ドゥルマズ弾で連勝のトゥールーズがリーグ・アン残留を決める!《リーグ・アン昇格・降格プレーオフ》2018.05.28 05:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽27日にリーグ・アン昇格・降格プレーオフ2ndレグのトゥールーズvsアジャクシオが行われ、1-0でトゥールーズが勝利した。この結果、2戦合計4-0でトゥールーズがリーグ・アン残留を決めた。▽敵地で行われた1stレグを3-0と快勝したトゥールーズが、逆転を狙うアジャクシオをホームに迎えた一戦。試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く。そんな中、アジャクシオは39分、スローインの流れからマーズの右クロスをゴール前に走り込んだヌーリが右足で合わせたが、これは相手GKが正面でセーブ。

▽対するトゥールーズは43分、ボックス右手前でケルビン・アミアンが倒されてFKを獲得。これをグラデルが直接狙うもボールはゴール右に逸れた。結局、そのまま前半はゴールレスで終了した。

▽迎えた後半も膠着状態が続く。トゥールーズは80分、ボックス中央手前でケルビン・アミアンからのパスを受けたサンガレが切り返しで相手マークを外すと、ボックス中央まで持ち上がりシュート。しかし、これは相手GKの好セーブに防がれた。

▽試合も終盤に差し掛かった89分、トゥールーズは右CKを獲得するとジャンが素早く再開。これをボックス右で受けたドゥルマズが左足を振り抜くと、相手GKは一歩も反応できず。シュートがゴールに突き刺さった。

▽結局、これが決勝点となり1-0で試合終了。この結果、2戦合計4-0でトゥールーズがリーグ・アン残留を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

昌子源、後輩の安西幸輝に熱いエール!「堂々とやっている姿はチームの刺激になる」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 チームの中心選手となったトゥールーズDF昌子源は、古巣鹿島アントラーズから唯一の招集および初招集となった安西幸輝や、同クラブで同僚だった西大伍について語ってくれた。 ◆昌子源(トゥールーズ/フランス) ──鹿島アントラーズで一緒にプレーした安西幸輝選手について 「(安西)幸輝は初めて呼ばれたから縮こまるんじゃなく、自分の良さを全面に出すべきだと思う。その結果ミスしても問題ないと思うし、周りに何を言われても気にする必要は無い。そういう風にやって欲しいなと」 「僕もこの間の試合ではスライディングだったりファルカオの対応だったりで、もちろんミスはあったかもしれないけど、そうやって掴んでいくものだと思う」 「(西)大伍君は試合の流れを読むのが得意で常に冷静で。時には攻撃の組み立てに参加したり、時には後ろで守ってくれたりしてくれるけど、幸輝の良さは絶対推進力。間違いなく前の選手を助けられる選手」 「僕も何度か経験ありましたけど、鹿島から一人なので、鹿島のチームメイトは見てると思う。幸輝が堂々とやっている姿はチームの刺激になる。そういう影響力がある舞台が代表だと思うので」 2019.03.25 21:49 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯主力の昌子源、仏挑戦後初代表! 「少しでも経験を還元できれば」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は18日、神奈川県内で今月の代表ウィークに向け、始動した。 今冬のトゥールーズ移籍後初となる代表合流であり、森保一体制下で初招集となるDF昌子源。久々の代表戦に向け、強い気持ちを口にした。 ◆昌子源(トゥールーズ/フランス) ──海外組としての初の合流だが 「まだ行って3カ月。国内に集合した感の方が強いです。自分では意識していないですけど、言葉が通じる部分が一番」 「(今回の代表だと)年齢的にちょうど真ん中ぐらいで、下の方が多いと思います。しっかりと上の年齢の人たちと下の選手のパイプ役になって、色々な話ができたら良いなと」 ──W杯組としての自覚は 「感じています。自分自身、代表で経験したことをちょっとでも還元していければなと思っています」 ──アジアカップの印象は 「僕がまだ監督の戦術を理解していないので、どうこう言えないですけど、若い選手の堂々としたプレーぶりは僕自身にも刺激になりました」 「早く一緒にやりたい気持ちはありましたが、トゥールーズで早くポジションを獲得しないと代表に呼ばれるチャンスもないということもあり、ちょっと葛藤がありました」 「呼んでいただいたので、与えられた環境で、与えられたポジションで良いプレーができたら良いと思っています」 ──時差の影響を受けての代表戦になるが 「色々なところで生かせると思っています。でも、ヨーロッパでプレーする先輩方を見てきて、時差の影響があるのに、パフォーマンスを落とさず、すぐに試合にやるというは凄いこと」 「今回、呼んでもらえたことは光栄ですし、そういう経験が初めてになる。コンディションを整えて、より注意してやっていかないといけないと思っています」 「そういう感覚、経験、チャレンジをするということは、僕自身の大事なところかなと考えています」 ──南米の強豪コロンビア戦を控えるが 「正直、W杯と同じ雰囲気だったり、同じテンションではないと思う。そのなかでも、相手が僕らをどういう立ち位置で見ているのかわからないが、僕らにとって、コロンビア戦はすごく大事な試合」 「あと僕個人の意見ですけど、W杯は10人のコロンビアにしか勝っていないですし、やっぱり11人vs11人で勝つというのが今回は大事。相手はアウェイですけど、11人のコロンビアに勝つことを大事にしたいです」 2019.03.18 20:33 Mon
twitterfacebook
thumb

中国2部優勝の武漢卓爾が元カメルーン代表MFエムビア&エスパニョールのレオ・バプティスタンを獲得

中国スーパーリーグの武漢卓爾は3日、トゥールーズから元カメルーン代表MFステファン・エムビア(32)を完全移籍で獲得することを発表した。 エムビアは、スタッド・レンヌやマルセイユ、QRP、セビージャ、トラブゾンシュポルでプレー。2016年1月に河北華夏に移籍し、中国でのプレー経験もある。その後、2018年2月に退団し無所属となると、8月にトゥールーズへと加入。トゥールズでは今シーズンのリーグ・アンで5試合に出場していた。 また、カメルーン代表としても活躍し、キャプテンを務めていた時期も。2010年の南アフリカ・ワールドカップ、2014年のブラジル・ワールドカップに出場していた。代表通算68試合5ゴール。 武漢卓爾は2018シーズンは、2部にあたる中国・甲級リーグに所属。浦和レッズからFWラファエル・シルバを獲得したことでも知られ、2部で見事優勝を果たし、今シーズンから中国スーパーリーグに昇格する。 また、今冬はエスパニョールからブラジル人FWレオ・バプティスタン(26)を獲得。レオ・バプティスタンは、ラージョ・バジェカーノやアトレティコ・マドリー、レアル・ベティス、ビジャレアルなどでもプレー経験があり、今シーズンのリーガエスパニョーラでは20試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 2019.02.03 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、トゥールーズ19歳CBが前倒し加入 背番号は「6」

バルセロナは1月31日、トゥールーズに所属するU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(19)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの4年半。背番号は「6」を着用する。 レアル・マドリーやユベントスも獲得に乗り出したトディボは1月8日、トゥールーズとの契約満了となる今シーズン終了後のバルセロナ移籍で合意。だが、1月31日付けにバルセロナが発表したところによれば、今冬加入の運びになったという。 トディボはトゥールーズ下部組織出身のセンターバックで、2016年にトップチームデビュー。2018年にU-20フランス代表に選ばれ、今シーズンはここまでリーグ・アン10試合に出場して1得点1アシストを記録した。 2019.02.01 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

昌子源、公式戦2試合連続フル出場! 失点に絡むもトゥールーズがPK戦を制してベスト16進出《クープ・ドゥ・フランス》

トゥールーズは22日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド32でスタッド・ランスと対戦。4-4で迎えたPK戦の末に4-3で勝利した。日本代表DF昌子源は、公式戦2試合連続フル出場を果たした。 19日に行われたリーグ・アン第21節のニーム戦で新天地デビューを飾った昌子。この日も先発でピッチに立つと、20分にランスのセイ・オジョにシュートを打たれてしまうが、無人のゴールに吸い込まれそうなところをカバーするなど、好プレーを見せる。するとトゥールーズが44分にボックス右外からのFKをイセカが頭で押し込んで、先制点を奪った。 しかし後半開始2分、ランスの左サイドへのロングボールに対して昌子が体を入れて対応しようとするが、処理ミス。そのままディアに入れ替わられて、ボックス左からゴールに突き刺されてしまう。 失点に絡んでしまった昌子だったが、68分には自身の縦パスが起点となった攻撃からマヌ・ガルシアがミドルシュートを突き刺して、再び2-1と勝ち越しに成功する。 それでも77分、ランスにロングパスで左サイドの裏を突かれてしまうと、折り返しをマルバン・マルタンに合わせられる。これに対して昌子が懸命に足を延ばしてブロックするも、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 その後も譲らない両者は1点ずつを取り合って、3-3で延長戦に突入。さらにその延長戦でも1点ずつ加点し、4-4で決着はPK戦に委ねられた。両チームともに2人目が失敗して3-3で迎えた5人目、トゥールーズのグラデルが成功。すると、ランスのカファロのシュートはクロスバーに直撃し、決着が着いた。 120分間の死闘を制したトゥールーズがベスト16進出を決めた。 トゥールーズ 4-4(PK:4-3) スタッド・ランス 【トゥールーズ】 イセカ(前44) マヌ・ガルシア(後23) イセカ(後37) グラデル(延後14) 【ランス】 ディア(後2) レミ・ウダン(後32) シャバレリン(後42) カファロ(延後3) 2019.01.23 09:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース