ベティス加入の乾貴士、獲得を望んだのは監督だが…クラブは日本市場開拓も期待2018.06.02 22:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
エイバルからベティスへと移籍することが正式に発表されたMF乾貴士だが、ベティスは監督の希望によってこの日本代表MFを引き入れたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

ベティスは2日、かねてから報じられていた乾を3年契約で獲得したことを発表。『マルカ』によれば、ベティスは同チームを率いるキケ・セティエン監督のたっての希望によって、乾獲得を実現したようだ。セティエン監督は、乾のイバルでの成長ぶり、リーガでの適応ぶりに目を見張っていたという。

またベティスは、乾が日本市場開拓のきっかけになり、財政面での後押しになるとも考えている模様。『マルカ』は、ベティスの期待に沿う形で、乾獲得発表を機に同クラブの『ツイッター』公式アカウントが、多くの日本人にフォローされた事実を伝えている。

なお乾は、3シーズン在籍したエイバル94試合に出場し、11ゴール12アシストを記録した。


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース