染みの話題となっている。 ▽K・ボアテングは、サッスオーロの一員としてセリエA第4節でユベントスと対戦。試合ではC・ロナウドが移籍後初ゴールを含む2得点を決め、ユベントスが2-1の勝利を収めていた。 ▽その試合にフル出場したK・ボアテングは、C・ロナウドこそ最高のお手本だと主張した。 「若いフットボーラーにとって、(クリスティアーノ・)ロナウドが世界ベストのはずだ」 「才能がありつつ最大限練習しているし、最高のお手本だよ」 「狂人のように働き、フットボールに関する全てに彼は情熱的だ」 「彼は常にベストであろうとする。あらゆること(記録)の1位になりたがっていて、(キャリアを)始めたばかりのプレーヤーは彼に注目するべきだよ。完璧なんだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽一方で、メッシはそれすらも超えた存在であると、K・ボアテングは答えている。 「ロナウドはこの世界で起こること全てやってしまうが、この世界だけだ」 「この世界を超越して、最高は(リオネル・)メッシだ。信じられないほどだよ。彼がやっていることは、誰にもできないことだ」 「僕は彼がこの世界にいるとはみなしていないよ」 「ロナウドはこの世界を支配している。そして、メッシは全ての上に立つ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、リーグ・アンの宝石ニコラ・ペペに関心 アビダルSDも「非常に興味深い」

▽バルセロナが、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)に関心を寄せているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽今夏にベティスやセビージャ、ローマ、シャルケといったクラブから関心が寄せられたとされるペペは、2014年に当時リーグ・ドゥのアンジェでプロデビュー。右ウイングを主戦場とするレフティアタッカーで、爆発的な加速力と優れた足下の技術にシュート精度も併せ持つ。 ▽昨夏に5年契約で加入したリールでは、リーグ戦36試合で13ゴール5アシストを記録。そして、2年目を迎えている今季は、ここまでのリーグ戦5試合でハットトリックを含む4ゴール3アシストと、突出した成績を残している。 ▽フランス出身でありながら、両親がコートジボワール人であることから、2016年11月にフランス代表戦でコートジボワール代表デビュー。これまでに9試合に出場し3ゴールを挙げている。 ▽『ムンド・デポルティボ』によれば、6月にバルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)に就任した元フランス代表のエリック・アビダル氏も「非常に興味深い」と、ペペを高く評価しているようだ。 2018.09.21 14:57 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA選定CLグループステージ開幕節ベスイレ! 最多は4名選出のユーベ

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のベストイレブンを発表した。 ▽最多は4名選出のユベントス。開幕戦から圧巻のハットトリックを記録したバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、2得点1アシストの活躍を披露したマンチェスター・ユナイテッドからフランス代表MFポール・ポグバも順当に選ばれた。 ▽なお、CL各グループステージの第1節は18日、19日に終了。次節は、10月2日、3日に開催される予定だ。 ◆UEFA選定のCLグループステージ第1節ベストイレブン GK ヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス) DF ジョアン・カンセロ(ユベントス) ダビド・アラバ(バイエルン) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス) ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス) マルセロ(レアル・マドリー) MF ニコラ・ヴラシッチ(CSKAモスクワ) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) FW リオネル・メッシ(バルセロナ) ミハエル・クルメンチク(ビクトリア・プルゼニ)<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕節からいきなりハット…バルベルデ、メッシに脱帽「ルーティンかのように驚異的なことを成し遂げる」

▽バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、ハットトリックを達成したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに脱帽している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎えた。この日先発したメッシは、31分にボックス手前からのFKを直接決めて先制点を奪う。75分にデンベレが追加点を奪って迎えたその2分後、今度はラキティッチの浮き球のパスをボックス中央やや右から左足で流し込んでこの日2点目。88分にもスアレスのスルーパスに抜け出したメッシがGKズートとの一対一を制し、ハットトリックでバルセロナの4-0での勝利に貢献した。 ▽試合後、ハットトリックを達成したメッシに対して、指揮官のバルベルデ監督が称賛。同選手の偉大さを改めて主張している。 「メッシはそれがルーティンであるかのように驚異的なことを成し遂げる。彼の代わりを見つけることは難しいね。チームにいてくれて安心するよ。彼と対峙することは悪夢のようなことだ」 「今日彼は3ゴールを挙げた。我々は特別な時代の中にいることに気づかなくてはならない」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシのハット&デンベレ弾でオランダ王者PSVに4発快勝! 《CL》

▽バルセロナは18日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループB第1節でPSVをカンプ・ノウに迎え、4-0で勝利した。 ▽リーガエスパニョーラ王者のバルセロナが、エールディビジ王者のPSVをホームに迎えた一戦。 ▽バルセロナは、2-1で勝利した先週末のリーガ第4節レアル・ソシエダ戦からスタメンを2名変更。N・セメド、ラフィーニャに代えて、コウチーニョ、ブスケッツを起用した。また、PSVは7-0で大勝したエールディビジ第5節デンハーグ戦からスタメンを変更せず。イルビング・ロサーノら攻撃的な面子を並べ、ファン・ボメル新監督のCL初陣に臨んだ。 ▽試合は、序盤からバルセロナがボールを支配しつつ進行。PSVは中盤をコンパクトに保ち連動してプレスをかけていくが、なかなか奪うことができない。7分、バルセロナ陣内で得たFKの流れからボックス手前中央にボールがこぼれ、反応したG・ペレイロが左足を振り抜きこの試合のファーストシュートを放ったが、枠を捉えず。 ▽優位を保ちつつも低めのディフェンスラインを設定するPSVの守備に苦しむバルセロナは、デンベレの飛び出しをシンプル使う形やメッシ、コウチーニョらのコンビネーションで崩す形を織り交ぜつつ打開を図るが、決定的なシーンを作るには至らない。11分には、スアレスの左サイドからのクロスに飛び込んだコウチーニョがヘディングシュートを放ったが、枠を外れていく。 ▽逆に14分にはPSVのカウンターが発動し、ベルグヴィンのシュートが右ポストを掠めれば、17分にはボックス中央のルーク・デ・ヨングがクロスを収めてシュートを放つなど、度々バルセロナゴールが脅かされるシーンが訪れる。 ▽23分、PSV陣内中央でボールを持ったメッシが左サイドに展開し、左サイドのコウチーニョがクロスを供給。しかし、これに合わせたセルジ・ロベルトのヘディングシュートはGKズートにキャッチされ均衡を破ることはできず。ギアを上げたいバルセロナは鋭い縦パスからのリズムアップを幾度か試みるが、警戒するPSVにカットされカウンターを受ける場面が目立ち始める。 ▽それでも31分、一歩間違えば危うい展開となりかねない時間帯にスコアを動かしたのはやはりあの男。デンベレがボックス手前中央で絶好の位置でFKを獲得すると、キッカーのメッシが左足を一振り。ゴール右上隅を正確に射抜きリードを奪った。 ▽その後、バルセロナはあまりリスクをかけずに前半を進行。ジョルディ・アルバやラキティッチがやや遠めの位置からミドルシュートを放ちPSVをけん制しつつ、1-0のスコアで前半を終えた。 ▽後半に入ると、勝利を確実なものとしたいバルセロナがさらに攻勢を強めていく。58分、ボックス左でボールを持ったコウチーニョが細かいドリブルでタイミングをずらして右足でシュート。しかし、得意の角度からゴール右上隅を捉えたシュートはGKズートの好守に阻まれた。 ▽62分、1点を追うPSVも黙ってはいない。ボックス左のベルグヴィンが中央マイナス方向への折り返しを選択。すると、走り込んだアンジェリーノが左足で鋭いシュートを放ちバルセロナゴールを襲う。GKテア・シュテーゲンにセーブされたものの、惜しいシーンを生み出した。 ▽PSVが健闘を見せたのも束の間、75分にバルセロナが突き放す。PSV陣内中央付近左でボールを持ったデンベレがドリブルでボックス手前中央まで持ち込み、右足を一閃。チームの2点目を記録した。 ▽さらに77分、スアレスの仕掛けからボックス手前中央にボールがこぼれると、ラキティッチがダイレクトでディフェンスライン裏に浮き球のパスを送る。抜け出したメッシが左足で難なく沈め、リードを3点に広げた。 ▽勢いに乗るバルセロナだが、81分にアクシデントが発生。ユムティティがロサーノを倒してしまい、2枚目の警告を受けて退場に。10人となったバルセロナは直後にコウチーニョに変えてラングレを起用し、逃げ切りを図った。 ▽PSVがやや前がかりになった試合終了間際の88分、スアレスとの好連係からボックス右に侵攻したメッシが右足でGKズートとの一対一を制したところで試合が終了。メッシはハットトリックを記録し、CL開幕節を彩った。 ▽勝利したバルセロナは10月3日のグループB第2節でトッテナムとのアウェイ戦に臨み、敗北したPSVはインテルをホームに迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 03:50 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース