グアルディオラに来季CL1試合のベンチ入り禁止処分2018.06.05 01:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽UEFA(欧州サッカー連盟)は4日、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督に来季のチャンピオンズリーグ(CL)1試合のベンチ入り禁止処分を科した。なお、来季も同様に退席処分を受けた場合はもう1試合ベンチ入り禁止処分が即刻追加されることになる。▽グアルディオラ監督は4月10日に行われたCL準々決勝2ndレグのリバプール戦(1-2)のハーフタイムにマテウ・ラオス主審への抗議によって退席処分を受けていた。結果、チームは2戦合計1-5で敗れ、ベスト8で敗退していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ルーニー「悪夢だ」…シティorリバプール、どっちに優勝して欲しい?

MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、マンチェスター・シティの優勝を願っている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 エバートンで育ち、マンチェスター・ユナイテッドで世界的なスターの仲間入りを果たしたルーニー。プレミアリーグでの優勝は5回を誇り、栄光のシーズンを何度も過ごした。 しかし、今シーズンのプレミアリーグでは、ユナイテッドでもエバートンでもなく、それぞれの宿敵であるシティとリバプールが優勝争いを繰り広げている。ルーニーにとっては、理想とは程遠い状況だ。 インタビューに応じたルーニーは、「優勝して欲しいのはシティかリバプールか」という究極の問いに対して、以下のように答えている。 「マン・シティがリバプールより良い順位にいることを望むよ。彼ら(リバプール)が勝ち取るのを見るのは耐えられない。それはどんなエバトニアンにとっても悪夢だ」 「2005年に彼らがチャンピオンズリーグで優勝したことを今でも覚えている。彼らは今でもそれを話しているし、(立ち直るのに)あと10年か15年はかかるだろうね」 2019.03.22 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

危険なファウルを受けて途中交代のザネ、無事を報告 レーブ監督「幸運にもケガをせず済んだが…」

セルビア代表との国際親善試合で危険なタックルを食らったドイツ代表FWレロイ・ザネ(マンチェスター・シティ)だが、無事だったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ドイツは20日、国際親善試合でセルビアと対戦。試合は1-1のドローで終了したものの、終了間際にはセルビアのミラン・パブコフがザネの足首に強烈なスパイクを見舞い一発退場となる場面があった。このラフプレーであわや大ケガを負ったかと思われたが、大事を取って交代した際には自らの足でベンチまで下がっていた。 しかし、試合後、ドイツを率いるヨアヒム・レーブ監督は同シーンについて「あれは危険なファウルだった。ザネは幸運にもケガをしないで済んだが、あれは骨折する可能性もあるものだった」とコメント。また、ザネ本人は「ファウルは悪質なものに見えたけど、僕の足首は全然大丈夫だよ」と無事を報告している。 2019.03.21 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

サウールがシティ移籍に近づく! 今夏100億円で加入か

マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が伝えている。 今夏の移籍市場でブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜獲得を最優先事項としているシティ。昨夏、今冬にはイタリア代表MFジョルジーニョやブラジル代表MFフレッジ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に相次ぎ失敗しており、これ以上の補強失敗は許されないところだ。 そして、シティが今夏に獲得を目指しているのが、強靭なフィジカル、テクニック、戦術眼を併せ持つリーガ屈指の万能型MFのサウールだ。 2017年7月に異例の9年契約をアトレティコと結んだサウールだが、ここ2シーズンでクラブが期待外れのシーズンを送っていることもあり、今夏ワンダ・メトロポリターノを離れることを考慮しているという。 また、アトレティコもチーム内のサラリー高騰や旧スタジアム跡地の売却の遅れの影響によって深刻な財政難に陥っており、主力放出に踏み切る情勢だ。 そのサウールに関しては中盤の世代交代を目指すバルセロナが強い関心を示しているが、『ESPN』はシティ移籍の可能性が濃厚だと主張している。 なお、アトレティコはサウールの移籍金として1億2000万ユーロ(約151億円)を求めていると言われているが、最終的には8000万ユーロ(約101億円)程度で獲得が可能だという。 2019.03.21 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ監督、過密日程の後半戦に向けて「選手全員が必要になる」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、シーズン後半に向けて「選手全員が必要になる」と口にした。<br><br>マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でシャルケを下し、準々決勝に進出。さらにFAカップの準々決勝ではスウォンジー・シティに勝利し、準決勝進出を決めた。プレミアリーグにおいても、1試合消化が少ない状態で首位リバプールに2ポイント差の2位につけており、シーズン終盤は過密日程の中、厳しい戦いに臨むこととなった。<br><br>ペップはこの後半戦に向けて、全員の力が必要と強調した。<br><br>「いつも我々は厳しくトレーニングして、できる限り上手く何度もプレーすることを求めている。それが選手全員がプレーする唯一の方法なんだ。我々がここまで来れたのは、たった11、12、13人のおかげではなく、全員のおかげということを忘れてはならない」<br><br>「全員がチームに貢献してくれて、それが大きな力になった。4月の日程は、かなり厳しい。だから選手全員が必要になるんだ」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 23:57 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップで物議のVARにモイーズが物申す! 英国の“EU離脱”と比較し持論を展開

マンチェスター・ユナイテッドやエバートンを指揮したデイビッド・モイーズ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関しての持論を展開した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 欧州の各リーグやFIFAが主催する大会で近年導入が進んでいるVARだが、プレミアリーグではまだ導入されておらず、2019-20シーズンからの導入が決定。今シーズンはFAカップで導入されている。 16日に行われたFAカップ準々決勝では、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドではVARが導入されていたものの、スウォンジーvsマンチェスター・シティの一戦ではスタジアムに設備がなく導入されていなかった。 さらに、逆転につながったシティの2ゴールは疑惑の判定とされ、VARが導入されていれば認められていないものであったとの見解が強い状況。ジョゼップ・グアルディオラ監督も謝罪するなど、VARに関しての問題がここにきて出ている状況だ。 この件を踏まえ、モイーズ氏はVARについてコメント。イギリスで大きな話題となっている、“EU離脱”を持ち出して語った。 「イギリスの全員がVARに対して完全に納得するとは思わない。決断を下すのに時間がかかりすぎると感じる。そして、それがいつ起こるのか、我々はハッキリとわかっているとは思わない」 「間違いを見たときは、それは非常に簡単なことだと思う。『VARを取り入れて、決定を下しましょう』というのは簡単だ」 「しかし、VARでは、正しいとは思えない多くの決定が出ていると思う。現時点では、Brexit(ブレグジット=イギリスのEU離脱)と同じぐらい悪いものだろう」 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース