岐阜、長崎DF北谷史孝を育成型期限付き移籍で獲得2018.05.29 12:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC岐阜は29日、V・ファーレン長崎からDF北谷史孝(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年6月1日から2019年1月31日まで。なお、契約上長崎と対戦する全ての公式戦に出場できない。

▽北谷は2017年に横浜F・マリノスから長崎に加入。今シーズンはYBCルヴァンカップに4試合出場している。

▽岐阜への期限付き移籍が決定した北谷は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC岐阜
「V・ファーレン長崎より移籍してきました北谷史孝です。早く皆さんに顔と名前を覚えてもらいたいので、ピッチで結果を残せるように頑張ります。J1へ昇格する為に自分の最大限の力を出して頑張りますので、これから宜しくお願いします」

◆V・ファーレン長崎
「この度、FC岐阜に育成型期限付き移籍することになりました。ケガが多くあまりチームの力になれなかったことが悔しいですが、それでもJ1に昇格できた時のあの気持ちは僕のなかで一生の思い出です。サッカー選手として成長できるように頑張ってきますので、これからも応援をよろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表GKシュミット・ダニエルが痛恨の飛び出し…最下位長崎が仙台下し連勝! 《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のV・ファーレン長崎vsベガルタ仙台が、22日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽最下位に沈む長崎(勝ち点24)は、4-3で制してリーグ8試合ぶりの白星を飾った前節の名古屋グランパス戦からスタメンを1名のみ変更。徳永に代えて、ヨルディ・バイスを起用した。 ▽連勝中で4位に付けている仙台(勝ち点41)は、1-0で勝利した前節のFC東京戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は、5バック気味のディフェンスラインを敷く長崎が集中した入りをみせ、仙台に簡単にはチャンスを作らせない。仙台はポゼッションをして左右に揺さぶりをかけつつ打開を試みるが、なかなか良い形に持ち込むことができず。14分には板倉がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を右に外れていく。 ▽互いに攻め手を欠く中、やや優勢に試合を運ぶ仙台が24分にボックス手前左でFKを獲得。すると、キッカーの関口が直接狙ったシュートが枠を捉えたが、GK徳重に弾き出された。 ▽長崎は27分に決定機を迎える。ボックス内左で野津田からボールを奪取した翁長がそのまま中央に侵攻しつつ右足を振り抜く。しかし、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのファインセーブに阻まれた。 ▽仙台は前半を通して主導権を握り続けているものの、得点機を迎えることができない。逆に長崎が鈴木を起点としたカウンターからゴールに迫るシーンが目立ったが、GKシュミット・ダニエルの牙城を崩せないまま試合の折り返しを迎えた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽迎えた後半、両ワイドの位置取りを高めに設定し直し中盤の圧力を強めた長崎がややボール保持の時間を増加させていく。56分にボックス左に侵攻した鈴木武蔵が左足で狙ったシュートは枠を外れたものの、徐々に主導権を奪い始める。 ▽流れを変えたい仙台は、57分に選手交代を敢行。関口に代えて、より突破力に秀でる中野を投入した。 ▽仙台は、66分に右CKを獲得。野津田が上げたクロスがボックス手前中央にこぼれると、反応した奥埜がすかさず右足を振り抜く。すると、強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GK徳重が弾き出した。 ▽ややオープンになってきた試合、J1残留に向け勝ち点3が欲しい長崎は72分に中村慶に代えてファンマを投入。攻勢を強めていく。 ▽すると、79分に長崎にとって待望の瞬間が訪れる。ハーフウェイライン付近右で得たFKをキッカーのヨルディ・バイスが大きく蹴ると、ボックス内浅い位置のファンマが胸で落とす。前に飛び出していたGKシュミット・ダニエルのパンチングは空振りに終わり、落としを受けた澤田が無人のゴールに難なく蹴り込んだ。 ▽その後、仙台は富田、阿部に代えて梁勇基、ハーフナー・マイクを立て続けに送り出したが、追いつくことは叶わず。長崎がリードを守ったまま、試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、長崎はホームで連勝を飾ることに成功。対する仙台は、連勝をストップさせた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵ハットの長崎が名古屋に打ち勝って8戦ぶり白星! ジョー7連発で今季20点到達も守備崩壊名古屋は7連勝でストップ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節、名古屋グランパスvsV・ファーレン長崎がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、アウェイの長崎が4-3で勝利した。 ▽後半戦に入って7連勝と現在J1で最も“ホット”な11位名古屋と、5連敗で最下位に低迷する長崎による昇格組対決。クラブ最多記録の8連勝を目指す名古屋は6-1で圧勝した前節のジュビロ磐田戦から先発1人を変更。負傷のガブリエル・シャビエルに代わって特別指定選手の児玉が起用された。 ▽一方、何とか連敗をストップし勝ち点を積み上げたい長崎は前節の湘南ベルマーレ戦から先発3人を変更。前田悠、大本、平松に代わって澤田、黒木、翁長を起用した。 ▽立ち上がりからアウェイの長崎が圧力をかけていくと、早い時間帯に試合が動く。8分、ボックス手前で抜群のキープで溜めを作った澤田がボックス右に走り込むフリーの飯田へ丁寧に展開。飯田がすかさずグラウンダーのマイナスクロスをゴール前に入れると、最後はゴール前に飛び込んだ鈴木が泥臭く押し込んだ。 ▽ホームで先制を許すも8月の月間MVPのジョーを筆頭に爆発的な攻撃力を誇るホームチームはすかさず反撃に転じる。12分にはそのジョーの絶妙な落としからボックス左の前田直にシュートチャンスも、これは枠の右に外れる。ここから一気に名古屋の時間と思われたが、相手の粘り強い守備を前にやや簡単にボールを失う場面が散見。逆に中村に際どいミドルシュートを打たれてあわや2失点目というピンチもここはGKランゲラックの好守で凌いだ。 ▽2週間ぶりの実戦の影響か攻撃のテンポが上がり切らない名古屋だったが、絶好調の若手レフティーが圧巻の一撃で同点ゴールをもたらす。30分、右サイド深くでボールを持った前田直が得意のカットインでボックス手前まで運んで左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さった。このゴールで勢いづくホームチームは直後にも前田直、ジョー、玉田と3人のレフティーの共演でゴールネットを揺らすが、ここはジョーがオフサイドを取られて早々の逆転ゴールとはならなかった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽同点以降、完全に名古屋ペースで進んだものの試合は1-1のイーブンで後半へ。攻勢を強めたい名古屋ベンチは児玉に代えて和泉をハーフタイム明けに投入。すると、立ち上がりの48分に逆転ゴールが生まれる。丸山のロングフィードに反応したジョーがDF田上を強靭なフィジカルでブロック。ボックス内で利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴールネットを揺らし出場試合で7試合連続ゴールを記録した。 ▽後半立ち上がりに試合を引っくり返されてここから厳しい展開が予想された長崎だったが、ここから見事な反撃を見せる。まずは53分、ショートカウンターから澤田のスルーパスに抜け出した飯尾が右足のクロスを入れると、これをファーでフリーになった鈴木が頭で合わせ同点ゴール。さらに56分には相手CKのカウンターから中村のパスに抜け出した右サイドの澤田がグラウンダーのクロスをゴール前に入れると、これを再び鈴木がスライディングで流し込み、ハットトリック達成で再逆転に成功した。 ▽前半戦を再現するかのような連続失点で瞬く間にビハインドを背負った名古屋は66分に玉田を下げて八反田を2枚目のカードで投入。だが、69分には長崎のセットプレーの場面でDF中谷が田上をボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーの中村に決められてリードを2点に広げられた。 ▽その後、互いに交代カードを切っていく中、何とか追いつきたい名古屋は小林を下げて新井を投入。丸山を前線に上げて決死のパワープレーを敢行すると、89分に右サイドからのスローインの流れで前田直のシュートのこぼれ球をジョーが右足で泥臭く流し込み、今季リーグ20点目で反撃の狼煙を上げる。そして、6分が与えられた後半アディショナルタイムにも猛攻を見せたホームチームだったが、4点目を奪うことはできず。 ▽鈴木のハットトリックの活躍で絶好調の名古屋を敵地で沈めた長崎が連敗を「5」でストップすると共に8試合ぶりの勝利を収めた。一方、今季最多の4失点と守備が崩壊した名古屋は連勝が「7」でストップすると共に9試合ぶりの敗戦を喫した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 20:09 Sat
twitterfacebook
thumb

梅崎が故郷長崎でゴール!湘南が長崎に快勝し6試合ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第25節、V・ファーレン長崎vs湘南ベルマーレが8月31日に行われ、3-1で湘南が勝利した。 ▽最下位に沈む長崎(勝ち点21)と、14位の湘南(勝ち点27)の対戦。ここ6試合で1分け5敗の長崎は、前節の柏レイソル戦では守備が崩壊し5失点を喫してしまった。守備の立て直しが急務となる今節は、前節から4選手を変更。疲労が見えるヨルディ・バイス、黒木、澤田、扇長を代わり、田上、飯尾、前田、平松が先発起用された。 ▽対する湘南は、5戦2分け3敗と最悪の状態、かつ直近4戦で唯一の得点はオウンゴールによるもの。攻撃に難ありのこちらは前節のFC東京戦から2選手を変更。石川と松田を代えて、大野と秋野をスタメンに起用した。 ▽まずは8分、アウェイの湘南がチャンスを作る。自陣でボールを奪った湘南は、秋野が前線へ素早くロングフィード。ボールを受けた小川が右サイドを抜けてゴール前へグラウンダーのクロスを送る。最後は岡本が飛び込んでシュートを放つが、長崎DF高杉にブロックされてしまった。さらにそのCKの流れからボックス中央の秋野が抗戦からジャンピングボレーで狙っていくが、クロスバーの遥か上に飛んでいった。 ▽アグレッシブな入りを見せた湘南は11分にもボックス左に侵攻した梅崎が鋭い切り返しで相手を躱し右足でシュート。カーブをかけてファーを狙ったシュートだったが、惜しくも枠を捉えることが出来なかった。 ▽長崎も16分に反撃。クロスの跳ね返りを中村慶が狙うが、ゴール前に張っていた山根にブロックされゴールならず。さらに27分には、左CKを高杉が頭で完璧に捉えるが、狙いすぎたかポスト右を掠め、ここまで最大の決定機を逃す結果となった。 ▽試合が動いたのは32分、左サイドでボールを持った石原が、細かいフェイントで相手DFを交躱し、グラウンダーのクロスを供給。これに梅崎がニアに飛び込み、相手より先に触ってゴールに流し込んだ。 ▽湘南リードで迎えた後半、56分に長崎は田上が味方とのワンツーで左サイドを攻略すると、マイナスの折り返しを島田が押し込みにかかるが左ポストを叩く。 ▽チャンスを掴めないでいる長崎に対し、湘南が畳みかける。61分、左CKからくろすが 入ると、飛び出してきたGK徳重と大野が重なりボールがこぼれる。これにいち早く反応した金子が押し込んで湘南がリードを広げた。 ▽さらにその2分後に、秋野からのパスを受けた岡本が右サイドを突破。ボックス右に侵入しシュートを放つがここは相手のブロック遭う。だがそのこぼれ球を岡本はダイレクトで右足を振り抜きゴールイン。湘南がリードを3点に広げた。 ▽またも大量失点を喫してしまった長崎は71分、左サイドから大本が右足でクロス。これを途中出場のファンマが頭で押し込んで1点を返した。 ▽点差を縮められてしまった湘南だが、動じることなくその後も次々とチャンスを作る。73分のCKの場面では石原がヘディングシュートを放つもGKの正面。83分にはスルーパスに抜け出した小川がGKの一対一になるが、シュートはGK徳重がファインセーブ。 ▽さらなる追加点こそ奪えなかったものの、最後まで主導権を握り続けた湘南が、梅崎の故郷長崎で3-1で快勝。6試合ぶりの勝利を手にした。かたや長崎は泥沼の5連敗となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.31 21:06 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】現状打破へ フライデーナイトに残留争い直接対決《長崎vs湘南》

▽明治安田生命J1リーグ第25節のフライデーナイトマッチは、V・ファーレン長崎(18位/勝ち点21)vs湘南ベルマーレ(14位/同27)。残留を争う下位の直接対決となる。 ◆取り戻したい一体感〜V・ファーレン長崎〜 ▽長崎は前節、不振に喘ぐ柏レイソルのホームに乗り込み、幸先良く先制したが、ミスが重なって、シーズン3度目の大量5失点で逆転負け。4連敗となり、1年でのJ2降格が現実味を帯びつつある。 ▽今回の湘南戦は、相手がどこであれ、最下位という現状から勝点2がマスト。順調に勝ち点を積み重ねたシーズン当初の一体感とがむしゃらさを取り戻して、当時の戦いを再現したい。 ◆これ以上の足踏みは許されない〜湘南ベルマーレ〜 ▽湘南は前節、上位陣のFC東京と対戦してゴールレスドロー。直近5試合で白星から遠ざかる苦境に変わりこそないものの、GK秋元陽太の幾度ものファインセーブもあり、勝ち点1をもぎ取った。 ▽だが、足踏みが続いたことで、降格圏もちらつき始めており、これ以上の足止めを食らうわけにはいかない。このタイミングで迎える今回の長崎戦をモノにし、何とか上にとどまりたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆V・ファーレン長崎[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180831_12_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:徳重健太 DF:徳永悠平、ヨルディ・バイス、高杉亮太 MF:飯尾竜太朗、前田悠佑、島田譲、大本祐槻、澤田崇、中村慶太 FW:鈴木武蔵 監督:高木琢也<hr>▽負傷者の大半が徐々に復帰。これにより、高木琢也監督の人選に余裕が出てきたが、復帰組の起用はコンディションを見極めながらになりそうだ。 ◆湘南ベルマーレ[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180831_12_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:秋元陽太 DF:山根視来、アンドレ・バイア、坂圭佑 MF:岡本拓也、齊藤未月、秋野央樹、石原広教、小川慶治朗、梅崎司 FW:山崎凌吾 監督:チョウ・キジェ<hr>▽MF石川俊輝が累積警告の出場停止で今節を欠場。だが、FWイ・ジョンヒョプが先のFC東京戦で戦列に復帰しており、得点力向上が期待される。 【注目選手】 ◆DFヨルディ・バイス(V・ファーレン長崎)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180831_12_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽長崎の注目選手は、DFヨルディ・バイスだ。今夏に加入して以降、持ち前のファイターぶりを生かして守備陣をリードしてきたが、チームは前節の柏戦で移籍後最多の5失点。オランダ人センターバックには今一度、チームの引き締め役としての役割も求められる。7試合ぶりの白星を手繰り寄せたい。 ◆MF梅崎司(湘南ベルマーレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180831_12_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽湘南の注目選手MF梅崎司だ。今シーズンから常勝が求められる浦和レッズから加入したアタッカーは、徐々に先発機会を勝ち取り、ここまで18試合に出場。経験の浅い選手が多いチームの中で、豊富な経験を生かしたプレーでチームを引き締める。悪い流れのときこそ、ベテランの活躍がキーになる。 ◆今季5度目の対戦 ◆今シーズンにおける両チームの対戦は、Jリーグカップや天皇杯を含めて今回で5度目。湘南が3勝1敗でリードしている。運動量と攻守の切り替えとった共通点の多いスタイルを持つ両者の一戦で、現状を変える3ポイントを掴み取るのは果たして──。長崎vs湘南は、31日19時にトランスコスモススタジアム長崎でキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">現状打破の勝利を掴むのは!?<br />長崎vs湘南をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.31 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クリス復活2発! オルンガ来日初弾の柏、今季最多得点で長崎を破る《J1》

▽25日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第24節の柏レイソル(13位/勝ち点26)vsV・ファーレン長崎(18位/同21)は、ホームの柏が5-1で勝利した。 ▽柏は、キム・ボギョンが欠場となり、クリスティアーノを3試合ぶりにスタメン起用。対する長崎は、ファンマをベンチに置き、鈴木武蔵を先発に抜擢した。 ▽試合は序盤からボールの主導権を握った柏が能動的に進めるが、11分に長崎が先制。島田のスルーパスに反応した鈴木武蔵がボックス右から右足シュートを決め、先取点を手にする。 ▽嫌なムードが漂う柏だが、21分に右サイドバックの小池が同点弾を演出。グラウンダーのクロスにゴール前のクリスティアーノが合わせ、早い時間帯に追いつく。 ▽勢いづく柏は、またしても「小池→クリスティアーノ」のホットライン。24分、右サイドからのクロスからクリスティアーノがヘディングシュートを決め、一気に逆転する。 ▽良い流れで試合を折り返した柏は、開始早々の48分、高木のファジーな浮き球で相手DF陣がもたついたところを伊東が反応。右足の浮き球シュートを沈め、長崎を突き放す。 ▽後がない長崎は、すかさずファンマを起用するが、柏のペースに変わりなし。柏の勢いある攻撃に対して、守勢を強いられる時間が続く。 ▽そうした中、74分にその途中出場のファンマにシュートチャンス。左サイドからのクロスに頭で合わせるが、これは惜しくもGKの正面を突いてしまう。 ▽その後、89分に手塚の直接FK弾でトドメを刺した柏は、終了間際にオルンガにも来日初ゴール。最多5得点で2試合ぶりの白星を手にした。長崎は最長の4連敗となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">柏が今季最多得点の勝利!<br />柏vs長崎をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.25 21:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース