ポーランドで最年長ゴールが誕生! その記録なんと71歳!?2018.05.30 13:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポーランド6部リーグである選手がゴールを決めたことが話題となっている。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

▽取り上げられているのはポーランド6部リーグのフートニク・フタに所属しているボグダン・グラビッキー選手のゴール。グラビッキーさんは御年なんと71歳。1947年生まれの最年長サッカー選手だ。

▽27日に行われたジェレフフとの試合に出場したグラビッキーさんは79分にゴールをマーク。軽快なフリーランでゴール前に侵入すると、味方の折り返しを丁寧に押し込んでネットを揺らした。

▽試合はグラビッキーさんのゴールもあり8-2でフートニク・フタが勝利。クラブは現在昇格を目指して戦っており、残り4試合で2位に位置。グラビッキーさんの雄姿がほかの選手らの刺激になったことは間違いない。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルのフットサルリーグで悲劇…28歳のプレーヤーが試合中に倒れて死去

ポルトガルのフットサル2部リーグで試合中に倒れた選手が死去する悲劇が起きた。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、今回悲劇が起きたのは16日にポルトガルのポルティモンで行われたポルティモネンセとCSサン・ジョアンの一戦だった。 同試合中にサン・ジョアンのポルトガル人FPのファビオ・メンデス(享年28)が突然ピッチ中央に倒れ込むと、そのまま心肺停止の状態に。すぐさまメディカルスタッフが心臓マッサージなどの応急処置を行い、すぐさま近くの病院に緊急搬送されたが、救急車の中で息を引き取ったという。 また、現時点でメンデスの死因に関しては心臓発作と発表されている。 なお、CSサン・ジョアンに関しては2017年12月にゴールキーパーを務めていたジョアン・グレゴリオ(享年24)が自動車事故で死去しており、クラブにとってはわずか1年ちょっとで2人の選手を亡くすという痛ましい事態となった。 ◆懸命の処置も実らず https://youtu.be/q9uFGmaQ91Y 2019.03.22 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】伊東純也が移籍後初ゴール! 長谷部vs久保はフランクフルトに軍配

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 FW伊東純也が所属するヘンクは17日に、ベルギー・ファースト・ディビジョンA第30節でズルテ・ワレゲムと対戦した。試合は、38分に伊東に待望の移籍後初ゴールが生まれヘンクが逆転。後半に入って1点ずつ取り合って迎えた93分に同点弾を許し、結局試合は3-3のドロー決着となった。 ドイツでは日本人同氏が激突。ブンデスリーガ第26節フランクフルトvsニュルンベルクでは、フランクフルトのMF長谷部誠とニュルンベルクのFW久保裕也が揃って先発。試合は31分に先制したフランクフルトが勝利し、4連勝を収めている。 ◆<span style="font-weight:700;">イングランド</span> [レスター・シティ]岡崎慎司 A 1-2 バーンリー 〇 ベンチ入りも出場せず [ニューカッスル]武藤嘉紀 A 2-2 ボーンマス △ 75分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351667">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A vs ワトフォード ※FAカップの影響で延期 ◆<span style="font-weight:700;">スペイン</span> [ヘタフェ]柴崎岳 A 0-0 バレンシア △ ベンチ入りせず [アラベス]乾貴士 A 1-3 ウエスカ 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351638">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">ドイツ</span> [ブレーメン]大迫勇也 A 1-3 レバークーゼン 〇 ベンチ入りせず [フランクフルト]長谷部誠 H 1-0 ニュルンベルク 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351820">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 A 1-0 フランクフルト ● 83分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351820_no=350667">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 3-1 アウグスブルク ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351660">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 3-1 アウグスブルク ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351660">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 5-2 ヴォルフスブルク 78分から出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=351661">詳細ニュース</a> ◆<span style="font-weight:700;">フランス</span> [マルセイユ]酒井宏樹 A 3-1 PSG ● フル出場 [トゥールーズ]昌司源 A 1-1 ニース △ フル出場 [ストラスブール]川島永嗣 A 2-2 ニーム △ ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">オランダ</span> [ヘーレンフェーン]小林祐希 H 0-3 デ・フラーフスハップ ● 62分までプレー [フローニンヘン]堂安律 H 1-0 ADOデンハーグ 〇 フル出場 [フローニンヘン]板倉滉 H 1-0 ADOデンハーグ 〇 ベンチ入りも出場せず [ズウォレ]中山雄太 A 0-2 エクセルシオール 〇 ベンチ入りも出場せず ◆<span style="font-weight:700;">ポルトガル</span> [ポルティモネンセ]権田修一 A 2-2 ベレネンセス △ ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 A 0-1 ヴィトリア・セトゥバル 〇 ベンチ入りせず [ギマランエス]深堀隼平 H 3-1 ボアヴィスタFC 〇 ベンチ入りせず [ベンフィカ]小久保玲央ブライアン A 0-4 モレイレンセ ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">トルコ</span> [ベシクタシュ]香川真司 H 1-0 ギョズテペ 〇 89分までプレー [ガラタサライ]長友佑都 A 2-3 ブルサスポル 〇 ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">オーストリア</span> [ザルツブルク]南野拓実 A 0-2 インスブルック 〇 88分までプレー [インスブルック]財前淳 H 0-2 ザルツブルク ● ベンチ入りせず ◆<span style="font-weight:700;">ロシア</span> [CSKAモスクワ]西村拓真 A 0-1 ウラル 〇 61分までプレー ◆<span style="font-weight:700;">ベルギー</span> [ヘンク]伊東純也 A 3-3 ズルテ・ワレゲム △ 71分までプレーし1ゴールを記録 [シント=トロイデン]遠藤航 H 0-2 ヘント ● ベンチ入りせず [シント=トロイデン]鎌田大地 H 0-2 ヘント ● フル出場 [シント=トロイデン]冨安健洋 H 0-2 ヘント ● フル出場 [シント=トロイデン]関根貴大 H 0-2 ヘント ● 64分からプレー [シント=トロイデン]小池裕太 H 0-2 ヘント ● ベンチ入りせず [シント=トロイデン]木下康介 H 0-2 ヘント ● 69分からプレー [シャルルロワ]森岡亮太 H 1-2 オイペン ● ベンチ入りも出場せず [オイペン]豊川雄太 A 1-2 シャルルロワ 〇 89分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 3-1 ロケレン ● 前半のみ出場 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本人4選手出場も…シント=トロイデン、ヘントとの直接対決に敗れPO1出場を逃す《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンは18日、ジュピラー・プロ・リーグ第30節でヘントと対戦し、0-2で敗れた。日本代表DF冨安健洋とMF鎌田大地がフル出場し、関根貴大は64分、木下康介が69分から途中出場した。 7位・シント=トロイデン(勝ち点47)が6位・ヘント(勝ち点47)をホームに迎えた。この一戦に勝利すれば、プレーオフ1への出場が決定するシント=トロイデンだったが、序盤から押し込まれる展開が続く。 すると17分、自陣ボックス左外でボールを受けたエルトン・コラツェのバックパスが逸れると、これをヤレムチュクに奪われて、そのままゴールに突き刺された。欲しかった先制点をヘントに与えてしまう。 その後、前半終盤にかけてシント=トロイデンが攻勢に転じたが、ゴールを脅かすことができず、0-1のビハインドで試合を折り返した。 なんとか追いつきたいシント=トロイデン。しかし60分、自陣左サイドを崩されて崩されると、セルロートのクロスを最後はファーサイドのヤレムチュクに蹴り込まれて試合を0-2とされてしまう。 2点ビハインドとなったシント=トロイデンはその後、64分に関根、69分に木下を投入し、攻撃への圧力を高めたが、最後までゴールネットを揺らすことができず、0-2で試合終了。敗れたシント=トロイデンはレギュラーシーズンを7位で終了し、プレーオフ2に回ることに。 プレーオフ2では、レギュラーシーズンの7位から12位チームと2部リーグ上位3位を加えた12クラブを2つのグループに分けてホーム&アウェイの総当たり戦を実施。その後、両グループの1位が激突し、勝者がプレーオフ1の4位クラブとホーム&アウェイで対戦。その試合での勝者にヨーロッパリーグ(EL)予選2回戦の出場権が与えられる。 シント=トロイデン 0-2 ヘント 【ヘント】 ヤレムチュク(前17) ヤレムチュク(後15) 2019.03.18 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ルーニーが魅せる! MLSで初のハットトリックを達成!

MLS(メジャーリーグサッカー)のDCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、初のハットトリックを達成した。 DCユナイテッドは16日、MLS第3節でレアル・ソルトレイクと対戦。先発出場したルーニーが圧巻のゴールショーを見せた。まずは34分、DCユナイテッドはPKを獲得すると、キッカーを務めたルーニーが右サイドに落ち着いて決め先制する。 1-0で迎えた41分、前線からプレスをかけると、相手陣内でボールを奪ったレオナルド・ハラがスルーパス。これに反応したルーニーが、GKとの一対一を冷静に決め、2点目を記録する。 前半を2-0で折り返して迎えた65分にも、相手ボールをフニオール・モレノが奪うと、ルシアーノ・アコスタへパス。アコスタがドリブルで持ち上がると、パスを受けたモレノがボックス内左から折り返し、飛び込んだルーニーが合わせてハットトリックを達成した。 2018年にDCユナイテッドへと加入したルーニーは、1シーズン目は20試合に出場し12ゴール6アシストを記録。チームの攻撃の中心となっていたが、ハットトリックは記録していなかった。 DCユナイテッド 5-0 レアル・ソルトレイク 【DCユナイテッド】 ウェイン・ルーニー(前34)[PK] ウェイン・ルーニー(前41) ウェイン・ルーニー(後20) ルーカス・ロドリゲス(後31) ウリーゼス・セグラ(後35) 2019.03.17 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

本田が先制点をアシスト! メルボルン・Vが逃げ切りで7戦ぶり勝利《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは16日、オーストラリア・Aリーグ第22節でブリスベン・ロアーと対戦し、2-1で勝利。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 リーグ3位に位置するメルボルン・Vが、9位のブリスベンをホームに迎えた一戦。ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節で1ゴールを決めた本田は、その試合に引き続きダイヤモンド型の[4-4-2]の中盤右で先発した。 試合は前半半ばに動きを見せる。24分、ブリスベン陣内低い位置でボールを持った本田が、ルックアップして左足を一振りし、グラウンダーのスルーパスを最前線に供給。バーバルーゼスのゴールをアシストした。本田の今シーズン5アシスト目でメルボルン・Vが先制点を奪取している。 さらに39分にも、トロイージの浮き球のスルーパスに反応したバーバルーゼスが左足のシュートで追加点をマーク。オフサイドかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議の結果、メルボルン・Vの2得点目となった。 2-0でメルボルン・Vがリードして折り返した試合は、50分にブリスベンFWボセアクが1点を返す。しかし、メルボルン・Vはその後の加点を許さず、リードを守り抜いて試合を終えた。 この結果、メルボルン・Vは公式戦7試合ぶりの白星を手にしている。 メルボルン・ビクトリー 2-1 ブリスベン・ロアー 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前24) バーバルーゼス(前39) 【ブリスベン】 ボセアク(後5) 2019.03.16 21:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース