カッサーノが最低と語る人間は? 槍玉にあがった指揮官は真実を告白2018.05.30 01:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イタリア代表FWのアントニオ・カッサーノが、サッカー界で出会った中で最低の人間を明かした。イタリア『スカイ』で語っている。▽“悪童”と呼ばれ、数々の問題を起こしたカッサーノ。近年は落ち着きを見せたが、感じたことははっきりと口にするタイプだ。

▽そのカッサーノが今でも許せないのが、インテル時代に指導を受けたアンドレア・ストラマッチョーニ氏だという。2人は2013年にインテルで一緒だった。そのとき、練習で激しい口論になったことが伝えられていた。

▽カッサーノはストラマッチョーニ氏が「誠実じゃない」とコメント。「たしかに何度か人とケンカになったことはある。でも、彼とはケンカして正解だった。彼はオレのことが嫌いで、その後も嫌い続けた。ずっと嫌いだったんだ」と話している。

▽口撃を受けたストラマッチョーニ氏は黙っていなかった。『ガゼッタ』オンライン版に対して指揮官は、「今回は私も話そう。真実がないからね」と語り、こう続けた。

「ピネティーナ(インテル練習場)で彼は集会のようなことをやっていた。選手やスタッフ数人の前でね。そこで(ワルテル・)マッツァーリは素晴らしいとか、私のポストに彼がいた方が良いとか、そういうことを説いていた」

「集会があったという報告を聞いた次の日、練習の終わりを待って一人になった彼をつかまえた。ただ、彼は急いでピッチを出ようとした。全て違うと彼は否定した。私はそれが嘘だと分かっていたよ」

▽同指揮官は「この話題は(当時の会長であるマッシモ・)モラッティさんにも話さなかった。ロッカールームは神聖なところで、たくさんのことが起こる場所だ。私にとっては、その中で起きたことはその中で終わるべきことだからね」と話した。
コメント
関連ニュース
thumb

イカルディの代表選外の理由を指揮官が説明「彼の存在は代表に悪影響を及ぼす」

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督が、今回の国際親善試合に向けた代表メンバーにインテルのFWマウロ・イカルディを招集しなかった理由を説明した。イタリア『メディア・セット』が伝えている。 アルゼンチン代表は22日にベネズエラ代表と、26日にモロッコ代表と親善試合を行う。7日にその2試合向けた代表メンバー31名が発表され、FWリオネル・メッシがロシア・ワールドカップ以降初招集となり話題を呼んだ一方で、イカルディはメンバー外となった。 その理由についてスカローニ監督は「論理的に考えて、現時点で彼に起こっている問題が我々に悪影響を及ぼすことは明らかだ」と説明。同選手は契約交渉の問題からクラブからキャプテンマークを剥奪され、それに反抗するように指揮官からの招集を拒否したことが問題となった。 イカルディとインテルとの間のいざこざは現在も続いており、移籍の噂も流れている。このままの状況が続くようであれば、代表だけでなく、他クラブからも煙たがられるかもしれない。 2019.03.22 22:26 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル、イカルディ退団に備えロドリゴをリストアップか

インテルが、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(28)をリストアップしているようだ。スペイン『マルカ』が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報を引用して伝えている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。 とはいえ、依然としてイカルディの去就は不透明のままであり、移籍の噂が後を絶えない。そして、インテルは今夏の退団に備えて獲得候補をリストアップしており、そのうちの1人がロドリゴのようだ。 しかし、ロドリゴはバレンシアとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は1億2000万ユーロ(約151億円)に設定されている。だがバレンシアは現在、リーガエスパニョーラで7位に付けており、順位次第では売却に応じる可能性があるという。 セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンはリーガエスパニョーラ37試合で16ゴール7アシストを記録したが、今シーズンは25試合で5ゴール5アシストと期待されているような数字は残せていない。 2019.03.22 15:36 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ、63億円で放出の可能性が浮上

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)が、より安価な移籍金で放出される可能性があるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。また、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性も報じられている。 しかし、『マルカ』によれば、イカルディに腕章が戻される望みは薄く、以前として将来に関しては不透明だ。これまでは8000万ユーロ(約100億円)の評価を受けていた同選手だが、5000万ユーロ(約63億円)の移籍金で退団する可能性もあるという。 新天地候補としては、インテルのライバルでもあるユベントス、そして以前から獲得が噂されていたレアル・マドリーの名前が挙げられている。 2019.03.22 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディが6週間ぶりにトレーニングに復帰!

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが21日、6週間ぶりにトレーニングに復帰したようだ。イタリア『ANSA』が報じている。 イカルディは2月13日、契約延長問題によりキャプテンをはく奪されたことをきっかけに、同選手が遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの軋轢報道が浮上。以降、イカルディはベンチ外が続いており、定かではないがヒザの故障も伝えられている中で、チームメートやクラブとの関係悪化が表面化していた。 そんな中、3月6日にインテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)と、イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」ができたことを伝えていた。 ついにチーム練習に復帰したイカルディは、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で復帰する可能性があるとのことだ。前節ミランとのダービーを制したインテルは現在、セリエAで3位に付けている。 2019.03.21 22:50 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルとイカルディがついに和解? 21日にトレーニング復帰か

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが、チームに復帰する可能性が出てきた。『ESPN』が伝えている。 先月、インテルが2月13日にイカルディからキャプテンマークをはく奪したことをきっかけに、同選手が遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブと選手間との軋轢報道が浮上。以降、イカルディはベンチ外が続いており、定かではないがヒザの故障も伝えられている中で、チームメイトやクラブとの関係悪化が表面化していた。 一部ではイカルディにキャプテンマークが戻らない限り、ピッチに立たない意向を示していることも報じられていた。しかし3月6日、インテルはジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)がイカルディとその妻で代理人を務めるワンダ・ナラと会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」ができたことを伝えていた。 すると最近、ワンダ・ナラ氏はイタリアのテレビ番組『Tiki Taka』に出演した際、「クラブとの友好関係を築くために頑張っている。ヒザの問題は仮病なんかじゃない。マウロはインテルでキャリアを続けたいと考えている」と話し、両者の関係は好転しようとしていた。 そしてついに、今回『ESPN』が伝えるところによると、20日にマロッタCEOとイカルディの弁護士を務めるパオロ・ニコレッティ氏が会談を行い、両者の問題は解決された模様。21日にトレーニングに復帰する可能性も伝えられている。そうなれば、31日に行われるセリエA第29節のラツィオ戦で約1か月ぶりに公式戦に出場する可能性も出てくるが、果たして…。 2019.03.21 12:20 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース