ビッグクラブ注目の18歳セセニョンはフラム残留へ…クラブオーナーが売却を否定2018.05.30 13:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
フラムのライアン・セセニョンは、新シーズンも同クラブでプレーを続けることになりそうだ。

今シーズン、セセニョンはチャンピオンシップ(英2部)で46試合に出場して15ゴールをマークし、クラブのプレミアリーグ昇格に貢献。この活躍を受け、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、トッテナムなどの国内ビッグクラブから熱視線を送られている。

しかし、フラムのオーナー、シャヒド・カーン氏は「我々はセセニョンが出ていくことを望んでいない。彼も出ていくつもりはないと思う。来たるシーズンも彼はフラムに残る」と退団を否定した。

「正直言うと、我々が昇格できなかった場合、選手たちへの責任を果たさなくてはならなかった」とプレミアリーグに復帰できなければ、選手を売却する可能性があったと明かした同氏は「彼は8歳の頃からここにいて、フラムで育った。そして、次のシーズンもここでプレーするはずだ」と強調した。

今シーズン、素晴らしい活躍を残した先日18歳になったばかりのセセニョンは、23歳以下の選手に贈られるPFA若手最優秀選手賞にノミネートされるなど、その将来に大きな期待が寄せられている。クラブオーナーのカーン氏が強調したように同選手は新シーズンもフラムでプレーするのだろうか。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース