2023年まで契約延長したユムティティの契約解除金は約640億円2018.06.05 02:36 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナは4日、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)の契約解除金を5億ユーロ(約639億円)に設定したことを発表した。ユムティティは前日、バルセロナと2023年6月30日まで契約を延長していた。▽2016年夏にリヨンからバルセロナに加入したレフティーのセンターバックであるユムティティは、バルセロナでの在籍2シーズンで公式戦83試合に出場して2ゴールを記録。主力DFとしてリーガエスパニョーラ1度(2017-18)、コパ・デル・レイ2度の優勝に貢献している。

▽また、フランス代表でもレギュラーを張り、これまで17キャップを刻み、ロシア・ワールドカップのメンバーに選出されている。

▽そのユムティティは契約延長について公式サイトで以下のように語った。

「バルサと契約延長できて誇りに思っている。これは、夢が続くということだ。初日から、自分の家のように感じたし、もっとずっと長い間、ここに居たい。 僕がここに来た時は、この世界一の選手たちと一緒にプレーするんだということが完全には理解できていなかった。今、その素晴らしい瞬間を共有して、ここにもっと長い間、残ることができることに僕はとても感動している」
コメント
関連ニュース
thumb

タグリアフィコ、移籍金25億円に設定か バルセロナは獲得に難色

アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(26)の移籍金額が設定されたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先月末に、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約を2024年6月末まで延長したことを発表したバルセロナ。不動の左サイドバックの確保に成功し、契約解除金を5億ユーロ(約630億円)に設定したことで当面の不安も無くなった。 しかし、ジョルディ・アルバの年齢や例年の過密日程を踏まえて、バルセロナは今夏の移籍市場で左サイドバックの補強を標榜。そして、そのうちの候補の1人として挙げられているのがタグリアフィコだ。 母国のバンフィールド、インデペンディエンテでのプレーを経て昨年1月にアヤックスに加入したタグリアフィコは、左足のキック精度と攻撃性能に長けた左サイドバック。今シーズンもここまでの公式戦34試合で5ゴール5アシストを記録しており、アルゼンチン代表においても昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で同国の全4試合に出場し、その後の親善試合でも主将を務めている。 今回の報道によれば、タグリアフィコの移籍金が恐らく2000万ユーロ(約25億2000万円)に設定されたとのこと。しかし、バルセロナはあくまでジョルディ・アルバのバックアップとしての役割を求めており、この金額に難色を示しているようだ。とはいえ、アーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も以前に伝えられており、去就が見守られる選手の1人となっている。 2019.03.22 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・リフトがF・デ・ヨングに続きバルセロナ移籍へ! ライオラに自身の希望伝える

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、クラブと代表のチームメートであるMFフレンキー・デ・ヨング(21)を追う形でバルセロナ移籍を決断したようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今シーズンから名門アヤックスのキャプテンを務めているデ・リフト。187cmの恵まれたサイズに加え、スピードにも優れた万能型のセンターバックは攻撃面の貢献も著しい逸材だ。 すでにユベントスやパリ・サンジェルマン、リバプールなどビッグクラブの関心を集める19歳は今夏の移籍市場における最注目銘柄の1人だ。 そのデ・リフトに関してバルセロナの有力な地元紙『ムンド・デポルティボ』は、デ・ヨングに続いてカタルーニャ行きの可能性が高まってると主張してる。 同メディアによると、アヤックス、オランダ代表でのプレーを通じて自信を深めたデ・リフトは、自身の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏に対して、“ビッグクラブに挑戦する時期が訪れた”ことを伝え、その“ビッグクラブ”がバルセロナであることを伝えたという。 また、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンへの再チャレンジが伝えられるバルセロナだが、実際はデ・リフトの獲得を最優先事項としており、両者の思惑は完全に合致しているようだ。 2019.03.22 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

超大特価! バルサ、コウチーニョ移籍金の大幅値下げを考慮

バルセロナが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(26)の移籍金を大幅に値下げする意向があるようだ。『GOAL』が報じている。 昨年1月にリバプールからクラブ史上最高額の移籍金で迎えられたコウチーニョ。昨季はリーグ戦18試合で8ゴール5アシストと、すぐに順応したかに思われたが、今季はこれまでの実力を発揮することが出来ず、カンプ・ノウではファンからブーイングが起こることも珍しくない。今季ここまでの成績はリーグ戦26試合で4ゴール2アシスト。そのうち先発出場は16試合で、今年に入ってからフル出場した試合はない。 エルネスト・バルベルデ監督の信頼を勝ち取れていない今、バルセロナはコウチーニョの放出はやぶさかでない様子だ。伝えられるところによると、クラブは同選手の移籍金を8000万ユーロ(約100億円)に設定。獲得した際の基本的な移籍金が1億2000万ユーロ(約150億円)だったことを考えると、大幅な値下げだ。なお、この移籍金は出来高次第で1億6000万ユーロ(約200億円)まで上昇する可能性もあり、そうなった場合、バルセロナは半額の値段でコウチーニョの退団を認めることになる。 そんなコウチーニョに関心を寄せるクラブは多く、今のところ最も可能性が高いとされているのがマンチェスター・ユナイテッドだが、『GOAL』はこの移籍は実現しないと踏んでいる。一方で、同メディアが最も自然な移籍と主張するのがパリ・サンジェルマン(PSG)だ。イギリスの生活への適応に苦労したと言われるコウチーニョがイングランドに戻ることは考えにくいようで、フランス王者にFWネイマールをはじめ、DFチアゴ・シウバやDFマルキーニョスなど、多くのブラジル人選手が在籍していることは、コウチーニョにとって心強いことだと説明している。 また、ユベントスやバイエルンなどは移籍金を用意することが難しいと推測しているが、PSGからのアプローチは今のところないようだ。 2019.03.21 22:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがCLバルサ戦のアウェイチケット代の一部を肩代わり?

マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナの間で、チャンピオンズリーグ(CL)のチケット代を巡って小さな問題が生じている。 両チームはCL準々決勝で激突する。4月10日のファーストレグはユナイテッドのホームで、16日のセカンドレグはバルセロナのホームで行われるのだが、それぞれの試合のアウェイチケットが高額化しているようなのだ。 イギリス『デイリー・メール』によると、バルセロナがカンプ・ノウで行われるセカンドレグのユナイテッドサポーターに向けたアウェイチケットの価格を102ポンドに(約1万4800円)に設定したことを受け、ユナイテッドもオールド・トラフォードのアウェイチケット代を同じ102ポンドに設定したとのこと。 「難しい決断」だったと説明するユナイテッドは、102ポンドに設定した理由については、アウェイへの応援に向かう各サポーターに27ポンドの補助金を支払うためとしている。普段より高額に設定したチケットの余分な売り上げをサポーターに無償で割り当てるという。 ユナイテッドは、今季CLのグループステージのバレンシア戦や、昨季の同大会ラウンド16のセビージャ戦でも同じように補助金をサポーターに寄付していた。 2019.03.21 15:08 Thu
twitterfacebook
thumb

代表復帰のメッシ、帯同はベネズエラ戦までか

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)の代表復帰は、ベネズエラ代表戦のみになるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 22日にマドリードでベネズエラ戦、26日にタンジェでモロッコ代表と親善試合を行うアルゼンチン代表。招集メンバーに、ロシア・ワールドカップ(W杯)以来、代表活動を休止していたメッシの名前が含まれていたことで注目を集めた。 しかし、今回伝えられるところによると、メッシはモロッコ遠征には帯同せず、ベネズエラ戦後にスペインへ帰国する可能性があるようだ。 22日のベネズエラ戦までは帯同するメッシ。約8か月ぶりにアルゼンチン代表としてピッチに立ち、どんなプレーを魅せてくれるのだろうか。 2019.03.21 11:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース