天国と地獄を知る長友佑都「どれだけまとまれるか。それに尽きる」《キリンチャレンジカップ》2018.05.31 01:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は30日、日産スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に臨み、0-2で敗れた。

▽DF長友佑都が試合後のミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「課題とできた部分がすごく見つかった」と試合を振り返り、「結局、チームなんでね。どれだけまとまれるか。それに尽きる」と語った。

◆DF長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
──試合を振り返って
「課題とできた部分がすごく見つかった。僕自身は、このチームに短い時間で良くなる確信を得たし、可能性を感じた。もちろん、W杯はもっと厳しいということはわかっている。可能性を感じるシステム、チームだなと思う」

──自身は過去2大会、天国と地獄を経験してきた。若手にどう伝えていきたいか「初戦で決まる。全ての雰囲気も変わってくる。初戦でどういう戦うを見せられるか。ただ、W杯という舞台は重圧やプレッシャーもあって、本当に簡単なものじゃない。2014年のブラジルでは、それにのまれてしまった」

「若い選手には、“そんなに甘くない舞台で世界だよ”と伝えたい。プレッシャーをかけるわけじゃないけど、気を引き締めておかないと、想像以上の重圧と相手のレベルを痛感すると思う」

──過去2大会と比較して今大会に向けた心境の違いは
「僕もたくさん経験させてもらってきたので、すごく落ち着いている。ブラジルのときは“やってやる”という気持ちしかなかったけど、今は強い気持ちとその中に冷静さがあるなと感じている。どんな状況でもぶれない軸ができたと思っていて、すごく良い状態」

──2010年大会は突貫工事で結果を出した。やり方を変えるときに必要なこととは
「結局、チームなんでね。どれだけまとまれるか。それに尽きると思う。南アフリカで今のような状況を経験してみて、批判されながらも岡田さんの決断についていく強い気持ちがチームを1つにした」

「正直、ブラジル大会の方がみんな、海外経験が豊富で、個々のレベルもあったかもしれないけど、結局はチームだなと。今の状況は難しいが、今日の試合で出た課題も、ポジティブなものもあった。僕自身、南アフリカのときのようなチーム一丸となるところに辿り着けると思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

森保ジャパン特集!! 『週刊 超ワールドサッカー!』第12号は最新の日本代表に迫る!

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第12号が発売されました。 今号はキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表&ボリビア代表戦に臨む『日本代表』特集! 最新の森保ジャパンに迫ります! 最新の招集メンバーへの取材を通して得たコメントから、日本代表初招集となった5選手の能力値を分析! 独断と偏見で作成したチャートでご紹介します! <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190322_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2CsHPgj" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第12号<br />日本代表特集はこちらから</a><hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190322_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.03.26 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「たくさんボールに触れられれば」FW宇佐美貴史、準備万端でボリビア戦へ《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 森保ジャパン初招集となったデュッセルドルフFW宇佐美貴史は、前回のコロンビア戦は出番は回ってこなかった。森保一監督が「総入れ替え」を公言した中で、チャンスが回ってくる可能性が高い宇佐美は、記者に向けて自分に何ができるのかを語ってくれた。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ――ボリビア戦に向けて 「良い状態で。良い準備ができたかなと。全体的は雰囲気は賑やかで和やかで。ゲームになるとしっかり締まってできたと思います」 ――森保監督が「総入れ替え」と発言したが、チャンスが来たときどの様なプレーをしたいか 「2列目の選手とかサイドバックの選手たちと上手く絡みながらいろんな攻撃パターンを自分のところから出せればなと思いますし、その中でしっかりフィニッシュにもかかわりながら。この間の試合はゼロに終わったので、しっかり得点というところを攻撃的な選手として生み出せればいいかなと思います」 ――無得点に終わった前回の試合から宇佐美選手なりに改善できるところは 「(攻撃を)制限されるわけではないので、ボールを多く触れる機会があればいい攻撃とかいいアイデア、連携を生み出せると思うので、幅とかバリエーションを作っていければなと」 2019.03.25 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士「ボリビア戦はサイド攻撃が有効になる」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 無得点に終わったコロンビア代表戦から4日後のボリビア戦。アラベスのMF乾貴士は冷静に日本代表を見つめている。明日のボリビアン戦に向けて、自身の様なサイド選手が攻撃のキーマンになると主張。その中で自分が出来ること、また、香川真司とのコンビネーションにも触れた。 ◆乾貴士(アラベス/スペイン) ――前回の無得点だった課題からどう修正していくか 「相手も違いますし、決め切るというところは日本の課題だと思うので。決まらない試合ももちろんありますし、全ての試合で点が取れるチームというのは世界中にどこも無いと思います」 「ただ、いかにそういう試合を少なくしていくかだと思いますし、そういうチームが強いので、そういうチームになれればいいなとは思ってます」 ――引いてくるであろうボリビアに対し、乾選手の突破力は大事になってくると思うが 「引いた相手にサイド攻撃は有効になってくると思いますし、真ん中ばかりだとアジアカップの予選みたいにきつくなってくるので、いかにサイドから崩せるかというところが大事になってくる」 「個人としては、サイドの突破はチームとしてサイドバックやFWとの関係を意識しながら。そこが出せるのが自分の良さだと思っているので、周りとのコンビネーションで崩していければなと思ってます」 ――香川選手とのコンビについて 「(香川)真司とはずっとやっているのでセレッソ大阪時代もそうですけど、代表でも一緒なので、感覚的には合う選手ですし、すごく楽しいので、それを明日も出していきたいと思います」 2019.03.25 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

いざ代表デビューへ!畠中槙之輔「日の丸を背負うのは名誉なこと」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 今回が代表初招集となった横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔。コロンビア代表戦ではチャンスは回ってこなかったが、森保一監督が「総替え」を公言したことで、ボリビア戦がデビュー戦になる可能性が高い。これについて、畠中は謙虚な姿勢で語ってくれた。 ◆畠中槙之輔(横浜F・マリノス) ――初出場に向けて 「日の丸を背負って戦うというのは自分にとって名誉なことですけど、国のためにしっかり気持ちをもって挑みたいと思います」 ――このチームで特徴を生かすイメージは 「代表のサッカーと横浜F・マリノスのサッカーは違う部分はあるんですけど、その中でもしっかり整理して周りとコミュニケーションをとりながらできれば良いかなと」 ――クラブと代表の違う部分は? 「ポジショニングの取り方が全然違うのと、出しどころの選択肢も全然違うんですけど、そこは臨機応変にできれば良いかなと思います」 ――同年代の選手が世界の選手とやり合っているのを見て 「自分もあそこの場に立ちたいと思いますし、どんどん海外の選手たちとやって自分のできることと、できないことをしっかり分かりたいというところがあるので、正直羨ましかったですね」 ――東京ヴェルディユースで一緒だった安西幸輝選手について 「あいつがやりやすいようにコントロールしてあげられればいいと思いますし、コミュニケーションの部分では一番素直に話せる相手なので、気負いせずしっかりやりたいと思います」 2019.03.25 21:46 Mon
twitterfacebook
thumb

先発見据える鎌田大地「時間も増えればチャンスはある。あとは自分次第」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 前回のコロンビア代表戦で日本代表デビューを果たしたシント=トロイデンFW鎌田大地は、練習を重ねていくことでチームで意思疎通ができるようになったとコメント。初の先発起用も見据えている。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ――練習を重ねてきた印象 「みんなのやりたいことだったり、チームのやりたいことが段々わかってきたことは良いことですし、あとは試合でどれだけ良いプレーができるかなので。クオリティはみんなあるので、良いサッカーができると思います」 ――先発起用で心掛けたいことは 「この間は短い時間の中でなにかチャンスを作らないといけない中で、先発で出られれば、時間は長いので我慢しながら。チャンスは来ると思うので、そのときにどれだけ自分ができるかです」 2019.03.25 21:44 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース