ムバッペの身体のヒミツ2018.06.03 20:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペのコンディショニングの秘訣を、同選手のアドバイザーが語った。フランス『ル・パリジャン』でのインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。▽モナコでブレイクを果たし、昨年の夏に買取オプション付きのレンタルでPSGに加入したムバッペ。今シーズンも公式戦46試合21ゴール16アシストの記録を残したが、同選手のアドバイザーによると今がピークではないようだ。


「世界でもトップ10のクラブに入団して、(キリアン・)ムバッペは最高レベルの方法で努力してきた」

「今シーズン、彼は1センチメートル伸びたよ」

「彼の筋肉の発達は未だ終わりを迎えていない。あと1年半は続くだろう。彼が21歳になるまでね」

「その時点で、彼の上半身は自然に強化されるはずだ。彼の肩はさらに肥大化する」

「彼は機械的に更なるスピード、爆発力、技術的アビリティーを得ることになる」

▽また、ムバッペは身体的に素晴らしい状態を保っており、その秘訣はタラソテラピーという海水ベースの民間療法にあるという。タラソテラピーとはフランスのブリュターニュで発祥した療法であり、海の恵みを利用して内側からの健康と美を保つことを目的としたものだ。具体的には、海水に浸かりミネラルを肌から吸収するものや、潮風に当たる方法、海藻のペーストを身体に塗るものがある。
コメント
関連ニュース
thumb

大規模デモ影響で延期となったリーグ・アン第17節の代替開催日が決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は12日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、延期されたリーグ・アン第17節の代替開催日を発表した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、第17節の開催が予定されていた8日にもSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、パリ・サンジェルマンvsモンペリエやトゥールーズvsリヨン、サンテチェンヌvsマルセイユなど計6試合が延期となっていた。 ▽LFPの発表によれば、代替日は2019年1月15、16日に決定。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆リーグ・アン第17節 ▽2019年1月15日 《27:00》 アンジェ vs ボルドー 《29:00》 パリ・サンジェルマン vs モンペリエ ▽2019年1月16日 《27:00》 トゥールーズ vs リヨン ニーム vs ナント モナコ vs ニース 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.12 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、首位通過に満足げ…ネイマール&カバーニとの関係性にも言及

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペが、決勝トーナメント進出に満足する様子を見せた。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。<br><br>PSGは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。ムバッペ、ネイマール、エディンソン・カバーニらのゴールで4-1と勝利し、首位で決勝トーナメント進出を決めた。ムバッペは満足げな表情でこのように語っている。<br><br>「僕らは満足している。決勝トーナメントへ進むことができたし、自分たちの仕事ができた。これからはリーグと国内カップに一度集中する。2月にまたチャンピオンズリーグにフォーカスするよ」<br><br>また、前線で違いを作ったネイマールとカバーニにも言及。「2人の偉大な選手とプレーができて幸運」と話し、このように続けた。<br><br>「今日のようなプレーができていれば、それは全員にとっていいことだ。カバーニはクラブの歴史上トップスコアラーだし、ネイマールは世界最高の選手の一人だ。輝くためにはお互いが必要なことはわかっているし、それはチームのためにもなる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣揃い踏みのPSG、ツルヴェナに圧勝して首位通過《CL》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節でツルヴェナ・ズヴェズダとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。この結果、首位でのグループステージ突破を決めている。 ▽前節リバプール戦を2-1と勝利して2位に浮上したPSG(勝ち点8)は、引き分けでも突破となる中、1-1で引き分けた1週間前のストラスブール戦で温存されていたネイマールやムバッペ、チアゴ・シウバら主力がスタメンに戻った。 ▽[4-2-1-3]を採用したPSGは3トップに右からディ・マリア、カバーニ、ムバッペ、トップ下にネイマールを配した。そのPSGがポゼッションする立ち上がりとなると、9分にあっさり先制する。ムバッペが左サイドをスピードで振り切ってボックス左に侵入。丁寧なパスをゴール前に詰めていたカバーニが難なく押し込んだ ▽先制後も敵陣でポゼッションを続けるPSGは、31分にネイマールとディ・マリアが立て続けに決定的なシュートを浴びせると、40分に加点する。ムバッペのパスを受けた左サイドのネイマールがボックス左からカットインし、冷静にシュートを決めきった。 ▽余裕の展開で2点をリードしたPSGは迎えた後半、ツルヴェナの反撃を受けると56分に失点する。クロスボールのルーズボールをボックス右のゴベルジッチにボレーで決められた。 ▽1点差に詰め寄られたPSGだったが、徐々に反撃に出ると、74分に左サイドからのディ・マリアのFKをマルキーニョスがヘッドで流し込んで3-1。さらに追加タイム2分にもムバッペが決めて攻撃陣揃い踏みのPSGが快勝。ナポリがリバプールに敗れたため、首位での決勝トーナメント進出を決めている。 2018.12.12 07:17 Wed
twitterfacebook
thumb

内転筋に問題抱えるネイマール、CL大一番は間に合う?ムバッペ「クオリティを証明するはず」

パリ・サンジェルマン(PSG)FWネイマールは、ツルヴェナ・ズヴェズダとの大一番に問題なく出場できるようだ。フランス『RMC』が伝えた。<br><br>ブラジル代表として参加した先月の代表ウィーク以来、内転筋の問題が続いているネイマール。24日のリーグ・アン第14節を欠場すると、続く第15節は57分で途中交代に。そして第16節はメンバー外となっており、状態が心配されていた。<br><br>PSGは11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ最終節で、決勝トーナメント進出をかけてツルヴェナとの大一番に挑む。前日会見に出席したトーマス・トゥヘル監督だが、ネイマールは間に合うだろうと語っている。<br><br>「9日には個別トレーニングを受け、(会見後には)全体練習に参加するだろう。通常通り走ることができれば、彼はプレーする」<br><br>そして、キリアン・ムバッペもブラジル代表FWの出場は問題ないと語っている。<br><br>「明日プレーするだろうね。そして、僕らを助けるためにそのクオリティを証明するはずだ」<br><br>「最近は僕らと一緒に多く練習できたわけではないが、彼のような選手には問題ない。どんどん良くなっているよ」<br><br>大混戦となったグループCで、勝ち点8で2位につけるPSG。ツルヴェナ戦では、勝利すれば無条件で決勝トーナメント進出が決定する。<br>><br>提供:goal.com 2018.12.11 21:27 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG最大級スポンサーがネイマールをアンバサダーに任命! 去就に影響?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)の移籍は、しばらく先の話になるかもしれない。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したネイマール。初年度となった昨シーズンは、負傷により後半戦の大部分を離脱したにもかかわらず公式戦30試合28ゴール16アシストの数字を叩き出し、今シーズンもここまでの公式戦18試合15ゴール7アシストと活躍を続けている。 ▽しかし、先月末にバルセロナのTV局『Beteve』が、「PSGは、ネイマールのスペイン復帰を2億ユーロ(約257億円)で容認するとして、暫定合意に至った」と報道。FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)による処罰回避のために、フランス代表FWキリアン・ムバッペかネイマールの売却に迫られている、としたフランス『レキップ』の記事は公に否定したものの、レアル・マドリー移籍やバルセロナ復帰などの噂が絶えず囁かれている。 ▽そんな中、先日にカタール国立銀行(QNB)グループがネイマールをグローバル・アンバサダーに任命したと発表。ネイマールの父親であるサントス氏と、QNBのゼネラルマネージャー(GM)を務めるユセフ・ダーウィッシュ氏が契約書にサインし、ネイマールのマーケティング権は全てQNBグループのものとなった。 ▽また、QNBはPSG最大のスポンサーの1つであり、シャツの袖部分にもイニシャルがプリント。したがって、今回のグローバル・アンバサダー就任はネイマールの囲い込みともとれ、PSGサイドが去就に関する噂をしばらく鎮静させることを狙っているのではないか、と『マルカ』は伝えている。 2018.12.11 09:10 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース