インテル指揮官がイカルディの退団を示唆?「現状では何もないが全ての状況に備えて…」2018.05.28 10:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
インテルのルチアーノ・スパレッティ監督は、FWマウロ・イカルディの退団を示唆した。

今シーズン、イカルディはリーグ戦で29ゴールを挙げてセリエA得点王に輝くとともに、インテルに7年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権をもたらした。この活躍を受け、レアル・マドリーやパリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を抱いており、同選手の去就は不透明の状態が続く。

そして27日、スパレッティ監督は『スカイスポーツ・イタリア』で、インテルはイカルディの売却を望んでいないものの、ビッグクラブからオファーを提示されれば退団を止めることはできないと認めた。

「彼とは何度か話をした。彼はインテルで幸せを感じていて、ここに残ることを希望している。しかし、選手を引き抜こうとするクラブが現れれば、前日まで出て行かないと言っていても、翌日には彼らは選手を連れて行き、最後には喜んで移籍する可能性だってある。直前まで別の考えを持っていたとしてもだ」

「我々は全ての状況に備えて準備しなければならないが、現状ではそのようなシグナルはないし、彼の希望に疑いもない」

2013年にインテルに加入して以降、5シーズンで107ゴールを奪ったイカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラ氏は、以前にビッグクラブが1億1000万ユーロ(約140億円)とされる違約金の満額を支払う準備があると言及。高額な違約金が払われれば、同選手は今夏のうちにインテルを去るかもしれない。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース