GKカリウス痛恨ミスの原因はラモスの肘打ち?! 2018.06.05 16:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)で痛恨のミスを犯したリバプールのドイツ人GKロリス・カリウス。あのショッキングな出来事には、少なからず脳震とうの影響があったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽5月26日CL決勝で1-3の敗北を喫しレアル・マドリーの3連覇を許したリバプール。その試合では、スローイングミスからマドリーFWカリム・ベンゼマに先制点を与え、マドリーFWガレス・ベイルの強烈なシュートを正面で受けつつも弾き出せず3点目を献上したカリウスのプレーが敗因として挙げられている。

▽リバプールファンからのバッシングを浴びており、カリウス当人も「僕のせいでチームが負けてしまった」と涙ながらに謝罪した。しかし、大手『ESPN』が伝えるところでは、試合後にマサチューセッツの総合病院で脳のCTスキャンを行った同選手が、脳震とうと診断されたという。

▽医師は、後半の立ち上がりにマドリーDFセルヒオ・ラモスから受けた肘打ちが原因だと分析している。失点との因果関係がどの程度のものかは判然としないものの、パフォーマンスに影響を及ぼしたであろうことは明らかであり、ベンゼマの得点が生まれたのは肘打ちの約3分後だ。

▽『マルカ』はカリウスに後遺症は残らず、今後のキャリアには支障をきたさないと報じているが、欧州最大の舞台で晒した失態の影響は無視できないだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

サラー、代表を電撃引退か “政治利用”に怒り

▽リバプールに所属するエジプト代表MFモハメド・サラー(26)に代表引退の可能性が急浮上した。『CNN』が報じた。 ▽リバプールに加入した2017-18シーズン、公式戦44得点のハイパフォーマンスを見せ、いち躍スーパースターの仲間入りを果たしたサラー。ロシア・ワールドカップにもエジプト代表として参戦している。 ▽だが、サラーはロシアW杯参戦中のキャンプ地チェチェン共和国で政治利用されたことに不満を抱き、それを許したエジプトサッカー連盟に対する反発として、代表引退を検討している模様だ。 ▽サラーは先日、チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長から名誉市民の称号を受賞。これを受けて、同首長はSNSで会食やバッジの贈呈式など、サラーらとの一連の交流を報告したという。 ▽チェチェン共和国は、独立を求めた武装勢力と政府による紛争が相次ぐロシアの一地域。2004年からチェチェン共和国を治めるカディロフ首長も独裁的思考や人権迫害などが問題視される人物だ。 ▽そういったごたごたが続くチェチェン共和国にイメージアップ戦略の一環として利用されたと感じたサラーは、エジプトサッカー連盟に憤慨。エジプト代表と袂を別つことを考えているとのことだ。 2018.06.25 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、アセンシオ獲得に231億円準備か

▽リバプールが、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオ(22)獲得に大金を用意しているようだ。スペイン『マルカ』が、スペイン『ムンド・デポルティボ』の情報を基に伝えた。 ▽アセンシオは2014年にマジョルカから390万ユーロ(現在のレートで約5億円)で加入。その後、エスパニョールへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンにレアル・マドリーに復帰すると、2017-18シーズンは公式戦53試合11ゴール6アシストの結果を残した。とりわけ、クラブが均衡を破れずにいる試合でゴラッソを決めることが多く、今となってはマドリディスタのアイドルだ。 ▽そんなアセンシオには当然、欧州中の熱視線が注がれており、昨年9月末には流出を危惧したマドリーが契約解除金7億ユーロ(約897億円)を設定したことが、スペイン『アス』により報じられていた。 ▽しかし、『ムンド・デポルティボ』によると、以前から関心が囁かれていたリバプールはそれでもなお獲得に興味を示しており、1億8000万ユーロ(約231億円)を支払う意思でいるようだ。なお、『マルカ』はアセンシオを将来のバロンドール候補者だと評価しており、マドリー側は上記のメガオファーでも速やかに却下するだろう、と推測している。 2018.06.24 19:50 Sun
twitterfacebook
thumb

元リバプールのホセ・エンリケ、脳腫瘍摘出手術を受ける

▽かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFのホセ・エンリケ氏(32)が大病と戦っていることがわかった。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ホセ・エンリケ氏は1カ月前、偏頭痛を患って病院へ。そこで、脳腫瘍が見つかり、このたび手術を受けたという。 ▽ホセ・エンリケ氏は23日、インスタグラム(joseenriquee3)を更新。脳腫瘍の摘出手術が終わったことを告げ、回復に向かっていることを報告した。 「人生の中でも最もタフな数週間だった。僕が脳腫瘍の摘出手術を受けたというニュースを見つけた。今は快方に向かっていて、感謝の気持ちでいっぱいさ。命とはとても尊いものだ」 ▽レバンテBやバレンシア、セルタ、ビジャレアル、ニューカッスルを渡り歩いたホセ・エンリケ氏は、2011〜2016年までリバプールで活躍。その後、サラゴサに加わったが、2017年9月にヒザの故障を理由に現役を退いた。 2018.06.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月22日は、CL決勝で泣いた悲劇のGK

◆ロリス・スヴェン・カリウス 【Profile】 国籍:ドイツ 所属チーム:リバプール 誕生日:1993年6月22日 ポジション:GK 身長:189㎝ 体重:75㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月22日は、ドイツ人GKロリス・カリウスだ。 ▽マインツでプロデビューを果たしたカリウス。2016年夏に、恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに移籍するもパフォーマンスが安定せず2016-17シーズンの出場は公式戦16試合にとどまった。 ▽2017-18シーズンは、シーズン後半からリーグ戦で正GKの座を掴んだほか、チャンピオンズリーグ(CL)では全試合でフル出場を果たした。もちろん、決勝のレアル・マドリー戦にも出場したロリスだったが、0-0で迎えた51分、自身の投げたボールが相手のFWカリム・ベンゼマに当たってしまい、先制点を献上。さらに試合終盤の83分には、マドリーMFガレス・ベイルの無回転シュートを対応の悪さからファンブルしてしまい痛恨の3失点目をしてしまった。 ▽試合後、涙を流したカリウスには励ましの声も多々あった中、伝説のGKオリバー・カーン氏からは「キャリアを壊しかねない夜だった」、また元ドイツ代表MFローター・マテウス氏は「過去20年のCL決勝で最悪のパフォーマンスだった」と酷評していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 シンディ・ローパー(ミュージシャン) 阿部寛(俳優) ダン・ブラウン(小説家) 斉藤和義(ミュージシャン) 川畑泰史(吉本新喜劇座長) 川田裕美(フリーアナウンサー) 加藤ローサ(タレント) 加藤ミリヤ(歌手) 森矢カンナ(モデル、女優) ロドリ(サッカー選手/ビジャレアル) 2018.06.22 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスがリバプール退団のジャン獲得を発表、契約は4年

▽ユベントスは21日、リバプールを退団したドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。移籍金は発生していない。 ▽2014年にレバークーゼンからリバプールに加入したジャンは、様々なポジションをこなしつつ徐々にレギュラーに定着。セントラルMFを主戦場に、4年間在籍したリバプールでは公式戦通算167試合に出場し、14ゴール12アシストを記録していた。2017-18シーズンは終盤に背中を負傷してチームを離脱していたが、5月26日に行われたレアル・マドリーとのチャンピオンズリーグ決勝(1-3で敗北)に途中出場するなど、公式戦38試合6ゴール5アシストの成績を残していた。 ▽ユベントスへの移籍が決まったジャンはユベントスのインスタグラムで次のようにコメントした。 「正式にユベントスのプレーヤーとなった。ここに来るのが待ち切れなかったよ。僕は勝利を求めている。フォルツァ、ユーベ!」 2018.06.21 22:55 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース