ポーランドで最年長ゴールが誕生! その記録なんと71歳!?2018.05.30 13:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポーランド6部リーグである選手がゴールを決めたことが話題となっている。イギリス『フォー・フォー・トゥー』が伝えている。

▽取り上げられているのはポーランド6部リーグのフートニク・フタに所属しているボグダン・グラビッキー選手のゴール。グラビッキーさんは御年なんと71歳。1947年生まれの最年長サッカー選手だ。

▽27日に行われたジェレフフとの試合に出場したグラビッキーさんは79分にゴールをマーク。軽快なフリーランでゴール前に侵入すると、味方の折り返しを丁寧に押し込んでネットを揺らした。

▽試合はグラビッキーさんのゴールもあり8-2でフートニク・フタが勝利。クラブは現在昇格を目指して戦っており、残り4試合で2位に位置。グラビッキーさんの雄姿がほかの選手らの刺激になったことは間違いない。
コメント
関連ニュース
thumb

Aリーグで7試合4G3Aの本田圭佑、PFA選出10/11月の月間最優秀選手賞を受賞!

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、オーストラリアプロサッカー選手協会(PFA)が選出するAリーグの10月と11月の月間最優秀選手に選ばれた。リーグ公式が伝えている。 ▽2018年8月にメルボルン・ビクトリーへ加入した本田は、10月の開幕戦から7試合4ゴール3アシストを記録。Aリーグ選出の週間ベストイレブンにすでに5回選ばれるなど、高いパフォーマンスを継続している。 ▽同賞を受賞した本田は、Aリーグ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「驚いています。受賞できてとても幸せです。ただ、チームが勝利することの方が幸せです」 「この賞を貰えたことをありがたく思いますが、チームメイトのおかげでもあると思います。僕に投票してくれた皆さんに感謝しています」 2018.12.12 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネ、リベルタドーレス国外開催を嘆く…会場ベルナベウは「そんなに熱狂的なスタジアムではない」

アトレティコ・マドリーを率いるアルゼンチン人指揮官ディエゴ・シメオネ監督が、9日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リベール・プレートvsボカ・ジュニアーズがスペイン首都で行われたことを嘆いている。<br><br>シメオネ監督はレアル・マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで行われたこの試合を生観戦。ハーフタイムには『モビスタールTV』とのインタビューに応じ、同一戦が母国アルゼンチンで開催されなかったことを残念がった。<br><br>「最も感動的だったのは、試合前に両チームのファンがイムノを歌ったことだった。この試合がマドリードで開催されたことは悲しい。この試合を見るべきだった人々が、そうできなかったことを考えるとね。私たちの国にとって悲しむべきことだ」<br><br>シメオネ監督はまた『FOXスポーツ』とのインタビューで、ベルナベウの普段の雰囲気についても言及。レアル・マドリーの試合では、ベルナベウが熱い雰囲気にはならないとの見解を示している。<br><br>「重圧を感じることなく、ベルナベウを訪れたのは初めてだよ。マドリードのフットボールファンが、こうした雰囲気を経験したことはない。特に、ベルナベウはね。このスタジアムはアトレティコ・マドリー、またはビルバオ、セビージャのように熱くはなく、もっと冷めているんだよ」<br><br>なお、試合は3-1で、シメオネ監督が過去に指揮したこともあるリーベル・プレートが勝利。トータルスコアでも5-3とボカを上回り、南米王者に輝いている。<br><br>提供:goal.com 2018.12.10 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

リーベル優勝の立役者キンテロ、豪快な決勝点に「とても美しいゴールだった」

リーベル・プレートのフアン・キンテロは、クラブを優勝に導くゴールを振り返った。<br><br>9日に行われたコパ・リベルタドーレス決勝第2戦のリーベル・プレートとボカ・ジュニオルスの一戦。1-1で延長に突入し、迎えた109分にキンテロがペナルティエリア外から左足を豪快に振り抜き、そのままネットを揺らしてチームにリードをもたらす。さらに終了間際にも追加点を奪ったリーベルが3-1で第2戦を制し、2試合合計5-3で南米王者に輝いた。<br><br>試合後、勝利の立役者キンテロは『FOXスポーツ』で喜びをあらわにした。「とても難しい試合だった。ボカ・ジュニオルスはフィジカル面も強く、戦術的に秀でたチームだった。でも、僕たちは最後まで戦い、そしてこのタイトルを掲げるに値した」<br><br>さらに、多くのメディアが&ldquo;天才的&rdquo;と称える決勝点についても言及した。「カミロ(マジャダ)がパスするのを目にして、僕はスペースを探し、来たボールをコントロールして、そのままシュートを打った。チームのタイトル獲得を助けるとても美しいゴールだった」<br><br>「この勝利をチームメイトと祝いたい。そして、コロンビアにもメッセージを送るよ。ここで僕たちは歴史を作ったんだ」<br><br>ロシア・ワールドカップの日本代表戦では、壁の下を抜く見事なFKから得点を奪ったことが記憶に新しいコロンビア代表MFのキンテロが、今度はコパ・リベルタドーレス決勝という大舞台でまたも素晴らしゴールを奪って見せた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.10 10:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】鎌田がリーグ戦2ケタ到達! 中島&原口はアシストも勝利ならず

▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 ▽シント=トロイデンに所属するMF鎌田大地は8日、ジュピラー・プロ・リーグ第18節でスタンダール・リエージュに先発。前半アディショナルタイムに味方のパスを受けると、最後はGKオチョアまでかわすドリブルゴールでリーグ戦10ゴール目となる先制点を挙げた。しかし、チームは1-1の引き分けに終わった。 ▽ポルティモネンセに所属するMF中島翔哉はポルトガルリーグ第12節ポルト戦に先発。9分にボックス左手前からの右足クロスで先制点をアシストしたが、チームは1-4と力の差を見せつけられた。ハノーファーに所属するFW原口元気はブンデスリーガ第14節マインツ戦に4試合ぶり先発。12分には右サイドからのクロスで味方のゴールを演出。しかし、チームは1-1で引き分けている。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 H 0-2 トッテナム ● 79分からプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337570">詳細ニュース</a> [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 1-2 ウォルバーハンプトン ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337737">詳細ニュース</a> [サウサンプトン]吉田麻也 A 0-1 カーディフ ● ベンチ入りも出場せず ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 A 1-1 レガネス △ ベンチ入りも出場せず [ベティス]乾貴士 H 2-0 ラージョ 〇 ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337763">詳細ニュース</a> ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 2-1 シャルケ 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337570">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 H 3-1 デュッセルドルフ 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337419">詳細ニュース</a> [フランクフルト]長谷部誠 A 0-1 ヘルタ・ベルリン ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337551">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 A 0-3 バイエルン ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337526">詳細ニュース</a> [ハノーファー]浅野拓磨 A 1-1 マインツ △ 79分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337725">詳細ニュース</a> [ハノーファー]原口元気 A 1-1 マインツ △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337725">詳細ニュース</a> [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 1-3 ブレーメン ● 前半のみプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337419">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A vs サンテチェンヌ ※デモのため延期 [ストラスブール]川島永嗣 H 2-2 カーン △ ベンチ入りも出場せず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 5-1 ヴィレムⅡ 〇 フル出場 [フローニンヘン]堂安律 A 0-0 VVV △ フル出場 ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 H 2-2 チャイクル・リゼスポル △ フル出場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 A 2-2 アドミラ・メドリング △ 74分までプレー [インスブルック]財前淳 A vs ハルトベルク ベンチ入りせず ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 A 1-4 ポルト ● フル出場 ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 H 2-1 エニセイ 〇 ベンチ入りも出場せず ◆ベルギーリーグ [シント=トロイデン]遠藤航 H 1-1 スタンダール・リエージュ △ ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337667">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 H 1-1 スタンダール・リエージュ △ フル出場、46分にゴールを記録⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337667">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 H 1-1 スタンダール・リエージュ △ フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337667">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 H 1-1 スタンダール・リエージュ △ ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337667">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]小池裕太 H 1-1 スタンダール・リエージュ △ ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=337667">詳細ニュース</a> [アンデルレヒト]森岡亮太 H 1-1 シャルルロワ △ 75分までプレー [オイペン]豊川雄太 A 0-2 ヘント ● 87分までプレー [セルクル・ブルージュ]植田直通 H 0-3 アントワープ ● フル出場 2018.12.10 08:35 Mon
twitterfacebook
thumb

史上初の“スーペルクラシコ”による決勝は延長戦を制したリーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝く!!《コパ・リベルタドーレス》

▽コパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リーベル・プレートvsボカ・ジュニアーズの“スーペルクラシコ”が9日に行われ、延長戦の末に3-1でリーベル・プレートが勝利している。この結果、リーベル・プレートが3年ぶり4度目の南米王者に輝いた。 ▽11月24日に開催予定だった同一戦だが、ボカ・ジュニアーズの選手バスがスタジアムに向かう道中で、過激なリーベル・プレートサポーターの襲撃に遭い中止に。この騒動を受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)は開催日を翌日にずらすことを発表していたが、ボカ・ジュニアーズ側から試合をできるコンディションにないという申し立てを受けたことにより、CONMEBOLは開催日未定のまま再延期を発表した。 ▽そして、同29日にCONMEBOLは安全性と中立性を考慮し、インフラが整っていてアルゼンチンとも深いつながりがあるサンティアゴ・ベルナベウでの開催を発表。およそ4000人の警備員を配置された厳戒態勢の中、南米王者を決める2ndレグが行われた。 ▽1stレグをドローで終えた両雄の一戦は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いを見せる。すると11分、ボカはセットプレーからファーストチャンスを迎える。セバスティアン・ビジャの右CKをゴール前に飛び込んだカルロス・イスキエルドが頭で合わせると、ゴールエリア左に流れたボールをパブロ・ぺレスがボレーシュート。しかし、このシュートは相手GKの正面を突いた。 ▽一進一退が続く中、ボカは30分にビッグチャンス。ペナルティーアーク左で獲得したFKをダリオ・ベネデットが直接狙うと、壁に当たったルーズボールをボックス右のパブロ・ぺレスがシュート。しかし、これはミルトン・カスコのブロックに当たり、ゴール左に逸れた。 ▽すると43分、ボカは自陣ゴール前からカウンターを発動。中央を持ち上がったナヒタン・ナンデスがセンターサークル手前から絶妙なロングスルーパスを供給すると、これで相手DFの裏に抜け出したベネデットが、ボックス中央から冷静にゴール右隅へシュートを流し込んだ。 ▽1点を追うリーベル・プレートは、後半立ち上がりからボカゴールに襲い掛かる。すると68分、エセキエル・パラシオスとのパス交換でボックス右から侵入したイグナシオ・フェルナンデスが折り返しを供給。これを中央のルーカス・プラットがダイレクトで流し込み、リーベル・プレートが試合を振り出しに戻した。 ▽後半終盤にかけてはこう着状態が続き、1-1のまま90分が終了。延長戦にもつれ込んだ。その延長戦では、同前半2分にウィルマル・バリオスに2枚目のイエローカードが提示されて10人となったボカに対して、リーベル・プレートは同後半4分に勝ち越す。 ▽敵陣で細かくパスをつなぐと、カミロ・マジャダの左クロスをボックス手前で受けたフアン・キンテーロがワントラップから左足一閃。強烈なシュートがゴール右に突き刺さった。 ▽勝ち越したリーベル・プレートは、試合終了間際にもカウンターからゴンサロ・マルティネスがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。3年ぶり4度目の南米王者に輝いたリーベル・プレートが、13日からUAEで行われるクラブ・ワールドカップへの切符を手にした。 リーベル・プレート 3-1 ボカ・ジュニアーズ 【リーベル・プレート】 プラット(後23) キンテーロ(延長後4) G・マルティネス(延長後17) 【ボカ・ジュニアーズ】 ベネデット(前43) 2018.12.10 07:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース