ムバッペの身体のヒミツ2018.06.03 20:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペのコンディショニングの秘訣を、同選手のアドバイザーが語った。フランス『ル・パリジャン』でのインタビューを、スペイン『マルカ』が伝えている。▽モナコでブレイクを果たし、昨年の夏に買取オプション付きのレンタルでPSGに加入したムバッペ。今シーズンも公式戦46試合21ゴール16アシストの記録を残したが、同選手のアドバイザーによると今がピークではないようだ。


「世界でもトップ10のクラブに入団して、(キリアン・)ムバッペは最高レベルの方法で努力してきた」

「今シーズン、彼は1センチメートル伸びたよ」

「彼の筋肉の発達は未だ終わりを迎えていない。あと1年半は続くだろう。彼が21歳になるまでね」

「その時点で、彼の上半身は自然に強化されるはずだ。彼の肩はさらに肥大化する」

「彼は機械的に更なるスピード、爆発力、技術的アビリティーを得ることになる」

▽また、ムバッペは身体的に素晴らしい状態を保っており、その秘訣はタラソテラピーという海水ベースの民間療法にあるという。タラソテラピーとはフランスのブリュターニュで発祥した療法であり、海の恵みを利用して内側からの健康と美を保つことを目的としたものだ。具体的には、海水に浸かりミネラルを肌から吸収するものや、潮風に当たる方法、海藻のペーストを身体に塗るものがある。
コメント
関連ニュース
thumb

リーガ復帰説に終止符へ? ネイマール、PSGと契約延長に向けて交渉中

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)に契約を延長する可能性が出てきた。スペイン『マルカ』が伝えている。 2017年夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(約276億円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。新天地フランスでも抜群の攻撃性能を発揮し続けているが、世紀の移籍から間もなくしてバルセロナ復帰説やレアル・マドリーへの移籍の噂が度々、伝えられている。 これまで幾度となくPSG退団の可能性を否定してきた代理人を務めるネイマールの父親だが現在、同選手がPSGと契約延長に向けた話し合いを行っていることを明言。さらに、同クラブを退団する可能性を改めて否定している。 「(PSGを)退団する可能性はほとんどない。彼には3年間の契約が残っており、今は新契約の締結に向けて話し合っているところだ」 「ネイマールの名前は常に移籍市場の中で飛び交う。そこに何も意味はない。(そういうことは)ネイマールが17歳の頃から変わっていない」 2019.03.26 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのメガサラリーに対抗?! アーセナルがA・エレーラ獲得に挙手

アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン人MFアンデル・エレーラ(29)獲得を目指しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が浮上したA・エレーラ。ユナイテッドからの現行契約が今シーズン限りとなっているものの、1年間の契約延長にサインする可能性も伝えられていたが、週給15万ポンド(約2200万円)という莫大なサラリーでのオファーが報じられ、紙面を賑わせた。 とはいえ、『メトロ』によれば、A・エレーラは未だ将来に関する決定を下してはおらず。MFアーロン・ラムジーの今夏退団が決まっているアーセナルが、同選手の後釜として獲得の可能性を探っているようだ。 報道によると、アーセナルはPSGに匹敵する待遇を準備しているとのこと。しかし、A・エレーラ当人がプレミア残留に前向きでいるとされる一方、同じ国のライバルでもあるユナイテッドの選手と契約解除前に連絡を取ることは出来ず。先に接触することが可能なPSGが優位を得ているかもしれない。 2019.03.26 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

超ビッグオファー! マドリー、ムバッペ獲得に349億円準備か

レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)獲得に莫大な資金を投入するようだ。スペイン『マルカ』が、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』で大々的に扱われたことを報じている。 今シーズンを主要タイトル無冠で終えることが濃厚となり、来シーズンに向けてジネディーヌ・ジダン監督を復任させたマドリー。フロレンティーノ・ペレス会長が大型補強を準備していることが伝えられており、チェルシーMFアザールやPSGのFWネイマールなど、スター選手への関心が根強く囁かれている。 そして、『フランス・フットボール』は“オペレーション・ムバッペ”と題したマドリーのムバッペ獲得に関する記事を一面に大きく掲載。2億8000万ユーロ(約349億円)もの大金が投じられる可能性を報じた。 モナコで成長を遂げ、2017年夏に1億8000万ユーロ(現在のレートで約224億円)の買い取りオプション付きレンタルでPSGに加入したムバッペ。その破格の才能から次代のNo.1プレーヤー筆頭とも見られており、ジダン監督も「彼を指導できたら幸せだろう」と高く評価していた。 2019.03.26 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、トゥヘルと契約更新へ

フランス『Telefoot』が、パリ・サンジェルマン(PSG)とトーマス・トゥヘル監督(45)が新契約を締結したと報じている。 昨年5月に前任のウナイ・エメリ監督の後を引き継いでフランス王者の指揮官に就任したトゥヘル監督。フランス初挑戦ながら、元ドルトムント指揮官はここまでの公式戦43試合で35勝4分け4敗という好成績を記録。その勝率はエメリ政権下よりもわずかに高いという。 クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、今季はマンチェスター・ユナイテッドにまさかの逆転負けを喫し、その夢はベスト16で潰えることになった。とはいえ、リーグ戦では28戦25勝2分け1敗と、2連覇をほぼ手中に。また、前任者が問題視されていた選手やクラブとの関係も良好な点を鑑みて、首脳陣は契約を1年延長することを決意。この度、2021年までの新契約を結んだようだ。 伝えられるところによると、今後数日のうちに公式発表がなされる見込みで、トゥヘル監督招へいに興味を示していたとされるバイエルンもこれで手を引かざるを得なくなったようだ。 2019.03.25 15:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに今夏クロース獲得の可能性!

マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(29)を獲得する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じた。 2014年夏にバイエルンからマドリーに移籍したクロース。現在ではマドリーでも重要な選手の1人となっており、“メトロノーム”とも称される正確無比なプレーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇にも大きく貢献した。 しかし、今シーズンのマドリーは既にCL、コパ・デル・レイを敗退しており、リーガエスパニョーラでも首位バルセロナと勝ち点差12の3位と優勝は絶望的。今シーズンの低迷を味わったクロースは、他のクラブでキャリアの再建を図ろうとしているという。そして、『サン』によれば、ユナイテッドに移籍金5000万ポンド(約73億円)でのクロース獲得の可能性があるとのことだ。 ユナイテッドは、以前にもクロース獲得に接近。2013-14シーズンに同クラブを率いていたデイビッド・モイーズ氏が、「トニ・クロースは、私と共にマンチェスター・ユナイテッドに加入することに同意しており、彼と彼の妻にも会った。私たちは全ての面で合意に至っていた」と明かしており、2013夏に加入一歩手前まで交渉が進められていたことを示唆している。 そして、現指揮官のオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督もクロースの獲得を標榜。同選手のサラリーを確保するために、スター選手3人の放出を計画していることも伝えられている。 とはいえ、クロースにはパリ・サンジェルマン(PSG)も注視。6800万ポンド(約99億円)の高額な移籍金に加え、現行の1.5倍という魅力的な年俸でのオファーを打診していると見られている。 2019.03.23 16:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース