カリアリがセリエA残留に導いたディエゴ・ロペス監督との契約を更新せず2018.05.31 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは30日、ディエゴ・ロペス監督(43)が今季限りの契約をもって退団することを発表した。

▽2017年10月に3年ぶりにカリアリの指揮官に復帰したディエゴ・ロペス監督は、14位に位置していたチームを引き継ぎ、16位でセリエA残留に導いていた。

▽そのディエゴ・ロペス監督に対し、カリアリは次のように声明を発表している。

「ディエゴ・ロペスの仕事に対し、感謝を表明する。彼の献身とプロフェッショナリズムがチームに自信を与えた。彼の今後のキャリアが最高のものになることを願っている。ディエゴ・ロペスに大きな抱擁を与えたい」

コメント

関連ニュース

thumb

シャフタール在籍15年…歴代トップのキャップ数を誇る元クロアチア代表DFスルナがカリアリに移籍

▽カリアリは22日、シャフタールのクロアチア代表DFダリヨ・スルナ(36)を獲得したことを発表した。契約は1年間の延長オプション付きの1年契約となる。 ▽1999年にクロアチアのハイデュク・スプリトでプロデビューを果たし、2003年以降はシャフタールでプレーしていたスルナ。在籍14シーズンで公式戦493試合に出場し45ゴール121アシストを記録し、その間10度のリーグ優勝や7度の国内カップ優勝、2008-09シーズンにはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇も果たしている。昨年5月に17-18シーズンまで契約延長したが、シーズン終了を以ってシャフタールを退団していた。 ▽また、代表では歴代トップの通算134キャップを誇り、22得点は4番目の数字だ。 2018.06.23 01:05 Sat
twitterfacebook
thumb

カリアリがキエーボの前監督マラン氏を招へい

▽カリアリは7日、ロランド・マラン監督(54)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなっている。 ▽カリアリではチームをセリエA残留に導いていたディエゴ・ロペス監督との契約を更新せず、新監督を探していた。 ▽カターニャやキエーボなどでセリエA通算201試合を指揮した実績を持つマラン監督は、今年4月に成績不振を受けて2014年から指揮を執っていたキエーボの監督を解任されていた。 2018.06.07 23:45 Thu
twitterfacebook
thumb

元インテルFW、セリエBで監督業開始か…会長のラブコールで実現へ

▽イタリア2部セリエBのブレッシアが、新監督にかつてインテルやカリアリで活躍したダビド・スアソ氏を迎えることが決定的になった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽元ホンジュラス代表のスアソ氏は、現在38歳。現役時代は主にカリアリでプレーした。カリアリでは特に街から愛される存在となり、当時の会長だったマッシモ・チェッリーノとも親交が深い。そこでブレッシア行きが決まったようだ。 ▽チェッリーノ氏は2017年からブレッシアで会長を務めている。そこにスアソ氏を招こうという決断だ。同氏は現役引退後、カリアリの下部組織などを率いた経験はあるが、トップチームを担当するのはこれが初めて。それでも、会長からの信頼は厚いという。 ▽ブレッシアは2017/18シーズンのセリエBを16位で終えていた。1シーズンで4人の指揮官がチームを率いる忙しい一年を過ごしている。スアソ氏は長期政権を築けるだろうか。 2018.06.06 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

敗戦もアタランタが2年連続EL出場権獲得《セリエA》

▽アタランタは20日、セリエA最終節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。 ▽2年連続ヨーロッパリーグ出場を確実にしている6位アタランタが、残留を争っている16位カリアリのホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は地力に勝るアタランタが主導権を握る展開となるも、15分にD・ファリアスのヘディングシュートでカリアリにゴールに迫られる。直後にもディオラのミドルシュートでゴールに近づかれたが、GKコンシーリのファインセーブもあって失点を許さない。 ▽その後はアタランタが敵陣でプレーする時間を増やし、イリチッチらがシュートを浴びせていくも決定機を演出するには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もアタランタがボールを保持して時間を進めていく。すると65分にはフロイラーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKクラーニョのファインセーブに阻まれた。 ▽終盤の87分、左CKからチェッピデッリに豪快なヘディングシュートで失点したアタランタは、追加タイムにPKを獲得するも、キッカーのカルダーラが失敗して敗戦。しかし、フィオレンティーナがミランに敗れたため、7位を死守してEL予備予選出場権を獲得している。対するカリアリも残留を決めた。 2018.05.21 03:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェンギズ弾で逃げ切ったローマ、4連勝で3位死守《セリエA》

▽ローマは6日、セリエA第36節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節キエーボ戦をシックの2戦連続ゴールとゼコのドッピエッタなどで4-1と下して3位を死守したローマ(勝ち点70)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのリバプール戦を4-2と勝利したものの、決勝進出は果たせなかった。今季の目標が来季のCL出場に絞られた中、リバプール戦のスタメンから5選手を変更。フロレンツィやエル・シャーラウィ、シックらがベンチスタートとなってジェンギズやジェルソン、デビュー戦となるカプラドッシらがスタメンとなった。 ▽残留争い真っ只中の16位カリアリ(勝ち点33)に対し、開始直後にデイオラに際どいミドルシュートを打たれたローマは、8分にもファリアスにコントロールシュートでゴールを脅かされる。 ▽圧力を受ける入りとなったローマは、13分にジェンギズが際どいシュートを浴びせて反撃に出ると、15分に先制した。ゼコのポストプレーを受けたボックス右のジェンギズがDFに対応されながらもグラウンダーのシュートでゴール左を射抜いた。 ▽先制後はローマが敵陣でゆったりとボールを保持して時間を消化。そんな中36分、クロスボールの処理に対応したブルーノ・ペレスのクリアが自陣ゴールへ。しかし、GKアリソンが見事な反応で弾き出し、ゴールを割らせない。 ▽続く39分にはデイオラにミドルシュートでゴールを脅かされるも、ハーフタイムにかけては危なげなく時間を進め、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もローマが押し込む流れが続いたが、55分にピンチ。ロングボールでファリアスに抜け出され、GKアリソンと一対一になりかけるも、持ち出しが大きくなってシュートに持ち込めず助かった。 ▽ひやりとしたローマは57分、ブルーノ・ペレスが右足太ももを痛めてフロレンツィが投入される。引き続き試合をコントロールしていたローマだったが、72分にファリアスにディフェンスライン裏を取られるピンチを迎える。しかし、コラロフが好スライディングで凌ぎ、リードを保っていく。 ▽終盤にかけてはローマが危なげなく時間を消化。6分の追加タイムもしっかり凌いで逃げ切り、4連勝として3位を死守した 2018.05.07 05:41 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース