鳥取、森岡隆三監督を解任…塚野社長「目標の勝ち点50、得点50、失点30の達成が困難であると判断」2018.06.04 16:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ガイナーレ鳥取は4日、森岡隆三監督(42)を解任したことを発表した。後任には須藤大輔氏(41)が就任することも併せて発表している。▽森岡氏は現役時代に鹿島アントラーズ、清水エスパルス、京都サンガF.C.でプレー。2002年には日本代表のフラット3の中心選手として日韓・ワールドカップにも出場していた。2008年に現役を退くと、2015年に京都U-18監督に就任、2017年には鳥取の監督に就任した。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで4勝9分け19敗の最下位で終了。今シーズンは開幕6戦無敗の好スタートを切ったが、そこから一転5試合勝利なし。2日に行われたJ3第12節のブラウブリッツ秋田戦では6戦ぶり白星を飾り、順位も7位に上げていたものの、今回解任されることとなった。

▽今回の件について鳥取の代表取締役社長を務める塚野真樹氏は、クラブ公式サイトで以下のように説明している。

「順調に勝ち点を積み重ねた序盤でございましたが、その後の試合結果から、現状のままでは掲げた目標である勝ち点50・得点50・失点30を達成することが困難であると判断し交代を決断致しました」

「森岡氏におかれましては、昨シーズンより今日まで、監督業務に全身全霊、真摯に取り組んで頂きました。またその他のクラブ業務にも積極的に関わって頂きました。そのご尽力に心より感謝申し上げます」

「シーズン中のリスタートとなりますが、サポーターの皆様をはじめ、多くの皆さんに感動をお届けできるよう最大の努力を続けて参ります。ガイナーレ鳥取へのご支援ご声援を何卒よろしくお願い致します」

▽また、解任された森岡氏は、以下のようにコメントしている。

「この度、ガイナーレ鳥取TOPチーム監督の任を解かれ、クラブを去ることとなりました。昨シーズンより1年半、苦しい時も常に応援してくださった全ての方々に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました」

「今期はクラブとしても戦う体制が整い、チーム状態も上向きつつある中、チームを去ることは本当に無念であり、選手たちに混乱を与えてしまったことも申し訳なく思います。私自身、全てをかけ、チームの勝利のために努めてきたことに偽りはなく、後悔もありません。今はただ、チームがより前を向き、選手たちがこれまで以上にピッチで躍動出来るよう、心より願っております」

「今日まで一緒に戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、苦しい時にもチームを支えてくださったサポーター、スポンサーの皆様、ガイナーレに関わる全ての皆様方に、改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

栃木、MF仙石廉が退団…期限付き先の鳥取とも満了

▽栃木SCは8日、MF仙石廉(28)の契約満了を発表した。 ▽仙石は柏レイソルでプロキャリアをスタート後、ファジアーノ岡山、AC長野パルセイロ加入を経て、2017年から栃木でプレー。今年8月に期限付き移籍でガイナーレ鳥取に加わったが、明治安田生命J3リーグ8試合にとどまった。 ▽同日に鳥取から期限付き移籍期間満了も発表された仙石は栃木の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今季限りで栃木SCから離れることになりましたが、このクラブの一員としてプレーできたことは、忘れることのない素晴らしい経験となりました。また、ここでの出会いや思い出は、人生における大きな財産となりました。栃木SCに携わる皆様の多大なるサポートに心より感謝申し上げます。大変お世話になりました。ありがとうございました」 2018.12.08 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥取、MF松本翔の契約満了を発表「ピッチで貢献出来なかったことが全て」

▽ガイナーレ鳥取は1日、MF松本翔(26)の契約満了を発表した。 ▽松本は、2018年にサウルコス福井から鳥取に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグに2試合出場していた。 ▽鳥取退団が決定した松本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「申し訳ないです。サッカー選手としてピッチでの貢献がなかなか出来なかったことが全てだと思います。ただ、このステージでまた戦えた事は幸せでしたし、毎日苦しかったですが、チームに何が出来るか、ピッチ内外共に一日一日やり切ってきたので後悔はありません」 「ファン、サポーターの皆さんをはじめ、ガイナーレに何も残せず鳥取を離れることは寂しいですが、一年間心温かく支えて下さり、ありがとうございました」 2018.12.01 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

J2復帰逃した鳥取、須藤大輔監督が就任半年で退任

▽ガイナーレ鳥取は30日、須藤大輔監督(41)の退任を発表した。 ▽須藤監督は今年6月に森岡隆三前監督の解任に伴い、後任として鳥取を指揮。だが、ここまで明治安田生命J3リーグ14勝8分け9敗の4位にとどまり、J2復帰の可能性が消滅した。 ▽わずか半年間で監督の座を降りることとなった須藤監督はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「如何なる時もガイナーレ鳥取を愛し、応援して下さっているファン、サポーターの皆様、スポンサー、株主の皆様、そしてガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様、1年間熱い応援をありがとうございました。今シーズンの目標でありましたJ2昇格という目標を達成出来ず皆様に大変残念な想いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした」 「そんな中、どんな状況になろうと直向きに、最後まで諦めず全力で戦い抜いた選手達を誇りに思います。その選手達をJ2の舞台に立たせてあげられなかった責任は監督の私にあります。申し訳ございませんでした」 「プロフェッショナルである以上、結果が全てだと言うことは間違いありません。ただ、私の哲学それはサッカーはエンターテイメントだと!観ている人の心を揺さぶる! 観ている人に勇気や希望、感動を与える! 何よりプレーしている選手が楽しんで欲しい! そんなサッカーを選手と共にピッチで表現して参りました。攻撃的にアグレッシブに最後まで直向きに走り続ける! 3点取られても4点取るという気概を持って臨む! 選手達には常々伝えており、それに応え走り続けてくれた選手達に感謝すると共に、皆様には彼等に大きな賛辞を送って欲しいと思います!」 「私、須藤大輔は今シーズンをもちまして家庭の事情により、ガイナーレ鳥取の監督を退任致します。J2昇格という目標を達成出来ず、悔しさと申し訳なさで一杯であり、来年こそは悲願を達成したいという気持ちが大きかっただけに、今回の決断は非常に迷いましたが、私の気持ちを汲んでいただき、私の意思を尊重して下さった関係者の皆様に感謝させていただきたいと思います。 ガイナーレ鳥取の明るい未来、来年のJ2昇格を信じております」 「半年間という短い期間でしたが温かく応援してくださった皆様に感謝すると共に、御礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。サッカー、スポーツには力があります! その力で全ての人が幸せになれますように!」 ▽鳥取は12月2日に行われる最終節、藤枝MYFCをホームに迎え撃つ。 2018.11.30 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取、DF奥田裕貴ら4選手と契約満了

▽ガイナーレ鳥取は29日、FW原口拓人(26)やDF奥田裕貴(26)、MF曽我大地(20)、FW畑中槙人(22)との契約満了を発表した。 ▽原口や曽我、畑中は今シーズンの公式戦で出番なし。奥田は公式戦21試合に出場した。 ▽退団が決定した4選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆原口拓人 「2年間という短い間でしたが、ガイナーレ鳥取の選手としてプレーできたことが幸せでした。ファン、サポーターのみなさん、いつも応援していただきありがとうございました。ここから這い上がれるように頑張ります」 ◆奥田裕貴 「応援してくださった皆さんと、昇格して一緒に笑顔で喜ぶ事ができず、このチームを去る事になり本当に残念です。ガイナーレ鳥取の素晴らしいファン、サポーターの皆さんと共に闘えた事は自分の誇りであり、本当に幸せでした。1年間という短い期間でしたが応援ありがとうございました。鳥取の自然豊かな素晴らしい環境が大好きです!! 1年間本当にありがとうございました」 ◆曽我大地 「ユースからの6年間お世話になりました!なかなか試合に絡むことができず、残念な気持ちでいっぱいです。たくさんの応援ありがとうございました!」 ◆畑中槙人 「ユース3年トップチーム4年の計7年応援ありがとうございました!温かい人達ばかりで鳥取県が好きになりました!次のステージで活躍できるように頑張ります」 2018.11.29 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥取が「Jリーグ育成マッチデー」で1位に! 育成報奨金400万円をゲット!

▽Jリーグは5日、2018シーズンの「Jリーグ育成マッチデー」の全日程が終了。ガイナーレ鳥取が1位となったことを発表した。鳥取には、400万円の育成奨励金が付与される。 ▽「Jリーグ育成マッチデー」は、将来有望な若手選手の積極的な強化・育成機会の創出を目的として、参加を希望するクラブを対象に、今シーズン初めて開催。試合出場機会の少ない、23歳以下の選手の試合出場時間や、公式戦に近い環境で開催された試合に対してポイントが付与され、その合計によって順位が決定された。 ◆最終順位 1位:16(5/0/5/6/0) ガイナーレ鳥取 2位:11(5/2/4/0/0) ファジアーノ岡山 3位:10(3/2/2/3/0) レノファ山口FC 4位:9(3/3/3/0/0) サンフレッチェ広島 不参加:0(0/0/0/0/0) 北海道コンサドーレ札幌 横浜FC ※合計(試合数/試合結果/23歳以下出場時間/試合環境/アウェイ遠征) ▽5月13日の鳥取vs山口を皮切りに、8試合が実施。11月5日に岡山vs山口が行われ、全日程が終了した。 【試合結果】 ▽5/13(日) ガイナーレ鳥取 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 レノファ山口FC</span>(チュスタ) 【鳥取】 松本翔(前21) 山本蓮(後19) 【山口】 髙橋壱晟(前2) 廣田隆治(前18) 平田健斗(後15) 大石治寿(後17) ▽5/20(日) ファジアーノ岡山 3-3 ガイナーレ鳥取(政田) 【岡山】 増田繁人(前7) 下口稚葉(後32) 武田拓真(後45+4) 【鳥取】 那須甚有(前14) 東條敦輝(後30) 林誠道(後35) ▽6/18(月) ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ファジアーノ岡山</span>(チュスタ) 【鳥取】 ヴィートル・ガブリエル(前37) 【岡山】 藤本佳希(前8) 福元友哉(後9) ▽6/24(日) ファジアーノ岡山 中止 レノファ山口FC(政田) ▽8/6(月) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンフレッチェ広島 1</span>-0 ファジアーノ岡山(吉田) 【広島】 工藤壮人(前2) ▽8/19(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口FC 3</span>-1 ガイナーレ鳥取(下関) 【山口】 高木大輔(前10) 大﨑淳矢(後15) 大石治寿(後23) 【鳥取】 林誠道(前44) ▽9/30(日) ガイナーレ鳥取 中止 サンフレッチェ広島(チュスタ) ▽10/7(日) ファジアーノ岡山 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">6 サンフレッチェ広島</span>(政田) 【岡山】 リカルド・サントス(前37) 福元友哉(前42) 武田拓真(後2) 【広島】 工藤壮人(前5) ベサルト・ベリーシャ(前10) 馬渡和彰(前29) ベサルト・ベリーシャ(後21) 渡大生(後38) 森島司(後45+4) ▽10/21(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンフレッチェ広島 1</span>-0 ガイナーレ鳥取(吉田) 【広島】 ベサルト・ベリーシャ(前24) ▽11/5(月) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 4</span>-1 レノファ山口FC(政田) 【岡山】 大竹洋平(前39) リカルド・サントス(後17) 武田拓真(後34) リカルド・サントス(後45+2) 【山口】 岸田和人(前29) 【ポイントルール】 競技成績による順位決定は行わず、ポイントルールにて順位決定を行う ◆ポイント付与基準 ポイント付与ルールとポイント数 ◆試合数と試合結果 1試合/1ポイント、勝ち/1ポイント(負け、引き分け/0ポイント) ◆23歳以下選手の出場時間 23歳以下選手の年間出場時間を合計し、出場時間の多い上位5クラブにポイント付与 1位/5ポイント、2位/4ポイント、3位/3ポイント、4位/2ポイント、5位/1ポイント ◆試合環境(スタジアム開催等) 公式戦に近い環境(スタジアム使用等)での試合開催に1試合/ホームクラブに3ポイント ◆アウェイ遠征(遠征距離基準) 原則片道300km以上の遠征をしたビジタークラブに1ポイント 【育成奨励金付与】 1位:4,000,000円 2位:3,000,000円 3位:2,000,000円 4位:1,000,000円 5位:500,000円 6位:300,000円 ※育成奨励金の配分対象となるには、1チーム当たり最低3試合の実施を要件とする 【会場情報】 ・政田サッカー場(政田) 岡山県岡山市東区升田614-11 ・チュウブYAJINスタジアム(チュスタ) 鳥取県米子市安倍1-1 ・下関市営下関陸上競技場(下関) 山口県下関市向洋町1-10-1 ・吉田サッカー公園(吉田) 広島県安芸高田市吉田町西浦187-1 2018.11.05 19:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース