CL優勝直後にレアル退団示唆したC・ロナウドだが…翌日にはサポーターに「また来季!」とメッセージ2018.05.28 09:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
26日のチャンピオンズリーグ決勝リバプール戦直後に、レアル・マドリー退団を示唆したとみられたFWクリスティアーノ・ロナウドだが、その翌日には残留を匂わせている。

リヴァプール戦を3−1で制し、史上初となる同大会三連覇を果たしたレアル・マドリー。優勝を決めた直後にはC・ロナウドが「レアル・マドリーにいられることは、とても素晴らしかった。数日後、いつもそばにいてくれたサポーターに一つの返答をしたい」と発言し、大きな衝撃を与えた。

だが、この発言によって生じたサポーターの不安は、杞憂に終わるのかもしれない。決勝の翌日、レアル・マドリーは優勝祝賀会場のシベーレス広場でサポーターと喜びを分かち合ったが、ここでマイクを持ったC・ロナウドは「ありがとう。また来シーズンに!」と、レアル・マドリーにとどまることをほのめかしている。

なおレアル・マドリーはその後、優勝祝賀会場をシベーレス広場から本拠地サンティアゴ・ベルナベウに移したが、そこでもマイクを手にしてスピーチに臨んだC・ロナウドは「僕たちにこれだけの愛情をくれたサポーターに何を語れると言うのだろう。世界で最も偉大なクラブでプレーできることは誇りだ」と話し、感極まって涙を流した。

チームメートが涙を流すC・ロナウドを取り囲む中、サポーターは「クリスティアーノ・ケダテ(残ってくれ)!」の大合唱。仕切り直したC・ロナウドは「君たちの情熱は、本当に最高だね。僕が最も好きなことは勝つこと、そしてこのチームメートたちと一緒ならば、チャンピオンズに勝てないことこそ不可能だ」と話して、スピーチを締めている。

レアル・マドリーとの契約内容に不満を持っているとも報じられたC・ロナウドだが、結局は残留するのだろうか。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース