フレッジだけじゃない! ポルトのU-21ポルトガル代表SBもユナイテッドのメディカルへ2018.06.05 08:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、マンチェスター・ユナイテッドが今週前半、シャフタールのブラジル代表MFフレッジに続き、ポルトのU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(19)とのメディカルチェックも予定していると報じた。

▽伝えられるところによれば、移籍金は推定で1740万ポンド(約25億4000万円)程度。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督にとって、補強を望むポジションの1つである右サイドバックの新戦力到着となる。

▽ポルト下部組織出身のダロトは、ポルトガルの世代別代表歴を持つサイドバック。右サイドバックを主戦場に、左もこなせるだけでなく、中盤でもプレーができ、今シーズンは公式戦33試合4得点8アシストを記録した。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミア勢が注視するレビッチ、恩師ニコ・コバチ監督の率いるバイエルン行きはなし

▽フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)のバイエルン行きはなくなったようだ。『ユーロスポーツ』が伝えている。 ▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。 ▽『ユーロスポーツ』によれば、昨季までフランクフルトを率いていたニコ・コバチ監督を引き抜いたバイエルンとフランクフルトの間には、“同クラブからの引き抜きを行わない”という協定があるため、バイエルンがレビッチを獲得しないと明かしたようだ。 ▽しかし、レビッチにはマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、アーセナルなどプレミア勢が獲得に積極的な動きを見せており、今後も去就には注目が集まることだろう。 2018.07.22 02:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド在籍10年目のバレンシアが新主将に

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(32)を新シーズンのキャプテンに指名した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽バレンシアは2009年夏からユナイテッドでプレー。本来2列目が主戦場だが、コンバートされた右サイドバックで不動の地位を築いており、新シーズンがユナイテッド在籍節目の10年目となる。 ▽モウリーニョ監督は、昨シーズン限りで現役を引退した元イングランド代表MFのマイケル・キャリック氏に代わるキャプテン人事について、次のように語った。 「昨シーズンもバレンシアにキャプテンを任せた試合があった。今シーズンも彼に託すことになるだろう」 「彼がプレーしていなくても、担い手はいる。(クリス・)スモーリングや、アシュリー・ヤング、(アンデル・)エレーラ、(フアン・)マタが候補だ」 「(ネマニャ・)マティッチもマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンに相応しい男だ。だが、彼はまだやってきて1年しか経っていない」 「とはいえ、私自身、それについてさほど気にしていない。ドレッシングルームでの雰囲気や、リーダーの方が気になるね」 2018.07.21 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラ「サラリーはいらないと伝えた」ケガに苦しんだマンU時代の心境を告白

ロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッド時代、ケガで本来のパフォーマンスが出来ていなかった時に給与の返還を申し出ていたことを『BBC』に明かした。<br><br>イブラヒモビッチはマンチェスター・U加入1年目の2016-2017シーズンに公式戦28ゴールを記録する活躍を見せたものの、シーズン終盤の4月に右ひざのじん帯断裂の重傷。負傷の影響もあり契約延長に至らないままシーズンオフを迎えた。しかし、新シーズン開幕直前の8月にクラブと新たな契約を結んでいた。<br><br>結局、本来のパフォーマンスを取り戻すことができないまま翌年3月にLAギャラクシーに移籍したスウェーデン人ストライカーは、当時の状況を告白した。<br><br>「当時は契約を結ぶとか金を稼ぐというような状況ではなかった。むしろ反対だった。『サラリーはいらないから、取っておいてくれ』と言ったんだ」<br><br>「気持ち的には準備が出来ていたが、膝は違った。準備が整ったと思った時に自分自身に語り掛けたんだ。『俺はそこにはいない』ってね。それまではチームにズラタンがいたが、ケガをして以降、あのズラタンになる準備ができていなかった」<br><br>給与の返還を申し出ていたことを明かしたイブラヒモビッチは、チームのことを考え、出場辞退の申し出をしていたことも明かしている。<br><br>「多くのゲームで選んでもらっていたが、監督には『俺は準備できていない。監督をガッカリさせたくない。チームメイトや監督に対するリスペクトさ。誰かもっといい仕事のできる選手を選んでくれ』と伝えたさ。俺はズラタンなのにも関わらずね」<br><br>提供:goal.com 2018.07.21 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、米国遠征1試合目はマタ弾でドロー 新戦力の35歳GKグラントがデビュー《プレシーズンマッチ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは20日、クラブ・アメリカとのプレシーズンマッチに臨み、1-1で引き分けた。 ▽プレシーズン1発目の試合に挑むユナイテッドは、ロシア・ワールドカップ不出場組主体のスターティングメンバーに。その中で、今夏にストーク・シティから加入したGKグラントが初先発を飾った。 ▽立ち上がりから攻勢に出たユナイテッド。45分にバイタルエリア中央の好位置でFKのチャンスを得たが、キッカーを務めたマルシャルのキックは相手GKを脅かすにとどまる。 ▽すると、60分に自陣右サイドから許したクロスをゴール前のマーチンに頭で合わせられ、ユナイテッドが失点。クラブ・アメリカに先制を許す苦しい展開を強いられる。 ▽それでも、78分にボックス左のマタが相手DFのクリアボールを右足で蹴り込み、同点に。結局、ユナイテッドのプレシーズン1試合目はドローという結果に終わった。 ▽ユナイテッドは今後、23日にサンノゼ・アースクエイクスとのプレシーズンマッチに臨む。 マンチェスター・ユナイテッド 1-1 クラブ・アメリカ 【マンチェスター・ユナイテッド】 マタ(後33) 【クラブ・アメリカ】 マーチン(後15) 2018.07.20 14:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ぼっち脱却! サンチェスも米国ツアーへ

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスにぼっち脱却の見通しが立った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユナイテッドは15日、20日に開幕するインターナショナル・チャンピオンズカップに出場するため、アメリカに出発。だが、2012〜2013年の脱税容疑で今年2月に有罪判決が下ったサンチェスは、その影響でビザが下りず、マンチェスターで1人孤独にトレーニングに励む日々を強いられている。 ▽しかし、ユナイテッドは、そのサンチェスに渡米許可が降りたことを発表。20日に行われるクラブ・アメリカとのフレンドリーマッチ後、サンチェスが合流するという。 2018.07.20 09:45 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース