今季CL最高の18名…CR7ら最多8名がノミネート2018.05.28 14:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は28日、2017-18シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)におけるベストチーム18名を発表した。

▽前人未到の3連覇を成し遂げたレアル・マドリーから15得点で大会得点王のFWクリスティアーノ・ロナウドら最多8名が選出。準優勝のリバプールからDFヴィルヒル・ファン・ダイク、FWロベルト・フィルミノ、FWモハメド・サラーの3名が名を連ねた。

▽そのほか、準々決勝でバルセロナを下したローマ、セビージャを退けたバイエルンから2名ずつがノミネート。ベスト8で涙を呑んだバルセロナは、FWリオネル・メッシが唯一選ばれるにとどまっている。

◆CLベストチーム18名
GK
ケイロル・ナバス(レアル・マドリー)
アリソン(ローマ)

DF
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
マルセロ(レアル・マドリー)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)
ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー)

MF
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)
カゼミロ(レアル・マドリー)
モドリッチ(レアル・マドリー)
トニ・クロース(レアル・マドリー)
ハメス・ロドリゲス(バイエルン)

FW
エディン・ゼコ(ローマ)
ロベルト・フィルミノ(リバプール)
リオネル・メッシ(バルセロナ)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー)
モハメド・サラー(リバプール)
コメント
関連ニュース
thumb

CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破

▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。 ▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。 ▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。 ▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度も出場機会はなかった。 ▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 【グループA】 1.ドルトムント(ドイツ) 2.アトレティコ・マドリー(スペイン) ――決勝T進出―― 3.クラブ・ブルージュ(ベルギー) ――EL決勝T進出―― 4.モナコ(フランス) 【グループB】 1.バルセロナ(スペイン) 2.トッテナム(イングランド) ――決勝T進出―― 3.インテル(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.PSV(オランダ) 【グループC】 1.パリ・サンジェルマン(フランス) 2.リバプール(イングランド) ――決勝T進出―― 3.ナポリ(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 【グループD】 1.ポルト(ポルトガル) 2.シャルケ(ドイツ) ――決勝T進出―― 3.ガラタサライ(トルコ) ――EL決勝T進出―― 4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 【グループE】 1.バイエルン(ドイツ) 2.アヤックス(オランダ) ――決勝T進出―― 3.ベンフィカ(ポルトガル) ――EL決勝T進出―― 4.AEKアテネ(ギリシャ) 【グループF】 1.マンチェスター・シティ(イングランド) 2.リヨン(フランス) ――決勝T進出―― 3.シャフタール(ウクライナ) ――EL決勝T進出―― 4.ホッフェンハイム(ドイツ) 【グループG】 1.レアル・マドリー(スペイン) 2.ローマ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ――EL決勝T進出―― 4.CSKAモスクワ(ロシア) 【グループH】 1.ユベントス(イタリア) 2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ――決勝T進出―― 3.バレンシア(スペイン) ――EL決勝T進出―― 4.ヤング・ボーイズ(スイス) 2018.12.13 07:23 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワがマドリーを敵地で粉砕! CL3連覇王者にダブルも無念の4位敗退《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG最終節、レアル・マドリーvsCSKAモスクワが12日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、アウェイのCSKAモスクワが3-0で圧勝した。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真は94分に途中出場した。 ▽前節、2位のローマ(勝ち点9)との頂上決戦を制して首位通過を決めたレアル・マドリー(勝ち点12)。敵地で行われた前回対戦で敗れた相手にリベンジを狙うこの一戦に向けては直近のウエスカ戦から先発7人を変更。GKクルトワ、マルセロ、ベンゼマ、アセンシオら主力と負傷明けのバジェホ、ハビ・サンチェス、ヴィニシウス、バルベルデの若手3選手の混合する布陣となった。 ▽一方、最下位のCSKAモスクワ(勝ち点4)は前節、3位のビクトリア・プルゼニ(勝ち点4)との直接対決に敗れたことで、CL3連覇中の王者相手のアウェイゲームでプルゼニを上回る結果を残すしかない厳しい状況だ。なお、ここ最近のリーグ戦で先発出場をしていた西村だったが、この試合ではベンチスタートとなった。 ▽アウェイチームが慎重な入りを見せたことで立ち上がりは堅い展開が続く。それでも、14分にはカウンターから強引にドリブルで内へ切り込んだアセンシオがボックス手前でミドルシュートを放ち最初の枠内シュートとした。 ▽15分を過ぎると試合は完全にマドリーペースへ。24分にはボックス左で仕掛けたヴィニシウスが相手DFの股間を抜くシュートを飛ばすが、GKアキンフェエフの好守に遭う。直後にはアセンシオがバー直撃のシュート、32分にはボックス付近での細かいパス交換からベンゼマのラストパスに反応したアセンシオが抜け出すもシュートはGK正面を突く。 ▽再三の決定機を逃し続けてやや不穏な空気が漂い始めたマドリーはここからまさかの連続失点を喫する。まずは37分、CSKAモスクワのカウンターから自陣中央をアルノル・シグルドソンにドリブルで切り裂かれると、ボックス中央でフリーにしたチャロフに左足のシュートを左隅に決められる。さらに43分には右サイドをマリオ・フェルナンデスに突破され、ワンツーでボックス右に抜け出される。最後はクロスのこぼれ球をファーでフリーのシェンニコフに流し込まれ、2点ビハインドで試合を折り返した。 ▽ホームでの体たらくに前半終了時にブーイングも飛び交った中、ソラーリ監督はベンゼマを下げてハーフタイム明けにベイルを投入。しかし、55分にはヴラシッチに際どい枠内シュートを許すと、直後にはカウンターからゴール右のイスコに決定機もシュートは枠の左に外れる。 ▽何とか流れを変えたいホームチームは58分、マルコス・ジョレンテを下げてクロースを投入。ここから攻勢に出たいところだったが、セットプレーの競り合いでベイルが足首を捻って負傷。何とかプレーに復帰したものの、チームとして流れを掴めない。 ▽すると、73分にはボックス右でキープしたヴラシッチのマイナスの折り返しを中央のアルノル・シグルドソンにゴール左隅へ流し込まれて試合を決定づける痛恨の3失点目を喫した。 ▽その後、ホームで一矢報いたいマドリーだったが、士気が高いアウェイチームを相手に最後まで決定機を作り出すことができない。一方、CSKAモスクワは試合最終盤の後半アディショナルタイム4分に西村を途中投入し、この直後にタイムアップ。CL3連覇中の王者にダブルをかます見事な戦いぶりを見せたCSKAモスクワだったが、同時刻開催の試合でプルゼニがローマを破ったことで無念の4位敗退となった。 2018.12.13 04:55 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏加入のオドリオソラ「目標はプレーするどの試合でも勝つこと」

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラがクラブでの充実感を語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏にソシエダから加入したオドリオソラ。不動のレギュラーに君臨している両サイドバックのDFカルバハルとDFマルセロが度々負傷離脱していることもあり、ここまで公式戦11試合で出場機会を与えられ、存在感を高めつつある。 ▽そんなオドリオソラは、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第6節CSKA・モスクワ戦前日の記者会見に登場。前監督のフレン・ロペテギ氏への感謝を口にしている。 「(フレン・)ロペテギに感謝すべきことが僕にはたくさんある」 「僕は彼の下していた決断をリスペクトする。このような状況でも僕を(試合に)使ってくれた」 ▽また、オドリオソラは現指揮官のサンティアゴ・ソラーリ監督のことも、称賛している。 「(サンティアゴ・)ソラーリは、僕に自信を与えてくれた」 「僕はとても心地よくて、良い感じなんだ。僕にとってこのチームにいることは夢だからね」 「(ここまで)僕は1ゴール3アシストを記録している。満足しているよ。これ以上幸せにはなれないだろうね」 「目標は、僕たちがプレーするどの試合でも勝つことだ」 2018.12.12 19:47 Wed
twitterfacebook
thumb

レアルMFマルコス・ジョレンテ、ほぼ戦力外から4戦連続で先発「数カ月前には信じられない状況」

9日のリーガエスパニョーラ第15節、レアル・マドリーは敵地アルコラスでのウエスカ戦に1-0で勝利した。ほぼ戦力外同然の扱いから4試合連続でスタメン出場を果たしたMFマルコス・ジョレンテは、状況の好転に信じられないといった様子だ。<br><br>フレン・ロペテギ前監督のもとで出場機会を得られずにいたM・ジョレンテだが、サンティアゴ・ソラーリ現監督はMFカゼミロの負傷離脱を受け、その代わりに背番号18にアンカーの役割を任せ続けている。<br><br>このウエスカ戦で公式戦4試合目の出場を果たしたM・ジョレンテは試合後、次のような感想を述べた。<br><br>「数カ月前に4試合連続で出場すると言われても、信じることなんでできなかっただろう。本当に難しい状況にいたし、こんなことは予期していなかった。でも、チャンスは生かすためにあるものなんだよ。守備的MFは相手のゴールを防ぐためにいるが、僕たちはそうすることができている」<br><br>この冬の市場で移籍する可能性も噂されるレアル・マドリー下部組織出身選手だが、同クラブでプレーし続ける考えものぞかせている。<br><br>「僕の考えは、ここで成功を手にすることにある。が、1月にクラブ、家族と決断を下したいと思う。クリスマスに、自分にとって何が最善なのかをクラブと話したい」<br><br>「誰もがプレーすることを望んでいるが、僕はここで成功をつかみたいと言い続けてきた。だからこそ闘うんだよ。監督に、自分を戦力に数えられると気づいてもらうため、全力を尽くしたい。これまで出場機会がなかったのに、いきなり出場できるなんて、本当は難しいことだ。だから満足しているよ」<br><br>レアル・マドリー下部組織出身のM・ジョレンテは、2016&minus;17シーズンにレンタル移籍先のアラベスで際立った存在感を見せ、その活躍が認められて翌シーズンよりマドリーのトップチームでプレーしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、クルトワの活躍と共に反撃へ

▽レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが本来のパフォーマンスを取り戻しつつあるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 ▽今夏にチェルシーから推定移籍金3500万ユーロ(現在のレートで約45億円)でマドリーに加入したクルトワ。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇などに貢献した、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスとの熾烈なポジション争いを制し、守護神の座を射止めている。 ▽フレン・ロペテギ前体制がローテションを採用する中、クルトワはリーガエスパニョーラでのプレーを担い、8試合出場で12失点。クリーンシートも2試合しかなく、1試合平均の失点率「1.37」で、シュートストップ率も63%と決して特筆すべき数字ではなかった。 ▽だが、サンティアゴ・ソラーリ氏が監督に就任すると、クルトワはリーグ戦とCLで併用されるようになり、公式戦7試合出場で6失点。クリーンシートは5試合で、1試合平均の失点率「0.71」に抑え、シュートストップ率も86%と守護神として相応しい数字を叩きだしている。 ▽不調が騒がれている今シーズンのマドリーは、ここまでリーグ戦13試合終了時で19失点をしており、失点率は「1.46」。過去10年で最悪の数字を露呈していたが、直近の3試合ではクルトワが無失点に抑えている。スクデット獲得に向け、クルトワの活躍に期待が懸かる。 2018.12.11 21:42 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース