バロテッリ、伊代表復帰弾を急逝アストーリへ捧ぐ「遅すぎた。でも空で見てくれたよな」2018.05.29 18:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
4年ぶりにイタリア代表に復帰したFWマリオ・バロテッリが28日、インスタグラムを更新し、サウジアラビア戦のゴールを3月に急逝した元イタリア代表DFダヴィデ・アストーリに捧げた。

バロテッリは28日、ロベルト・マンチーニ率いる新生イタリアの初陣となった親善試合サウジアラビア戦において、4年ぶりの代表戦出場を果たすと、21分には代表通算14ゴール目となる先制点を挙げ、2-1での勝利に貢献した。

バロテッリは試合終了後、インスタグラムを更新。シュート態勢に入る自身の写真とともに、3月に急逝した元フィオレンティーナの主将アストーリの写真を掲載し、溢れる思いを綴った。

「遅すぎたのは分かっている。君がもう向こうへ行ってしまったことも分かっている…だけど今日は、空で君が俺の親父と一緒に試合を見てくれていたと確信しているよ! もはや意味はないかもしれないけど、何の役にも立たないけれど、このゴールは君に捧げたい」

アストーリの訃報の直後にも、「言葉が出ない! どうか安らかに眠ってくれ。ダヴィデ、君はいつでも俺たちの心の中にいるよ」と綴っていたバロテッリ。天国にいるイタリア代表の元同僚が、2015年に他界した養父フランコ・バロテッリ氏とともに、自身の代表復帰戦を見守ってくれていたことを願った。またハッシュタグには、「ダヴィデ・アストーリ」や、「フォルツァ(頑張れ)・イタリア」のほか、「皆、ありがとう」といったキーワードを並べ、ファンへ感謝の意を表した。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース