鈴木欠場のヒムナスティックがホーム最終戦で首位ラージョを撃破! 井手口所属のレオネサが敗戦で3部降格が決定…《セグンダ・ディビシオン》2018.06.03 05:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2日にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)最終節の10試合が行われた。▽日本人DF鈴木大輔の所属する15位のヒムナスティック(勝ち点49)は、首位に立つラージョ・バジェカーノ(勝ち点76)とホームで対戦し、2-0で勝利した。この結果、ヒムナスティックはセグンダ残留を決めた。

▽なお、鈴木は2試合連続のベンチ外となっている。試合が動いたのは12分、右サイドを持ち上がったカカバーゼがバイタエルエリア手前でクロスを供給。これに反応したアルバロ・バスケスがニアサイドからヘディングでゴールに流し込んだ。

▽先制点で勢いづくヒムナスティックは、31分にもカカバーゼの右クロスをバレイロがバイシクルシュートで流し込み、追加点を奪った。

▽結局、後半もスコアは動かず。ヒムナスティックが2-0でホーム最終戦を勝利で飾り、セグンダ残留を決めた。なお、同時刻開催のオビエドvsウエスカは2位のウエスカが1-2と敗戦したため、ラージョがセグンダ・ディビシオン初優勝を飾った。

▽また、日本代表MF井手口陽介の所属する17位のクルトゥラル・レオネサ(勝ち点48)は、敵地でプレーオフを目指す8位ヌマンシア(勝ち点62)と対戦し、1-2で敗戦した。井手口はロシアW杯に出場する日本代表に帯同しているため、欠場している。

▽試合は、7分にヌマンシアがギシェルモのゴールで先制すると、80分にもメディーナのゴールで追加点。レオネサは直後の83分にロドリのゴールで1点を返したが、反撃はここまで。

▽なお、降格圏を争う14位のアルコルコン(勝ち点49)は、13位レウス・デポルティウに3-0で完勝。一方、19位のアルメリア(勝ち点47)は、12位ルーゴ(勝ち点54)と1-1のドローに終わった。

▽この結果、レオネサとアルメリアが勝ち点48で並んだが、当該成績でアルメリアが1勝1分けのため、レオネサのセグンダB(スペイン3部)降格が決定した。

◆スペイン2部最終節 結果
▽6/2(土)
バジャドリー 2 -0 オサスナ
グラナダ 2 -1 カディス
バルセロナB 0- 2 サラゴサ
コルドバ 3 -0 スポルティング・ヒホン
ルーゴ 1-1 アルメリア
ヌマンシア 2 -1 レオネサ
テネリフェ 1-1 アルバセテ
オビエド 2 -1 ウエスカ
ヒムナスティック 2 -0 ラージョ
アルコルコン 3 -0 レウス・デポルティウ

▽6/1(金)
ロルカ 2 -1 セビージャ・アトレティコ
コメント
関連ニュース
thumb

“欧州若手10傑”堂安律、アヤックスが再接触! 蘭紙報道

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)にアヤックス移籍の可能性が浮上した。オランダ『Telegraaf』が報じた。 “若手版バロンドール”であるコパ・トロフィー候補10名に選出され、欧州でも有望株の1人として認知されつつある堂安。その堂安に対して、オランダの超名門が水面下で触手を伸ばしているという。 アヤックスは堂安をチャンピオンズリーグ(CL)の試合に招待。グループステージのバイエルン戦に続いて、13日に行われた決勝トーナメント1回戦1stレグのレアル・マドリー戦でも招かれた模様だ。 その堂安はレアル・マドリー戦前のアヤックス選手たちが滞在するホテルで食事。ただ、メディアの目を気にしてか、一転してホテルで試合を観戦したという。 堂安は今シーズンのここまで公式戦20試合に出場して4得点2アシスト。以前からマンチェスター・シティの関心も取り沙汰されているが、果たして…。 2019.02.23 08:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16の組み合わせ決定! チェルシーはディナモ・キエフ、ナポリは南野ザルツブルク、長谷部フランクフルトはインテルと《EL》

22日に、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。 ラウンド32では、チェルシーやアーセナル、ナポリ、インテル、セビージャ、バレンシアなどが順当に勝ち上がり。また、MF長谷部誠が所属するフランクフルト、日本代表MF南野拓実が所属するザルツブルクが勝ち上がった。 今回の抽選会では、優勝候補のチェルシーがディナモ・キエフと、ナポリがザルツブルクと対戦。また、セビージャはスラビア・プラハ、アーセナルはレンヌと対戦する。 また、長谷部のフランクフルトはインテルと、ゼニトはビジャレアルと対戦する。 なお、ラウンド16の1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定となっている。 ◆ELラウンド16組み合わせ チェルシー vs ディナモ・キエフ フランクフルト vs インテル ディナモ・ザグレブ vs ベンフィカ ナポリ vs ザルツブルク バレンシア vs クラスノダール セビージャ vs スラビア・プラハ アーセナル vs レンヌ ゼニト vs ビジャレアル ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) 2019.02.22 21:33 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第23節プレビュー】失速のドルトが4連勝のレバークーゼンと対戦! 原口&浅野vs長谷部も

前節はドルトムントが監督交代のあった久保ニュルンベルクの牙城を崩せずに2戦連続引き分けに終わった。一方でバイエルンはアウグスブルクに逆転勝利し、ついに3ポイント差にまで迫っている。迎える第23節、失速気味のドルトムントはボス監督就任後4連勝と絶好調のレバークーゼンとホームで対戦する。そして、日本人対決では原口&浅野ハノーファーvs長谷部フランクフルト、宇佐美デュッセルドルフvs久保ニュルンベルクが組まれている。 ニュルンベルクGKマゼニアの再三の好守もあってゴールをこじ開けられなかったドルトムント(勝ち点51)は、ボス監督就任後4連勝で5位まで浮上してきたレバークーゼン(勝ち点36)とのホーム戦に臨む。ロイス欠場の影響もあって足踏みが続いているドルトムントだが、昨季ドルトムントを指揮していたボス監督率いるレバークーゼンから3試合ぶりの勝利を取り戻せるか。 アウグスブルクに苦戦を強いられながらも終わってみれば3-2と逆転勝利した2位バイエルン(勝ち点48)は、9位ヘルタ・ベルリン(勝ち点32)をホームに迎える。火曜に行われたCLリバプール戦では守勢に回りながらもゴールレスドローに持ち込み、2ndレグにベスト8進出の可能性を十分に残した。消耗するビッグマッチを戦った後の試合となるが、バイエルンは取りこぼしせずヘルタを下してドルトムントを捉えることができるか。 今節は日本人対決が2試合組まれている。まずは日曜開催のハノーファーvsフランクフルトから。ハノーファーは前節ホッフェンハイム戦では0-3の完敗に終わり、自動降格圏脱出とはならなかった。ホッフェンハイム戦では先発した原口が見せ場を作れず、前半終盤から出場した浅野も目立った働きは見せられなかったが、長谷部が守備を統率するフランクフルトからゴールを奪うことはできるか。 一方、前節ボルシアMG戦では長谷部が失点に絡み、逃げ切りに失敗した7位フランクフルト(勝ち点34)。これで4試合連続ドローと足踏みが続いているが、失点シーン以外は安定感あるプレーを見せていた長谷部が原口と浅野をしっかりと抑え込むことができるかに注目だ。 もう一つの日本人対決は土曜に開催される宇佐美デュッセルドルフと久保ニュルンベルクの一戦だ。宇佐美は前節レバークーゼン戦で先発予想となっていたが、まさかのベンチ外に。これで3試合連続ベンチ入りできていない状況だが、出場のチャンスはあるか。 一方、監督交代の恩恵もあって9試合ぶりに先発した久保はドルトムント戦では守備面で貢献したが、攻撃面ではボールロストも多く、見せ場を作れなかった。デュッセルドルフ戦では引き続き献身的な守備に加え、攻撃面での仕事が期待される。背中の痛みが消えない大迫は今節も欠場が確定している。 ◆ブンデスリーガ第23節 ▽2/22(金) 《28:30》 ブレーメン vs シュツットガルト ▽2/23(土) 《23:30》 ボルシアMG vs ヴォルフスブルク マインツ vs シャルケ フライブルク vs アウグスブルク バイエルン vs ヘルタ・ベルリン 《26:30》 デュッセルドルフ vs ニュルンベルク ▽2/24(日) 《23:30》 ハノーファー vs フランクフルト 《26:00》 ドルトムント vs レバークーゼン ▽2/25(月) 《28:30》 ライプツィヒ vs ホッフェンハイム 2019.02.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ELベスト16が決定! チェルシーら優勝候補が順当突破! 4選手参戦の日本勢は明暗分かれる

21日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32が終了した。この結果、ラウンド16に進出する16チームが決定した。 グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われた今回のラウンド32。 アーセナルが1stレグでBATEボリソフに金星を献上する波乱があったものの、ホームでの2ndレグをきっちり3-0の勝利で飾り逆転での突破を決めた。 優勝候補筆頭のチェルシーとナポリ、インテルの3チームは国内リーグの不振を引きずることなく、いずれも格下相手に力の差を見せつけて突破を決めた。 今大会で無類の強さを見せるスペイン勢ではセビージャ、バレンシア、ビジャレアルの3チームが突破。難敵ラツィオを退けたセビージャに対して、伏兵レンヌとの激しい打ち合いに敗れたベティスが敗退と、アンダルシア勢の2チームで明暗が分かれることに。 また、フランクフルトMF長谷部誠、ザルツブルクFW南野拓実、ガラタサライDF長友佑都、ヘンクFW伊東純也の4選手が参戦した日本勢では、長谷部と南野が突破を決めた一方、長友と伊東は無念の敗退となった。なお、伊東はスラビア・プラハとの2ndレグでEL&ヘンクデビューを飾っている。 なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は22日の日本時間21時に行われ、1stレグは3月7日、2ndレグは同月14日に行われる予定だ。 ELラウンド16進出チーム一覧およびラウンド32の結果一覧は以下の通り。 ◆ELラウンド16進出チーム チェルシー(イングランド) アーセナル(イングランド) フランクフルト(ドイツ) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) セビージャ(スペイン) ビジャレアル(スペイン) バレンシア(スペイン) レンヌ(フランス) ベンフィカ(ポルトガル) ザルツブルク(オーストリア) ゼニト(ロシア) FCクラスノダール(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) ディナモ・キエフ(ウクライナ) スラビア・プラハ(チェコ) ◆ELラウンド32結果 セビージャ 2-0(AGG:3-0) ラツィオ ゼニト 3-1(AGG:3-2) フェネルバフチェ アーセナル 3-0(AGG:3-1) BATEボリソフ ビジャレアル 1-1(AGG:2-1) スポルティング・リスボン バレンシア 1-0(AGG:3-0) セルティック フランクフルト 4-1(AGG:6-3) シャフタール ナポリ 2-0(AGG:5-1) チューリッヒ ザルツブルク 4-0(AGG:5-2) クラブ・ブルージュ ディナモ・ザグレブ 3-0(AGG:4-2) ビクトリア・プルゼニ ベティス 1-3(AGG:4-6) レンヌ レバークーゼン 1-1(AGG:1-1) FCクラスノダール※ ヘンク 1-4(AGG:1-4) スラビア・プラハ インテル 4-0(AGG:5-0) ラピド・ウィーン チェルシー 0-0(AGG:3-0) マルメ ディナモ・キエフ 1-0(AGG:3-2) オリンピアコス ベンフィカ 2-1(AGG:2-1) ガラタサライ ※アウェイゴール数の差で突破 2019.02.22 07:09 Fri
twitterfacebook
thumb

伊東がELデビューもヘンクはホームで大敗しベスト16進出ならず…《EL》

日本代表FW伊東純也の所属するヘンクは21日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグでスラビア・プラハと対戦し、1-4で敗戦した。伊東はフル出場した。 この結果、2戦合計1-4でスラビア・プラハがベスト16進出を決めた。 14日に行われた敵地での1stレグをゴールレスドローで終えたヘンクは、前回対戦から先発を3人変更。エンドンガラ、フィオリッチ、アイドに代えてデビュー戦となる伊東やポスエーロ、アイドを先発で起用した。伊東はフラットな[4-4-2]の右MFで先発となった。 試合が動いたのは10分、ヘンクはルクミのロングフィードをボックスの外まで飛び出して処理したGKコラージュからトロサールがボールを奪うと、そのまま無人のゴールへシュートを流し込んだ。 先制したヘンクだが、スラビア・プラハのサイドアタックから同点を許す。23分、バイタルエリア左でボールを受けたズムルハルがクロスを供給すると、飛び出したGKヴコヴィッチが弾くもセカンドボールをコウファルにヘディングで押し込まれた。 1-1のまま迎えた後半、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。シュコダのパスでボックス左に侵入したズムルハルがクロスを供給すると、GKヴコヴィッチの弾いたボールをゴール前に走り込んだトラオレがゴールに流し込んだ。 勝ち越しを許したヘンクは、ゴールシーンでクロスを弾いた際に味方選手と交錯したGKヴコヴィッチがプレー続行不可能となり、GKジャッカーズとの交代を余儀なくされた。 反撃に出たいヘンクだったが、64分に自陣右サイドでFKを与えるとストフのクロスからスーチェクがヘディングシュート。これはGKジャッカーズが弾いたがシュコダにダイビングヘッドで押し込まれ、3失点目。さらに69分にも、ストフの右CKからシュコダにヘディングシュートを決められた。 ホームで意地を見せたいヘンクは、89分にポスエーロのロングスルーパスに反応した伊東がボックス右から侵入。相手GKの位置を確認しループシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 結局、試合はそのまま1-4で終了。持ち味のスピードでゴールに迫るなど上々のパフォーマンスを見せた伊東だったが、ホームでのヘンクデビュー戦は試合終了直後にブーイングが起きるなど、ほろ苦い4失点での敗戦となった。 2019.02.22 06:59 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース