原口元気、W杯前にもハノーファー移籍か2018.06.05 10:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(27)にハノーファー移籍の可能性が高まっているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。

▽ハノーファーは300万ユーロ(約3億8000万円)のオファーを提示。だが、最終的に、ヘルタ・ベルリン側の要求額500万ユーロ(約6億4000万円)で合意に達した模様。14日に開幕するロシア・ワールドカップ前にも移籍成立の可能性があるという。

▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、2部優勝と1部昇格に貢献した。

▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

浅野&原口が出場のハノーファー、浅野が失点に絡んでライプツィヒに競り負ける《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは15日、ブンデスリーガ第3節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。ハノーファーのFW浅野拓磨は65分までプレーし、FW原口元気は65分から出場している。 ▽0-0で引き分けた代表ウィーク前の前節ドルトムント戦では見せ場なく前半のみの出場となった浅野は、日本代表戦で途中出場した中、開幕3試合連続スタメンとなった。 ▽1分け1敗スタートのライプツィヒに対し、[3-4-2-1]で臨んだハノーファーは浅野が2シャドーの一角で起用された。 ▽開始3分、ヴェルナーにボックス右まで侵入されてシュートを許したハノーファーは、9分に失点する。右クロスをファーサイドのサラッキがシュートに持ち込むと、ルーズボールをY・ポウルセンが頭で押し込んだ。 ▽それでも13分、ハノーファーがすかさず追いつく。右クロスのルーズボールをゴールエリア右のフュルクルクが華麗なボレーシュートで蹴り込んだ。 ▽勢い付くハノーファーは16分にカウンターに転じ、浅野がロングフィードを受けてボックス左に侵入するもトラップがうまく行かず、シュートはDFにカットされてしまった。続く18分にもボックス左からシュートを浴びせたが、ここもDFにブロックされてしまう。そして、直後の左CKの流れからルーズボールを拾った浅野がシュートを放つも、GKの好守に阻まれてしまった。 ▽浅野が逆転弾を奪えずにいると、ここからライプツィヒの反撃を許す。24分にはヴェルナーにボックス左からシュートを浴びせられると、26分にはボックス右に侵入したムキエレにGKを強襲するシュートを打たれた。 ▽すると40分、浅野のボールロストからカウンターを受けてボックス左のヴェルナーにシュートを流し込まれ、勝ち越しを許してしまった。 ▽迎えた後半、浅野がチャンスに絡むなど、前がかるハノーファーが攻勢に出る展開となる。しかし63分、左サイドのスペースを突いたフォルスベリの折り返しをヴェルナーが決めてライプツィヒがリードを広げた。 ▽失点直後の65分、ボックス左でパスを受けたアルボルノスがコントロールシュートを流し込んで再び1点差としたハノーファーは浅野に代えて原口を投入。 ▽しかし、3枚目のカードとしてウッドを投入したハノーファーは終盤にかけて攻撃が停滞。90分のCKの流れから原口の放ったシュートはDFにブロックされて2-3で敗戦。今季初勝利はならなかった。一方、ライプツィヒは今季初勝利を収めている。 2018.09.16 02:47 Sun
twitterfacebook
thumb

ハノーファーのレジェンドが浅野拓磨を称賛…最も高く評価する能力とは?

ハノーファーのFW浅野拓磨へ、同クラブのレジェンドが称賛を送った。ドイツ『シュポルトバッザー』が伝えている。<br><br>シュツットガルトへのレンタルが終了し、今シーズンはアーセナルからハノーファーに期限付き移籍で加入している浅野。新天地ではこれまでの全公式戦に先発出場している。DFBポカール1回戦では3部カールスルーエ相手に1ゴール1アシストを記録するも、開幕節のブレーメン戦(1-1)、第2節ボルシア・ドルトムント戦(0-0)はそれぞれ不発に終わり、現地の評価もやや低めとなっている。<br><br>しかし、ここに来て思わぬ方面から浅野を褒め称える声が上がった。地元紙『ハノーファシェ・ノイエ・プレッセ』が開催するトークイベントで、&ldquo;毒舌&rdquo;で知られるクラブ歴代最多得点数を誇るOB、ディーター・シャッツシュナイダー氏がマイクを取ると、このように語った。<br><br>「アンドレ・ブライテンライター(監督)は他で伸び悩んでいた選手を扱うのが本当に上手いようだね。アサノは最高だよ。前方のスペースをとても上手く利用できているし、走行するコースもものすごくいい」<br><br>シャッツシュナイダー氏はハノーファーで公式戦183試合に出場し138ゴールを決めたレジェンド。そんなOBからの称賛の言葉は、浅野にとって刺激となるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.13 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

原口元気、ハノーファーで背番号10を選んだ理由は?「チームに貢献するだけでは足りない」

日本代表MF原口元気は、ハノーファーで背番号10を選んだ理由を明かしている。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。<br><br>原口はプレシーズンに筋肉系の負傷を負ったものの、先月25日に行われたブンデスリーガ開幕節ブレーメン戦(1-1)では30分間ほどプレー。同31日のドルトムントとのホームマッチ(0-0)ではメンバー入りしたが、結局出番が訪れなかった。<br><br>11日、日本代表のコスタリカ戦を観戦したあと『ビルト』の取材に応じた原口は、「この1週間、負傷してからまたコンディションを戻すための良い練習、インテンシティーの高いトレーニングができたと思います」とコメント。インターナショナルブレイクを利用し、先日にはテストマッチで移籍後初ゴールを記録するなど調子を上げているようだ。<br><br>ドイツでは決定力不足が指摘される原口だが、ヘルタ・ベルリン時代については「出場機会はベルリンでも与えられたが、ゴールに迫るプレーが少な過ぎました。それには満足できませんし、改善の余地があると思います」と振り返る。また、ハノーファーで背番号10を選んだ理由について説明した。<br><br>「僕は典型的な10番ではありません。ただ、『10』を選ぶことによって、ゴールやアシストを生み出すため、自分を追い込もうと考えていまして。ワールドカップ後、新たな、特別なチャレンジを求めていましたので、『10』でモチベーションをさらに上げることができると思います」<br><br>背番号10として「10スコアポイント(ゴール或いはアシスト)を挙げたい」と今シーズンの目標も口にする原口。「チームプレーヤー」としての自覚はあるものの「チームに貢献するだけでは足りない。それだったらベルリンにいた時と同じになってしまいます。もっとゴールを脅かすことを目指します」と数字に表れる活躍を誓った。<br><br>ハノーファーは15日に行われる第3節では敵地でRBライプツィヒと対戦。背番号10のウィングは移籍後初のスタメン出場、そして初のスコアポイントをマークしたいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.12 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

恩師・森保監督の「柔軟性」という言葉にFW浅野拓磨「それは常々口にしていた」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は10日、吹田市にあるパナソニック スタジアム吹田でトレーニングを行った。 ▽練習後、記者のインタビューに答えたFW浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)はサンフレッチェ広島時代の恩師・森保一監督の「柔軟性」という言葉に、「それは常に口にしていた言葉」と明かし、「ここにはそういう選手が揃っている」とチームへの自信を見せた。 ◆FW浅野拓磨(ハノーファー) ──これまでどんなミーティングがあったか 「コスタリカの特徴、選手の特徴を挙げてましたけど、結局自分たちがどれだけやりたいことをできるかだと思います。相手に関係なく、皆がイメージを共有して戦えればいいサッカーをできるのではと思います」 ──森保監督からは「柔軟性」という言葉が出ましたが 「そうですね、それは今まで一緒にやってきたときからも常に口にしていた言葉です。でもこの世界はそういう選手じゃないと生き残っていけないと思いますし、ここにいるメンバーはしっかり対応できるんじゃないかなと思います」 2018.09.10 20:52 Mon
twitterfacebook
thumb

浅野先発のハノーファー、ドルトムントにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節ハノーファーvsドルトムントが8月31日に行われ、0-0で引き分けた。ハノーファーのFW浅野拓磨は前半のみの出場で、FW原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽ハノーファーは開幕節のブレーメン戦では浅野が先発し、原口が途中出場となった中、1-1で引き分けた。そのハノーファーは浅野が前節に続きフラットな[4-4-2]の2トップの一角でスタメンとなった。 ▽一方、開幕節のライプツィヒ戦では開始30秒被弾を浴びながらも4-1と快勝スタートを切ったドルトムントは、ライプツィヒ戦のスタメンからプリシッチに代えてヴォルフのみを変更。3トップは右からヴォルフ、M・フィリップ、ロイスと並べる[4-3-3]でスタートした。 ▽ホームチームのハノーファーが圧力をかける入りとなったものの、なかなかシュートシーンが生まれない拮抗した序盤が続いた。そんな中26分、ハノーファーは左サイドからのクロスが流れてマイナがDFを交わしてシュートに持ち込むチャンスを生み出す。 ▽劣勢のドルトムントだったが、前半終盤にロイスが決定的なシーンを2つ生み出した。まずは40分、ロングボールを使った流れからロイスがボックス右まで侵入してシュート。しかし、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽続く42分にもロイスがダフードのスルーパスに抜け出してボックス右へ侵入して右足を強振。だが、バーを直撃して先制とはならない。 ▽後半からハノーファーは見せ場を作れなかった浅野に代えてウッドを投入。そのハノーファーが攻勢に出る流れが続くも、決定的なシーンを作ることはできない。 ▽そんな中60分、劣勢のドルトムントはFKの流れからM・フィリップのヘディングシュートが左ポストを直撃。ここからドルトムントのポゼッションが上がり、ハノーファーを押し込む展開が続いた。 ▽反撃に出たいハノーファーは78分、右CKからアントンのボレーシュートでゴールに迫るもわずかに枠の右に外れると、終盤にかけては互いにチャンスを生み出せずにゴールレスで終了。勝ち点1を分け合っている。 2018.09.01 05:43 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース