レアル・マドリーのC・ロナウド…チームメートは退団、クラブは残留を信じる2018.06.03 08:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
チャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦終了後にレアル・マドリー退団を示唆したFWクリスティアーノ・ロナウドだが、チームメートは同選手からその意思を伝えられていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

C・ロナウドはリバプールを3−1で下し、CL三連覇を達成した直後に「マドリーにいられて幸せだった。これから数日の間に、いつもそばにいてくれたファンに一つの返答をしたい」と発言していた。『マルカ』曰く、C・ロナウドはそのリバプール戦の数週間前に、チームメートに対してレアル・マドリー退団を希望していることを伝えていたとのことだ。

リヴァプール戦直後の発言について、チームのキャプテンたちは不適切なタイミングだとC・ロナウドに警告をしていたようだが、ポルトガル代表FWはレアル・マドリーでの最後の試合を終えたという感慨でもって、そう語るに至ったとみられる。

このためレアル・マドリーの選手たちは、C・ロナウドの退団がすでに既成事実になっていると捉えている様子。その一方でクラブは、C・ロナウドの言動に対して憤りを感じながらも、その去就については退団の恐れはないと落ち着き払っているようだ。

レアル・マドリーはC・ロナウドと2021年まで契約を結んでおり、そしてその契約解除金が10億ユーロ(1277億円)であることを理由に、同選手の残留に自信を持っている模様。クラブ幹部の多くは、C・ロナウドの最近の言動がはったりに似たもので、最終的には残留することを見込んでいるという。

なおC・ロナウドは、バルセロナFWリオネス・メッシ、パリ・サンジェルマンFWネイマールの約半分となる年俸2100万ユーロ(約27億円)に不満を持っており、レアル・マドリーから新契約を提示されることを待っているともされる。しかしクラブ側は今のところ、今年2月に33歳を迎えた同選手の希望に沿う新契約を用意していないようだ。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース