鈴木欠場のヒムナスティックがホーム最終戦で首位ラージョを撃破! 井手口所属のレオネサが敗戦で3部降格が決定…《セグンダ・ディビシオン》2018.06.03 05:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2日にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)最終節の10試合が行われた。

▽日本人DF鈴木大輔の所属する15位のヒムナスティック(勝ち点49)は、首位に立つラージョ・バジェカーノ(勝ち点76)とホームで対戦し、2-0で勝利した。この結果、ヒムナスティックはセグンダ残留を決めた。

▽なお、鈴木は2試合連続のベンチ外となっている。試合が動いたのは12分、右サイドを持ち上がったカカバーゼがバイタエルエリア手前でクロスを供給。これに反応したアルバロ・バスケスがニアサイドからヘディングでゴールに流し込んだ。

▽先制点で勢いづくヒムナスティックは、31分にもカカバーゼの右クロスをバレイロがバイシクルシュートで流し込み、追加点を奪った。

▽結局、後半もスコアは動かず。ヒムナスティックが2-0でホーム最終戦を勝利で飾り、セグンダ残留を決めた。なお、同時刻開催のオビエドvsウエスカは2位のウエスカが1-2と敗戦したため、ラージョがセグンダ・ディビシオン初優勝を飾った。

▽また、日本代表MF井手口陽介の所属する17位のクルトゥラル・レオネサ(勝ち点48)は、敵地でプレーオフを目指す8位ヌマンシア(勝ち点62)と対戦し、1-2で敗戦した。井手口はロシアW杯に出場する日本代表に帯同しているため、欠場している。

▽試合は、7分にヌマンシアがギシェルモのゴールで先制すると、80分にもメディーナのゴールで追加点。レオネサは直後の83分にロドリのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。

▽なお、降格圏を争う14位のアルコルコン(勝ち点49)は、13位レウス・デポルティウに3-0で完勝。一方、19位のアルメリア(勝ち点47)は、12位ルーゴ(勝ち点54)と1-1のドローに終わった。

▽この結果、レオネサとアルメリアが勝ち点48で並んだが、当該成績でアルメリアが1勝1分けのため、レオネサのセグンダB(スペイン3部)降格が決定した。

◆スペイン2部最終節 結果
▽6/2(土)
バジャドリー 2 -0 オサスナ
グラナダ 2 -1 カディス
バルセロナB 0- 2 サラゴサ
コルドバ 3 -0 スポルティング・ヒホン
ルーゴ 1-1 アルメリア
ヌマンシア 2 -1 レオネサ
テネリフェ 1-1 アルバセテ
オビエド 2 -1 ウエスカ
ヒムナスティック 2 -0 ラージョ
アルコルコン 3 -0 レウス・デポルティウ

▽6/1(金)
ロルカ 2 -1 セビージャ・アトレティコ

コメント

関連ニュース

thumb

【先週末の海外日本人結果】中島翔哉&南野拓実の両日本代表戦士がゴール!

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽ポルティモネンセに所属するFW中島翔哉は23日に行われたポルトガルリーグ第5節のギマランエス戦に先発した。5分に今シーズンの自身初得点をマークすると、69分にも味方のゴールをアシスト。2-2で迎えた86分には決勝弾を挙げ、チームのシーズン初勝利に大きく貢献した。 ▽ザルツブルクに所属するMF南野拓実は23日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第8節のラピド・ウィーン戦に先発。ゴールレスで迎えた36分にチームの先制点となるシーズン2得点目をマークした。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 H 3-1 ハダースフィールド 〇 85分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328575">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A 0-3 リバプール ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328571">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 0-0 クリスタル・パレス △ 81分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328576">詳細ニュース</a> ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 H 0-2 アトレティコ・マドリー ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328578">詳細ニュース</a> [ベティス]乾貴士 H 2-2 ビルバオ △ 78分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328711">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 1-1 ホッフェンハイム △ 70分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328566">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 0-2 ニュルンベルク ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 0-2 ニュルンベルク ● 前半のみプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 2-0 ハノーファー 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328570">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 H 1-1 ライプツィヒ △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=328701">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 3-2 アウグスブルク 〇 ベンチ入りせず [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 0-0 シュツットガルト △ ベンチ入りも出場せず ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 2-4 リヨン ● フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 H 3-1 アミアン 〇 ベンチ入りせず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 3-3 エクセルシオール △ 前半のみプレー [フローニンヘン]堂安律 H 1-3 AZ ● フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 A 0-3 アクヒサル ● フル出場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 H 2-1 ラピド・ウィーン 〇 フル出場、36分に今季2ゴール目を記録 [ヴァッカー・インスブルック]財前淳 H 1-3 アドミラ ● ベンチ入りも出場せず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 H 3-2 ギマランエス 〇 フル出場、6分と86分にゴールを記録 ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 H 1-1 スパルタク・モスクワ △ 83分からプレー ◆ベルギーリーグ [アンデレヒト]森岡亮太 A 2-1 スタンダール・リエージュ 〇 65分までプレー [シント=トロイデン]遠藤航 H 2-0 アントワープ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]鎌田大地 H 2-0 アントワープ 〇 76分からプレー、91分に今季2点目を記録 [シント=トロイデン]冨安健洋 H 2-0 アントワープ 〇 フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 H 2-0 アントワープ 〇 ベンチ入りせず [シント=トロイデン]小池裕太 H 2-0 アントワープ 〇 ベンチ入りせず [オイペン]豊川雄太 A 1-2 オーステンデ ● 後半からプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 2-5 ヘンク ● フル出場 2018.09.24 08:15 Mon
twitterfacebook
thumb

2G1Aと躍動の中島翔哉、今季初勝利に安堵「嬉しい。早く勝ちたかった」

2ゴール1アシストと躍動したポルティモネンセFW中島翔哉は、今季初勝利に笑顔を見せた。<br><br>ポルトガルリーグ第5節で、ギマランエスと対戦したポルティモネンセ。この日も左サイドで先発した中島は開始5分で先制弾を奪うと、69分にはアシストを記録。さらに同点で迎えた86分にはループシュートで2点目を奪い、2ゴール1アシストでチームを今季初勝利に導いた。<br><br>中島は試合後のインタビューで、勝利を喜んでいる。<br><br>「ゴールは嬉しいです。チームが勝てて嬉しいですね」<br><br>ここまで開幕から1分3敗と、未勝利が続いていたポルティモネンセ。今季初勝利の立役者は、ここから勢いに乗っていきたいと話している。<br><br>「(中断期間中には)すごく良い練習ができていました。早く勝ちたいと思っていたけど、実現できてよかったです。ここから勢いに乗って、少しでも多く勝ちたいですね」<br><br>次節は敵地でデスポルティーボ・アベスと対戦するポルティモネンセ。チームの中心である中島は、ゴールやアシストで連勝に導けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 07:08 Mon
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のベティスが10人ビルバオに2点差追いつきドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ベティスvsアスレティック・ビルバオが23日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、2-2のドローに終わった。なお、ベティスのMF乾貴士は78分からプレーした。 ▽前節、バレンシアとドローゲームを演じたベティスは、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦では10人のオリンピアコス相手のアウェイゲームで再びドローに。そして、公式戦3試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節レアル・マドリー相手に引き分けた難敵ビルバオをホームで迎え撃った。オリンピアコス戦からは先発6人を変更したものの、乾は引き続きベンチスタートとなった。 ▽酷暑の影響で1時間半遅れでの開催となったアンダルシアでの一戦。後方からショートパスを繋ぐベティスに対して、果敢にハイプレスを仕掛けるアウェイのビルバオが試合の流れを一気に掴む。 ▽開始7分、バレンシアガからのクロスをファーのラウール・ガルシアがドンピシャのヘディングシュートで合わすが、これはGKパウ・ロペスのビッグセーブに遭う。だが、こぼれ球をラウール・ガルシアが冷静にフリーのイニャキ・ウィリアムズに繋ぐと、早い時間帯の先制ゴールとなった。さらに前がかってホームチームのビルドアップをけん制するビルバオは18分にも高い位置でのボール奪取からデ・マルコスのパスを受けたラウール・ガルシアがエリア外から見事なグラウンダーのミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 ▽相手のプレッシングの餌食となって2失点を喫したベティスだが、その後も後方から丁寧にショートパスを繋ぐ形を継続。時間の経過と共にロ・セルソを起点に相手陣内までボールを運べるようになると、ウイングバックからの高速クロス、ロ・セルソやホアキンのスルーパスでチャンスを作り出していく。さらに前半終了間際の45分には2枚目の警告を受けたスサエタが退場処分となり、数的優位を手にして後半を迎えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、ベティスが早速ゴールをこじ開ける。51分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前でパスを受けたバルトラが右足を一閃。無回転気味の低弾道のシュートがゴール左へ向かうと、GKウナイ・シモンの手を弾いたボールがネットに突き刺さった。 ▽この得点で一気にヒートアップしたベニート・ビジャマリンの後押しを受けて攻勢を強めるベティスは完全に10人の相手を押し込んでいく。さらに、フィルポとロ・セルソを下げてテージョ、ロレンと攻撃的なカードを切っていく。すると68分、ボックス中央で左サイドのテージョからマイナスのパスを受けたカナレスが絶妙なファーストタッチから左足のシュートをゴール右隅に流し込み、同点に追いつく。 ▽その後もサナブリア、ロレンが続けて決定機を作るなどイケイケのベティス。78分にはF・ゲレーロを下げて乾を投入。86分にはボックス右でゴールライン際を突破したホアキンのクロスからゴール前フリーのサナブリアに絶好機も、ここはヘディングシュートを枠に飛ばせない。さらに88分にはセットプレーの二次攻撃から乾がボックス左得意の角度から右足のシュートを放つが、これは相手DFの決死のブロックに阻まれた。 ▽結局、試合終盤の猛攻も実らず、逆転勝利には至らなかったベティスだが、0-2のビハインドから2点差を追いついてドローに持ち込み、直近の公式戦3試合連続ドローとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 05:13 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部がリーグ戦初先発のフランクフルト、ライプツィヒに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、フランクフルトvsライプツィヒが23日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽ここまで1勝2敗のフランクフルトは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のマルセイユ戦では10人になりながらも2-1で勝利を収めた。その試合でフル出場した長谷部がリーグ戦初先発となった。 ▽一方、1勝1分け1敗のライプツィヒは、ELザルツブルクとの姉妹対決を2-3で敗れた。波に乗れない中、ザルツブルク戦で温存されたヴェルナーやフォルスベリ、ウパメカーノらが先発に戻った。 ▽EL出場チーム同士の一戦、長谷部が3バックの中央で先発したホームチームのフランクフルトがポゼッションを握る展開で立ち上がっていく。すると26分、ディフェンスライン裏を取ったヨビッチの右クロスにアラーがヘディング。これはGKグラーチのセーブに阻まれるも、ルーズボールに詰めたジェルソン・フェルナンデスが押し込んだ。 ▽ここから畳みかけにかかるフランクフルトは28分、ヨビッチが再びディフェンスライン裏を取ってシュートに持ち込むも、GKグラーチの好守に阻まれた。さらに30分、ヨビッチのヒールパスからボックス内に侵入したジェルソン・フェルナンデスがGKを強襲するシュートを浴びせたが、ゴールを割るには至らず1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半、反撃を狙うライプツィヒが53分にPKを獲得する。フォルスベリの浮き球パスでボックス右に侵入したライマーがヘディングで折り返すと、コスティッチのハンドを誘った。このPKをフォルスベリが決めてライプツィヒが試合を振り出しに戻す。 ▽直後にもフォルスベリがボレーシュートでゴールに迫ったライプツィヒが攻勢に出る中、劣勢のフランクフルトは69分、ヨビッチに代えて負傷明けのレビッチを投入。 ▽そのフランクフルトが終盤にかけては攻勢に転じると、87分に決定機。しかし、コスティッチの左クロスにレビッチがダイレクトで合わせたシュートはGKグラーチの好守に阻まれ、1-1でタイムアップ。長谷部がリーグ戦初先発となったフランクフルトだったが、痛み分けに終わっている。 2018.09.24 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

デビューから2試合連続弾も謙虚に…鎌田大地「決めないといけないシーンだった」

シント=トロイデンMF鎌田大地は、2試合連続ゴールを喜んでいる。クラブ公式が選手のコメントを伝えた。<br><br>ジュピラーリーグ第8節でアントワープと対戦したシント=トロイデン。後半開始早々にリードを奪うと、後半アディショナルタイムには途中出場の鎌田が冷静な切り返しから追加点。今季初の3連勝を記録した。<br><br>ベルギーデビューから2試合連続ゴールを奪った鎌田は、ゴールを喜びつつ次を見据えている。<br><br>「完全な1対1だったのであれは決めないといけないシーンでした。簡単なゴールほど難しいので、うまく決められて良かったと思っています」<br><br>「右足の太ももに痛みが少しあって、コンディションは先週が70%、今週で80%くらいまで持ってこられたと思います」<br><br>「こうして良い雰囲気の中で試合ができることは選手にとって素晴らしいことで、次節のアンデルレヒト戦も良い雰囲気でサッカーができると思うので、そういう状況に自分がいられることを嬉しく思っています」<br><br>次節は森岡亮太が所属する強豪アンデルレヒトと激突するシント=トロイデン。2試合連続弾の鎌田は、この試合でスタメンの座を勝ち取れるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 12:35 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース