サラー、やはりW杯参加は不可能か「彼の離脱期間は2カ月。リバプールが大会参加を許さない」2018.05.27 23:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
26日のチャンピオンズリーグ決勝レアル・マドリー戦(1−3)の前半に負傷交代を強いられたリバプ-ルFWモハメド・サラーが、エジプト代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に参加することはやはり困難なのかもしれない。

サラーはこのレアル・マドリー戦前半にレアルDFセルヒオ・ラモスと接触し、肩を負傷。エジプトサッカー協会は同選手が骨折ではなく、靭帯の負傷であるとして、来月15日行われるW杯初戦に間に合う見込みであることを発表した。

だが違う見解を示すのが、サウジアラビアのスポーツ庁ツルキ・ビン・アブドルモーセン・アル・アルシェィク長官だ。エジプトのクラブ、アル・アハリの名誉会長を務めた経験もあるなど、同国と関係が深いアルシェイク長官はSNSを通じ、サラーについて次のように語った。

「嘆かわしいことに、我々アラブの偉大なスターであるモハメド・サラーは、負傷により2カ月の離脱を強いられることが確認されたつまりは、W杯を失うということだ」

「思うに、リバプ-ルはサラーのコルチゾン注射を認めないだろう。長期的にみれば選手にとって危険なことだし、2カ月をかけてしっかり治すように重圧をかけるはずだ。それはつまり、モハメド・サラーをW杯で見られないことを意味する」

 


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース