アトレティコ、グリーズマン後釜にトヴァンを注視! 2018.06.03 14:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーが、マルセイユのフランス代表FWフロリアン・トヴァン(25)に興味を示している。スペイン『アス』が報じた。

▽アトレティコでは、エースのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンにバルセロナ移籍の噂がつきまとっており、先日には当人が6月14日に開幕を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)までに去就が決定となることを示唆していた。

▽『アス』によるとアトレティコはグリーズマンの慰留に努めているそうだが、万が一の為の“プランB”として後釜を探しているという。その中で最優先となっているのが、日本代表DF酒井宏樹の同僚でもあるトヴァンだ。

▽トヴァンは今シーズン、公式戦54試合に出場して26ゴール18アシストと大活躍。公式戦49試合29ゴール15アシストを記録したグリーズマンと数字が似通っていると、記事は指摘している。
コメント
関連ニュース
thumb

タグリアフィコ、移籍金25億円に設定か バルセロナは獲得に難色

アヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(26)の移籍金額が設定されたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 先月末に、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)との契約を2024年6月末まで延長したことを発表したバルセロナ。不動の左サイドバックの確保に成功し、契約解除金を5億ユーロ(約630億円)に設定したことで当面の不安も無くなった。 しかし、ジョルディ・アルバの年齢や例年の過密日程を踏まえて、バルセロナは今夏の移籍市場で左サイドバックの補強を標榜。そして、そのうちの候補の1人として挙げられているのがタグリアフィコだ。 母国のバンフィールド、インデペンディエンテでのプレーを経て昨年1月にアヤックスに加入したタグリアフィコは、左足のキック精度と攻撃性能に長けた左サイドバック。今シーズンもここまでの公式戦34試合で5ゴール5アシストを記録しており、アルゼンチン代表においても昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)で同国の全4試合に出場し、その後の親善試合でも主将を務めている。 今回の報道によれば、タグリアフィコの移籍金が恐らく2000万ユーロ(約25億2000万円)に設定されたとのこと。しかし、バルセロナはあくまでジョルディ・アルバのバックアップとしての役割を求めており、この金額に難色を示しているようだ。とはいえ、アーセナルやアトレティコ・マドリーからの関心も以前に伝えられており、去就が見守られる選手の1人となっている。 2019.03.22 09:10 Fri
twitterfacebook
thumb

“股間パフォ”のC・ロナウドにUEFAが250万円の罰金処分! 出場停止は回避!

欧州サッカー連盟(UEFA)は、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが先日のアトレティコ・マドリー戦で行った“股間パフォーマンス”に対して2万ユーロ(約250万円)の罰金処分を科すことを決めた。『Sky Sport Italia』が伝えている。 C・ロナウドは12日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコとホームで対戦し、圧巻のハットトリックを決めてチームを3-0の勝利に導いた。そして、ユベントスは2戦合計スコアを3-2とし、逆転でベスト8進出を果たした。 劇的な逆転突破を決めた同選手は、興奮冷めやらぬ試合後、スタンドの前で両手で股間を囲うパフォーマンスを披露。自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調していた。 この“股間パフォーマンス”に関しては1stレグで対戦相手のディエゴ・シメオネ監督が行ったパフォーマンスへのお返しとして話題になっていた。 その後、UEFAはこのパフォーマンスに関して不適切なジェスチャーの可能性があるとして公式な調査開始を発表し、同選手に処分を下すことを決定。そして、その処分内容は先日にシメオネ監督に科したものと同等の2万ユーロの罰金処分となった。 一部ではC・ロナウドが同パフォーマンスを行った場所がアトレティコファンの集まったアウェイスタンドの前であったことから、相手サポーターへの挑発行為の可能性を指摘し、出場停止などのより重い処分が科されるのではないかと伝えられていた。 しかし、今回の処分は罰金処分にとどまったため、C・ロナウドは4月10日に行われるアヤックスとの準々決勝1stレグにも出場可能だ。 2019.03.22 00:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今夏のNo.1ターゲットはメルテンスか

アトレティコ・マドリーが、ナポリのベルギー代表FWドリエス・メルテンス(31)を夏のトップターゲットに設定したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』がスペイン『Cadena Cope』の情報をもとに伝えている。 2014年の加入以降、主力として活躍し続けてきたメルテンス。FWゴンサロ・イグアインが退団して迎えた2016-17シーズンには、ポジションをウイングからセンターFWに移し、リーグ戦35試合で28ゴール11アシストを記録するなど、長らくナポリの攻撃を牽引してきた。 だが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今季は、ここまで公式戦36試合の出場で12ゴール11アシスト。悪くない成績だが、途中出場も多く、これまでと比べるとやや見劣りする。 絶対的選手とは言えない立場となっている中、攻撃陣の強化を図るアトレティコがベルギー代表FWに興味。同クラブはリーグ戦15試合で2ゴールというFWニコラ・カリニッチのパフォーマンスに不満を抱えており、それに代わるゴールハンターの獲得に動いているとされている。 メルテンスとナポリの契約は2020年までとなっているため、年齢を考慮してもそれほど高額な移籍金にはならないと予想されている。なお、今冬の移籍市場では中国が触手を伸ばしていることも伝えられていた。 2019.03.21 16:52 Thu
twitterfacebook
thumb

サウールがシティ移籍に近づく! 今夏100億円で加入か

マンチェスター・シティがアトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(24)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が伝えている。 今夏の移籍市場でブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜獲得を最優先事項としているシティ。昨夏、今冬にはイタリア代表MFジョルジーニョやブラジル代表MFフレッジ、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得に相次ぎ失敗しており、これ以上の補強失敗は許されないところだ。 そして、シティが今夏に獲得を目指しているのが、強靭なフィジカル、テクニック、戦術眼を併せ持つリーガ屈指の万能型MFのサウールだ。 2017年7月に異例の9年契約をアトレティコと結んだサウールだが、ここ2シーズンでクラブが期待外れのシーズンを送っていることもあり、今夏ワンダ・メトロポリターノを離れることを考慮しているという。 また、アトレティコもチーム内のサラリー高騰や旧スタジアム跡地の売却の遅れの影響によって深刻な財政難に陥っており、主力放出に踏み切る情勢だ。 そのサウールに関しては中盤の世代交代を目指すバルセロナが強い関心を示しているが、『ESPN』はシティ移籍の可能性が濃厚だと主張している。 なお、アトレティコはサウールの移籍金として1億2000万ユーロ(約151億円)を求めていると言われているが、最終的には8000万ユーロ(約101億円)程度で獲得が可能だという。 2019.03.21 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、グリーズマンに関心なし 西紙力説

スペイン『マルカ』がバルセロナのアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(27)獲得説を否定した。 昨夏にバルセロナ移籍の見方が強まったものの、最終的にアトレティコ・マドリー残留を決めたグリーズマン。その際に2023年6月30日までの新契約にサインも交わしたが、先日のフランス『レキップ』が報じたところによれば、バルセロナが昨夏に続き今夏の獲得に再び関心を抱いており、グリーズマン自身もチャンピオンズリーグ(CL)敗退のショックで移籍を考慮しているというのだ。 だが、『マルカ』はグリーズマンのバルセロナ移籍話を一蹴した。それはバルセロナが探すウルグアイ代表FWルイス・スアレス(32)の後継者として求めるタイプと異なるから。現有戦力と共存可能できるかどうかも見極め基準に掲げるなかで、フランクフルトのセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)やセルタのウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)ら候補リストに、グリーズマンはいない模様だ。 また、バルセロナの選手陣においても、グリーズマンを歓迎する声があまり聞こえてこないという。そして、バルセロナはアトレティコ・マドリーに契約解除金として1億2000万ユーロ(約151億5000万円)を支払うのであれば、他の選手に投じたい意向。そのため、バルセロナのグリーズマンに対する熱は昨夏と比べると、冷めているとのことだ。 2019.03.19 18:35 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース