イタリア3部リミニが傷心カリウスに心温まる提案! 「自信を取り戻すため1年間ウチに来ませんか?」2018.05.30 06:53 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽先日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝での痛恨のミスで大きなショックを受けたリバプールのドイツ人GKロリス・カリウス。現在、同選手のサポートに向けて多くの支援の輪が広がっている。その中でイタリア3部のリミニから心温まる提案が届けられた。▽今月26日に行われたCL決勝のレアル・マドリー戦で2つの決定的なミスを犯したカリウスは、チームの敗戦を一身に背負い、辛く厳しい日々を過ごしている。そのカリウスにはチームメートや他クラブの選手から多くの励ましの声が届いている。

▽その中でアドリア海に面した風光明媚なリミニに本拠地を置くセリエC(イタリア3部)の小クラブ、リミニ・カルチョから興味深い提案が届けられた。

▽ジョルジオ・グラッシ会長の名前で掲載されたオープンレターには、6月22日に25歳の誕生日を迎えるカリウスに対して、再びプレーヤーとしての自信を取り戻すため1年間リミニと契約しないかとの提案が綴られていた。

「6月22日、ロリス・カリウスは25歳になる。私は彼を数日間、リミニに招きたいと思っています。この歓迎精神に溢れた町はあなたの国の人たちが頻繁に訪れるところです」

「私は彼に勇気や良い感覚を取り戻すため、リミニで会えることを願っています。同時に、人生の最高のレッスンは厳しく耐えがたいことであると理解してほしいと思っています」

「私たちは全員そういったものを経験して来ました。彼にとって不幸だったのは、それが何百万人もの目の前で起こったことでした。結局のところ、唯一の本当の失敗は敗北からより良いものを得ることです」

「私はフットボールが人生と同様に失敗から自分の足で立ち直れるものであることを証明するうえで、ロリスが良き手本となるように手助けをしたいと思っています」

「そして、彼の誕生日にリミニとの1年契約というプレゼントを提供したいと考えています。このクラブは彼の今後の夢に向けて落ち着き、自己信頼、力を取り戻すために理想的なクラブだと思います」

「ただ、ハッキリと言っておきますが、ここでのプレーは公園で散歩をするようなモノにはなりません。ここで彼はフランチェスコ・“チッチョ”・スコッティのような偉大なGKとのポジション争いが待っています」

「しかし、彼は間違いなく大きな家族と自分を支えてくれる街を見つけ、レガプロのナンバーワンに戻ることになるはずです」

▽契約上の問題もあり、リミニからの素敵な提案が実現する可能性は低いが、カリウスが今夏のバカンスで同地を訪れて心優しき人々と穏やかな時間を過ごし、来シーズンに向けて英気を養ってくれれば、それはそれで素敵な物語になりそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

代表戦で負傷のケイタ、20日のハダースフィールド戦を欠場…指揮官が明言

▽リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタはハムストリングの負傷により、20日のハダースフィールド戦を欠場するようだ。 ▽現在リバプールはプレミアリーグで6勝2分け無敗の3位に位置。20日の第9節では、今季リーグ戦未勝利の18位ハダースフィールドのホームに乗り込む。 ▽そんな中、リバプールでは今月行われた代表ウィークで主力に故障者が続出。しかし、チームを率いるクロップ監督によれば、現時点でハダースフィールド戦の欠場が確定しているのはケイタのみだと記者会見で明かしている。 「我々は代表ウィークで負傷した選手を交えてトレーニングを行った。今後も彼らの経過は見ていかなければならないが、全員が次の試合を欠場することはないだろう。ただ、現時点で唯一ケイタの欠場だけは決まっているよ」 2018.10.20 00:15 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラー&ファン・ダイクが練習復帰

▽リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーとオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、問題なく練習している。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽リバプールでは、代表ウィーク中にサラー、ファン・ダイクが負傷。さらに、セネガル代表FWサディオ・マネ、ギニア代表MFナビ・ケイタがケガを負ったことも伝えられていた。 ▽しかし、18日に『テレグラフ』が報じたところでは、攻撃の要であるサラーと守備の要であるファン・ダイクが通常通りに練習に参加。24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦に照準を合わせる可能性も考えられるが、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦に向けても問題なさそうだ。 ▽また、ハムストリングに問題を抱えているナビ・ケイタに関しても悲観的な状況ではなく、ハダースフィールド戦の帯同も議論されているという。さらに、マネは負傷箇所を手術しているが、経過次第で早期復帰の判断もあり得るようだ。 2018.10.19 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

A・モレーノが来夏移籍と英紙…新天地は恩師のアーセナルか

▽イギリス『ミラー』は、リバプールに所属するスペイン人DFアルベルト・モレーノ(26)の来夏移籍を報じた。 ▽2014年夏にセビージャから加入したアルベルト・モレーノ。現行契約は8カ月しか残っていないが、本人に更新の意思がなく、今シーズン終了後の移籍を視野に入れているという。 ▽そのアルベルト・モレーノの移籍先に関しては、スペインの数クラブが関心を抱いているが、セビージャ時代の恩師であるウナイ・エメリ監督のアーセナルも興味を示している模様だ。 ▽なお、リバプールはアルベルト・モレーノの穴埋めとして、以前から関心が囁かれるレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェル(21)が挙がっているとのことだ。 2018.10.19 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ホッフェンハイムの10番MFデミルバイ獲得へ

▽リバプールが、ホッフェンハイムに所属するドイツ代表MFケレム・デミルバイ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『HITC』が伝えている。 ▽2016年夏にハンブルガーSVからホッフェンハイムに加入したデミルバイは、卓越した戦術眼と柔らかなボールタッチを駆使するホッフェンハイムの司令塔だ。加入以降通算60試合で8ゴール17アシストを記録している。今シーズンはケガの影響もあり、公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽デミルバイはリバプールのユルゲン・クロップ監督もよく知る選手。というのも、同選手は2013年にハンブルガーSVに移籍する前にドルトムントの下部組織に在籍しており、当時トップチームを率いていたクロップ監督も注目していたようだ。だが、そのドルトムントもデミルバイに興味を示しているようで、これまでにも関心を寄せていたとされるリバプールは獲得レースに巻き込まれる可能性があるようだ。 ▽なお、デミルバイは4月に2022年まで契約を延長。契約解除金は2800万ポンド(約41億円)に設定されているようだ。 2018.10.18 16:42 Thu
twitterfacebook
thumb

マネの左手手術が成功、経過次第でハダースフィールド戦出場へ

▽リバプールは17日、セネガル代表FWサディオ・マネの左手の手術が成功したことを発表した。 ▽マネは13日に行われたアフリカ・ネーションズカップ(ANC)予選第3節のスーダン代表戦にフル出場していたが、その試合で相手選手と接触した際に左手を負傷していた。 ▽リバプールによれば今後数日経過を見た後、20日に行われるプレミアリーグ第9節ハダースフィールド戦の出場可否を決めるとのことだ。 ▽リバプールではマネの他、代表ウィーク中にギニア代表MFナビ・ケイタ、エジプト代表FWモハメド・サラー、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが負傷している。 2018.10.18 01:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース